« ヤクルト(東京)◯10-5 久々の感覚 | トップページ | DeNA(横浜)○6-2 助っ人 »

2016年3月27日 (日)

ヤクルト(東京)◯3-2 偶然ではない一発

ヤクルト(東京)◯3-2 偶然ではない一発

面白い試合を見られて満足している。面白いのは、一試合単独ではこのシナリオは成立しなかった、ということ。三連戦全て見たからこそ分かるものがある。勝っても負けてもやはり野球は面白い。

クルーズのタイムリーと山田哲人のアーチで1-1の展開。同点に追いつかれた後にチャンスを作れたが、二試合で打点を稼いでいた二人が併殺打に倒れ得点することは出来なかった。

田口、山口の後を受けスコットが8回のマウンドに。山田哲人を追い込みながらも歩かせてしまった。これは二日前のセンターオーバーがバッテリーの頭にあったためだろう。また、山田の選球が素晴らしかったということ。その後ワイルドピッチで進塁を許すと、前日までブレーキとなっていた畠山に長打を喰らい1点ビハインドとなった。この時は「前日までブレーキだった選手がヒーローになる、というのも野球なんだろうな」と思っていた。ノーアウト二塁でもう一点与えてもおかしくないところではあったが、ここは抑えた。雄平の進塁打の後は、とにかくチャンスで打たない坂口を三振にしとめツーアウト。大引は勝負した結果歩かせて、無安打の中村をアウトにしてゼロで切り抜けた。坂口をこの位置で起用したことが最後まで響くとは。

8回裏になる前にネットを見ていたら、オンドルセクがいないという情報を見た。これは一点差ならチャンスがあるなと思えた。マウンドには秋吉。ここで先頭の坂本がライト前ヒットを放った。この時点で出る予感はした。秋吉は二日前にクルーズに長打を浴びている。なのでギャレットに四球覚悟で攻めることは出来ない、という思いがバッテリーにはあっただろう。それまでなかなかまともに勝負してもらえなかったギャレットにとっては勝負してもらえるチャンスが訪れ、さらには打ちごろのサイドハンド。出るならここだろう、という思いはあった。そして、打った瞬間であった。色々な要因が重なって生まれたアーチ。これは偶然ではない。ヤクルトバッテリーが勝負してこなかったことも納得出来る。彼の持つパワーを見ることが出来た。

9回を澤村が抑えスイープ成功。三連勝しなければならないタイミングと二日前に書いたが、その通りの結果になって安心した。

田口はまずまずの投球。四球を与えなかったことは◎。次にヤクルトと当たるときに同じ状態とは考え難いため、さらなるレベルアップを期待したい。スコットは暴投が痛かったが、一点に止めたことを良しとしたい。去年多く投げた秋吉がああなっているのを見ると、何年も投げているぐっさんとスコットはただただ凄いなと。
亀井は身体の張りがあったとこのことで今日はお休み。試合前は何で大田でなくて内野登録の中井なのか、という思いが強かったが、試合を終えて思いは変わった。外野登録の大田でなくて自分が使われた意味を中井がどう感じるか。それだけ監督が期待しているということなのだろう。その気持ちに応えて欲しかった、という思いが強くなっている。チャンスは与えられるだろうが、結果を残せなければそれはいつかなくなるもの。期待に応えるべく成長して欲しい。

明後日からはハマスタ。入団拒否君がしっかり四番に火をつけるという嫌がらせをしてくれたが、彼に仕事をさせない投球を期待したい。相性は良くなかったが初戦頼んだ、アーロン。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ヤクルト(東京)◯10-5 久々の感覚 | トップページ | DeNA(横浜)○6-2 助っ人 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

中井はバント失敗即三振、守備もかなり消極的に見え、残念だったです。2軍の北(3割5分)と入れ替えの為の見極めかな?とも思ってしまったほどです。
それにしても、4番の逆転、しかも打った瞬間それとわかるHRとか、しかも四球もゲットする
なんてクルーズと共に巨人の攻撃スタイルを変えてくれるかもしれませんね。

投稿: まさやん | 2016年3月28日 (月) 00時35分

まさやんさん
水曜に桜井と昇格させるために誰かが落ちるのですが、その筆頭候補となりました。ギャレットの守りがああなので、一塁も守れる北篤と重信を入れ替えたいところですね。
キャレットの四球を選んで攻撃のリズムを作れるところはかつて楽天にいたA.J.を思い出します。後を打つクルーズも安定すれば投手に重圧を与えられますね。

