« 三試合続けて | トップページ | 寒くなり ストーブリーグ 熱くなる? »

2016年10月29日 (土)

2016年終了

野球はメンタルのスポーツか。ラミちゃんも著書で語っていたが。一つリードした日本ハムが重圧をかけていき、八回でケリをつけた、と。感じるのは、セ・リーグのチームはこれだけ首位チーム相手に重圧を与えられていたかということ。五チームとも自滅して重圧すらかけられない展開にしてしまったのではないかと。今日の外一辺倒押し出しなんかはまさにそれ。セ・リーグのチームが日本一に輝くには、やはり高いレヴェルで競り合った展開が求められる。四年前のジャイアンツは例外か。まぁ、あれは、CSでひっくり返せたことが大きかったか。

日本ハムが日本一に。柔軟に対応出来た首脳陣の判断が良かったということか。リーグ戦は増井をスターターに転向させて成功。バースはスターターも中継ぎもやっていたが、このシリーズでは中継ぎで三勝。優勝した翌年にドンケツになってから良く戻したなと。二年前の交流戦で四勝して札幌でも勝ちを見たが、その時の姿とは比べものにならない。センター西川とはグダグダだなぁなんて思ってたっけ。一人一人成長したということでしょう。
それにしても、八回バースをそのまま打席に立たせるとは。そして広島も打たれるとは。不思議だなぁ。その後のグランド寿司ラムはもう、十年前にタイロンに打たれたやつを思い出した。

配置転換により開花するケース。バースもそうだったのかもしれない。近年じゃトニー・バーネットやランディ・メッセンジャーが成功している。最初取ってきてイマイチだなと思ってもこういうことがあるから分からないもの。人を生かすのは大切だなぁ、つまり、パワーピッチャーアーロンには頭下げて残ってもらえと(家族が日本に馴染んでいないのは本当なのか…)

今年の野球はおしまい。あとはストーブリーグ。というわけでそろそろFA話も解禁しようかな。

|

« 三試合続けて | トップページ | 寒くなり ストーブリーグ 熱くなる? »

コメント

覚えて頂いていれば嬉しいですが、一年ぶりに投稿させて頂きます。前回は原監督退任の際の記事にコメントした記憶があります。今年も楽しくブログを見させて頂きました(^^;今年の巨人は、過渡期ながら2位に喰い込んだ点は、良かったと思いますが、やはり優勝,日本一の称号が欲しかったですよね・・・。

03年以降、巨人2回,中日1回を除けば、全てパリーグのチームが日本一になっているんですよね、日本シリーズ。今年の広島は文句なしの優勝でしたが、それでも長年こういう状態が続いていることを考えると、確かにセリーグのレベルの低下は危機的状況なのかもしれないですね・・・(--;

外国人の配置転換は成功例が多いですよね。堀内巨人時代の良心的外国人と言える、シコースキーも、ロッテ時代の一年目は先発で散々でしたが、二年目以降中継ぎになってから、あれだけ長く日本でプレイしましたしね。人柄や腕グルグルも好きでしたが(^^;ポレダは、おっしゃるように、中継ぎや抑え向きだと思います。

今年もお疲れさまでした。また来年も読ませて頂けたらと思っています。いつもありがとうございます。

投稿: キャビネット | 2016年10月30日 (日) 12時30分

キャビネットさん
ご無沙汰しております。去年コメントお寄せいただきましたね。一部選手の頑張りで二位になれましたが、やはり見ている方も気持ちの高まる頂上決戦で喜びたかったですね。
今の巨人でも八月頭まで何とかなるかもしれない状況が問題だったのかもしれません。2007年~2010年がレヴェルの高い争いだったように思えます。あの頃の巨人、中日、阪神ならダントツだったのではないかと。
一つ付け加えると、アーロンの先発は諦めておりません。ただ、パワーピッチャーなら使えるところは一つじゃない、だからこそ安易に放出してはならない、ということを言いたかったのです。
ご愛読いただきありがとうございます。コメントはいつでも受け付けております。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Taka | 2016年10月30日 (日) 12時59分

管理人さん、今シーズンも楽しくブログで楽しませて頂きました。ありがとうございます。
さて私が絶対に見ない番組は、ドラフト中継です。裏話を取材して盛り上げてますけど、早い話がアスリートの悲喜こもごもを垂れ流しているだけだからです。
そもそもドラフト自体の功罪を論議する時期に来たんじゃないかと思います。
球界発展の為の戦力の均等化はもう卒業じゃないかと。大谷選手の手記に、日ハムに入って良かったの記事を読んでそう思いました。北海道から九州まで球団が散らばり、どこも独自色を出しています。球団の努力で選手を引っ張る時代が来たのではと考えます。それにもう巨人一辺倒じゃないですしね。高校生だって、親や監督と進路を相談すれば良いこと。違反した球団は翌年の選手獲得を放棄する厳しいルールを設ければ良いし。一生懸命汗をかいたアスリートたちに好きな選択肢を与えて上げたいと思います。
最後に先日サッカーのJリーグ関係者とメシを食べた時の会話です。その御仁は野球嫌いのサッカー大好きおじさんですが、「まだプロ野球はドラフトなんかやってんだ。遅れてるな。サッカーは自由だよ。それに球団が努力しないと選手来ねぇし」

投稿: ひーろーず | 2016年10月30日 (日) 16時50分

ひーろーずさん
今シーズンもコメントお寄せいただき有難うございます。
戦力の均等化のためにドラフトは致し方ないという思いを抱いておりましたが、コメントを読んで、変えることも必要なのかなと思ってきました。MLBのような完全ウェーバー制に比べればまだ良い選手獲得のチャンスはある、と思っておりましたが、他のスポーツ、例に挙げていただいたJリーグは確かに自由ですからね。おっしゃるとおり、ルールを整備して、違反したチームには厳正に対応していけば、チーム・選手双方にとって良い形になるように思えます。
希望の球団に行ける制度なら、藤浪、山田、秋山、丸、野村、若松…こりゃ強い。。

投稿: Taka | 2016年10月31日 (月) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三試合続けて | トップページ | 寒くなり ストーブリーグ 熱くなる? »