« 育成から旋風を巻き起こした投手 | トップページ | CS1st ヤクルト(神宮)◯4-1 ポイントを知る人たち »

2018年10月10日 (水)

阪神(甲子園)○9-4 HOLD YOUR LAST CHANCE

レギュラーシーズン最終戦でAクラス入りを決め、由伸ジャイアンツをもう少し見られることとなった。9月になかなか勝てなくて駄目だと思っていたが、こうして次のステージに進めるとは。ぶっちゃけDeNAに勝ちまくってジャイアンツに負けまくってくれた阪神さんのおかげです。チーム状態が良くなかったところで智之が踏ん張って3試合連続完封、勇人が執念を見せてホーム最終戦のサヨナラ勝ちの流れを作ったことで、ここまで来られたのだと思う。今のチームで少しでも多く試合をしたい、選手たちの願いが通じたことを喜びたい。

ギリギリのところから勝利に導いたのは、今シーズン全試合出場を果たした若き四番打者だった。チームの拙い守備で追いつかれてしまったその後、桑原が投じた甘く入ったスライダーを見逃さず引っ張って勝ち越し弾を放った。さらに追加点を手にして6-4となった次の回、上位打線が繋いで追加点を得た直後に再び廻って来た。フルカウントから望月が投じたストレートを捕らえた打球は左中間スタンドに届いた。この2ランホームランで今年の打点は100となった。過去の選手達と試合数は違えど、史上最年少の3割30本100打点を記録し、岡本和真が歴史を築いた。うぃっしゅの人じゃないけれど、100打点到達が決まった瞬間、SUK(少しウルっときそう)だった。実際にこの打席がシーズン最終打席だった。100打点到達のラストチャンスを彼は掴んだのだ。死球の後でなかなか状態が上がらず、楽に思われた100打点も厳しいかな、というところだったが、最後の最後で、ねえ。今年は彼に何度感動させてもらったか。この瞬間は今年一番嬉しかったと言っても過言ではない。

次のステージに進んだ。ここからは勝ち越し続けない限り、日本シリーズには進めない。ただ、チャンスは与えられた。このチャンスを掴んでさらに試合を増やせるか。チームが一丸となって戦う姿を期待したい。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 育成から旋風を巻き起こした投手 | トップページ | CS1st ヤクルト(神宮)◯4-1 ポイントを知る人たち »

「試合」カテゴリの記事

コメント

Takaさんこんばんは。レギュラーシーズンが終了しました。お疲れ様です。最終戦途中からテレビ観戦の予定が全く見ることできませんでしたが速報で経過を見ると和真が連続本塁打で100打点達成で胸が熱くなりました。ここで打てる事に意味があるし、一流の選手になる素質を確信出来る瞬間でした。いろいろありまして決して良いシーズンとは言えませんが若き4番が居ることが素晴らしいですね。慎之助、俊太もいい仕事しましたね。由伸ジャイアンツをもう少し応援します。

投稿: あおっち | 2018年10月10日 (水) 00時53分

お疲れ様です。傷つき打ちのめされても最後には這い上がりましたね。こうして見るとやはりポイントになった試合は主軸が活躍していますね。
岡本は3打席までで100打点は諦めましたがホームランで1点、最終打席ここで出ればと思いはありましたがまさかな・・・と思ったところで決めるとは。自分も叫びながらSUKでした笑。望月も同世代の強打者にストレート勝負を続けたのは男気があり感謝したいです。いずれ難敵になる投手と感じました。終盤でこういう試合になったのも選手に引退報告した時に監督がSUKになったのも要因かもしれません。今まで考えがよく分からない面がありましたが、こういう姿を見たら選手も燃えますので、できればもっと早く見せて欲しかったです。CSは魔境を二つ潜らなければいけませんがいい試合を期待したいです。

投稿: てっちゃん | 2018年10月10日 (水) 01時36分

あおっちさん
おはようございます。
レギュラーシーズンお疲れ様でした。
勝ち越し弾で満足していたところ、さらに喜ばせられるとは思いませんでした。ここでしかない、というところで打てるところはやはり他の選手と違う何かがあるのでしょう。
去年に比べ勝率は落ちたものの、希望を感じられるシーズンになったと思います。あと少し今のチームの野球を見られますね。こうなれば行けるところまでとことんです。

てっちゃん
お疲れ様です。
這い上がり強くなりました笑
達成した記録の凄さ、こういう選手がジャイアンツから出てきた、という喜びにSUKでした。
辞任を発表してから何か感情が前面に出ているように感じました。笑顔も見られるようになりましたが、この表情を見たく選手も頑張るのでしょう。
熱い戦いを期待します。

投稿: Taka | 2018年10月10日 (水) 08時40分

はじめまして。
関西G党の関西Gたらこと申します。
いつもまとまりのある記事拝見させてもらい勉強させてもらっています。
記事を見てると甲子園にも結構来られてるのですね。
僕も今年はだいぶ甲子園には通いました。
昨日も現地観戦していたのですが、CS決定さす為の一戦というのとレギュラーシーズン最終試合そして監督最後の甲子園というのもあり、異様な空気感でした。
そんな中で勝てたのも嬉しいですが岡本の2連発での記録達成を生で見れて、興奮して例えではなく本当に足から崩れ落ちてしまいました笑
今年1の試合でした。
来年も甲子園で共に応援しましょう!
レギュラーシーズンお疲れ様でした。
CSも頑張りましょう!

投稿: 関西Gたらこ | 2018年10月10日 (水) 20時22分

関西Gたらこさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
今年は5試合行きましたが、4勝1分でした。5月に相手が昔のユニフォームを着ていた試合以外、負けなかったんですよね、結局。ほぼほぼ喜べた現地観戦だったのではないでしょうか。
最終戦は本当に現地で見ていたら感動もより高かったように思います。羨ましいですね。ホームランはもともと興奮させるものですが、岡本のアーチはもうどちらも最高潮だったことでしょう^ ^
CSもチケット取れたら応援に行きます。
来年も甲子園で応援したいと思います。
共に頑張りましょう!

投稿: Taka | 2018年10月11日 (木) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 育成から旋風を巻き起こした投手 | トップページ | CS1st ヤクルト(神宮)◯4-1 ポイントを知る人たち »