« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月21日 (金)

「まさか」は我々のセリフ

昼に飛び込んできた報せに驚いた。外していた?

そしてTwitterで球団副代表の「まさかとは思いました」というコメントを見てすぐに感じたことは、「こっちの台詞じゃボケ」というところ。

来年一軍のローテに入るのは厳しいとは思っていた。思っていたが、プロテクトから外すという選択は無いと思っていた。他球団の1位指名を断ってこのチームに入り、原監督二次政権時代はまさに柱の活躍を見せた功労者。ドライになるべきところではなかったのでは、そう思えてならない。

自分なりに28人を考えてみたが、当然その中に内海は入っていた。入って2年以内の選手を取られるかもしれなかったが、そこはやむなしというところ(人的補償発生するのに獲るべきだったのか、というのは初めから思っていることなので置いといて)。となると、どんなリスト作ってやがったんだ?という話。言葉は荒れるが。何なら俺が…略。

その「まさか」に戻るが、外れていたら獲られるというのは考えなかったのか。だとしたら、それは内海のこれまでを見てなかったのか、と問いたい。ここ数年結果を残せてなかったが、交流戦では違っていた。楽天を得意にしているのはよく分かるし、今年も山賊打線相手にHQS成功。ソフトバンクには少し打たれていたものの、パリーグのチームは苦しんでいた。となれば、獲るでしょ。

チャンスは多くなることは間違いない。ただ、本人のために良かった、ということは言えない。このチームで最後まで、という思いもあったのだろうから。5月の阪神戦で慎之助と並んでヒーローインタビューを受けていたが、あの光景を来年見られないのか…。

このフロントの選択には落胆しかないのだが、もう1人離れる選手が出てくる。ここまでファンの思いと乖離したフロントだ。さらにがっかりさせられることも十分考えられる…。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »