« 2017年4月 | トップページ

2017年5月21日 (日)

DeNA(横浜)◯4-0 たいへんよくできました

DeNA(東京)◯4-0 たいへんよくできました
角度的にバックスクリーンは良い写真撮れなかったので…たいへんよくできました、と打つとiPhoneではあのスタンプが表示された、へぇ〜。

今日は田口の完封を生で観られて良かった。これだから現地観戦はやめられない。暑い中のデーゲーム、皆さまお疲れ様でした。

ピッチングを振り返ると、本当に低めに良く集まっていたなぁと。相手がジャイアンツより四球を取れてないチームというのもあるけれど、先月制球に苦しんだ田口が今日は一つも四球を出さなかった。ボール先行は何度かあったけれど、そこでも出さずしっかり抑えられていた。

ケーシーは幸運というか持っているというのか。桑原のサードゴロをこぼして併殺取り損ねた後のピンチは梶谷ゲッツー、ホセのサードゴロこぼした後は宮崎ゲッツー。普段守備でもチームを助けている助っ人が珍しくやらかしたが、失点に結びつかなかったのはラッキーだなぁ。日頃の行いか、なんて。田口の投球が良かったということでしょう。

先制はベンチが動いて成功した。ツーアウトから長野が死球で出て立岡のところでエンドラン指示。打球は風もあったのか伸びてセンターフェンス直撃のタイムリースリーベース。大きな先制点だった。
次の回の三点は三連続ツーベースが産んだ。ケーシーがセンターフェンス直撃のツーベースで出ると、慎吾がライト線に飛ばして二点目。ちなみにこれが六番打者初打点。彼は打ち破る何かを持っているのかもしれない。中井も右方向へツーベースで三点目。小林進塁打、田口三振の後で、長野が四点目のタイムリーを放った。今日の得点は以上。クリーンアップ以外で全打点というのも珍しい。三点取った回は意思統一がしっかりされていたのでしょう。その後追加点を取れなかったことだけ反省点として、今日結果を残せたことを喜びましょう。

久々の日曜勝利。ホッとした気持ちで休みを終えられて良かった。いやぁ、いいもん見たわ。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年5月20日 (土)

DeNA(横浜)●4-6 逃げのち10日間休み

DeNA(横浜)●4-6 逃げのち10日間休み
中華街行ったら杏仁ソフト

終わってみて勝敗を決したのは、初回の三流被弾だったということでしょう。二回に連打は出たものの長打はなし。打力の差が出た試合とも言える。とも言える、と書いたのは敗因は明らかなんで。

初回にツーアウトから四球直後に四番に初球被弾。下位の左打者にチャンス作られてまた逃げた後に四番にタイムリー。またまた下位の左打者にチャンス作られて降板。そのランナーが決勝点となった。この投手は中12日と十分間隔を空けてもらい、さらに得意としてる相手。これは優しい性格の私でも擁護は無理。ん?何か間違ったこと言いました?

桑原はあのタイムリーが久々の安打となったが、スコットのストレートにもついていける桑原に追い込んでからそれ求めるか?という疑問もあるが、こういう状況で打たれるのも桜井というか。連投だとボールは全く行かないことが分かった、と。三日前にドームで見た投手と同一人物とはとても思えないボールだった。これで七回の男というのは厳しいかな。

四点たまたま取れたものの打線は湿ってると見て良い。追加点を奪えなかったのは、そういうことでしょう。というか火曜も慎之助で勝ったようなものなので。クリーンアップに長打が出なくなるとキツいか。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年5月19日 (金)

DeNA(横浜)○5-3 グダグダ試合を決めたのは

2-3で終わっていたら采配についてボロクソに書くつもりだったけれど、勝ったので不満はライトに書きましょう。

得点圏無安打のたまたまヒットが後ろに逸れて二点入った裏に、センターライナーを腿でリフティングして1点差。その後勝ち越されて2-3に。九回表にパットンから慎之助がツーベースを放ち代走重信。バッテリーエラーで進塁。ケーシーの犠飛で同点に追いついた。その裏にツーアウト一塁からけん制のボールが悪かったのか愛人が下手だったのか取れず進塁された、と思ったら何故かあのファウルゾーンの狭い球場なのに三塁に進もうとして余裕でアウト。スコットは桑原に対してあまり良くなかっただけにランナー二塁という場面にならず助かった。
十回表、中井が須田から四球を選び出塁。立岡が送って代打亀井はレフトフライ。四番に重信が入っていたので坂本は当然敬遠される。ここで代打村田。糞ボール二球振りながらもどうにか選んだ。満塁でケーシー。しっかりボールを見て、フルカウントから真ん中に入った変化球をしっかり捕らえ二点タイムリー。お互いグダグダな試合は延長でしっかり選べたこと、そしてケーシーの選球眼が試合を決めた。これが試合の経過。

