« DeNA(富山)●3-6 締まらないチーム | トップページ | ヤクルト(東京)●1-4 負けるべくして負けた »

2018年9月 8日 (土)

阪神(甲子園)○7-2 逆方向2ラン3発

何とかする選手二人が扉をこじ開けた試合。5回ワンアウトから智之が追い込まれながらも一二塁間を破るヒットを放つと、勇人が逆方向へ逆転となる2ランを放った。ピッチャーを追い込んでから打たれて、そこから2ラン。大きなダメージを与えられた。重信に四球を与えさらに暴投。ケーシーのショートゴロでツーアウトとなったが、それでもまだ相手バッテリーと相手ベンチに動揺があったのかもしれない。岡本と今の亀ちゃんなら岡本勝負という選択はないかなと思っていた。ところが、外に投じようとしたストレートがシュート回転して中に。それを岡本がバックスクリーンの右に運んだ。まさか勝負するとは、という驚きもあったが、あそこまで飛ばせる岡本に笑うしかなかった。ここまで数字を残せたらすごい、と思っていた30本に到達したアーチは、確かな成長を実感させるには十分すぎるアーチだった。その後ショートの送球がワンテンポ遅れたことによる内野安打から、ゲレーロにも2ランが飛び出して智之とハグ。智之は7回1失点。ケーシーの甲ムランで1点追加、最後は山口俊が1点取られたが逃げきった。

この3年間がもっとも脂の乗る時期でもあり、大きく一人立ち出来た二人、やはり頼りになる。明らかにコントロールに難のある小野相手に、初回犠打指示させるようなベンチには期待しない方がいいということ。彼らが何とか出来て良かった。しかしねえ、どうしても初回送りバントにこだわるのなら勇人と岡本を三番、四番に据えないと。智之は今日ヒーローおあずけでいいでしょう。彼だったら球数を抑えて八回を投げないと。追い込んでいて陽川に被弾したのはもったいなかった。ただ、バットで援護のきっかけを作れた。中5日の可能性もあるのであの球数で降板は妥当。勇人はねぇ、本当にあのアンラッキーが無ければなと思う。今の成績はショートストップとして素晴らし過ぎる。だからこそ1年終えた時にどうなるか見たかった。

もう一人を褒めるのは最後に持っていくことにしてその前に苦言を。6回表の小林の打席には、何を考えてるの?という思いしかなかった。投手が岡本に代わり3-2となった。ここで選べば次の智之に送らせてチャンスが出来るところ。そこから投げられたボールが外れて、よし、と思ったら、振ってた。先頭打者を歩かせてしまった、と投手に与えるダメージは大きかったのにボール球に手を出して三振。4三振だが多さはどうでもいい。先頭打者、後続を見て自分は何をすべきか。それを感じられないのが残念でならない。

そして、とうとう30本に到達した岡本。あと7打点で100打点も達成出来る。全て想像以上の結果だ。勇人に続く選手がなかなか出てこない、と言われていたが、待望の和製大砲が出てきた。今年一番嬉しいことでしょう。

岡本がどこまで数字を伸ばせるか。残り試合何度も喜びたい。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« DeNA(富山)●3-6 締まらないチーム | トップページ | ヤクルト(東京)●1-4 負けるべくして負けた »

「試合」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。岡本は先日まで30本届くか?というところがあっさり達成してほんの通過点でしたね。ここ最近更に1段階成長した感もあります。小林については四球の意識が低いのはもちろん、バッティングについても前から思ってたのが、バットの出が遅いので球の見切りが早くクソボールに手を出したり高めの直球に詰まったりしてると思います。構えた時バットの余計な動きがありヘッドが投手方面に向いてもあるのでバットが遠回りして遅れる。これは去年岡本にもあった事で二岡コーチが修正してバットを真っすぐ立て動きもなくしたことでバットがスムーズに出る様になったと記事にありました。キャンプから振り込んで体重移動など工夫した様子もありましたが、結果的にあまり変わってない。秋にフォーム改善or修正が必要と思います。

投稿: てっちゃん | 2018年9月 8日 (土) 23時36分

Takaさんこんばんは。ご無沙汰しております。チームは今一つですがブログは毎回楽しみにしています。今やファンにとって岡本の打席と成績が楽しみでたまらないですね。今日も30号あっさりと達成するところが何とも言えないです。是非100打点もあっさりと達成してもらいたいですね。待ちに待った長く4番を打てる若手が出て来ました。外国人も投手中心の補強ができそうですね。昨日は吉田輝星が2球団競合の末巨人が引く夢を見てしまいました。実際は即戦力に行くかなと思っていますが。残り試合少なくなってきましたが最後まで戦う姿を見せてほしいです。後は来季の首脳陣ですね。試合より来年の話になってしまいすみません。

投稿: あおっち | 2018年9月 8日 (土) 23時57分

てっちゃん
お疲れ様です。
ここ数週間はまた何かを掴んだのでは、と思うぐらい打ちまくってます。ここまで来たらまた次の目標を立てられますね。
ここ最近の小林って、追いこまれるまで振らずに、追い込まれてからボール振って三振ということが多いですね。出の遅さでしたか。この秋も課題を解消するため猛練習が必要ですね。今は打てないのでもう四球狙いに専念すべきでしょう。

あおっちさん
こんばんは。
今日は久々に毒があれでも控えめになりました笑 生え抜き選手の100打点、少し前まで考えもしなかったことが現実になりつつありそうで、とても楽しみです。枢軸の誕生、夢見ますよね!
そして夢のお話し、輝星選手を引いてましたか。リリーフに不安がある今、ポイントはそこでしょうね。ただ、今年の1位は高校生なんじゃないかなとも思います。
来年の話オッケーですよ。首脳陣の件もそうですし、あとは来年は誰が新しくスタメンに名を連ねるのかなと。補強よりは、ファームから誰が、という楽しみですね。あとは、ローテ予想などなど頭の中で描いてます。

投稿: Taka | 2018年9月 9日 (日) 00時26分

管理人さん、おはようございます。
昨日の試合、何回もスポナビの動画を観てしまいました。首脳陣はCSかもしれませんが、もう私にとって来年に向けてどういう準備をしていくかですので、岡本の活躍は嬉しいですね。欲を言えばもう一人ですね。和田選手当たりが出てくれば、和製3番4番が組めます。期待だなあ。先日野球は捕手と言われる解説者が多い。例えば盗塁は捕手だけでなく投手のせいもある。だから私は打ってくれる捕手がいいというプロ野球投手OBのコメントを読みました。私もある部分納得しちゃいます。どうなるのかなあ。

投稿: ひーろーず | 2018年9月 9日 (日) 07時00分

ひーろーずさん
おはようございます。
甲子園のセンター右に飛ばせる右打者って記憶にないですね。打球を見て本当に大きくなったなあと想像以上の成長を喜んでおります。和田恋の飛躍を願い、今年のドラフトは左打者を獲ってもらいたいと思います。飛距離ある選手は楽しみですね。
盗塁は投手のクイック次第と考えれば、捕手に求められるのは止めることとリードになると思います。そのリード、被弾を防ぐにはスラッガー心理を理解しなければならないでしょう。となると、小林にとって一番分からない部分になるので定着というのは難しいのかな、と思っております。

投稿: Taka | 2018年9月 9日 (日) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DeNA(富山)●3-6 締まらないチーム | トップページ | ヤクルト(東京)●1-4 負けるべくして負けた »