« ヤクルト(東京)◯3x-2 ボンクラ監督を救う若手 | トップページ | 来年の陣容 »

2023年9月18日 (月)

ヤクルト(東京)◯4x-3 チームを救ったのは…そして予告

Img_7035Img_7088

ここまでもつれたのはまぁ今のチームの力というところかな。松井颯がしっかりバントを二塁でアウトにしていればここまでもつれなかったかもしれないし、全権がピンチを凌いだ今村を跨がせなければすんなり終わっていた可能性もある。あとは謎のキャッチャースイッチが無ければ。へいないとかいう新人にカバーしてもらうドラ1はなぁ。情けないと思わんと。

 

しかしまぁ、そんな試合だったことで、きたむらとますだが今年初めて働いた。延長12回裏に田口の初球を狙いツーベースという最高の形できたむらが出塁した。その後ダディがスリーバント失敗(ここで右投げ右打ちの小林を何故使わなかったのか。最善を尽くすべきだろう)。続く門脇はショートゴロだったがギリギリアウト判定。これに対してリクエスト。映像を見ると、オスナのグラブに入るまでに門脇の足がベースに着いているように見えた。映像はセーフっぽいが今日の球審は深谷死ねに一塁判定をしたのは津川死ね。こいつらは映像を見てもアウトと言いかねない。祈るような気持ちで見ていたら、セーフ判定。長岡の守備を上回る門脇の脚力に驚かされた。ワンアウト一塁二塁。ますだ、岡本、梶谷と続く。ますだが進塁打でも岡本との勝負を避けられるから出来ればヒット、または四球が欲しかったところ。3-2まで粘り四球もあるか、というところで外角のシュートに反応した。流し打ちの打球が前進守備の右中間を破るサヨナラヒットとなった。

 

同点弾の尚輝、2度にわたる勝ち越しツーベースのレジェンドはもちろんヒーロー。サヨナラ打のますだももちろん。そんな試合であえて挙げるならルーキーコンビ。へいないがピンチを作ったところで出てきたバサマ。岸田のクソキャッチングで進塁を許し村上との勝負を避けた。ここで赤羽を三振に仕留めると、最後はオスナをショートゴロに仕留める最高の仕事をした。そして門脇。あれがアウトならば田口の気も楽になったはずだが、セーフになったことで岡本に廻る危険が出てきた。並のランナーなら普通にアウトになるところをあれでセーフになるのか…とガッカリ来たはずだ。不甲斐ない中堅どころと行き当たりばったりの全権采配を救ったのは2人のルーキーだった。

 

CSに関してはなんとも言えない。逃せば全権の解任確定というのならひたすら4位を願うまで。では3位が難しいかというと、そうとも言い難い。以前は下位との対戦を残すDeNAに分があると書いたが、ここにきてヤクルトとチュニドラの差が1.5になった。この2チームの監督留任は決まっている。ということは、最下位は避けたいという思いも出てくる可能性がある。更には、今日のきたむらやますだのようなギリギリの選手が何とか残ろうとアピールする可能性もあるのだ。ヤクルト戦は残り1で、チュニドラ戦は2つ。そこは必勝して他の試合で頑張るようにして欲しい。と言っても当たるのはシーズン終わりだが。

 

火曜日はお休み。だが、ここで私が描く来年の布陣を載せてみたい。何時になるかは分からないが、お楽しみに。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ヤクルト(東京)◯3x-2 ボンクラ監督を救う若手 | トップページ | 来年の陣容 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

今日は長い試合で、現地での応援、いつも以上にお疲れ様です。

今日もトンチンカン采配を選手が救いましたね!

それにしても、鉄壁の守備は言わずもがな、今日の得点機に全て絡んでいる門脇って凄い!
改めてこんな良い選手、ドラフト4位で獲れたことにビックリです。
もう外す事が出来ない存在になりつつありますね。

今シーズン前、オーナーの「優勝は必達目標」発言は、どうなっているのでしょう。
V逸なら退陣と受け止めていましたが…。

Takaさんが描く来年の布陣、楽しみにしています♪

投稿: chocomama | 2023年9月18日 (月) 20時17分

chocomamaさん
いや〜長かったです。明日から仕事だというのに…。
そういや大城の送りバントもありましたね。そしていつもの通り無得点。采配でプラスになった面はゼロでした。
門脇は気付けば原監督の新人時代の猛打賞記録を抜きました。特筆すべきなのは200打数程度違いながらも抜いたことです。これはものすごいルーキーを獲得したかもしれませんね。
賛否両論はあると思いますが、今思ってることを書くつもりです。楽しみにしてください。

