« ドラフト前夜… | トップページ | 監督に囲まれたあの人は何者? »

2016年10月20日 (木)

ドラフトを終えて願うこと

予想外のドラフトだったと言えるかな。吉川一位の発想は無かった。三位まで投手とは一体何だったのか(というか一位以外投手じゃねえか)。佐々木千隼を何処も最初指名していなかったことに驚いたドラフトは、一位でとった選手にさらに驚いたドラフトとなった。

また非力上位指名かよ、と思ったのは否定しない。ただ、一家揃ってG党という若い子を応援しない理由はない。守備の評価はかなり高いという点が今までの選手と違うと思いたい。左打者という点も魅力。学生時代の打撃成績を見たら、あまり選ばない打ちたがりタイプなのかなと。アーチは出始めているが、大学の先輩菊池涼介ほど長打は出ないのではないか。リードオフを務めたいなら出塁第一。今の内野守備走塁コーチは理想のリードオフマン。あらゆることを吸収しましょう。

二位以下をうまく指名したら私が昨日挙げた選手を六人取れたか。そっちの方が良かったよなぁ、細川、梅野、森山、今井、田城…。絶対残ってないと思って書かなかった高橋昴也も取れていたのか。それが高田萌生だけって。即戦力(と思う)投手が欲しいと理由付けでスカウト部長の後輩を指名するとは、いやはや。今年も失敗したら分かってるか?

あんま嘆いてもしゃあない。競合覚悟で逃げずに行ったことを良しとするか。というわけで、来年は清宮幸太郎、再来年は万波中正でヨロシク。ただ、来年以降は監督にクジを引いてもらうべきではないか。頭下げて願うべき。カルビに頭下げてる場合じゃなかろう。原さんの時は藤田監督、松井さんの時はミスター、これですよ。来年以降に候補二人のクジを引いたのが堤だったら…当たらないだろうし画にならない。メジャー志向の子なら断りかねない。だからこそ監督。由伸監督が引き当てた選手が巨人の軸となり二人の絆は強く…これが理想じゃないかな。ファンが見たいのは、と勝手なことは言わないが、少なくとも私は見たい。

これから厳しい戦いが待っている。上を目指して貪欲に取り組んで欲しい。活躍を期待したい。

…七位の子、誰や。。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ドラフト前夜… | トップページ | 監督に囲まれたあの人は何者? »

「読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

当たりくじを引けなかったのは残念ですが、こればかりはどうにもならないかな。
個人的には高橋監督に前に出て行ってもらいたかったです。堤の顔を見た瞬間こりゃダメだと思いましたから。
今年のドラ1さん親近感のわく名前なので、活躍を期待したいですね。

投稿: よしかわ | 2016年10月21日 (金) 00時26分

よしかわさん
ありゃ、インケツですね。インケ堤なんて呼び名はどうでしょう。
既に吉川がいるので最初から尚輝と呼ばれることでしょう。長く活躍するには攻撃面での貢献も必要なので、向上してもらいたいですね。

投稿: Taka | 2016年10月21日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラフト前夜… | トップページ | 監督に囲まれたあの人は何者? »