さて采配について。十回まで中井と村田を温存したからから勝ったってのは結果論。八回に相手が砂田に代えたところで何故立岡と辻をそのままにしていたのか全く理解出来なかった。残り6アウトのところを何もせず2アウト献上?二番のところで代えたら山﨑スイッチだった可能性はあるが、立岡のところから代えるでしょ。中井と村田を使うならそこではなかったか。相手が勝ちパターンで繋いだら残りは右なのだからそこで左の亀井と脇谷を使えば良い。たまたまパットンがずっこけてくれたけど、展開によってはまた村田を使わず終了だった可能性は大いにあったかと。twitter見た人には分かるけれど、采配放棄ってその時は腹立ててたなあ。負けてたら、長野を使い続けて大田使わず放出についてさらに書いていたことだろう。今日偶々タイムリーは出たが、その前の二打席は本当に考えて打席に立ってるの?と思うような内容だったから。

明日は内海とクラインが先発。ランナーを置いて相手のペースを乱したいところ。そして当然選球は大切。内海は明日投げたらまた抹消でしょう。来週広島相手というのもあるが、彼は絶対に楽天戦で使うべき。というわけで、しばらく空くから仕事してもらいましょう。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年5月18日 (木)

ヤクルト(東京)●0-1 何のためのヘッド

「7点も取られたら『あーあ』となるわ」
誰かほんとに由伸の横にいるおじさん黙らせてくんないかね。口開いてもロクなこと言わねえんだから取材されないようずっとカルビ食わせとけよ、野菜抜きで。本当にねえ、無策なのを棚上げして投手のせいにしてんじゃないよ。1点でも一緒だろうに。チームを一丸にするべきところを何で雰囲気悪くするようなこと言うかね。これで「1点で抑えたのに『あーあ』となるわ」と返されたら何て答えるのかね。というか、何度目の1点差負けなんだろ。これはどう回答してくれるのかな^ ^

まあ一つミスを挙げるなら、4番と5番はどう考えても逆だったなと。ケーシーが4安打したから言っているわけではない。慎之助休ませるなら状態の上がっているケーシー4番で当然でしょ。結果の出なかった村田をどうこう言う気はないな。長野は2安打したから…なんてフォローすると思ったら大間違い。あの三振、ボール球振ったって何にもなんないの。次實松というところで四球嫌がってストライク投げると思ったのかね。そういうところよ。

坂本がヤクルト戦打てないことがモロに響いてるが、それだけチームは彼に依存しているとも言える(でも何でエンドランさせる?)。そういう打線なのに投手陣を責めるヘッドコーチ。前打撃コーチやってたのって誰だっけ?ま、そんなのに頭下げて要請したGM(笑)が悪いってことにしとくか。

最後に、宮國は素晴らしかった。ナイスピッチングを有難う。

カルビ黙れと思った方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年5月17日 (水)

ヤクルト(東京)●0-7 理解出来ないこと

大竹が悪かった、で終わって大して取り上げられなさそうなこの試合。多分スポーツ紙じゃ書かれない問題だけど、俺が書くか。

一つ目は継投。六回の表に池田が出てきた時は、ただただ頭の周りに「?」マークが廻っている状態だった。彼は勝ちまたは僅差の時じゃあないの?ここで出してきたのは何故?こういう疑問符の残る出来事が起きた時はやはり結果に表れるもの。ここ最近の使われ方であれば池田がここで出るのは違うし、本人も戸惑うのではないか。4点差、昇格したての桜井がベストだったのではなかろうか。結果は別として。それでダメでも納得出来る。ストレートが想像以上だったのは良い意味で裏切られたが。

