« CSファイナル 阪神(東京)◯4-1 For The Team | トップページ | ドラフト結果 »

2019年10月17日 (木)

ドラフト前夜

ドラフト前日、日本シリーズ3日前にとんでもない報せが入ってきたが…一身上の都合ということで、おいおい情報は出てくるのでしょう。これは突然のことすぎてビックリという思いしかない…。

 

さて、ドラフト。いつもなら結構予想に時間かけたりするけれど、久々にチェックしていない状態で入ることに。

 

そんなわけで、まず一位。3人に集中しそうだが、佐々木朗希(大船渡)となるのではないか。長谷川スカウト部長のコメントを聞くと、今まで見たことのないスケールの選手というのは伝わる。彼でなければ奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明治)のどちらかを指名するだろう。ここ数年の傾向を見ても、何でと驚くようなことはないと思う。

 

もちろん競合する。となると、その後誰を指名するか。思う候補は2人。西純矢(創志学園)、太田龍(JR東日本)。石川昴也(東邦)はどうやら中日の単独指名となりそうなので無いと見て良いでしょう。即戦力候補から太田が良いと思ったのは体格。右投手は角度。そして四死球率はまずまず。パワーピッチャーとして戦力となるのではないか。

 

そして指名候補。やっぱりねと思った方もいるかもしれないが笑

 

井上広大(履正社)
菊田拡和(常総学院)
紅林弘太郎(駿河総合)
遠藤成(東海大相模)
岡林勇希(菰野)
東妻純平(智辯和歌山)
井上広輝(日大三)
宮城大弥(興南)
大西広樹(大阪商業大)

 

昨年下位指名、育成指名で獲得した選手が一年目で一軍を経験した。当たりドラフトと言えるが、今年もそういう選手を取れるか。

 

数時間後に喜べることを願いましょう。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« CSファイナル 阪神(東京)◯4-1 For The Team | トップページ | ドラフト結果 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

CSと日本シリーズの間にあるので、「ドラフトは、今日なんだ」という程度でした。

巨人に良い選手が入ってくれることを願っています。

野球選手としての素質は、ドラフトに選ばれる選手はさほど差がないのではないかと(個人的には)思っています。

巨人に入団して、活躍するのに一番大切なのは、「メンタルが強いこと。」だと思います。

打者でも投手でも、失敗すると他の球団よりもマスコミなどに叩かれる可能性が高いような気がしますので、それに耐えられるような選手が適任かと思います。

投手を獲得したいなら、球速よりも、強気のピッチングのできる投手が欲しいです。あとは、故障しにくい体の頑丈な選手がよいなと思います。

今年のドラフトを例にすると、ビック3では、佐々木選手は、パスしたほうがよいと思います。いかにも故障しやすい体形のように思います。

奥川と森下の投球は見ていませんが、体つきでは大差ないと思います。奥川は、甲子園で決勝まで投げたので、その影響がどこまで残るかが気になります。甲子園優勝投手なのに、プロに入ったらろくな活躍もしないで戦力外になった投手も何人かみていますので。

森下投手は全く知りませんが、ビック3の中では、一番注目度が低いような気がします。メンタルが強いなら、この選手を1位に行くのがよいのではと個人的には思っています。

外れ1位にしても、育てることが苦手な球団の体質になっていますので、1軍でそこそこ投げられる先発型の投手が欲しいです。

選手の勤務先をくじで選ぶのはいかがなものかといつもおもっておりますが、ルールなので仕方ないとあきらめています。

1軍で活躍できる選手を一人でも取れたらと期待しています。

投稿: chasse | 2019年10月17日 (木) 09時32分

chasseさん
こんばんは。
メンタルは大切ですよね。
大観衆の前でプレーするわけですし、マスコミの数も他球団と比べて違うわけで。
高校生2人がいなかったら森下にはかなりの球団が指名したと思います。しかしまさか単独とは…。
育てることが苦手、という気はあまりしません。球団がどのような評価基準を持っているかでしょうね。
後ほど書きますが今回の結果には納得しております。

投稿: Taka | 2019年10月17日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CSファイナル 阪神(東京)◯4-1 For The Team | トップページ | ドラフト結果 »