« 2018年初のホーム連戦を終えて | トップページ | なんとなくポジティブ »

2018年3月 9日 (金)

あと一歩だった10年前、そして・・・

10年前の日本シリーズ第5戦、上原が日本を離れる前最後に投げた試合だった。その試合は逆転で勝ったものの、残り2戦を落として、目の前に転がりかけていた日本一を逃してしまった。その後上原は夢の舞台に上がった。彼がメジャーに渡ってから、メジャーを経験した日本人選手の復帰を多く見てきたが、彼がメジャーに行った時から引退する時はそこだろうと考え、共に歓喜を味わうという縁は無いかなと思っていた。

ところが、今オフの移籍市場の停滞もあり、想像していない展開となった。所属先が決まらない。他球団では青木が日本に帰って来た。もしかしたら上原も…?そんな思いをここ数日抱いていたところでのblog更新。そこから戻ってくる可能性が出てきたのかなと感じた。

昨夜、球団のグッズサイトで一時的に「背番号11 上原浩治」を選べるようになっていたということがあった。復帰の可能性は聞かれていたがもう背番号まで?と思ったが、その時には実はまとまっていたようだ。そして今日、公式発表され、背番号11のユニフォームを纏った上原が会見の席にいた。

10年前の秋、この日が来ることを想像出来なかった。まだ夢を見ている感覚も拭えない。だが、間違いなく喜びは大きい。彼がドームでジャイアンツのユニフォームを着て投げる姿を見られるのだから。

彼に対する期待は大きいと思うが、プレーが第一。若手の指導役を、という思いもあるけれどやはり自分の投球が大切。だが、若い人たちからアクションを起こせば、彼は答えるのではないか。これから成長する投手にとっては大きなチャンスだと思っている。聞かなければ損だ。ワールドシリーズを制覇した瞬間マウンドにいた日本人投手がすぐ近くにいる、チームメイトとしてコミュニケーションを図れるチャンス、今いるからこそ味わえることなのだから。積極的な行動を期待したい。

キャンプをしていなかったので早期の登板は難しいのではないか。それでも必ず一軍に上がるだろう。その瞬間が楽しみだ。そこには立ち会いたい。ワールドシリーズの時のsandstorm、この時のイメージが世間では強いかもしれないが、私の中ではPRIDEのテーマで登場する上原のイメージが強い。色々な選手が使用しているが、彼に一番合っている。その曲で現れたら心躍らせる自分がいるだろう。

チームを離れてから10年後、今年は共に歓喜出来ればと願って止まない。

一球入魂の気持ちでクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 2018年初のホーム連戦を終えて | トップページ | なんとなくポジティブ »

「読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにコメントします。お元気でしょうか?今年もコメントさせて頂きます。

まさかまた球場で、
熱きー体のー血潮燃やしー♩
の応援歌を歌うことができるとは思いませんでしたね。

ところで管理さん、チケットは取れてますかね?
僕の方は変わらずプライムなんですが、事前抽選が当たらず大苦戦です。参りました。

投稿: 上野 | 2018年3月10日 (土) 07時41分

上野さん
ご無沙汰しております。今年もよろしくお願いします。
応援歌を歌え、ピッチングを見られる可能性が出てくるとは思いませんでした。本人も二週間前まで考えもしなかったことですから、想像つかなかったのは自然なことですね。
なかなか当たりませんね。割り当ての問題なのか。ライトを取れたとしても、良席にこだわるのは難しいかなと感じる最近です。

投稿: Taka | 2018年3月10日 (土) 13時33分

Takaさんこんばんは。ご無沙汰しております。上原入団ワクワクしましたね。やはり巨人のユニフォームが似合いますね。この復帰はチームにとって大きな存在になると思います。二、三軍にいるベテランは思うところがあるかと。スターターにもう一人、二人出てこないといけないですよね。
今シーズンもよろしくお願いします。

投稿: あおっち | 2018年3月10日 (土) 23時32分

あおっちさん
ご無沙汰しております。
戻って来たんだ、という喜びを感じております。ベテラン勢はまだまだ自分達も、と思うことでしょう。そして若い投手は貪欲に吸収しに行って欲しいですね。
今シーズンもよろしくお願いします。

投稿: Taka | 2018年3月11日 (日) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018年初のホーム連戦を終えて | トップページ | なんとなくポジティブ »