« CS Final 広島(MAZDA)●1-4 二つの分岐点 | トップページ | 2019スタッフ決まる »

2018年10月20日 (土)

CS Final 広島(MAZDA)●1-5 最後の試合

一つも勝てずに終了。これで今シーズンは終了。このスコアを見ると、3年前と変わっていない、と言えるのではないか。原さん最終年も、シーズン中広島相手にとにかく打てなかった。その時は今よりも投手が抑えられていたにもかかわらず、大きく負け越していた。そして3年前の監督が帰ってくる。しかし大きく何かを変えなくては、いつまで経っても打てないまま。最初改善されたと見られていた四球も終わってみれば多くない例年通りの結果。こういうところを変えないと多くは望めないのではないかと。

由伸監督のラストゲームとなった。本人の描いた通りのプロセスで監督になれたのならまた違ったのではないか。本人の希望とはいえ、適任とはいえないコーチに球団が参謀役を依頼した時点でかなり厳しいものになることは予想出来た。それを含め、球団の責任は重い。センスのないGMにも足を引っ張られた。苦しい3年間だったと思う。

来年の話は何も出ていないが、ユニフォームを脱ぐこととなるでしょう。当たり前にベンチにいた姿を見られなくなると思うと寂しい。来年そう感じることが度々あるのかなと。ただ、外に出ることでプラスになることもあるかもしれない。これからは、また戻るためのプロセスを歩むのだ、と考えたい。本当にお疲れ様です。また戻ることを願っております。

今シーズンのジャイアンツはこれで終了。今年もこのテキトーな素人にお付き合いいただいた読者の皆様には感謝しております。来年こそは喜びを分かち合えればと思います。今年もありがとうございました。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« CS Final 広島(MAZDA)●1-4 二つの分岐点 | トップページ | 2019スタッフ決まる »

「試合」カテゴリの記事

コメント

これ以上ない雰囲気で望んだCSでしたが、終わってみればシーズン通り。采配云々より、もう力負けでしょうね。四球の数も広島がダントツなのは、選んでいるというよりも各打者が投手に与えるプレッシャーが影響しているような気がします。
ドラフト、FA(今年は大物選手の動向が気になりますが) が終わるまで来年の事はなんとも言えませんが、開幕が待ち遠しくなるような陣容であって欲しいです。コーチ陣も派閥なんかで選ばないで真に優秀な方にやってもらいたいですね。

今シーズンもお疲れ様でした! 来年も独自の視点と、時々でる猛毒期待しております。

投稿: あつくん | 2018年10月20日 (土) 02時26分

今シーズンお疲れ様でした。そしてありがとうございました。チームの結果は厳しいものでしたがブログは楽しめましたよ。最後に喜びを分かち合えれば良かったのですがそれは来シーズンに。振り返ればいろいろ問題がありますね。そんな話はまた別の記事の時で、今は由伸監督がこのような結果で去ってしまうことが寂しいですね。

投稿: あおっち | 2018年10月20日 (土) 06時47分

Takaさん、今年もありがとうございました。
今シーズンは、辛い試合が多い中で、現地からの多くの前向きなレポートに勇気付けられる事が何度もありました。
岡本を筆頭に若手野手の成長が見られた事が来年への希望につながってます。

今後とも、よろしくお願いします。

投稿: 元大阪爺 | 2018年10月20日 (土) 10時42分

あつくん
順当といえば順当、力負けでしたね。相手の田中のように意識次第で変わることもあると思います。リードオフになる選手はそこを心がけて欲しいです。和製大砲は一人出てきましたが、まだまだ細かなところから変えていかないと難しいようです。
猛毒のないシーズンであればベストですが、さっそく報じられた来年のスタッフ予想を見て、毒以外出てこなさそうです。

あおっちさん
お疲れ様でした。そして本当に今年もありがとうございます。
これからも勝っても負けても書ければと思います。喜びを分かち合えるシーズンになればもっと楽しく書けると思います。そうなると願いたいです。
本人にその考えはなかったでしょうが、支える人たちを変えてどうなるのか見たかったです。本当にやりたいことが出来ていたのだろうか、という思いですね。胴上げされるところを見たかったです。寂しいですね。

投稿: Taka | 2018年10月20日 (土) 11時02分

元大阪爺さん
今年も本当にありがとうございます。
チームが上昇するには何が必要か、そればかり考えているから良いところを見るようになっているのかもしれません。
岡本はすごい記録を残しました。坂本に続く若い野手がなかなか定着出来ませんでしたが、一つ大きな柱が出来たことは今後希望を抱けます。自分も、と思う若い選手に出て来て欲しいですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Taka | 2018年10月20日 (土) 11時12分

お久しぶりです。
あまりの巨人の不甲斐なさにコメントを控えていましたが
ちょこちょこ覗かせていただいてました(^^)