もう一つは多分誰も書かないかもしれないが書きましょう。4点ビハインドの時に唯一流れを変えられるところを潰したのは、小林。これはもうハッキリ書く。石川慎吾が二塁打で出てワンアウト後の打席。カウントは3-2. 四球の欲しいところ。ストレートに当たらなかったら仕方ない。粘って四球を取りたいところで、ボールからボールになる変化球に手を出しハーフスイングで三振。ランナー溜めるべきところで何をしたかったのか。二割未満の打球運に賭けたかったのか。選ぼうという姿勢があればあのボールを打ちに行こうとはならないだろう。そうならないことが理解出来ない。状況を考えてプレーしなきゃ。

終盤のベンチもよく分からないや。まったく打てる気配のない尚輝を残して、逆方向フェン直の石川慎吾を下げる?その割にはクリーンアップ残したり。中途半端だわ。勝ちに行きたいのか捨てなのか。釈然としないことばかりの試合だった。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2017年5月16日 (火)

ヤクルト(東京)◯5-1 四番とエース

ヤクルト(東京)◯5-1 四番とエース
ブキャナンから5点取れるとは思わなかった。攻撃ではやはり慎之助でしょう。追い込まれてからポール際に放ったツーランで良い流れに持ち込めた。五回の二点タイムリーもツーアウトから取れたことが大きかった。四番の仕事を出来た日となった。

初回を僅か4球で終えて、その後もスイスイ進んだ智之。五回の追加点に繋がるヒットも見事。バレンティンに超特大弾(あのような当たりは長年観戦しているが見たことがない)を打たれて完封は無くなった。八回に打球運と四球からピンチを作ったが、その後好フィールディングもあり抑えた時点で勝負あり。九回はしばらく休んでたカミネロに任せて5勝目。ゼロなら間違いなく最後まで行ったでしょう。エースの投球だった。

他が不安定なのでここで取らなければ話にならない、というのはある。が、ここで取れるからこそチームが崩れないわけで。連敗を止めてまずカード頭を取れたことを喜びたい。もう頭は次の試合でしょう。ビジターでの勝利を期待したい。

切り替えてまた明日。スターターの替え時を誤らないこと、そこがポイントか。

| | コメント (3)

2017年5月14日 (日)

広島(MAZDA)●1-8 乗り越えなければならない壁

広島(MAZDA)●1-8 乗り越えなければならない壁
「名前正しく書かれたきゃ結果残せや」って大西コーチが言うようなことをルーキーに求めますか、広島さん

田口にとっては今後の課題がわかる登板となった。鈴木誠也にはよくやられていたが、今後田口自身がエースとして活躍するには、克服しなければならない相手。これから広島の中心になる選手、何度も当たるのは間違いないのだから、良いイメージを忘れさせるぐらい抑えてほしい。そうなれるように期待したい。

ビハインドになると打てず、勝ちパターン以外の投手が傷口を広げたり、松山にまた打たれたりして終了。もう何度も見た光景という感じで。智之がいなきゃこのチームはカープに全敗していたわけだ。この事実を首脳陣含めてチームがしっかり受け止めなければならないだろう。例えば今日一番で起用された橋本、二出塁ということでリードオフとしてはまずまずの結果を残した。しかし、坂本のライトフライで三塁に行けなかったり、七回のチャンスに初球ファウルフライでアウトになったり。打線全体に触れると七回ノーアウト一塁で代打で出てきた長野はそのまま守備に入ったが、回ることなく終わった。…そういうことよ。こんだけやられっぱなしなのに抜けてたり淡白だったり。

関東での六連戦を終えたら上位との六連戦となる。前週に勝ち越しても上位との対戦で無かったことになる、なんて展開にしたくなかったら勝つのみ。今週はイベントであまり影響ないだろうが、交流戦明けには違う景色になってるかもよ?そう、野球で結果を出すしかない。

| | コメント (2)

2017年5月13日 (土)

広島(MAZDA)●2-11 何か対策を検討しているのか

広島(MAZDA)●2-11 何か対策を検討しているのか
というわけで、初めてのズムスタ。これで他11球団の本拠地訪問はようやくコンプリート。デーゲームではビジパフォ席からだとカウントが全く見えず…。でもスタジアム自体はまさにボールパークで、素晴らしいところでした。

さて、試合。そろそろさぁ、小林外しません?こだわることもないでしょう。彼の責任とは言わないけれど、捕手を変えて相手の目先を変えることも必要なんじゃないかな。それぐらい広島戦で打たれすぎだもの。松山の成績見てみなよ。巨人戦でもっているようなものだから。あと追い込んでから打たれすぎ。慎之助が捕手でバリバリやってた時だって併用していたのだから、何も小林をフルに使わなくても良いのではないかと。ベンチから眺めて気づくこともあるでしょう。週に一度は外から見させる日を設けても良いのではないかな。

