« 中日(ナゴヤ)○10-3 3人の誕生日に白星 | トップページ | 中日(ナゴヤ)○3-2 逃げ切り »

2018年4月 4日 (水)

中日(ナゴヤ)●1-4 止められない失点だったか

データのない投手で苦しむことは十分予想されたが、六回でようやく1点とは。こういう試合の場合は、いかにリードを広げないか、というところにかかっているが、今日はそれが出来なかったということでしょう。

1点目は単打続きで仕方ないとして、その後の失点についてはどうだったか。
4回、先頭の福田にツーベースを打たれ犠打で一死三塁。平田を内野ゴロにしとめてツーアウト三塁。ここで慎重に申告敬遠を選ぶかと思ったらそうではなかった。ガルシアの打球はボテボテの内野ゴロ。ケーシーの処理が遅かったようで内野安打となって失点してしまった。あそこで歩かせずに大野と勝負した意図としては、次の回を優位に進めたいという思いだったのか。勝負に行きながらの四球、割り切った四球、それでまた違ったような気がしないでもないが、難しい。
1点差に追いついた後で再び離されたところは、谷岡の悪送球で点を失ったが、トリガは先頭四球だったと。この先頭四球で疑問だったのは、フォークばかり投げさせていたということ。1イニング目もフォークばかりで抑えた後の回の四球だけに少し気になった。あの回のけん制セーフ判定は意外ではあったが、そう見えたということでしょう。

明日は松坂対巨人打線。ボールの見極めを意識して攻略して欲しい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 中日(ナゴヤ)○10-3 3人の誕生日に白星 | トップページ | 中日(ナゴヤ)○3-2 逃げ切り »

「試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中日(ナゴヤ)○10-3 3人の誕生日に白星 | トップページ | 中日(ナゴヤ)○3-2 逃げ切り »