« 2019年の終わりに | トップページ

2020年1月 1日 (水)

2020年の始まり

明けましておめでとうございます。

 

blogを開設したのが2006年元日ということで、今年15年目を迎えることとなりました。I am Giants.プロジェクトに惹かれて、その前に冷め気味だった熱が少し上がってきて開始しましたが、ここまで続くとは。また、その頃は数試合行ければ良いやという感覚でした。今の私を見る人はそう感じていないのは間違いないでしょう笑 何やかんやで人は変わるのだと今思いました。開設当時に所属していた選手はもう亀ちゃんだけということでチームも変わっていますが。

 

15年目を迎えて何か変わるかは分かりません。YouTuberになりますかね、嘘ですけど。クラウドファンディング募って143試合観戦…これも冗談、というかMAZDAやナゴド全部取れる自信ないし。話が逸れましたが、変化といえば去年からInstagram始めたことでしょうか。観戦時の写真はインスタメインで、読者さんからすると面倒かもしれませんが、編集作業してると記事のアップがさらに遅れるためご理解いただければと思います。という言い訳です笑

ちなみに、InstagramとTwitterはこちらです。

Instagram@diamond_hero_taka

Twitter@diamond_hero

 

ここでは変わらずに観戦して感じたことを残していければと思います。今年もお付き合いいただければ幸いです。今年もよろしくお願いいたします。

追記:シーズンの話はまた改めて

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 2019年の終わりに | トップページ

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末に書かれたように、坂本・丸・岡本という野手の軸がしっかりしていたことが、昨年の強みであったし、今年も強みであると思います。

野手がしっかりしていれば投手は育つと思っているので、投げる方についてはあまり心配していません。6回3点以下を達成できそうな先発の頭数はいるので、リリーフの厚みを増す事が大事だと思っています。左リリーフが最も手薄なので、田口の先発再転向については反対です。本人は先発やりたいでしようが。

ツイッターとインスタグラムですか。逃げてましたけど、Takaさんの情報が欲しいから、私も今年からやり始めますか・・・

投稿: 元大阪爺 | 2020年1月 4日 (土) 08時38分

元大阪爺さん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

軸の3人については年によって成績が大きく変動するということは無さそうなので大丈夫だろうと思っております。周りを固める選手のベースアップを琢朗コーチに期待します。

左のリリーフはたしかに不安ですね。高木と中川にかかる負担が大きくなってくるでしょうから。田口が後ろにまわったらまわったで去年みたいな連投がないとも言えず、難しいところです。

さっそくフォローいただきありがとうございます。私自身がInstagramやるとは全く思っていませんでしたが、やってみるとかなり反応があり、見ている人が多いんだなと実感しました。

投稿: Taka | 2020年1月 4日 (土) 09時49分

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
開設から15年継続されてることは凄いです。

前回の記事の内容になりますが、ターニングポイントとなった試合についてですが、個人的にはもう1つ9/10のDeNA戦があります。お互いチーム状況は良くなかったですが直近の直接対決では分が悪く、ローテも厳しい中でのクック-今永の対戦。どう考えても不利な1戦でDeNAペースで進む中、岡本が逆転の2ラン。その後も2打席連続がありましたが、天王山で相手エースを4番が打ち砕いたこの2ランが個人的に年間のベスト打席だと感じてます。

また日本シリーズで4連敗をしたことでセ、パの差やOBが苦言を言ってる記事が多かったですが、仮にシーズン2位でCS勝ち抜いて日本一になったとして昨年の結果とどちらが良いのかと考えると断然ペナントを取った方が上だと思います。

来年は筒香が去ったDeNAよりも菊池が残留して即戦力No1投手を取った広島が対抗馬だと思います。現戦力の底上げは勿論ですが、サンチェスとパーラ、2人の出来もカギを握ります。琢朗コーチによる影響も気になりますね。

投稿: てっちゃん | 2020年1月 7日 (火) 21時29分

てっちゃん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
細く長くこれからも続けていければと思います。
9/10の試合ですね。そこで1つ取れたのは大きかったです。丸が際どい球を選んで四球を取った直後のボールを捕らえましたね。
シリーズは地力の違いという声もありますが、グラシアルに火をつけたかどうかの差でもあったような気がします。ペナントを取れたことが第一、短期決戦は紙一重ですね。
広島はリリーフがどれだけ一年間いい状態で臨めるかでしょうね。どのチームにも言えることですがやはり後ろが安定しているチームが強くなります。
層は厚くなったものの、もう一歩という選手が揃う中で、琢朗コーチの教えで誰が伸びるか、楽しみです。

投稿: Taka | 2020年1月 8日 (水) 08時40分

遅くなりましたが、管理人さん本年も宜しくお願いします。
自主トレニュースが盛んに流れてますが、特に期待するような記事もあり、今シーズンへの楽しみが増える時期でもありますね。
ひと昔前はオフシーズンはスポーツ紙で贔屓球団の記事を読んで楽しんでましたが、最近はwebの記事量が増えたせいで、選手の考えも知ることが出来、楽しみが増えてます。
特にメジャー目標をはっきり口に出す新人選手も増えています。プロ野球に入ったことで満足せずに高みを望む。アスリートとして可能性を追求するのは当たり前なのでしょう。こうなるとちゃんと育ててくれる球団かどうかもこれからの指標になっていくと思います。育成から登録。本人の資質もあるでしょうが、きちんと育てられる環境、体勢があるかどうか。アマチュア選手達が、人気に左右されることなく、あの球団に入ればさらに可能性が広がりそうだと思わせる。そんな球団がこれからは選手達に求められる時期が来てると思います。我が贔屓球団もその先頭に立って欲しいですね。

投稿: ひーろーず | 2020年1月18日 (土) 05時33分

ひーろーずさん
公開遅くなりすみません。本年もよろしくお願いします。
入ったことに満足せず(入ること自体すごいことですが)さらに高い位置を目指せる環境と思われる球団になることで各選手が高め合えますね。
今年の選手の成長を楽しみに見たいと思います。そして、一丸となって日本一を手にして欲しいですね。

投稿: Taka | 2020年1月19日 (日) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年の終わりに | トップページ