坂本がチャンスで最低限の打撃を出来ていれば…それに近いことを火曜も言っていた気がする(^^; まあ進めたら進めたで、アーチを打っていた慎之助への攻め方も変わってたか。あとは七回のチャンスかな。あそこで亀ちゃん出して良かったんじゃない?まだ勝負所は先、と思ったのだろうけれど、使わずに終わるよりはね。

まだ触れるのと突っ込まれるところかもしれないが、チョーさんのスロー守備や橋本のホームベースを超えるバズーカを見ると、西武ドームでレフトフライ取り損ねた大田を使いたくなかったのは何だったのだろうなと。そりゃうまかないけど、そんな落としもせず使いもせずって干したりするほど逆鱗に触れるものだったのか、という疑問も。

慎吾の起用方法は、経験を積ませるという意味では一番というのもあり。これは完全に主観だが、チャンスメーカーよりはポイントゲッターが合うのではないかなという印象。一打席目は良く粘ったけれど、やはりランナーいるところで見たい選手。というわけで六番かな。…今日の六番?だから六番だったらダメダメだってデータにも出てるでしょ?使うなら七番で。

明日は田口が投げる。中川・小林のバッテリーが次野間なのに余計なことしてくれたのが気になるところ。もともと鈴木を苦手にしてるので、怖い右が増えるのは厄介だ。でも勝つには3点以内で抑えるのはマスト。4点取られたら勝てないチームなのだから。三本柱の一人、頼みます。

| | コメント (4)

2017年5月10日 (水)

阪神(東京)◯9-7 収穫のある連勝止め

阪神(東京)◯9-7 収穫のある連勝止め
アーチ5本出たけれど、このE1が試合を決したか…

連勝中のチーム、9点差を逆転したチームってのはやはりモメンタムがある。色々あったけれど、止められたことを先ず良しとしなきゃ。クリーンアップ揃い踏みしたんだから絶対落とせない試合だったし、ホッとしたのが正直なところ。

慎之助ツーラン、坂本スリーラン、ケーシーソロからの、長野ライトへ一号。飛ぶボール?と思ったが、あの北條の当たりは届かなかったんだよな。岩貞の後を受けた松田からも坂本がアーチ。さらに小林のツーベースで追加点。

9-2となったが簡単には行かないだろうなと思っていた。しかしあそこまで崩れるとは。六回池田でスコット二回はダメだったんだろうか。反省点は改めて締めに。

このモメンタムが続いたらもうそういう年だとお手上げだが、つい一ヶ月前はどのチームがそうだったか覚えているでしょう。そう、波はあるもの。そういう意味では、再現性のあるアーチで勝てたというのは大きい。あとは四球数を増やせば戦えるでしょう。

勝った時こそ反省を。というわけでまとめましょう。
・だから亀ちゃんは代打だっての
・北條相手に山口投げさせるの禁止
・90球超えるとポンコツ化…糸原押し出しは無いわ
・コバちゃん何であれでタッチアップ出来ないか
・追い込んでからの被弾はダメ
・チョーさん七番だと成績は別人

うむ、かなり得るものはあった。あとはこれをベンチがどう活かせるか。さ、次こそ広島相手に勝ち越さんと。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年5月 9日 (火)

阪神(東京)●2-4 二人でダメなら

チームを引っ張って来た二人が今日は結果を残せなかった。勝敗はその差だったのかなと。味方に足を引っ張られたわけではなくQS失敗となったが、勝負した上での結果だから納得している。初回の2点は打球運が絡んでのものだが、四球トップのチーム相手に無四球というのは彼だからでしょう。本人は責任を感じているだろうが、こういうこともある。福留を警戒していないわけがないから相手が上回ったと。チームのダブルエースからアーチ、これは敵ながら見事だと思う。

先週爆上げだった坂本が今日はダメダメ。秋山と合わないのかなと思ったがマテオでも変わらなかったから気になるところ。ケーシーが先週から上がって来て、慎之助の打撃も戻ったところでの今日。なかなかうまくいかないもんだ。そこをしっかり抑えた相手バッテリーが上回ったとも言えるか。彼も責任を感じているだろうが、今まで引っ張って来たのだから気にせずまた切り替えて欲しい。

