« ポジティブ要素はあまりなく | トップページ | 負ける方が難しい試合 »

2017年3月19日 (日)

色々見られた試合

昨日に比べれば書くべきネタはまああった試合。良い面悪い面それぞれ。

先発の光夫は記録上6回4失点。ただし6回裏の3失点はレフトとセンターの有り得ないクソ守備のせいなのでノーカウントとしてあげるべき。ただし、この日問題とすべきポイントはその前の回だったのではないか。相手の仕掛けが失敗した後のツーアウト二塁。二番熊代はバットを一度も振ることなく四球。意味が分からない。何故わざわざホームランバッターに廻るよう自ら首を絞めるのか。長打のない相手なのだから打球運による1点は仕方ないと割り切ってストライクで攻めるところでしょう。たまたま浅村が打ち損じてくれたがそんなのは結果論。貯金を増やすにはこういうことをしてはいけない。

さて、すこし触れた守備について。陽のコンデイション関係なく、長野センターは無理と判断すべきでしょう。陽が上がれないのなら、センターは守備指標の高い橋本が良い。岡本はまだ転向して間もないので時間が必要ということ。エラーは反省しつつもとりあえず今日は二本ヒットが出たので精神的には少し楽になったか。あとは二塁。立岡をレギュラーにしようと使ってはいるものの、今日の山川のショートゴロで併殺取れないようでは。首脳陣も頭の痛いところでしょう。

昇格して二安打二四球と結果を残した中井。去年同じ時期の打撃と比べたら雲泥の差ではないか。去年は何で一軍にいるの?という状態だったから。これで立岡や岡本の目の色がさらに変わってくれれば、と刺激を与える効果を期待出来る打撃だった。久々に好印象。

今日は一軍、二軍、甲子園とぐるぐる回して見ていたが、寺内さんがゆっくりダイヤモンド一周していることにびっくりした。マジか?と思ってしばらく見ていたら、満塁ホームラン、と。失礼ながらも大笑いしてしまうと同時に、オフシーズン話題となった杉浦大丈夫かよ、と心配になった。

WBCの相手は米国。八番スタントンかよ…怖すぎ。甲子園は履正社の竹田君が八回裏よく粘ったなと(しかし九回174球て…)。日大三の桜井君、金成君の三・四番コンビはまた夏の楽しみに、ということで。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ポジティブ要素はあまりなく | トップページ | 負ける方が難しい試合 »

「読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポジティブ要素はあまりなく | トップページ | 負ける方が難しい試合 »