投稿: Taka | 2023年9月18日 (月) 20時59分

Takaさん今日もホントにお疲れ様です。延長12回まで行った時には引き分けかなと思いましたが
北村の長打でサヨナラの望みが湧き、岡田の失敗で無理かなと思った所で、門脇がまた魅せてくれましたね。増田大が決めたのは意外でしたが(失礼)
CSはファンとしては見たい気持ちもありますが
やはりそうなると来年も全権さんが指揮する可能性があるので…無しの方向で。
試合がない日まで更新ご苦労さまです。楽しみに
しております。

投稿: ヨマ | 2023年9月18日 (月) 21時18分

Taka様
お疲れ様です。12回土壇場でのサヨナラ勝利。いろいろ思うこともおありでしょうが、現地観戦での疲れも幾分癒えた?のではないでしょうか。 きたむらはいつだったか、四球を選んで勝利に貢献したこともありましたね。それは初仕事にカウントしてあげられますか?w
門脇選手の注目度がスゴいですね。はじめは打撃がさっぱりな感じでしたが、原さんの新人猛打賞記録を抜いたとは驚きです。(原さんて新人王でしたか?) このまま更なる成長を期待します! そして、中山さんにも負けじと奮起してほしい。やはり外野コンバートが適切でしょうか?

明日のブログも楽しみにしております!

投稿: グー | 2023年9月18日 (月) 21時42分

ヨマさん
先頭長打からサヨナラの機運が高まりましたね。その後魅せた門脇の俊足が相手に与えたダメージは大きかったと思います。ますだは惜しい当たりがありながらもツキがないことが多かったですが、今日は抜けました。良い1日になったことでしょう。
CS行こうが行くまいが全権は今年限り、と発表したほうが最後ぐらい良い思いさせてやろうと頑張る気はするんですけどね。
私が描く構想も、全権残留だとぐちゃぐちゃになります。新たなスタートとなって欲しいです。

投稿: Taka | 2023年9月18日 (月) 21時52分

グーさん
勝てたことが一番です。下位相手にはしっかり取らないとならないので。
きたむらの四球、失念してました^^;イトマサから選んで勝ちに繋げましたね。それに続く仕事です。ということはお膳立てに向いているかもしれません。
原さんは新人王、優勝、日本一とすごく良い思いをしてました。新人王は厳しいと思いますが、門脇の加入がチームを変えたと言っても良いかもしれません。彼の成長が私の描く来季構想につながりました。
中山もいずれ定位置を掴むべき選手と思っております。おそらくその方向になりますが、明日を楽しみにしてください。

投稿: Taka | 2023年9月18日 (月) 21時57分

増田大、いい働きをしました。また、勝ち投手になった船迫。経験を積むにつれ、ピッチングが安定してきた印象です。

チームが強くなるには、レギュラー陣の充実は当然ですが、増田大、船迫のような「サブ」的な選手達の働きも重要です。
かつての鈴木尚、古城、V9時代辺りの大昔までいくと内野手の上田武司、山本和夫(和雄)、外野手の原田治明(俊治)、投手なら鹿取元GM、現在の三澤C、青木Cの現役時代等々。
個人的には、若林をもっと上手く使えないかなと思案しています。内外野守れる俊足のスイッチヒッター。攻守とも色々な場面で使えるので、上手く起用できれば面白い選手なのですが。

近々公開されるという、Taka様の来季の構想は大変楽しみです。正直申し上げると、心は既に来シーズンに飛んでいます。
ファンとしては辛いことが多かったシーズンですが、秋広、門脇の活躍などの希望の光も見えたシーズンでもありました。
CS進出の可否に拘わらず、明日を見つめて声援を送っていきたいと思います。

投稿: 翁 | 2023年9月19日 (火) 07時41分

翁さん
門脇、中山がいることで出番はないだろうと思われた野手のサブ陣がアピールに成功しましたね。投手のサブとしてなら今村はかなり活躍出来るのではないかと思われます。船迫はある程度の役割を与えられることでしょう。
チームに終わりはなく、数年後を見据えることも必要となります。ひとまず来年の構想ですが、その先も意識しているつもりです。

投稿: Taka | 2023年9月19日 (火) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)◯3x-2 ボンクラ監督を救う若手 | トップページ | 来年の陣容 »