攻め方はあれで良い。四球を与えないこと。あとは7割打ち損じるんだから長打以外は運と割り切りましょう。明日勝って取り戻せることを願いたい。




…?何か忘れてないかって?成績通りの打撃をした、それだけでしょ。外野の一枠が今日で決まったことを良しとしましょう。今日もアーチした慎吾の打席を見るのが楽しみだ。と、話はそれたけど、ケーシーの作ったあのチャンスは打順逆でも歩かされて無得点、十分考えられることです。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年5月 7日 (日)

中日(ナゴヤ)●1-8 チームを止めたバッテリー

今日という今日はあのスターターをどんなにボロクソに言っても許しましょう。わたしゃそこまで書かないけれど。ま、試合自体はバッテリーの責任で良いでしょう。二回表、ジョーダンから四球二つでチャンスを作ったところで小林がショボいピーゴロ併殺で流れを止めた。その裏、内海が凍った平田に対して逃げ投球で四球を与え、アンパイ化していたゲレーロに3ラン被弾。
まあ、その時点でふざけんなってなるけど、ファンが怒っていいのは四回の失点だな。ビシエドに被弾し、平田にヒットを打たれノーアウト一塁。動揺していたのかは知らないが、振りかぶって投げようとしてストップ。当然ボーク。新人投手でもやらなそうなお粗末プレー。その後ツーアウトを取るもキャッチャー相手に強い当たりを打たれて終了。このふざけた失点は責められるべきところ。
このままスイープと行きたいところで流れを止めたバッテリー。猛省すべきでしょう。内海はいったん抹消して次は平日ローテに向けて準備することとなるが、それでもダメなら…その時は違う投手となる。

他所のチームみたいにひっくり返す力はない。水物の打線でそうそうあることではないのでそれは納得。しかし、橋本と重信の打席は残念だった。前者はツーアウトで3-1になってから打ち上げて凡退。ビハインドでランナー溜めなきゃならないのに、何故四球を選ぼうとしないのか。坂本の前で打っていることを全く理解していない。後者は連打でノーアウト一塁二塁となったところで代打で出てきて初球ポップフライ。どういうつもりで打席に入ったのだろう。若い選手(といっても橋本はもう九年目)のこういったプレーが残念でならなかった。

最後の最後で良いものを見たなと思えたのは慎吾の逆方向アーチ。もともと右に大きい当たりを打てる選手なので十分に考えられたが、やはりこういうのが出ると期待したくなる。右の田島相手からのアーチだし、もう利き腕関係なく両翼のどちらかで起用し続けましょう。昨日小久保さんがハッキリと巨人にいなかった選手、って言うぐらい他の選手とは振りが違うのだから(つまり今の生え抜きに振れる選手がいない…とも言える)。

GWはどうにか勝ち越し。神宮で取れれば少し貯金も増えたのだろうが、今のチームだとこれぐらいなのかなと納得。この先は慎之助と小林をうまく休ませながら戦って、こつこつと貯金を重ねるのみ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年5月 6日 (土)

中日(ナゴヤ)○6-1 安定の三連戦勝ち越し

一番二番を簡単に仕留めて今日は行ける、と思わせたところで坂本がホームランを打って動揺させる。これが今年の戦い方なのか(んなこたーない)。しかし飛ばすよなあ。得意の内角とはいえ簡単でないボールをバックスクリーンに運んじゃうのだもの。今年未勝利の大野に与えたダメージは大きかったように思える。その後の守りを見ても本当に攻守の中心選手になったなと実感。坂本のチームになってきた。

田口はいきなり先頭四球でまたか、と思わせられたが、何故かワンストライク後だけバントさせようとしていた中日ベンチに助けられた。ここで連続三振奪えたのは大きかった。特に三番に入ったゲレーロは全く合っておらず、これは平田が凍っていて打順が変わったのも幸いしたか。失点はビシエドツーベース契機のスクイズで取られた1点のみ。HQS成功と素晴らしい結果を残せた。ピッチングとは関係ない話で、打席で何だか監督の真似をしていたようだが…シーズン中にいいのか?ベンチの選手はめっちゃ受けていたけど。。

慎吾とケーシーのタイムリーで大野から追加点を奪いノックアウト。今日は低めのスプリットやフォークがあまりなかったからなのかヒットは多かった。何せ、チョーさんが猛打賞記録するぐらいだから。復調かと問われたら…いや、低めの変化球あまり来なかったんで、という回答になるか。それでも結果を残せたので少しはメンタルも楽になるんじゃないかと。

