« まずはオープン戦 | トップページ | 今日もまずオープン戦から »

2017年3月14日 (火)

侍ジャパン WBC二次予選 キューバ(東京)○8-5

このチームで長くやりたい、と言っていた智之の気持ちがよく分かる試合となった。四回四失点と悔いの残る結果となったが、味方が取り返すのだから。単打が続いて、長打厳禁という重圧の中で放ったわけだからかなりきつかったと思う。決勝ラウンドのどちらの試合に投げるかは分からないが、今度は抑えるという気で臨んで欲しい。

試合は山田哲人の先頭打者アーチや、筒香のVTRを見せられてると錯覚するようなセンター返し三連続などでキューバにくらいついた。中盤でバントと思われた小林に打たせた結果はタイムリー。彼に何か降っているのかなと思わせるシーンだった。
でももっと持っていたのはマッチだったんじゃないかと。三振が振り逃げになり、ショートゴロが送球エラーになるというツキ。そしてその後生還しちゃう、と。
ラッキーボーイ状態の小林のところで内川が出た。本人も結果残した選手の代わりでプレッシャーはあったろうが勝ち越しの犠飛を放った。そして、、山田哲人のアーチ。スライダー一本に絞ったとのこと。そう、読みが当たれば彼の飛距離なら入る、と。これを貧打に苦しむチームの野手はどう感じたかでしょう。

最後は牧やん。ストレートで面白いように空振りさせていた。国際大会で強打者を抑える彼を見て、真似したいと思う子供が増えればそれは楽しみ。

連勝したが、まだ準決勝進出ではない。色々ややこしくなるので勝つのみでしょう。世界一に向けて歩みを進めて欲しい。

最後に、キューバは強いと思う。日本の二勝、そして二次リーグで終わりそうだが、一位でもおかしくなかった。三番至宝じゃなかったらこうはならなかったんじゃないだろうか。いや、マジで。

|

« まずはオープン戦 | トップページ | 今日もまずオープン戦から »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

仮にもエースなら悔いの残るピッチングになったでしょう。ほんと巨人ならこのまま負け投手でしたよ。さすがは日本代表。マッチと牧田の動と静の貢献がクセになりそうです。
小林は同点タイムリーよりサードランナーを刺したのが貢献度高いと思いました。本職で頑張れ!

投稿: みつとし | 2017年3月15日 (水) 07時53分

みつとしさん
本当に打線がしっかり点を取っていればもっと楽に投げられるんですよね、シーズン中。
二人確かに対照的で面白いですね。
ランナー刺したことで流れを止められました。大きなプレーだったと思います。

投稿: Taka | 2017年3月15日 (水) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まずはオープン戦 | トップページ | 今日もまずオープン戦から »