« 見えないはずのものが見える | トップページ | 2016年終了 »

2016年10月27日 (木)

三試合続けて

ハムがホームで三連勝。きっかけは全て四球から、ココなんだよな。私が常日頃書いている四球の重要さがまた証明されちゃったわけだ。昔に比べ観る目が養われたな、と自分で言ってしまおう笑

さて、サヨナラ劇の陰で、三打席連続犠打を成功させたのは、市川だった。四年前の出来があまりにも酷くてここでイチカワ(笑)と書いたのを思い出す。出さなきゃ良かったのに、という思いは全くない。彼にとっては移籍がきっかけになったということ。今ファームにいる捕手が、この姿を見て自分も努力することを心掛けられれば良いのではないかと。小林は三年で市川の倍以上試合に出ているのだから自信は持って良い。やるべきことをやる、この意識を持てれば良いかと。

短期決戦は何が起きるか分からない。2008年なんて、ビジターで逆転勝ち王手、細川負傷、中島も負傷、残り二試合ホーム、と勝つ気しかしなかったがああなった。2013年も負けなしの田中将大に勝ったが、勢いに乗るということはなかった。その時四つ勝ったチームが日本一、そういうもの。

試合をほとんど見ず過程だけ追ってたが、現役選手にとって参考になることは多いのではないか。勝つためのヒント、掴めたかどうか。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 見えないはずのものが見える | トップページ | 2016年終了 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

まとまった点が入る時は、四球が発端となるケースが多いですよね。
こういう粘る姿勢を長野さんも見習った方が良いんじゃないかな。
市川をジャイアンツ球場で見てた時は、まさか日シリでスタメンで出るようになるとは想像もしてませんでした。
08年の日シリは勝てると思ったのですが、岸の神ってるピッチングに流れをもってかれましたね。

投稿: よしかわ | 2016年10月28日 (金) 12時28分

よしかわさん
投手も単打なら仕方ないと考えられるのでしょうが、四球はダメージ残りますからね。
大事なのは粘りであり選ぶ眼ですね。長野さんの動体視力は良いと聞きますが信じられない自分がいます。
ラミちゃんに走られたイチカワが日シリに出るなんて考えもしませんでした。出なかったら意識は変わらなかったでしょうから残っていても難しかったかなと思います。
08年は岸もそうなんですが、ヒサさんが負傷のナカジにビビって歩かせたこと、そこで流れが変わったようにも思えます。

投稿: Taka | 2016年10月28日 (金) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見えないはずのものが見える | トップページ | 2016年終了 »