« DeNA(横浜)●0-1 貫いた結果 | トップページ | 熱男引退 »

2023年9月27日 (水)

過去のデータで見る四球の重要さ

出塁率を高める上で四球はマスト。セリーグだけだが2016年以降のデータを見ると、優勝チームの四球率は必ずトップ2に入っていた。分かりやすい例なら広島3連覇の頃を見ると良い。1番田中広輔のIsoDは.1以上、3番丸神様のIsoDは.09以上必ず記録していた。ちなみに2018年の丸神様はIsoD.162、出塁率.468と驚くべき数字を叩き出していた。上位が多く出塁すれば得点機会も増えるということだ。

 

さて、その丸神様。年度別成績を見て気づいたことがある。2019年から2022年まで広島時代と同様にIsoDは.09以上必ず記録していた。ところが、今年は.07と及第点に落ちてしまっている。衰えか、否、巨人に来てからも継続していただけにそれは考え難い。つまりチームの打撃方針に問題があるように思えてならない。

 

選球に定評のあるレジェンドと、勝負を避けられることで四球を稼いだ岡本和真を擁しながらも、チームのIsoDは.055。これを下回るチームはチュニドラのみ。近年上位2位を保っていたのが一気にワースト2位となったのだ。このままでは上には上がれない。

 

デーブ打撃チーフコーチの方針なのか、全権監督の方針なのかは分からないが、間違った野球をしていることに気付かなければならない。または、その気付きを与えられる監督、コーチにしなければならない。どちらが良いか。もちろん後者だ。何故なら、悪化させた人達に気付かせる術はないから。どちらかの解任はマスト。両方残ることがあってはならない。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« DeNA(横浜)●0-1 貫いた結果 | トップページ | 熱男引退 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさんお疲れ様です。大変参考になりました!
特にジャイアンツというチームは1発を打てる打者が揃っている為、四球を稼ぐだけで得点力が上がる=長打を打てる打者に犠打は必要なしが成り立つと思います。
四球の重要性に理解がある方となると投手、実績のある捕手、大打者ってトコですかね?
前にTakaさんが候補にしていた工藤さん、慎之助、ガッツ、由伸ですかね?由伸には前回ボロボロのチームをなかば無理やり押し付けられた経緯があるので今回有望株が多い今のチームで優勝してほしい願望が強いです。

投稿: ヨマ | 2023年9月27日 (水) 22時08分

ヨマさん
四球を稼げばそれだけ打数も増える、というところで広島では彼らの後を打つ鈴木誠也が4番として見事に育ったと思います。また、長打のある選手のところでランナーがいる時点で投手はプレッシャーを感じます。一発で複数失点のリスクが出てくるので。むかし落合さんが語ってたのは、阿部にバントのサインが出ると、あー助かるということでした。というわけで、大城にあれだけ犠打のサインを出すのもおかしな話です。
名前の挙がった3人の野手はいずれもIsoDが高いです。ガッツは年90四球稼いだこともあるんですよね。
由伸さんの前任時ですが、彼もスモールに走る印象を拭えません。その時はチュウさんの指示に従ってたのかもしれませんが、それが無くなればという感じです。
やっぱり、慎之助&橋上さんという安田学園ツートップが理想です。

投稿: Taka | 2023年9月27日 (水) 22時30分

思いつきですが
球団内申点は、四球を安打にカウントのプラス❶
明かなボール球の初球打ちを安打からマイナス❶
中学生でも納得して自身を見直すかも。
それ程までにボケ老人とデブコーチの罪は大きい
けれど、球団経営首脳のそれはより以上です。

投稿: しげ爺さん | 2023年9月28日 (木) 13時33分

しげ爺さん
良いのではないでしょうか。四球が見直されることを願います。
2015年から組織はおかしくなってたのかもしれませんね。堤とかいうインケツGM送り込んだり、野球のルールも把握していない山口がオーナーになったり。由伸監督時代のドラフトもフロント主導。疑問だらけです。

投稿: Taka | 2023年9月28日 (木) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DeNA(横浜)●0-1 貫いた結果 | トップページ | 熱男引退 »