« ヤクルト(東京)◯5x-4 ただいま | トップページ | ローテを掴むために »

2019年3月10日 (日)

若返った野手陣で臨み大勝

前日の試合で亀ちゃんほぼフル、ナカジほぼフル、炭銀フル出場という結果を見て、何じゃこりゃぁぁ、という気持ちを抱いた人が多かったのではないか。実際私もそうだった。そんな思いを知ってか、初めからこの日はそうするつもりだったのか、スタメンのベテランは亀ちゃんオンリーだった。極端だなぁと思いつつも、これが本来のオープン戦の起用だよなぁと感じた。

さて、ワンサイドゲームとなったこの試合、とりあげたいのは3回表の1点。ディクソンのアクシデントで3回に出番が訪れた山田は、キレのあるボールを投げていた。しかし、回の終わりはもうヘロヘロだった。それはそうだ、彼はこの回だけで41球投じたのだから。これだけ投げさせたのは粘りからだった。先頭の大城が10球投げさせ、その2人後の山本も10球投げさせた。2人はアウトになったが、山田に異変が起きたのはそのあと。全くストライクが入らなくなり3連続四球で押し出し。結果こそこの1点のみだったが、そこに至るまでが素晴らしいなと感じられた。

大城はこの日5番に座り猛打賞、そして山本は3打席目も10球、4打席目も12球を相手に投げさせた。試合後に監督がどちらがレギュラーか分からないと語っていた。今の時点で彼らは控えの位置付けということ。ただ、レギュラー陣も下手なプレーは出来ないよということだ。攻守に良い動きを見せる俊太を含め、自分の持ち味を知っている選手が一軍にいるというのは心強い。

中身のある打席を見られて満足している。

|

« ヤクルト(東京)◯5x-4 ただいま | トップページ | ローテを掴むために »

コメント

お久しぶりです。内海とチョーさん移籍の件でブログ書くのが失せられたのでは、と心配しました。
大城が打でアピールしましたね。これを続けて、使わざるえない環境に持っていければと思います。それにしても昨日活躍して使いたいと思う控え選手が内野ばかり。陽やゲレーロの内容見ると
外野に回せないかなと感じます。
(実際は難しいですが)中継ぎ陣も新しい選手が出てきたので本番で活躍できるかが楽しみです。

投稿: てっちゃん | 2019年3月10日 (日) 12時04分

てっちゃん
お疲れ様です。
プロテクト外しの件はもちろんがっかりものですが、単にプレシーズンはまだ野球モードになっていないだけなんです。ご心配おかけしました(^◇^;)
捕手3人を慎之助、小林、炭谷としたら、大城が外れるのはとても勿体無いです。慎之助以外の捕手の中で打力はダントツですからねぇ。
俊太といいヤスといい相手にとっては嫌らしい選手が増えたなぁと感じますが、おっしゃる通りどちらも内野なんですよね。両翼を脅かす選手が出てこないものかと。。
光夫と大江が入ることで左の中継ぎはだいぶ厚くなりました。無理なく使えるのではないでしょうか。

投稿: Taka | 2019年3月10日 (日) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)◯5x-4 ただいま | トップページ | ローテを掴むために »