« DeNA(東京)●0-1 チームの害悪 | トップページ | 広島(東京)◯4-0 完勝でも文句は尽きず »

2023年7月10日 (月)

誰でも出来る簡単なことからやるべきだ

2015年、驚異的な貧打で4連覇を逃し原辰徳第2次政権は10年で終了した。その時から文句を言っていたのが「四球拒否」だ。その3年後のオフ、2度と無いと思っていた原辰徳監督再就任が発表された。チームは2連覇を果たした。その2015年との違いは岡本和真が4番で固まっていた攻撃力もあるが、目玉は坂本勇人・丸佳浩の四球奪取力だった。かつての四球拒否という数字ではなくなっていた。坂本と丸が出塁しまくり岡本が返す、これが出来てチームは強くなっていた。丸佳浩の生涯IsoDは.103という驚異の数字。坂本勇人は若い時にその数字が低かったため生涯IsoDは.070という数字。ちなみに去年の数字は丸佳浩が.098で坂本勇人は.092と素晴らしい数字を残していた。ところが、異変が起きている。坂本勇人は.074、丸佳浩は何と.068に低下しているのだ。打率などを見ても衰えか?と最初は思う時もあったが、最近の打撃傾向を見るとそうではないことが分かる。そう、チームの指示が悪いから。丸神様が初球3度打ち凡退など今までは考えられなかった。その他にも3-0から打ったり3-1から形を崩しながら打ったり。チームの方針が悪いという疑問が確信に変わったのは昨日。6球三者凡退が2回、8球三者凡退が1回。7回の攻撃では岡本和真先頭四球のあと、ダブルプレーなしで4球チェンジ。野手が悪いんじゃない。指示が悪いからそうなるのだ。チームのIsoDを見たが何と.051!チーム打率最下位のヤクルトと出塁率は同じ。前年リーグ2位のIsoDが一気に5位に。一刻も早くあの四球拒否早打ち推奨打撃チーフコーチを更迭、もしくはチーム打撃を改めないと優勝は難しい。

 

んで、先ほど書いたが昨日の7回は全権スモール(笑)病と早打ち推奨デブのダブルコンボで最悪の攻撃となったわけだ。東克樹から同点弾を打ったことのある大城卓三にバントという指示が狂気。セリーグ2桁本塁打選手犠打数ベスト3は巨人勢独占。というかむしろ、巨人の選手しかいないのだ。

 

今からでも自分の考えが誤っていたと思い方針転換するしか方法はないのだ。簡単なこと。丸佳浩に四球を狙わせ、大城卓三にバントをさせない。これだけでも変わる。というか変えろ。いくら頑固な害悪2人でも最低限「普通」のことをやる義務がある。

 

明日からは床田ー森下ー野村と続く。痛いのは、床田・森下からアーチを唯一打っているレジェンドがいないということだ。今いるメンバーで床田から長打を打っているのは丸神様と正捕手様のみ。そして、森下から長打を打っているのは、グリフィン…。となるとやはり世界の岡本様と正捕手様頼みか。そういう状況なんだよ。誰かあの全権のスクリプト改造してくれねえかな。今は
if[ 岡本先頭出塁 -a ネクスト大城] ; then
バント
fi
って回路なんだろ。改造しろ。それか眠らせろ。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« DeNA(東京)●0-1 チームの害悪 | トップページ | 広島(東京)◯4-0 完勝でも文句は尽きず »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Taka様
よくわかりました。
当たり前のことを普通にやる。それが出来ないと厳しいですね。
残念ながら、あの人たちの思考回路が変わる期待は薄いですね。オールスターあたりで交代してほしいですが、それも無理。
変な指示で打撃が崩れたら、今シーズンだけでなく選手生命にも影響しかねないのでは? 選手も采配に疑問を感じながらプレーをして、チームが空中分解しないか心配です。

投稿: グー | 2023年7月11日 (火) 02時12分

グーさん
普通という表現は好きではありませんが、あえて使いました。完封負けしても「いい感じ」と言ってしまうコーチが打撃のチーフしてる時点でかなり疑問なんですけどね…。
丸あたりは真逆の打撃やらされているのでモロに生涯成績に影響するでしょう。自由にやらせれば元に戻ると思いますが。
選手は優勝目指して結果を残そうとプレーするだけなので多分タフですよ。そこは個人事業主でもあるので。

投稿: Taka | 2023年7月11日 (火) 07時31分

お疲れ様です。
なるほどですね。数字で見ると改めて害悪な存在ぶりが浮き上がりますね。
丸が最近らしくない打撃をしてたのでおかしいとは思ってました。
ボールを見ながらカウントを整え相手を苦しませながら甘い球を仕留めるというのが丸のスタイル。
坂本も3.4月は迷走し追い込まれてもマンぶりして四球も取れなくなってましたがこれではダメだと気付き自分で修正して良くなってきましたが。

早打ち推奨デブについては西武時代の「山賊打線の復興」こそが自分の存在意義にになりうる。そこに四球狙いなんていらない。ファーストストライクからフルスィング、追い込まれてからもフルスィングで結果早打ちフリースィンガー量産。選球し見逃し三振でもしようものなら次の日スタメン外されますからね。
丸も不調になって相談したところこの考えを刷り込まれたのでしょう。

もちろん見逃し三振嫌いの全権もこの考えに賛同。そこに自分が動いて勝つために後半左右病代打とスモールをひとつまみ。
ちなみに全権は健康診断では医者も驚くほど「ノーストレス」状態だそうです。ファン、コーチ、選手など周りがストレスにさらされてる中で。
突き抜けた独裁者は常人では理解できない考え方。プーチンなんかもこの精神状態だと思います。

投稿: てっちゃん | 2023年7月11日 (火) 11時59分

てっちゃん
球界屈指の選球出来る選手のIsoDを下げてチーム全体を下げるというまさに害悪です。私はサカマルオカクラスにコーチは口出ししないと思っておりましたが、そんなことはありませんでした。日曜の試合で明確になりましたね。
西武時代の成功体験なのかもしれませんが、当時は飛ぶボールでしたし、読みが外れると淡白になる試合はよくありました。中村剛也の育成と後藤武敏にきっかけを与えたぐらいでしょうか、実績は。最多安打を獲得させた片岡も結局はフリースインガー化しましたからね。
オープン戦で四球奪取力を見せていた中山礼都はシーズンに入り真逆に。そういえば本記事に書き忘れてましたが、以前にも書き今年何度もしつこく書くであろう対松葉6回56球は酷さの象徴です。尚輝や重信の見極め率は悪くないのですが、今の四球拒否早打ち推奨デブの下では能力が活かされないでしょう。
全権はもう末期のスモール(笑)病ですね。自分はやることをやった、その後決められない選手が悪いと思っているのでしょう。2桁アーチの選手に犠打をさせてるのは新庄と自分ぐらいと気付けば普通見直しそうなものですが、動いた自分の手柄にしたいから直りそうもないですね。

投稿: Taka | 2023年7月11日 (火) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DeNA(東京)●0-1 チームの害悪 | トップページ | 広島(東京)◯4-0 完勝でも文句は尽きず »