« 広島(MAZDA)○1-0 快投の称賛とその他苦言 | トップページ | 広島(MAZDA)●0-1 ハードラック »

2017年4月27日 (木)

広島(MAZDA)●6-7 細かなところ

様々なことが敗因になるのだろうけれど、細かなところでやるべきことを出来たか、という点ではないか。四回の小林けん制アウト、当然大喝。五回と六回は先頭が四球で出ながらも後続で何も出来ず。一方広島は四度の先頭四球の回のうち、三回で得点している。五回はランナーを進めさせるようにしてほしかったが、そもそも何故二番に中井だったのだろう。しかし、こう書いて気付いたが、半分の回で先頭四球はかなり酷い。

六回の継投、正解は分からない。結果的に打たれたが池田が許したのは単打だし、そこでサッと篠原にスイッチしたところで収まったとも限らない。満塁からイージーに初球取りにいったのは気になったが…。二人に繋ぐまでの継投が固まるにはまだまだ時間がかかりそうか。

明日は椋丞が先発。ここは捕手に實松を使ってみてはどうだろう。相手の目先を変えられるだけでなく、小林の疲れを和らげることを考えて。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(MAZDA)○1-0 快投の称賛とその他苦言 | トップページ | 広島(MAZDA)●0-1 ハードラック »

「試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(MAZDA)○1-0 快投の称賛とその他苦言 | トップページ | 広島(MAZDA)●0-1 ハードラック »