« 最高の助っ人投手 | トップページ | 久々の雑記 »

2019年10月29日 (火)

ズレ

鈴木大地、美馬を獲得調査へ。福田については「若手も出てきているので」獲得に行かない、と。

 

…逆だろ。若手をプロテクトしたいのであれば人的補償の発生するFAに手を出すべきではないし、C契約の選手なら補償は不要となるのだから。「マリンホームで15本だから東京ドームで20本」くらいと言ってたが、そんな単純なものでもない。同じチームにいた二遊間守れる助っ人を2年5億近くで獲ってきた馬鹿(こんなん直球でええわ)もいたけど、結果はどうだったか。もちろん鈴木大地というプレーヤーは素晴らしい。今年は控えからスタートしたが再びレギュラーを手にしたことに、強いなと感じた。乗り越えた今があるからこそ、続けて欲しいなという気持ちもある。

 

そして逆だろと書いた理由としては、福田の可能性かな。今年は166打数で9本塁打。交流戦の時の6本が効いているが、400打席換算すると20本以上となる。そんな単純じゃないと叱られるかもしれないが。可能性と書いたのは、打撃のスタイルを変えたのが去年からというところで。スタメンで出続けてどれだけ結果を残せるかを知りたいところでちょうど手にした権利。彼にとっても欲しいチームにとってもチャンスと言えるだろう。それだけに、補償不要の獲得を避けるということにズレを感じる。

 

プロテクトを考えないとならないのか。どうせねぇ、あの辺りは守られてるんでしょ。余計な枠作ると思うけどな。美馬獲ったら、数ヶ月前トレードで来たばかりの古川がいなくなる、なんてこともあるのか…。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 最高の助っ人投手 | トップページ | 久々の雑記 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

この時期の情報はあてにならないことも多いのですが、補強の話題には興味があります。

鈴木大地選手をほとんど知らなかったので、データを調べてみました。数字だけでは、内容は分かりませんが、大した数字ではないです。

ただ、巨人の若林、山本、田中俊あたりと比較すると打率がよいくらいかなと思います。

なので、無理をしてまで獲得する必要はないと個人的には思います。いたほうがよいかなレベルです。

美馬投手も調べました。数字はそこそこなのですが、防御率が悪いです。こちらも無理をして獲得する必要はないかと思います。

福田選手の数字は、打席数などは少ないですが、Cランクにしては、良い数字です。スタメン確約という契約条件さえ付けなければ、是非とも欲しい選手です。

あと個人的に、とても欲しいのは、まだFA宣言していませんが、FA資格をもつバレンティン選手です。

ゲレーロと比べて、打率がよいです。守備が不安なのは、もちろん知っていますが (^^;;
#張本さんよりも悪いかも。。。

バレンティン選手が仮に入ってくれたら、ゲレーロと競わせるという形がよいかと思います。ゲレーロが残留したらの話ですが。

バレンティン選手が仮に入ってくれたら、ぜひ背番号5をつけて、東京ドームで活躍して欲しいです。かつてのラミレス選手のように。

個人的には、FA選手で獲得するレベルの選手は、バレンティン選手クラスだと思っています。あわよくばタイトルを狙える選手レベルです。

そこそこの選手なら、人的補償で巨人の選手を手放してまで獲得する必要はは全くないと思っています。

投稿: chasse | 2019年10月29日 (火) 08時55分

お疲れ様です。
本当にズレた考え、コメントばかり出て来てますね。
鈴木は1.3塁なら個人的にはいらないです。セカンドもできるなら分かりますが、近年はセカンドの守備は衰え、1.3塁だけみたいですね。今年の成績はキャリアハイっぽく平均は2割7分の10本というところでしょうか。
来ればそれなりに戦力になると思いますが今年の年俸1億という事は最低でも2億×2-3年、競合があるそうなのでそれ以上なりそうです。更に若手1人獲られるわけですからね。

福田は長打力が魅力でCランクなら代打でも欲しい所です。ただ出場機会を求めて出たい様子なので、ある程度のスタメン確約が必要となると難しいですかね。ヤクルトがバレを出すなら相思相愛になりそうですね。
来年34歳の美馬はどう考えても要らないですよ・・・。

確かに日シリで内野の層が薄かったのは分かりますし尚輝も来年は内野は難しいと言われてますが、中途半端なFAではうまくいかないのが殆どです。どうせなら菊池か来年の山田に全力でいってもらいたい。

外国人に対しても来年は少数精鋭でいく、と言ってましたが、これもズレてるのではと思いました。どうせ高い金払ってメジャー実績重視で怪我後人や高齢者を拾って失敗・・・ではないでしょうか。
どうせ見る目が無ければ複数人をガチャで単年回し続けた方が可能性あると思います。デラも当たりましたし。
来年CC,デラは確定的でゲレーロも交渉まとまれば残留でしょう。
自分であれば1塁長距離砲1.5億、2塁アベレージ型守備上手1億、デラがどこでもやると言ってたそうなので抑えをお願いして、先発と抑え1人づつ2人合わせ1.5億、全員単年契約。6月まで見て外れの場合、途中で1-2人入替も考えます。とにかく日本に連れて来て数か月やらせてみて見切りも早くします。

