« 2018年1月 | トップページ

2018年2月18日 (日)

練習試合2試合を終えて

昨日の中日戦はほとんど見られなかったが、2試合を通して、まず、守備しっかりやりましょう、と(笑) あれだけセンターラインがポロポロやってたらピッチャーもねぇ。野上が6失点自責点0というのは、そういうことよ。なので投手に関してはあまり気になるところは無かった。ローテ入りを狙う中川はここから良いアピールを出来るか。畠のいない今、彼にとってはチャンスだから。

野手は、田中俊太に触れたい。彼が他チームのローテ投手相手でも同じような打撃を出来るのであれば、とても楽しみな存在。非力早打ち少四球でスピードアップ賞(笑)を手にしたチームが欲すべきタイプの選手。お兄さんに対しては強く振るポイントゲッターという印象を抱いていた(今は完全に違う)が、俊太は作る人かなと。早いカウントから手を出さないが、追い込まれた後に見せた粘り、あれを出来る選手がなかなかいなかった。リードオフ、または二番で生きるのではないか。彼は二塁と三塁を守れる。そこには尚輝と岡本がいる。彼らを刺激する選手、それは間違いない。そう簡単にはいかないだろうが、開幕三塁も狙える、という選手が入ったのは楽しみ。

外野は謎。右中間は陽と長野になるのだろうけれど、去年と同じような春チョーさんだったら、陽のライトもあるということなのかな。でもセンターは、重信?支配下登録して松原?という状態なら若林を外野で、と思うのだが今は内野。という疑問がある状態。レフト以外まだ分からない。

誰かの一発をそろそろ見たい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2018年2月12日 (月)

紅白戦2試合を終えて

明日でキャンプ前半は終了。紅白戦2試合は若い選手中心で行われた。

点の多い試合となったけれど、ポジションを争う野手陣と、開幕に向けて調整する投手陣、その差になったのではないかなと。なので打たれた投手に関して心配はあまりなく。ヤングマンのセット時の対策はこれからで、積極的に取り組むことでしょう。

結果の出た打者に対する驚きはあまりなく、アピール出来た選手にほぼ納得。
二塁候補は現状4人くらいいるとのことだが、ここを誰に託すかはほぼ答えが出ているのではないかと。球団がプッシュしているからというのは関係なく、守れる尚輝がそこに入るでしょう。打撃はこれから、やはりセンターラインは守れる選手が良い。
三塁はほぼ岡本で決まり。ほぼ、と書いたが、僅かな隙を狙うところはだいぶ厚くなった印象。金曜の紅白戦でそれを感じた。1番田中俊太が速いスイングで三遊間を抜き、2番若林のツーベースでチャンスを広げ、3番ヤスの犠飛で加点というシーンがあった。この3人は全員1993年生まれ。定位置も狙える控えの枠を彼らが争うことになる。同じポジションにまたずいぶん重なったな、という思いもあるが、刺激を与える選手が入ったというのは間違いない。年は2つ違うが新人の北村も結果を残した。彼らの出番が増えれば、一新、新成、という過去のスローガンに近付くのではないかと。
他には、田中貴也、青山、和田恋が良いアピールを出来たのではないか。外野の二人は長打が求められる。このキャンプは「声が出ている」と評されるが、その「声」で真っ先に思い浮かぶのが田中貴也。久々に元気者が出てきたなと。社会人出の捕手が二人入ったが、沖縄行きは間違いないでしょう。ここに宇佐見が加われば捕手はほぼ決まり。
読めないのは外野。レフトのゲレーロは決まり。右中間がまだ分からない。今年こそポジションを取る気持ちで臨まなければならない橋本がキャンプ前に離脱、チョーさんのコンディションも良く分からず、センターと思っていた陽岱鋼がライトの練習をしていた。センターに終身名誉監督に触れられた佐倉の後輩が入る、というイメージはまだ沸かない。何かそんなシナリオを用意されている気がしないでもないが…(監督がミスターにお願いしたという話だが…)。ここから開幕までに誰が出てくるか。

ちょっと投手が少なめな内容になったけれど、長いイニングを投げるのもこれからだからそれは徐々にというところで。開幕二週間前ぐらいから形が見えてくるのでは。チームは明後日に沖縄へ移動。羨ましいなと思いつつ中継を楽しみにしたい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年2月10日 (土)

魅せる人々 ジャイアンツVSホークスOB戦

一か月以上更新しておりませんでした管理人です。今年は寒く、例年以上に無気力な冬を過ごしておりました。PCも開かず、という日が増えておりましたが、本人はいたって健康です。ここから少しずつ書いていきます。昨日の紅白戦を見て感じることはあったものの、それは月曜の紅白戦を見てからまた改めて。

さて、OB戦。放送時間いっぱいまで見ていたけれど、想像以上に魅せられたなあという感想。工藤監督の投げるボールにアジャストしていく篠さんの技術の高さだったり、小久保前侍ジャパン監督のスーパーキャッチだったり。ワンサイドゲームになったのは、投手の差でしょうか。これが十年後、ソフトバンク時代の選手が集ったら逆転しているかもしれないけれど…。

世代によって感想は様々でしょう。私の中では、由伸・松井、最強の右中間復活、それが嬉しかったなぁ。引退してそんなに時間が経っていないのもあるけれど、二人の技術が高いこと高いこと。二人とも現役で行けるんじゃない?と思わせる弾道を見ると、この二人の打席が楽しみだったなあと思い出すし、やっぱり強かったなあと。そして小久保キャプテンの弾道や、タケのグラスラを見て、やっぱり飛距離だ、と、うん(笑)

選手にとっても見ている私達にとっても楽しい時間となった。雨の中お疲れ様でした。

そういや去年の今頃、俺、そこにいたんだよなぁ(遠い目)

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2018年1月 | トップページ