« 広島(MAZDA)○4-3 理想の二番打者 | トップページ | 阪神(東京)◯3-0 言葉が見つからない »

2016年4月 5日 (火)

阪神(東京)●2-8 モヤモヤ

スコアだけ見ると、やられたなぁ、という気分になるのだけれど、中身を見るとどうにも残るモヤモヤ感。私なら書くと思っている人もいるでしょうが、この試合、相手に長打を喰らわなかった。にも関わらずこれだけ取られるというのも何ともまあ不思議なもんです。全部を見られていないけれど、高山以外ほぼボテボテだったんじゃあないかと。藤浪のヒットもストレートならしゃあない。

とは言え、防げた点は絶対にあったのだからそこは反省点。ディレードスチールまた決められたりゴメスに走られたりってのはいただけません。ダメダメ押しのボークとタイムリーは藤浪歩かせた時点でマウンド行かないと。その前の回粘ってた影響もあったのか、あっさり三振すれば良かったのかもしれないが、その前の二人がなーんも出来ずじゃあ何とかしたくもなるか。次はしっかり頼みます。

相手を見ると、クリーンアップの役割が明確か。作れる人、作れて決められる人、決められる人、という並び。そして上位にはイケイケの二人。彼らが安定しだしたら攻撃は厚くなるのでしょう。

初回の犠打選択は、アーロンならそうそう点を取られないと判断し、まず同点に、と考えたのでしょう。これからも相手投手次第ではあるのかな、と最初は思ったが、これからは打たせるべきかなと。クルーズが冷えて五番以降がエア状態。送っても三番四番の単打コース次第じゃ帰って来られない、ということになる。であれば自己犠牲よりも上位で決めてもらうという選択が望ましいように思える。

三戦目を考えたら明日は勝ちたい。高山の勢いを止められるか。エースに期待しよう。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(MAZDA)○4-3 理想の二番打者 | トップページ | 阪神(東京)◯3-0 言葉が見つからない »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(MAZDA)○4-3 理想の二番打者 | トップページ | 阪神(東京)◯3-0 言葉が見つからない »