« 中日(東京)○5-2 ほぼ完ぺき | トップページ | DeNA(東京)●4-12 恥 »

2016年9月22日 (木)

中日(東京)○4x-3 落胆と喜び

中日(東京)○4x-3 落胆と喜び
ギャレットで始まりギャレットで終わる

今日勝ったとしてヒーローはギャレットしかいないよな、と思って最後まで見たら、文句無しのヒーローとなって試合は終わった。慎之助や村田で決まったとしても、お立ち台拒否しろっていう気持ちになっていただろう。智之に勝ちがつかなかった中で、今日ヒーローになるべき選手が打ったのでそれは良かった。

八回の采配には決して満足していない。智之に白星をつけたいのであれば、一点を取りに行く犠打では同点止まりになり得るから。ノーアウト一塁、代走尚広、そして投手はサイドハンドの又吉。仕掛けやすいところであっさり初球バント。二位がかかっているからまず同点に。個人より巨人ということだろう。満足はしていないし、ガッカリした部分はある。

問題視すべきところを変えるか。初回27球投げたバルデスに、七回時点の智之より少ない球数でHQS達成されてるのはどういうこっちゃ。淡々と早打ち凡打を繰り返したということ。初回亀井が粘らなきゃもっと少ない球数になっていた、と。智之を勝たせる重圧とか言い訳しないで個人でも考えなきゃ。

さて、二桁勝利のチャンスは来週の最終登板のみとなった。中継ぎで何とか、ということはしないだろう。さあ、勝たせられるか。二桁到達させられなかったら坂本以外の野手は減俸を願い出るべし。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 中日(東京)○5-2 ほぼ完ぺき | トップページ | DeNA(東京)●4-12 恥 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中日(東京)○5-2 ほぼ完ぺき | トップページ | DeNA(東京)●4-12 恥 »