« 今年一の収穫 | トップページ | DeNA(横浜)◯4-2 邪魔にも負けずストロングポイントで勝利 »

2023年7月22日 (土)

優勝は時の運

昨日は遅くなり書けなかったが、今日からシーズン再開。一番気になるのは優勝の可能性だが、私は数パーセントと見ている。その理由は何度も書いたがチームの打撃方針にある。Twitterで触れたが、球界屈指の選球能力を持つ栗山巧の年度別成績を見た。すると、2008年だけIsoDが0.06を切っていた。片岡と最多安打を取ったシーズンだが、出塁率は.380程度。その他の年のIsoDは見事だった。その2008年の打撃コーチこそ…アレ。つまり今更待ち球選球方針に移るとは考えがたい。要はヒットが多く出れば勝てるかもしれない。出なければ負け。そしてタチが悪いのは一線級になるとしょうがないとなりがちなこと。投手は頑張っているが、かなり運要素の戦いになるだろう。優勝をもちろん願っているが、監督と打撃チーフコーチはもういいや。V逸なら当然だが優勝してもこの2人はもう勘弁。

 

報知かな?記事でここまで若手を使ってきたがここからは我慢せずに臨むと書かれていた。そしてスターターは7回120球を目指せと。現実はどうか。むしろ戸郷以外は我慢出来ずに変えそうに思える。そう、マシンガンし放題。そして信頼出来る投手を使うとなると、高梨カレンダーが出来そうなぐらい登板させられるのではないかと。山﨑伊織を8回ツーアウトで代えるような全権だ。むしろここからマシンガンになるのではないか。

 

丸神様の調整中に誰が出てくるか。上位が出塁しないと得点を多く望めない。上位に立つ選手の意識が大切だ。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 今年一の収穫 | トップページ | DeNA(横浜)◯4-2 邪魔にも負けずストロングポイントで勝利 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年一の収穫 | トップページ | DeNA(横浜)◯4-2 邪魔にも負けずストロングポイントで勝利 »