« ひとやすみ | トップページ | もうひとつ思うこと »

2016年3月 8日 (火)

馬鹿なこと

去年の時点で膿を出し切れなかった球団、隠していた選手に思うところはあるが、そのあたりのコメントは恐らく他の方と大差ないものになるのであまり書く気はない。

彼が関わっていたことを聞き、本当に馬鹿なことをしたよな、という思いがある。2012年の日本シリーズで日本一を決めた試合、勝利投手になったのは彼だった。多くのプロ野球選手がいるが、日本一を争う舞台に立てる選手はそう多くない。重圧のかかるところだが、野球を仕事としている人間にとっては、ああいうところで勝負出来るのはとても幸せなものだろう。そして彼はその幸せ、さらには日本一になる喜びを知った。にもかかわらず、だ。一般人から見たら少ない額ではないが、多く稼ぐプロ野球選手にしてみたらそう多い額ではない。ゲーム感覚だったのか何だったのかは謎だが、そんなお金欲しさに何故踏み入れてはならない領域に足を入れたのか。理解に苦しむ。

夢を叶えるためにあらゆることを犠牲にして多くの時間を費やしても、行動一つで全て水の泡となる。何のために頑張り続けているのか。そう思えば踏みとどまれたかもしれないが、やった後ではもう遅い。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ひとやすみ | トップページ | もうひとつ思うこと »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

由伸監督が可哀想でなりません。巨人ブランドを守るために現役の未練を断ち切ったのに。

まだ、数名の噂がありますが、せめて公式戦前に全てがクリヤー出来ますように。

投稿: まさやん | 2016年3月 9日 (水) 00時10分

まさやんさん
本当に最悪の状況でバトンを渡されましたね。
笠原の知り合いとやらが事実を握っているようで、何かあるのならまた忘れた頃に出すのではないかなという気もします。

投稿: Taka | 2016年3月 9日 (水) 00時43分

管理人さんへ
とうとう出ちゃいましたね。しかもこの時期。一新ならず新監督が気の毒です。
後出しの高木は断罪ですけど、球団も問題ですよ。危機管理マネジメントの欠如。三馬鹿だけで終わらせてましたけど、マスコミ報道じゃそれ以外の選手も関与と結構書かれていました。読売はメディアが本業。にも係わらず他のメディアに存分に書かれる始末。球団はアホですよ。何のための去年の調査&研修だったのか。ナベツネ三人の辞任は当たり前です。オープン戦最中ですが、選手調査は続行すべきですね。球団として徹底的に再調査するとリリースすべきですね。折角新戦力のオープン戦を楽しんで見ていたのに、また蒸し返される悔しさ。このままじゃ、また開幕後にでも「膿はまだまだありました」なんてアホな会見起きますよ。
巨人軍は紳士たれはどこへ消えた。高橋新監督が気の毒でならない。そして関与していない選手達が。

投稿: ひーろーず | 2016年3月 9日 (水) 17時43分

ひーろーずさん
調査する力が球団(親会社?)になかったということですね。本当に何を調べたのか?という話です。
笠原の友人と文春はまだまだ情報を握っていることでしょう。その前に出し切るしかないですね。仰る通り、繰り返しになってしまいます。
由伸新監督、そして新監督とともに戦うコーチ・選手が気の毒でなりません。

投稿: Taka | 2016年3月 9日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとやすみ | トップページ | もうひとつ思うこと »