« チケット | トップページ | DeNA(東京)◯10-5 四球と粘りで勝利 »

2021年3月26日 (金)

DeNA(東京)◯8x-7 まだ先は長い

Img_8058

終わってみればルーズヴェルトゲームだった。四球数、安打数ともに相手が上回ったことを考えると、良く勝てたなと。投手のコントロールの問題かもしれないけど、相手は去年までの四球拒否野球ではなさそうかな、という感想。これにソトとオースティンが絡んだらかなり厄介。

 

ヒーローは誰もが納得するサヨナラアーチの亀ちゃん。3ランの大城は初回に流れを断ち切る三振したり外中心の偏った配球して四球増やしたりで微妙なところでしょう。智之も最低限のQSだったのでこれもうーんという感じ。もし7-5で逃げ切った試合なら丸とウィーラーあたりが妥当かなと。

 

焦りがあったのかもしれないが、代走で飛び出した尚輝には大喝でしょう。もう1点取れるところだったのに相手にまだ行けると思わせてしまうプレー。レギュラーを取り戻すにはこういうことを無くさなければならないでしょう。

 

エースが3点取られ、ピンチに強い鍵谷が打たれ、クローザーも打たれながらもどうにかという感じ。他所も荒れ気味な中で安定した試合運びをしていたソフトバンクはさすがだなと。先はまだまだ長い。勝って気を引き締めなければなるまいという試合だった。

 

しかし俊太の6打点、さすがにもう見ることは無いだろうな。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« チケット | トップページ | DeNA(東京)◯10-5 四球と粘りで勝利 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
劇的なゲームといえば聞こえは良いですが、内容は反省点が多いですね。

1回の無死満塁から2三振、大城は取り返しましたが松原は印象悪く、明日はレフト若林かと思いきや尚輝があの走塁では・・・。

大城の外中心の配球は投手に窮屈さを感じさせましたが、確かにDeNAは昨年まで振ってる球をしっかり見極めていました。
これが智之用の対策かチームとしての方針かは分かりませんが、粘り強さを感じました。

俊太も2打点位までは温かい眼差しで見てましたが、これだけやられると「去年までにそれやってよ!」という感情が出てきました笑。

何とか亀さんに助けられましたが、明日の戸郷は頭部に打球が当たった影響が無いか少し心配です。

投稿: てっちゃん | 2021年3月27日 (土) 03時25分

てっちゃん
楽に勝たなければならない試合でしたが、苦しみましたね。
序盤で感じたのは宮﨑に対して併殺を取りたいところで外スラではなく内にツーシーム使えば良いのになぁと。待ち球の選手が多い中で俊太が早いカウントから仕掛けてましたが、開幕戦6打点の新記録を作るとは。2ヶ月ぐらいの好調期が今だったのかは後々に分かりますね。
戸郷は頭部裂傷や破裂(ゲンダイ風)もないし、大丈夫と思いたいです。

投稿: Taka | 2021年3月27日 (土) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チケット | トップページ | DeNA(東京)◯10-5 四球と粘りで勝利 »