« 中日(ナゴヤ)●1-6 大きな差 | トップページ | DeNA(横浜)□3-3 やるべきことをしっかりと »

2017年7月19日 (水)

中日(ナゴヤ)○6-5 プロの怖さを知る初勝利

慎之助の犠飛と岱鋼の3ランで大野から初回に4点を先制し、その後もチャンスを作って押せ押せだったことが畠を楽にしたのか、MAZDAでの初登板で見た時と別人のようだった。前回のピッチングでは厳しいかなと感じたが、二回目で自分の投球をするとは。七回ビシエドに四球を出したが、これが初めての四球だった。そう、この時点で違いがわかるでしょう。ストレートの伸びていて多少ボールになっても振らせるキレがあった。八回に京田の長打でチャンスを広げられて、荒木に2点タイムリーを打たれたところで降板。プロ二度目の登板でHQS達成。

代わったスコットも連打を浴びたところで嫌な雰囲気ではあった。上位に廻れば行ける、そう思わせた可能性はある。スコットはピンチを抑えたが、カミネロでは止められなかった。追い込んでから三本も打たれるわ、谷に初球長打喰らうわと散々な出来だった。ワンアウト一塁二塁、一点差でゲレーロ。この流れは厳しいか、と思ったが、相手の采配に助けられた。フルカウントなら四球で満塁になる可能性はあり、慌てるところではなかったがランナーがスタートしていた。ゲレーロは三振。小林が素早く三塁に放ってアウトでゲームセット。危なかった。終わってみればケーシーのソロと、5本目のヒットで手にした6点目が大きかった。

さて、畠に関して。白星を手にしたことが彼にとっては大きい。そのひとつ目を取れないままプロ生活を終える投手は何人も居る。一つ実績を作ったことで自信に欲も出てくるだろう。彼が一つ勝てたことで周りも刺激される。宮國や高木が今日の彼のピッチングを見て自分もと思いさらにレベルアップしてくれると願いたい。

刺激…そういう意味では、桜井にチャンスを与えてはどうか。彼も一つ下のドラフト2位に先を越されたのだから悔しくないはずがない。先日途中で出てお粗末な被弾をしたが、きっかけ一つで変わる可能性があるのならそれに賭けても良いかもしれない。若いスターター候補はいくらいても良い。埋まると思っていた四番手は空席となるのだから、若い人たちにとってはチャンス。

ケーシーってナゴヤで良く打つよな、と思ってデータを見たら、驚愕の事実を知ることとなった。試合数にばらつきはあるものの、セリーグのビジター三球場でOPS1.000超え。ハマスタでも.845なのだから、甲子園以外のビジターは期待出来る。

AS明けにカード勝ち越し。ここから三カード連続で上位と当たる。次はハマスタ。カミネロ外してギャレット、というのもいいなと思ったが、健太朗って横浜そんなに得意じゃないんだよな…。前回は健太朗もいない状態で落としたことが問題だったが、これからはあり得る。目の前のハマスタは、三人投入するのだから三つ取るつもりで。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 中日(ナゴヤ)●1-6 大きな差 | トップページ | DeNA(横浜)□3-3 やるべきことをしっかりと »

「試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中日(ナゴヤ)●1-6 大きな差 | トップページ | DeNA(横浜)□3-3 やるべきことをしっかりと »