« 阪神(甲子園)□5-5 2人が悪い | トップページ | 阪神(甲子園)□2-2 2人の貢献で3連戦貯金1 »

2017年9月13日 (水)

阪神(甲子園)○7-2 苦しんで得た一つ目の勝利

2回表に6点も入っていたことに驚かされた。相手の返球ミスとエラーに助けられたところはあるにせよ、6点とは。ランナー溜まっているところで出たケーシーの甲子園ホームランが大きかった。

先発は今日一軍に登録された光夫。あの危険球退場以来の甲子園登板。受ける側も当たり前に痛いが、投げた側も残るのが危険球。昨日死球一つで投手が崩れたのを見ても納得いただけるかと。一軍復帰戦にここか、という思いもあったが、再び歩み出すには避けて通れないところということ。そして結果は、6回無失点と抑えた。

危険球退場した時の内容は一番良かった。そこで勝てる、と思ったところで当ててしまい、それ以降も勝てずに一軍からも離れた。こんなにかかるとは思ってもいなかっただろう。ホッとしたけれど申し訳ない、まさにそんな気持ちがインタビューで言葉に出たのでしょう。首脳陣やファンはローテを計算していたろうから、確かに遅かった。だが、ようやく一つ勝った。シーズンはまだある。ここで貢献は勿論、来年ローテを手放さないつもりでやってほしい。

明日は一番いい投手同士の投げ合い。上に導くエースの投球を期待したい。

さて、試合前の報せで何点か。まず監督の続投。これはもう当然でしょう。来年に向けて動き出すということで、まずは嫌われ役も厭わない厳しいヘッドコーチ招へいを願う。そして三年目を迎える監督は、鍛え合った仲間に対する思い入れを変えられるか、というところか。これからの選手をどう育てるか。これからのチームに求められることだと思う。
もう一つは、岡本の降格に関して。5打席も立っていないのに落とされてがっかりしたところはある。一つでも上をという気持ちは分かるが、ここでこれからの選手を経験させて良かったのではないかという思いが強い。今だったという気がするのだが。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 阪神(甲子園)□5-5 2人が悪い | トップページ | 阪神(甲子園)□2-2 2人の貢献で3連戦貯金1 »

「試合」カテゴリの記事

コメント

管理人さん、おはようございます。
序盤に大量得点。こんな落ち着いて見られるゲーム、今年何試合あっただんでしょうか。家呑みでTV観戦。落ち着いてゲームが観れました。笑。
私も同意見です。ある選手は我慢して使い、ファンが使って欲しい選手は使わないといったケースが多いんじゃないかと。今回の岡本が最たるケースですね。既に一軍の雰囲気を感じさせ勉強させる新人選手じゃない。コマとしてベンチに入らせてる訳です。何か中途半端なんですよね。一貫性が感じられないというか。ファンにも伝わる明確なストーリーが無いと、来年は間違いなく叩かれるんじゃないでしょうか。

投稿: ひーろーず | 2017年9月14日 (木) 05時52分

ひーろーずさん
おはようございます。
なかなか見られない試合でしたね。八回九回の投手がピリッとしませんでしたが、助っ人を休ませられて良かったです。
今回岡本をどういう意図があって上げたのか、降格の結果を見ると伝わってきませんでしたね。信じているのはベテランなのでしょうが、これではチームが変わらないのかなと感じます。変わる時期に差し掛かっているんですけどね。

投稿: Taka | 2017年9月14日 (木) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪神(甲子園)□5-5 2人が悪い | トップページ | 阪神(甲子園)□2-2 2人の貢献で3連戦貯金1 »