« 魅せる人々 ジャイアンツVSホークスOB戦 | トップページ | 練習試合2試合を終えて »

2018年2月12日 (月)

紅白戦2試合を終えて

明日でキャンプ前半は終了。紅白戦2試合は若い選手中心で行われた。

点の多い試合となったけれど、ポジションを争う野手陣と、開幕に向けて調整する投手陣、その差になったのではないかなと。なので打たれた投手に関して心配はあまりなく。ヤングマンのセット時の対策はこれからで、積極的に取り組むことでしょう。

結果の出た打者に対する驚きはあまりなく、アピール出来た選手にほぼ納得。
二塁候補は現状4人くらいいるとのことだが、ここを誰に託すかはほぼ答えが出ているのではないかと。球団がプッシュしているからというのは関係なく、守れる尚輝がそこに入るでしょう。打撃はこれから、やはりセンターラインは守れる選手が良い。
三塁はほぼ岡本で決まり。ほぼ、と書いたが、僅かな隙を狙うところはだいぶ厚くなった印象。金曜の紅白戦でそれを感じた。1番田中俊太が速いスイングで三遊間を抜き、2番若林のツーベースでチャンスを広げ、3番ヤスの犠飛で加点というシーンがあった。この3人は全員1993年生まれ。定位置も狙える控えの枠を彼らが争うことになる。同じポジションにまたずいぶん重なったな、という思いもあるが、刺激を与える選手が入ったというのは間違いない。年は2つ違うが新人の北村も結果を残した。彼らの出番が増えれば、一新、新成、という過去のスローガンに近付くのではないかと。
他には、田中貴也、青山、和田恋が良いアピールを出来たのではないか。外野の二人は長打が求められる。このキャンプは「声が出ている」と評されるが、その「声」で真っ先に思い浮かぶのが田中貴也。久々に元気者が出てきたなと。社会人出の捕手が二人入ったが、沖縄行きは間違いないでしょう。ここに宇佐見が加われば捕手はほぼ決まり。
読めないのは外野。レフトのゲレーロは決まり。右中間がまだ分からない。今年こそポジションを取る気持ちで臨まなければならない橋本がキャンプ前に離脱、チョーさんのコンディションも良く分からず、センターと思っていた陽岱鋼がライトの練習をしていた。センターに終身名誉監督に触れられた佐倉の後輩が入る、というイメージはまだ沸かない。何かそんなシナリオを用意されている気がしないでもないが…(監督がミスターにお願いしたという話だが…)。ここから開幕までに誰が出てくるか。

ちょっと投手が少なめな内容になったけれど、長いイニングを投げるのもこれからだからそれは徐々にというところで。開幕二週間前ぐらいから形が見えてくるのでは。チームは明後日に沖縄へ移動。羨ましいなと思いつつ中継を楽しみにしたい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 魅せる人々 ジャイアンツVSホークスOB戦 | トップページ | 練習試合2試合を終えて »

「読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

重信選手にあんなに期待している
理由がよくわからない?

投稿: タクヤ | 2018年2月13日 (火) 11時57分

タクヤさん
脚力なんでしょうねぇ。
まだまだ課題が多いかなと思うのですが、この後の結果を見たいところです。

投稿: Taka | 2018年2月13日 (火) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魅せる人々 ジャイアンツVSホークスOB戦 | トップページ | 練習試合2試合を終えて »