話しがズレましたがオフの動きは注目ですね。

投稿: てっちゃん | 2019年10月29日 (火) 17時15分

chasseさん
こんばんは。
大地が来れば一塁か三塁となるでしょう。大した数字ではないとは意外な答えでした。見るべきところは打率より出塁率ではないかと思います。良い選手ですが、補償が発生するとなるとさすがに考えるべきところです。
ゲレーロと競争というのは…無いでしょう。今のゲレーロであれば、来年もこのチームで見たいです。

てっちゃん
お疲れ様です。
同じように、二塁での起用は無いかなと見ています。リーグ7位の出塁率はとても魅力的なのですが、人的補償の発生する補強は今する時では無いとと思っております。スターターもこれから育てなければならず、ベテランを取る時ではないように思います。
3人の助っ人を計算できそうなので少人数としたのかなと思います。その場合、外国人は一人野手を獲得してさらに育成で、となるのかなと思います。モタが来年いつ頃上がるのか、密かに注目しております。
お金をかけるとしても、まず今不要に多く払ってるところを改めて欲しいですね。

投稿: Taka | 2019年10月29日 (火) 23時31分

管理人さん、お疲れ様です。
ストーブなのに、マメなアップ嬉しく思います。
確かにズレを感じますね。私のFA取りの感覚は、絶対的なピースで間違いなく優勝に貢献してくれるだろうという確信のある選手ですね。今名前の上がっている選手達は、少しクエスチョンです。来てくれたからといってどれだけ活躍してくれるのだろうかと疑問です。ならば若手の底上げを期待したいところです。けれど悲しいかな常勝を求められている伝統の狭間の悩みでしょうね。私の考えは、今年はFAに臨まず外国人選手の補充で進めて欲しいですね。

投稿: | 2019年10月31日 (木) 16時12分

返信遅れてすみません。
少し仕事の都合でアップ出来なくなりそうです。10日ぐらいしたら落ち着くかなと思います。
獲ればいいという球団の考えが出ているように思います。オファーしないという選択もあるのですが…。
左打者、投手、助っ人補強ならここですね。新しいコーチも来るので若い人を鍛えて欲しいです。

投稿: Taka | 2019年11月 1日 (金) 08時37分

私は、シーズン当初も同じような事を申しましたが、やはりそこに戦略があるかでございましょうか。

チームの現況は、確かに、先発が不足、有望な若手も今のところ少ない
。しかし、その穴埋めに齢30代半ば、且つ規定投球回数に到達したとは言え防御率4点台の美馬を使いたいとするその心は?
素人目には、ある程度結果が出始めている桜井、メルセデス、今村、高橋優らや、鍬原、高田、戸郷らを徹底的に鍛え上げて競わせる方が、地道で手はかかりますが長い目で見て有益で楽しみがある気がいたしす。そうすると、補強すべきは彼ら若手を花開かせ得る名伯楽たる投手コーチの方であるようにも思えます。

また、そこそこ人材はいますが二塁手を固定できていないのも事実。鈴木をそこに当てはめて2番または7番辺りで打線の繋ぎ役を担わせる、というのはあり得ましょう。
しかし、こちらも田中俊と山本泰を競わせるか、増田大の打撃を強化し1番・二塁での起用が可能になればリードオフマンの不在も解消でき一石二鳥。
ただし、所謂「スーパーサブ」としてなら鈴木は不要。内外野こなせ更に両打の若林に経験を積ませれば十分でありましょう。
ぜひ首脳陣に一考いただきたいものです。

FAはチーム強化に極めて有効な手段ですが、近年、森福、野上、陽など、失敗或いは今一つの例も目立ちます。
本当に巨人で力を発揮できるのか、編成部門に選手の力量を見極める眼力も求めるられましょう。また、補償で有望な若手や主力選手が流出するリスクも考慮せねばなりません。
私共素人が言う迄も無く、FA獲得には様々な要素が絡みます。しっかりとした戦略と厳格な目をもって検討いただきたいものです。

投稿: 翁 | 2019年11月 6日 (水) 00時32分

翁さん
お久しぶりです。コメントをいただけると、シーズンオフになったんだなと実感します。
FAに手を挙げるのがジャイアンツ、という監督のコメントがありましたが、誰でも獲ればいいという感じがしてそこはそうではないよなぁと感じます。獲りに行くのなら確実に計算出来る大物選手(小笠原・杉内・丸)、または補償の発生しないC契約の選手が良いと思います。
名前の挙がった投手の他に田口もいます。今の投手陣でローテ6人はある程度見えているので、ベテラン投手を獲るタイミングではありませんね。ただ、小谷さんが退団して投手担当の名伯楽が思いあたらないところです…。
出塁率の高い鈴木なら機能すると思いますが、どこで使いたいかでしょうね。様々な選手を経験させられたシーズンでしたが、二塁はやはり尚輝がベストでしょう。となるとレフトかサードでしょうね。新外国人が入りそうなところですが。

投稿: Taka | 2019年11月10日 (日) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最高の助っ人投手 | トップページ | 久々の雑記 »