« 広島(MAZDA)◯5-2 1勝目で一安心 | トップページ | 阪神(東京)◯9-3 素晴らしきホーム開幕 »

2019年3月31日 (日)

広島(MAZDA)◯6-3 幸運と不安

正直、良く勝てたな、と。疑問に感じる采配が二つもあった試合だが、終わってみたらダブルスコアになろうとは。

 

ゲレーロの2ランと丸のタイムリーツーベースで得た3点を守り切れるか、という試合の8回にベンチから出て来た投手を見て唖然としたのは私だけではないはずだ。相手打者は鈴木、バティスタ。これ、無理だろ、という思いしかなかった。そしたら、案の定である。ヒットで済んだ直後に勝手に暴投してランナー進めて一塁三塁で交代。代わった中川が併殺打による1点のみに抑えたが、最初から中川ならこうならなかったんじゃないの、という思いかな。しかし可能性を感じているのだろうか。あのボールでは難しいと思うのだが…。

 

9回にサードのエラー、小林のバントがホームベース前に転がりセカンドを狙われたが、その送球が逸れてオールセーフ。ノーアウト1塁2塁で亀ちゃんの打席。ところが、何とスモール!利き手と反対の打席でやりづらいし、亀ちゃんにスモールさせて失敗してやらせなきゃ良いのに、と思ったことが何度もあるだけに、あれは疑問しかなかった。そしてサードアウト。言わんこっちゃない。ところが、それもまた今日の試合では吉となってしまうというものだった。尚輝がレフト方向に放った打球は定位置ならフライだったが、心持ち前目に守っていたチョーさんが間に合わずランナー2人が生還して尚輝も3塁へ。その後坂本のタイムリーで駄目押し。ライアンを楽にする3点リードとなり、裏を抑えて試合終了。不思議の勝ちでカード勝ち越しとなった。

 

試合後のコーチ談話で、ピヨピヨ方程式という言葉があったが、確かにそこが確立されたら投手陣はかなり計算出来るようになる。QS寸前のところでマウンドを降りることとなったが、畠のボールなら、怪我さえなければシーズン通して安定した成績を残せるのではないかと。リリーフは良い投手だけで毎日は投げられないから厚くしたいところ。そういう意味では中川以外の投手を試したかった気持ちは分かる、だが…という心境なのは私だけではないだろう。育つ前に我々がピヨる(古いな)わ、とボヤいてみる。

 

坂本、丸にタイムリーが出て気になるのは岡本、というところだが、彼が今の状態で勝ち越せたというのは幸運と捉えるべきなのかもしれない。うまく切り替えて火曜からの試合に臨んでほしい。

 

MAZDAでの勝ち越しはかなり久々。序盤は勝ったり負けたりでこういうこともある、と。夏場あたりで同じように勝ち越せるか。それに期待したい。

 

でもやはり、勝てた帰りの新幹線は良いもんです。重さが全くありません笑

Img_7908
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(MAZDA)◯5-2 1勝目で一安心 | トップページ | 阪神(東京)◯9-3 素晴らしきホーム開幕 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

やりましたね! マツダで開幕カード勝越し! テレビでは2年ぶりのカード勝越しであることを何度も強調していました。(ちょっと前まではマツダで3タテ勝利も何度かあったものでしたが…)
中身の濃いゲームだったと思いますがいかがでしたか? ブログにもあるように、畠の勝を消した継投と亀ちゃんのバントは??でした。それを皆でカバーしての勝利、大きいです。今年は違うぞ!と期待感。次、ホーム開幕でさらに躍進してほしいです。
管理人様はじめ、ファンの皆さんが気持ち良く帰ることが出来て良かったです。また、遠征リポート、よろしくお願いしますww

投稿: | 2019年3月31日 (日) 21時29分

名無しさん
※どなたかお知らせいただき有難うございます(4/1 加筆)

それだけの鬼門だったということをアピールしたかったのでしょうねぇ。
一つの判断、プレーで野球は変わる、それが良くわかる三連戦でした。
采配に疑問符はありつつもチーム一丸で戦わせる手腕は確かですね。
勝ち試合の帰りは、安定した気持ちになれますね。
遠征に行けた時にまた書ければと思います。

投稿: Taka | 2019年3月31日 (日) 23時04分

お疲れ様です。仰る通り8回の櫻井は「はっ!?」でした。いくらお試しでもこの場面は無い。悪いですが彼は敗戦処理として考えてました。原さんの采配は良い面だけでなく悪い面のサプライズがたまにありますからね。まあ前任と違い修正能力はあると思うので今後は無いと思います。
中川が流れをうまく断ち切ったのが次の攻撃に生きましたね。勝ちパは当面は左カルテット→クックでいいと思います。(左右に拘らず)
チョーさんにも1本出たのは良かったと思いますが、守備の方では去年のV字を思い出してしまいました。
岡本は次の阪神クリニックでしっかり治療してもらいましょう。
マツダでまさかの勝越し!これは勢いに乗るのではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2019年3月31日 (日) 23時07分

てっちゃん
お疲れ様です。
ビジター席にいた周りの方々も同じ反応でした…。
経験を積ませるためとはいえ、バティスタに2ランくらってたら…と考えてしまいます。
準備させていた中川が出ることなく終了、とならなかったことで勝てました。
チョーさんはチームにいた頃にレフトを守った経験がほぼないのでその難しさはあったと思います。
チームをさらに勢いづけるために、四番がここから上がって欲しいところです。

投稿: Taka | 2019年4月 1日 (月) 07時02分

管理人さん、現地での応援お疲れ様です。
勝ち越し! これは大きいですね。いろいろな要素があったにせよ、結果勝利の女神が微笑んでくれました。昨年までなら、一気にやられていた気がします。
しかし表現は悪いかもしれませんが、菅野選手はここ数年持ち回り運の悪さが出ているのかなと思います。球界NO1は誰もが認めるところですが、節目の試合では援護がなく勝てない。結果論ですが、開幕戦は嫌な予感はしていました。そして畠選手、何だかんだ試合を作ってくれた。初回もよく凌いだ。菅野選手に続く二番手への成長を期待したいですね。それにしても苦手意識を払拭するには最高の形で終わり嬉しい限りです。

投稿: ひーろーず | 2019年4月 1日 (月) 11時14分

ひーろーずさん
ありがとうございます。
一方的にやられるMAZDAで勝ち越せたのは大きいですね。三戦通じてスターターが試合を作れたことで勝ち越せた気がします。
開幕戦援護出来なかったのは、あの日の大瀬良に隙がなく仕方なかったのかなぁと思います。負けはしましたが、原監督で日本一になったシーズンは開幕負けてるし、まあいっか、なんて思ったりもしました笑
去年後ろを経験して今年はどうなるだろうと思いましたが、苦手だった広島戦であのピッチングを出来るようになったなら、今後の畠は楽しみですね。
来月も敵地での試合を控えてますが、その時に良い結果を残せれば、楽しみな年になりますね。

投稿: Taka | 2019年4月 1日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(MAZDA)◯5-2 1勝目で一安心 | トップページ | 阪神(東京)◯9-3 素晴らしきホーム開幕 »