もう気持ちは来シーズンに向けてスタートしました!
続々と新コーチの記事が出て来ましたが
どうなるんでしょうね〜

またよろしくお願いします。

投稿: じゃびうさ | 2018年10月20日 (土) 12時51分

お疲れ様です。最後まで本当に変わらない内容でしたね。まあ3戦で終えた事で広島の興行収入を減らす事で丸への残留資金に影響を与え、智之を休ませ、カルビうっかり残留の芽を摘んだと思うことにします。
四球の意識は大切ですよね。来年は広島への研究、対策をもっと徹底して欲しいですが原さんはあまりデータを重要視しないタイプだったと思いますし、見逃し三振も嫌うので四球が増えづらくなりそうなのが心配です。ただ選手のモチベート、仕掛けの多さや思い切った采配は増えると思いますが。
殆どの試合を現地に出向いて観戦し、するどい視点でのブログを見せて頂きこちらこそありがとうございました。
出来ましたらオフも無理ない程度で、振り返りやポジション別考察など、独自の意見を書いて頂けるとありがたいです笑。

投稿: てっちゃん | 2018年10月20日 (土) 13時29分

じゃびうささん
お久しぶりです。
来年はコメントを書きたくなるぐらい良い試合が多くなることを願っております。
新コーチ、正直マジかよという心境です…。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: Taka | 2018年10月20日 (土) 13時38分

てっちゃん
お疲れ様です。
さすがに進んでもカルビの残留は無かったと思いたいですが笑 広島に勝てなかったという結果だけが残りましたね。
日本一になったシーズンは見逃し三振を許容していましたが四球を取れていました。その時の戦略コーチは今は西武に…。
チームを一つに出来る手腕は確かです。その方針が違う方向に進むと心配ではありますが…。
ほとんどの試合でコメントをお寄せいただき本当にありがとうございます。ちょっと偏ったかなという時でも同じ思いだった時は安心しておりました。
しれっとお題をいただきましたね笑 考えます。

投稿: Taka | 2018年10月20日 (土) 13時50分

シーズンお疲れさまでした。そしてブログを有難う御座いました。由伸さんの苦闘の3年間は終了しました。それでも若手の成長というG復活の種は残してくれましたね。新聞によるとカルビの続投は無いようですね、原さんが作戦を陣頭指揮するという事でしょうね。来季以降Gにとって厳しい戦いだと思いますが、次期監督候補阿部?を傍に置いて(再来年からかな?)鍛えて欲しいです。
もう由伸さんの二の舞は避けるべきです。如何なる事情があろうとも。

投稿: まさやん | 2018年10月20日 (土) 15時33分

まさやんさん
お疲れ様でした。今年もコメント本当にありがとうございました。
日本人四番、センターラインと軸になる選手が出来ました。そして投打の柱二人がNPB屈指の好選手になりました。
原さんが一人でやるのでしょう。私は今後数年間は慎之助監督への準備期間と考えるべきかと思います。選手兼任でバッテリーコーチになって欲しいです。
どうしても生え抜き縛りになるのなら、プロセスをしっかりしてもらいたいですね。そうすれば結果もまた違ったでしょうから。

投稿: Taka | 2018年10月20日 (土) 17時25分

来期のコーチとして名前が上がっている人は「イエスマン」になりそうな人ばかりですね.代理監督ができそうな人が一切いません.2009年WBCを一緒に戦った,伊東さん,山田さん,前ヘッドコーチの伊原さんらに声をかければ手伝ってくれると思うのですが・・・
 何か,原さんの「度量の無さ」を感じてしまいます.
 しかし,相川はどうしてあんなに評価が高いのですかね.巨人に来て,捕手としては打たれまくっていたのに.

投稿: 元大阪爺 | 2018年10月20日 (土) 20時51分

元大阪爺さん
意見できる人が誰もいないですね。伊原さんは、由伸監督就任の時も要請すれば間違いなく引き受けられたでしょう。隙の無い野球をするためには力が必要に思います。
まだ監督が決まっていないにも関わらず川相さんが辞めさせられるのを見ると、色々と思うところがあります…。
報知の「経験・実績とも申し分なく」というトンデモコメントにも呆れましたが、そもそも何でオファーするのか理解し難いですね。智之の防御率破壊リードなど、負の実績しかないコーチ、本当に崩壊しかねません。

投稿: Taka | 2018年10月20日 (土) 21時57分

管理人さん、今シーズンもお疲れ様でした。どうしようもないコメにもご返信頂きましてありがとうございます。
しかしこの3年間は、巨人ファンにとってある面ストレス溜まりまくりじゃなかったでしょうか。勝った負けたではなく、吉伸が監督をやっていたことに対してです。
現役時代、あの大怪我さえなければいろいろな記録を打ち立てていた天才打者。しびれるようなスイング。何の準備のないまま読売Gの為に引き受けた監督。寡黙に現実を受け止める真摯な姿があるからこそ、素人の私でさえ感じるおかしな采配にでかい声で文句が言えない日々。これだけ負けこんでも大きく叩かれないのは、彼の人柄を愛するファンが大きかったのでしょうね。
再びの24番。期待したいですね。24番は重たいぜ。

投稿: ひーろーず | 2018年10月21日 (日) 14時35分

ひーろーずさん
今年もお越し頂き本当にありがとうございます。
十分な準備があれば違ったように思います。そしてフロントに参謀役があれですから…。そういう事情ファンも理解していたし、しびれさせる姿を知っていますからね。
チームを離れて見つかることもあると思います。満を持して24番を背負うその時を待ちます。

投稿: Taka | 2018年10月21日 (日) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CS Final 広島(MAZDA)●1-4 二つの分岐点 | トップページ | 2019スタッフ決まる »