« 「まさか」は我々のセリフ | トップページ | 一筋貫いたのに »

2019年1月 1日 (火)

2019年のはじまり

明けましておめでとうございます。
昨年も弊ブログをご愛読いただきまことにありがとうございます。
今年もオフはごく稀に更新して、シーズン中は毎試合何かしら書ければと思います。変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

…去年フロントが最後の最後でとんだ決定をしてくれましたが。。8時半の男ってもう何十年前の話なのよ。平成の野球を見てきたファンにとって24番と言えば高橋由伸なのだから。内海プロテクト外の件にしても、ファンと監督・フロントとの温度差がありやしないかと。もう少しやり方があったのではないのかな。

と、苦言から始まりましたが、野球モードに入るのはもう少しお待ちください。キャンプになってから徐々にというところで。なので軽く今朝のスポーツ紙の情報を見た感想で。

「序盤のスモールなし」これはもう是非お願いしたいところ。立ち上がりに投手は不安なもの。1点だけは仕方ない、と思わせるより、さらにランナーを溜めることで重圧を与えたいところ。広くない東京ドームをホームにするチーム、だからこそ1点より2点という考えには賛成。

「2番に強打者」セイバーメトリクスに則るのであれば確かに丸か坂本、ということになる。ただ、その通りになるかと問われたら、難しいところ。これまでの2番の概念は捨てていい、と言われたとしても選手がそうなれるだろうか。過去に調子を崩して断念したケースもあるからここは分からない。ただ、思うのは、岡本の直前に丸か坂本を置かれたほうが相手は嫌かな、と。

今年のスローガンは「和と動」に決まった。過去のチームを見ても、チームを一つにする能力は実証済み。一丸となって戦う姿を見られることを期待したい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 「まさか」は我々のセリフ | トップページ | 一筋貫いたのに »

「読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。背番号24はもっと重い番号のはずです。新人助っ人に渡す位なら期待値の高い若手野手に与えた方が良かったと思います。ただ今いる選手ではこれという若手はまだ見当たりませんが。ここまでの行動を見ていると前体制を否定している様に見えて何らかの確執があったのかと感じます。
初回二番バント無しは賛成ですが,あえて宣言してしまうと相手も守りやすくなるので「いろいろやるよ」と思わせてヒッティング中心の方がいい様な気もします。丸はやはり3番を任せたいですね。尚樹、俊太、重信の誰かが出塁、打率を上げて2番に入るのを期待します。あと炭谷加入で出番が減るだろう大城をどうするのか。いずれにしろ原さんはいろいろ「動」いてくると思うので、去年までのスモール拘りの様なつまらなさは減ると思います。

投稿: てっちゃん | 2019年1月 2日 (水) 23時39分

てっちゃん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
丸が背番号8と知った時点で大丈夫かななんて思ってましたが、甘かったですね…。コーチにしてもガラリと変わりましたからねぇ。。
初回スモールさせるなら、フィールディングに難ありの投手相手の時にして欲しいですね。守りで一番計算出来るのが尚輝なので2番が彼になればと思います。出塁を計算出来る坂本と丸に挟まれることでプラスになると願いたいです。
打てる捕手として大城、宇佐見のどちらかが出ればと思いましたが、監督が炭谷を使うことで出番は減るのではないかと。2人のどちらかを野手に、ということもある気がします。
今年は細かなプレーを徹底させることでしょう。様々な動きを見られるでしょうね。

投稿: Taka | 2019年1月 3日 (木) 00時47分

Takaさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
吉川尚等若手を1番として育てたいという含みで、オフでネタ枯れ期間のスポーツマスコミへのサービスも兼ねて、2番坂本(又は丸)と言ってるのかなあと思いました。まあ、手駒は豊富にありますし、紅白戦やオープン戦でイロイロ試してくるとは思います。

投稿: 元大阪爺 | 2019年1月 3日 (木) 07時54分

元大阪爺さん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
若い子の中で誰かを上位に固められれば厚みのある打線になってきますね。一番としたら求められるものは出塁。若い世代から選べる人が出てきて欲しいです。
キャンプ、オープン戦でどんなチームが見られるか。楽しみです。

投稿: Taka | 2019年1月 3日 (木) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「まさか」は我々のセリフ | トップページ | 一筋貫いたのに »