コバちゃんもマルチ打つ中、立岡と村田はノーヒット。村田のあの惜しくも届かなかった当たりを見ると、やっぱり出番を増やしたほうがいい打球も飛ぶんじゃないかなと。慎之助の状態も落ちているところ、一塁村田の試合も今後は増やすべきかなと感じた。

甲子園の結果を見ると、野球は怖いなと。阪神相手には四球を出したら相手の思うツボなので、歩かせるぐらいならヒットOKぐらいで臨んだ方が良いでしょう。広島は…確かにジャクソンまで繋ぐところが脆くなっているが、この二日間は菊池がいなかったから取られた面もあるので戻られたらまた変わってくるでしょう。この二チームとの5試合、楽な相手でないことは間違いないが、勝ち越しで良い、と臨むよりは、すべて勝つつもりで臨んで欲しい。といっても、まだ無理をする時期ではない。やるべきことをしっかりやった上で勝利を手にしてほしい。

と、その前に明日があった。ベンちゃんがいなくてもナゴドの内海か…。一つ組んでこられたら嫌なオーダーはあるけれど、森繫さんが気付かないことを願おう。明日投げたらいったん抹消するだろう。良いイメージで調整に入れるよう勝利を手にしてほしい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年5月 5日 (金)

中日(ナゴヤ)○3-2 貰った勝利

勝つには勝ったけれど、という試合。相手の1点目は慎之助のエラーから。マイルズが追い込んでからビシエドに被弾して0-2となった。バルデスから長打は出るもののうまく絡まず得点にならないイニングが続いていた。

巨人の得点は五回。ツーアウトから立岡四球、中井ヒットでツーアウト一塁二塁から坂本のショートゴロを京田が弾いてヒットとなり1点が入った。その前の中井ヒットも上手いショートなら取られていた。飛び出しでアウトになってくれるなど今日は京田に助けられたとも言える。

試合が動いたのは八回。ワンアウトからケーシーがセンターオーバーのツーベースで出ると、長野が選んで一塁二塁。3打数2安打の石川慎吾、というところで相手は三ツ間にスイッチ。ここで代打亀井。亀井の打球が亀澤の横を抜けてケーシーの代走寺内が二塁から還って同点。長野は三塁に進み一塁三塁。ここで小林にも代打、と思ったがそのまま。セーフティスクイズを仕掛けてファウル。追い込まれて厳しいかなと見ていたらそこからスクイズ。打球が弱く杉山が追いつき、その後戻ってタッチされたがボールがこぼれたためセーフとなり逆転に成功した。その後追加点のチャンスがあるも奪えず。

八回はスコットが完ぺきに抑えた。九回のカミネロは二人にヒットを許したが、最後は藤井を併殺に仕留めてどうにか逃げ切った。

一番打者の姿勢や、ワンアウトからツーベースが出た直後の小林の打撃にはかなり不満はあったが、どうにか勝てて良かった。被弾したものの七回を投げ切ったマイルズに勝ちがついた。打順のめぐりあわせによっては八回も投げていたろうが、その分は次のMAZDAで頑張ってもらいたい。サンプルは少ないながらも亀ちゃんのスタメン成績はなかなか残念な結果だった。これなら代打かなと思っていたが、今日は代打で本当に打っちゃうのだから。今は勝負どころの一打席に集中してもらった方が良いのかもしれない。セカンドの守備次第ではという打球だったが、マルチヒットの結果を残しながら下がった慎吾のためにも結果が出て良かった。ベンチで一番喜んでいた姿が印象に残った。

明日は田口。今年は阪神戦以外スターターとしてはもう少しというピッチングなので明日はHQS目指して投げて欲しい。広島と二回当たるのだからその前にしっかり良いイメージを持った試合を作らなければ。3人目の柱と思わせるピッチングを期待したい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年5月 4日 (木)

DeNA(東京)●2-5 悪い見本

厳しく書くと、四球後に長打浴びてるようじゃローテを守り続けるなんて出来ないわな。三回の被弾はエラー契機とはいえ、他の失点は四球絡み。ああいうことをしていては信頼は得られません。被弾も外野の上段と逆方向と完璧に捕らえられていた。四球後にボール先行しているからああなる。期待していたがかなり残念な内容にがっかり。でも、次はMAZDAで使うでしょう。そこで駄目ならしばらく無いかな。

打線に関してはまずまず。点を取られ過ぎただけで、ウィーランドに対してはあれで想定通りかなと。球数も稼げて六回で試合を動かせていたので。慎之助の調子次第では試合も分からなかったけれど、まあ、序盤で取られ過ぎたということで。

坂本のアーチは良かったなぁ。統一球以降はなかなか当たりを見た瞬間にガッツポーズすることは無くなったが、今日のアーチは久々にそれを味わえた。今年思ったより四球とアーチが少ないことが気になっていたが、この三連戦の二本を見てホッと出来たところはある。もう打球音からして違うもの。

筒香が凍っている今のうちに出来れば多く貯金しておきたかったところだが仕方ない。今のチームは地道に少しずつ積み重ねていくのみ。そうやって徐々に上げて上に行くしかない。スターターは多くいるから彼らをベンチがうまく使って貯金を重ねてほしい。

触れなくてもいいところだがあえて触れよう。復活が優勝には不可欠、ということで最後代打に送り出したのだろうが、何か二軍に落とせない縛りでもあるのだろうか。彼より結果を残している村田や慎吾を使わずに終わったが、いつまでもそんなことは出来ないだろう。いつまで待っているのか。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

DeNA(東京)◯4-1 選手がカバー

DeNA(東京)◯4-1 選手がカバー
当然のヒーロー、だが、大竹を立たせる展開にさせられなかったのは問題かと

長打数、四球数は上回っていたので納得の勝利ではあったものの…継投にはやや疑問。エースの快投の翌日に怒っていいすか?なんて思ったけれど、まぁ、勝ったんで…。大竹の七回登板、はたしてどれぐらいの割合でこの続投に賛同出来た方がいるのだろうか。相手打順は下位、そして裏は大竹から始まる。続投させた理由はそんなところでしょう。だが、100球近くなると崩れ出す大竹、打順は関係ないでしょうと。結果論じゃボケ、と言われたらそれまでだが、六回のピンチをしのいだ時点で大竹の仕事は終わり、と思っていたのは私だけだろうか。

ピンチになってからぐっさんとスコットを投入して、スコットが30球費やして八回の終わりまで抑えた。継投次第では負担を減らせた可能性があったのに。この時期にカバー。頭が上がらない。と同時に、スコットに無理させたベンチは反省すべきではないかという思いもある。

今日は長打と打球運がうまい具合に絡んだ。慎之助の状態が通常であればもっと楽に勝てた可能性はあるが、悪い時はどこかで訪れるもの。そういう時はチーム全体でやるしかない。大竹は被弾の失投以外はほぼ完璧。七回は交代すべきところだったのでそこは気にしない。次はそのまま阪神に投げるでしょう。同じ選手に被弾はもう許さないようにしてほしい。

明日は椋丞。DeNA相手には打たれているイメージがある。ここで抑えられれば、期待出来そうだ。復活と思わせる結果となることを願っている。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年5月 2日 (火)

DeNA(東京)◯5-0 三試合連続完封

DeNA(東京)◯5-0 三試合連続完封
素晴らしいピッチングを目の当たりにした。正直記録を気にしないで八回で降板がベストと思っていた。挑戦したい気持ちもあるだろうが、球数を費やしていたし、ここは無理するところではない、と。しかし智之はそのまま八回裏の打席に向かっていた。本当かよ…とただただ驚かされた(その後わざと三振せず四球選んでいたことにも驚かされたが(^^; )。

九回のマウンド、完璧だった。三試合連続完封勝利、本当にやってしまったよ…。こんなことを出来るんだ…。

試合自体を振り返れば完璧。坂本がスイスイ進んでいたルーキーの初球を完璧に捕らえてバックスクリーンに運んだ。相手が今日は行けると思ったところでの一発だからダメージはかなりあったかと。その後は中井の好判断、石川内野手のプレゼント、しっかりボールを見てのヒットと四球からのタイムリーなどで試合をモノにした。

三連戦トータルで見たら今日は勝って当然という試合で残りの二試合が大事。だからこそ浮かれてはいけない、と普段なら書いているだろう。だが、今日は、智之の快投を見た余韻に浸りたい。彼の投球を見られることを幸せに思う。最高のピッチングを有難うございました。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

« 2017年4月 | トップページ