« 広島(東京)●4-5 これからの戦い方 | トップページ | DeNA(新潟)○3-2 タフガイ »

2018年4月16日 (月)

一巡して

15試合を終えて5勝10敗。ここまで1勝2敗ペースとなった。

一番の誤算は、智之と田口が投げた試合で2勝4敗、1HQS、1QSという結果だったこと。試合を作れなかったこと、連勝出来ないことでリリーフの負担になったと言えるのかなと。試合を作っていれば上原と澤村の登板数は減り、先週の結果は違っていたかもしれない。

もう一つの誤算は、センターラインの一人、陽岱鋼が早々に離脱してしまったこと。その結果、神宮ではセンターフライを捕れずに流れが変わってしまった、ということもあった。陽がいれば坂本一番にはならなかったかもしれないが、いずれにせよ守りを計算出来る選手の離脱は今もなお痛い。

去年(ほぼ)いなかった選手について。
山口俊、野上のここまでの結果は想定内。突如コントロールが乱れなければ山口俊はHQSを計算出来る投手。彼が投げる試合ではリリーフを二人に止めたいところ。
岡本と尚輝の結果も、納得。二人の三振数は一位・二位だが、発展途上の選手だからまずは経験することでしょう。岡本は阪神戦以外で当たりが止まりつつもリーグ三位の13打点、そして尚輝はリーグトップの7二塁打。どこかで壁に当たると思うが、これもレギュラーになるまでに通る道。ここからでしょう。
ゲレーロはここまで1アーチ。去年も出だしはそんなに良くなかった。去年開幕3戦目で打てたのは投手の問題でしょう。そりゃ初回で5失点するわ(あ、ばらした)。そういう意味ではあまり変わらない結果ではないか。ここまでの試合を見ると、選球眼があるわけではなくむしろ良くないほうだが、四球は取れている。早いカウントで仕留められない時は選ぶ、その姿勢は良いと思う。あとは求められている数字を伸ばしてもらえば。

来週の水曜までは先発5人で臨むこととなる。GW以降は不明。ケーシーの状態が戻ってきたことでヤングマンの投入はまだ先になるかと。その時に誰が上がってくるのか。背水さんが入れ替わるだけだったり…。

明日は新潟での試合。相手の飯塚は地元での登板で気持ちも入っていることだろうが、山口俊も新潟では4年前はあと一人で完封という投球をした(つまり、やられそうになったということ)。きっと試合を作ってくれるだろう。あとはいかに点を取れるか。一戦必勝で明日臨んで欲しい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(東京)●4-5 これからの戦い方 | トップページ | DeNA(新潟)○3-2 タフガイ »

「試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(東京)●4-5 これからの戦い方 | トップページ | DeNA(新潟)○3-2 タフガイ »