« 飛ばす選手は絶対に必要 | トップページ | 京セラ連戦に侍などなど »

2016年3月 2日 (水)

競い合う者たち

見たのは九回表の攻撃だけだが、そこで十分満足出来る試合となった。外野の一角を狙う重信がヒットでチャンスを広げ、一軍から離れまいと吉川大幾が10球粘って四球を選び、重信という競争相手に刺激された立岡が追い込まれながらも10球粘って同点打を放ち、最後は中軸を狙う大田が打った瞬間それと分かるスリーランで締めくくった。

大幾がいつかの試合で三遊間の深い位置からアウトを奪ったシーンを見て「これだけ守れる選手が控えにいたらその枠を奪うのは難しいだろうな」と思ったのだが、打撃でも内容が出てきたなと感じられる。彼の粘りが逆転に繋がったと言える。上位定着を目指す年に重信という競争相手が現れた立岡も順調に来ているのではないか。あれだけ粘れる選手が上位にいるのは相手投手も嫌がるものだ。大田が決められたのも、彼らの粘りが鍵谷に対するボディブローとなっていたのもあるだろう。その大田の競争相手は立岡・重信になるが、似たタイプの二人がいることで持ち味の飛ばす能力を活かそうと決意出来たようだ(最初からそれでいいのにとは思ったが)。これでやるべきことがはっきりした。その上で、打線の軸になるべく岡本と競い合うことになるだろう。持ち味で勝負してもらいたい。あの打撃を出来る選手はそういないのだから。

今日はブログ書くとしても、大谷じゃなかなか点は取れないから仕方ない、という内容になるかなと思っていたが、まさか全然違う内容になるとは笑 痺れる打球を見られて満足満足。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 飛ばす選手は絶対に必要 | トップページ | 京セラ連戦に侍などなど »

「試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛ばす選手は絶対に必要 | トップページ | 京セラ連戦に侍などなど »