投稿: Taka | 2016年3月28日 (月) 01時08分

おはようございます。

野球はやっぱり楽しいですね。素晴らしい3連戦でした。3、4、5番の活躍、主軸が活躍すると、このような試合になってきますね。去年に、このような主軸の活躍が数試合あればと思ったりもしてしまいます。今年の戦い方はこの助っ人中心になりそうです。見てて雰囲気も感じるので、不調時期を短く活躍してほしいと願っております。

村田さんへ一言。ホームランか三振かというぐらいの豪快なスイング願います。去年同様な弱々しいスイングで悲しいです。守備の人と言われないような活躍してください。

投稿: TUSHI | 2016年3月28日 (月) 08時09分

TUSHIさん
試合の中で色々な過程があったからこそ出たホームラン、野球の面白さを実感しました。相手もこれから研究していくでしょうが、威圧感のある打者が一人いるだけで変わりますね。
村田さん一応長打は出たのであと少しではないでしょうか。

投稿: Taka | 2016年3月28日 (月) 12時12分

開幕カードは最高の結果となりました。打線は欲しい時に打ってくれて上手く噛みあっての快勝
3試合とも長打数勝ちの必勝ちと文句無し、ヨシノブジャイアンツは幸先の良いスタートを切れました
勝因はそれぞれ菅野、石川、ギャレット
石川は初回から球威無し投手なのに外野フライアウトな時点でこりゃ燃えるなと、当然の炎上。
左をクルーズ、右をギャレットが仕留めたのは良い傾向です、ギャレットは四球も取れてるしこの並びを動かす必要はほとんどないと言えるでしょう。
小林が結構怖さを見せたのも大きい、この3連戦は割かし捕手の打力の差も出ました。(というか中村に散々助けられた)

次に新監督の采配はどうなのか?
1番長野は苦肉の策。しかし当初の左翼まで単打枠にする事を拘泥せずに調子のいい人間を優先するあたり「勝つため」の采配をする気があります。
対左で長打のほとんどない亀井を2戦目も起用して結果出すあたりは現場での眼力がある事を見せました。
ただ、3戦目で「優しい采配」があり、それが一番監督としての性質が出てる気がします
中井を亀井の代役で起用する事はそれが現場の眼力と言われたら2戦目帳消しにする必要がありますが
「抹消予定選手にチャンスを与える」という視点からの起用ではないかと思っています、スタメンまでは前監督はまずやらんでしょう。
ただ、それだけに3打席目の犠打指示は首をひねります。左代打で亀井堂上が残っている以上勝負に行くなら代打、チャンスを与えるという思いがあるなら強行でしょう。
6番に起用した左翼の選手に犠打、中井が綺麗に犠打出来たとして一軍生き残りに何の意味があるのかと。2番で使うのかと。
現役選手特有の打てなかった時犠打の方が気が楽だろうからさせてあげようという優しさだけの采配です。
やる以上はその選手に求められる事をやらせるべきです。勝ちに行くならスパッと代える。

前任はこういう時の為に多くのスペシャリストを抱え、それを自在に操る事で一点をもぎ取る力がありました。
そのスペシャリスト達が枠を圧迫、選手の硬直化を助長し、昨年ついに個の力の差でもって破綻した以上、今の巨人にはこの方針が正しい。
若手というだけで前任より一歩半はチャンスをくれる采配をしています。だからこそ、やらせる以上はその選手に期待する事を徹底してやらせる厳しさが見たいですね。機会を無駄にさせないために。

投稿: しらね | 2016年3月29日 (火) 18時00分

しらねさん
投手陣がピンチを抑えたというか、ヤクルト打線がチャンスを活かせなかったことが効きましたね。ライアンは実際ソロ以外抑えていましたから。
助っ人というのはやはり開幕してみないと分からないものですね。二人がこんなに機能するとは。特にギャレットの選球はチームにとって大きいなと感じられました。
中井に対する犠打指示は「六番打者に?」という思いはありましたが、彼に対する評価なのかなと感じました。あとはオープン戦少ない打席で併殺重ねていたのでそれも頭にあったのかもしれませんね。

投稿: Taka | 2016年3月30日 (水) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)◯10-5 久々の感覚 | トップページ | DeNA(横浜)○6-2 助っ人 »