« ここからいかに勝てるか | トップページ | ヤクルト(東京)◯9-2 一歩前進 »

2023年8月 1日 (火)

ヤクルト(東京)●0-1 病とは

ネットニュースを見ると「バント病、左右病やってSNS見たら書かれてるやん」という某監督のコメントがあった。ホークスファンの皆さん、あのヒゲってそうなんですか(もうバラしてる)?これを見ちゃうと、あの老害全権のほうがもっと酷いんだぞ、と言ってさしあげたい。期待値の高い一番打者に二打席連続バント(笑)その後連打が出たからバント決めていたらというのは結果論。そもそも期待値の高い打順の選手にバントさせるということが矛盾してるのよ。吉川尚輝に不調の反動が来てたっていうときにね。そして、2桁アーチ放ってる選手にさすがにヒゲもバントさせないでしょう。巨人は4人も居るんだぞ?これが真のバント病なんだよ。そして左右病。ビハインドでも注ぎ込まれる高梨。2人を抑えてあと1人というところで交代の指示。その必要あるのか?高梨は右の被打率が低く、内山壮真は左の方が打てていない。そのデータをガン無視で無駄に多く投手を使う。これが真の左右病なんだよ。

 

んで、敗因は打線一択でしょう。早打ち四球拒否マヌケ打線ってのは変わってなかった、と。唯一四球を選んだのが8回1失点の力投を見せた智之というね。他の奴らは揃いも揃って何をしてるのか。俺は山野相手にマダックスも覚悟したが、相手が交代してきたのでそれは無くなった。山野ー内山壮真バッテリーに危うくマダックス、松葉6回56球に並ぶ汚点だね。てか木曜勝って待ち球がハマったってドヤ顔してたの何だったの?そして、夏場に打てるようにするためとアーリー何ちゃらで振らせまくった打撃チーフコーチはどう感じているのかな。試合が早く終わるアーリーワーク打線ってヤツですか?笑えないね。

 

このチームはホークスとは比べものにならないバント病と左右病持ちが監督して、早打ち四球拒否病の打撃チーフコーチがいるんです。ね?大変でしょう。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ここからいかに勝てるか | トップページ | ヤクルト(東京)◯9-2 一歩前進 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
4連勝でこれからって時に最悪な1敗。
最悪な早打ち打線に逆戻りですね。
山野は空振り取れる球は無いので追い込まれても焦らず選球やカットしていけば自滅してたと思いますが。

あの場面投手相手に四球を出して動揺を隠せなかった。解説も言ってましたが球が乱れてるところにバントは助けてしまうんですよね。現に尚輝の3球目までボールで普通に打たせたら四球の確率は高かったしストライクなら甘い球が来てたはず。ボール球にバントしにいった尚輝にも責任はありますが。
また一人新人投手の筆下ろしで育成してしまいました。
結局今日も采配で負けた1戦です。監督と打撃コーチは何もせず寝ててください。

昨日は支配下などの動きは無かったですね。名前が挙がってた候補者は今年1軍で戦力になるには厳しいと感じ無理にする必要は無いという判断ですかね。
今年は豊作みたいなのでドラフトで6人+空きの2人分で支配下で8名位取るかもしれませんね。

投稿: てっちゃん | 2023年8月 1日 (火) 22時04分

てっちゃん
今年はもう全権の最悪采配を想定して試合を見ているのでもう驚かなくなった自分がいます。投手に四球を出した時点でそこが捕らえどころと思うべきなのですが、点が入らないと全権はバント(笑)病を発症します。2桁アーチ放ってる選手4人にバント(笑)させるぐらいだからそりゃ尚輝を信用してないだろなと。
采配で負けたといえば、今年の東京ドーム中日戦は開幕戦のおかしな継投が無ければ全勝でしたし、GWのヤクルト戦もデータガン無視継投がなければスイープしてました。数え切れませんね。我々が願うべきことは全権監督と打撃チーフコーチの解任のみです。
今年は豊作なのですかね。いつもドラフトは寸前になってからデータを見てピックアップしていますが、どこを補強するかですね。今更新を休まれてる某ブログの管理人様は麒麟太郎を推してましたが、あの方の見る目ならそうすべきかなぁと思いました。大量指名も一つの選択、2017年を思い出します。あの時の指名で戦力になってるのって大城と岸田なんですよね…。眼力が問われます。

投稿: Taka | 2023年8月 1日 (火) 22時44分

Taka様
皮肉たっぷりの文面で思わず笑ってしまいますが、笑えない現状…。 現状打破にはフロントが本気になって人事刷新が第一なのでしょうが、今シーズンは無理でしょうねぇ。こんな悔しい思いをあといくつさせられるのでしょうか?(内心、秋の歓喜を望んではいますが)

投稿: グー | 2023年8月 2日 (水) 00時36分

グーさん
正直怒りの記事濃厚な試合でしたが、結局は大元をどうにかしないとだめなのだということなのだと思います。
以前書いたように歓喜になるのは運の要素が大きいです。今の早打ち四球拒否スタイルだと勝てるのはコースヒットが多くなることぐらいですから。
勝ってもツッコミどころだらけなので何試合になるやら…。本当に首脳陣が何もしないほうがマシです。

投稿: Taka | 2023年8月 2日 (水) 07時28分

中川の復帰などで、前半よりリリーフ投手陣が良くなってきた印象です。
後は、攻撃が一本調子のように感じられます。走者が出たら、何とか安打が出ないかなぁ・・・と、ベンチで神頼みをしているに留まっているような感じがします。例えば、より積極的に盗塁を仕掛けるとか、バスターエンドランを多用するなど、もう少し、攻撃のレパートリーを増やせないかと思っております。

一方、今季は、打順が変わりすぎている点も気になっております。
中心選手の不振や故障が、例年より多い印象で、首脳陣もやり繰りに苦労していると思います。しかし、やはり、打順によって役割も違ってくると思いますので、打順が変わりすぎると、選手も自分の役割が分からなくなったり、持ち味と役割の不一致で力が発揮できず、打線・攻撃全体として機能不全になっているのではないかと懸念しています。

また、覇権奪回のため、実績のあるベテランを重用しがちですが、2軍で結果を出している若手や中堅を、もっと積極的に起用してほしく願っております。
そうした選手の「勢い」は、チームに活力を与えます。秋広の活躍、移籍した石川の躍動などを見ると、こうしたことを痛感します。

覇権奪回は、チームにとってもファンにとっても悲願だと思いますが、恐縮ながら、正直、今の状況ではそれが厳しいように感じてしまいます。
首脳陣、選手とも、さらなる奮起を期待します。

投稿: 翁 | 2023年8月 2日 (水) 08時20分

翁さん
四球拒否という時点で結局運頼みの攻撃なんですよね…。脚力は弱点だと思います。一、三塁の形を作れれば少しは大好きなバントも減りそうですが。
打順コロコロに関しては同感です。思いつきでブリンソンやウォーカーを上位に入れたり丸は様々なところをやらされたりと。
一軍二軍の入れ替えも明確な基準がなく、石川のように上がらないままトレードということが起きたのでしょう。萩尾のお試し期間もあまりにも短く感じました。
選手はよくやっていると思いますので、トップを変えないと厳しいと捉えております。

投稿: Taka | 2023年8月 2日 (水) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここからいかに勝てるか | トップページ | ヤクルト(東京)◯9-2 一歩前進 »