« 由伸監督の辞任 | トップページ | 何のために »

2018年10月 4日 (木)

広島(MAZDA)◯4-0 8度目の完封

この試合は見たかった。魂のピッチングだったのではないか。監督の辞任を知らされた翌日、思うところはあったろう。完封記録も最多勝も意識していなかったのではないか。チームのため、監督のため、と投げた結果が、シーズン8度目の完封、となったのでしょう。完投は10度目。そして15勝。厳しいと思われた沢村賞だったが、これで決まりでしょう。

由伸監督の下、投手は智之、打者は勇人が中心となりチームを引っ張って行った。彼ら2人と、今年4番に据えた岡本の活躍で勝つことが出来た。トータルでは分からないが、個で伸びた人はすごく伸びた三年だったのではないか。投打の軸がレジェンドクラスだもの。その彼らも悔しい思いをしているだろう。そして一つの目標が出来たのではないか。

残り1試合、勝つしかない。

新監督候補については別記事で…。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 由伸監督の辞任 | トップページ | 何のために »

「試合」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。マツダで広島は危険と思ってましたがいらぬ心配でした。圧巻の3完封で締めくくり。これで沢村賞条件全てクリアーしたみたいですね。最終戦は笑顔で終えてもらいたいですが阿部の400号で勝って締めくくりなんて形になればサイコーです。監督がもし原さんになった場合・・・まさか一番解任して欲しい人がうっかり残ってしまうなんてことは無いですよね・・・。

投稿: てっちゃん | 2018年10月 5日 (金) 00時19分

てっちゃん
お疲れ様です。
監督のためというピッチング、魅せられました。
400号が現実味を帯びてきましたね。この数字もすごいです。
原さんが監督になるとして不安なのはそこです。数年前と何も変わらないこととなりますね…。

投稿: Taka | 2018年10月 5日 (金) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 由伸監督の辞任 | トップページ | 何のために »