« 首脳陣は大事よな | トップページ | ネタ球団が変わる »

2023年10月16日 (月)

「公表時期調整中」打撃コーチ

「村田修一」がトレンド入りしていたが、私の中でのトレンドは「公表時期調整中」よ。恐らく現役のコーチで過去に打撃コーチ経験のある村田が濃厚だろう、ということで検索されたのでしょう。二軍監督に就いた時に呼び寄せているだけに可能性は高そうだが、そうなるとニィさんと共に右打者になる。私が密かにあると思っていた漢・大道も右打者。左は誰だろう…となると思い浮かばない。すごいサプライズはあまり期待せず皆さんの予想通りになるような気もするが、一年で復帰なんてあるのかなぁ、なんて思ってみたり。

 

14日の練習中に杉内と話し込んでいる姿が映り「一軍コーチにするつもりか?いやいや、考えすぎ。今の三軍に関するヒアリングだろう」と思ったらまさか最初に思ったことが当たるとは。そしてこれは多くのファンが喜んでいると思う内海の復帰。左同士となってしまうが、来年は俊兄とテツのコンビで投手陣を運用していくこととなった。小吉さんは総合コーチとなったわけだが、スコアラー、バッテリーコーチ、ブルペンコーチと様々経験しているだけに、よりデータを活かすようになるのではないかなと。一軍バッテリーにサネ、二軍バッテリーコーチにカトケンが入り、2012年からの3連覇に貢献した捕手3人全員名を連ねることとなった。ファームは桑田総監督が監督に変わり、ピッチングコーチはぐっさん・寛ちゃん同級生コンビ。三軍にスコアラーだった野上と大幾がコーチとして加わった。巡回コーチの久保さんと「ぜ」ラス・ウィーラーはそのまま残ることとなった。特に久保さんが残ってくれたことにホッとしている。現役時代にチームに全くいなかったのは久保さんと安藤さんぐらいで、チームを知っているコーチ中心となったが、巨人しか知らないというコーチは少数で、だいたいどこかしらのチームを見てきている。それはプラスに作用するでしょう。風通しはかなり良くなりそうかな。

 

フェニックスリーグは韓国選抜相手なので参考記録。そりゃあ打つし抑える。育成一年目に楽しみな選手は多いけど、吉村ユーセフもその1人かな。ここまでは順調に来ていると思う。代木先輩に続けるか。

 

さて、パリーグのクライマックスシリーズは、無関係ながらも痺れる試合だった。3-0で誰もが決まりと思いきや、シーズン1アーチの藤岡同点3ラン、ツーアウト一塁から安田の右中間のあたりで岡ひろみ長躯生還サヨナラ。そして響き渡る谷保さん歓喜の声、すごい試合だった。澤村へのヘイトが一転、藤本、津森、嶺井に集まることに。髭監督はお祓いに行くか解任されたほうがいいかもしれんね。ZOZOマリンで2年連続投手が泣く展開になろうとは。

 

短期決戦は分からないね。思わぬドラマがそこにあった。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 首脳陣は大事よな | トップページ | ネタ球団が変わる »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさんお疲れ様です。首脳陣は割と思っていた通りの人選でしたね。入団時から知っている人が監督、コーチになるとは…歳を取ったなと思います(笑)
パ・リーグは凄い事になりましたね。1イニングで3点取って勝負ありかと思ったらノーアウトで3点返してそのままの勢いでサヨナラとは…野球の醍醐味でしたね。最強オリックス投手陣にこの勢いが続くか楽しみです。

投稿: ヨマ | 2023年10月16日 (月) 22時59分

ヨマさん
現役時代のプレーを見てきた選手が首脳陣に入るということで、改めて新時代の到来を今度こそ感じさせられます。勝てた時を知っている人達が入るのは心強いです。
3-0からひっくり返るなんて予想出来ませんでしたが、津森はロッテに相性良くなかったみたいですね。何故出したのか…データ活用しそうなチームなのに。。
面白くなるかは初戦の結果次第ですね。

投稿: Taka | 2023年10月16日 (月) 23時33分

今日もお疲れ様です。
来季のコーチ陣、やっと公表されましたね。
お友達内閣と揶揄する人はいますが、新監督がやりやすい人事が1番で、でもコーチが何も言えなかった今季の閉塞感あるベンチより、進言しやすい雰囲気だと思います。
ドラフトについてのスタッフ会議でも和気藹々と、奇譚のない意見が飛び交ったそうで、凄く良い感じではありませんか!
選手と首脳陣との信頼関係も盤石になりそうで、ワクワクします。
公表時期調整中という打撃コーチが発表されれば来季への期待もいよいよ高まりますね!
退任して早速、要らぬ事を言ったり、新監督を貶めている某元コーチは、妬ましさかミエミエで、浅はかな人間性が露見していますが、「人望のある」という特別顧問の人選は采配と共に、衰えてきた感が否めません。
フロント主導なのかどうか分かりませんが、来季の反撃を期待出来るに十分な面々だと思います!

投稿: chocomama | 2023年10月16日 (月) 23時42分

chocomamaさん
陣容を見ると、監督の要望がほぼ通ったのかなと感じられます。今年のように言うことを聞くコーチを並べていたのとは違い、多く意見を交わすことが出来るのではないでしょうか。まさに今日話に出たドラフトに関することが好例です。フロントと現場の一体感も大切なこと、この首脳陣なら選手もついていこうと思えるのではないでしょうか。
運でAクラスになっていたら、このような陣容は実現しなかったでしょう。時が来たという感じですね。
今揃っている戦力をいかに活かせるか、期待します。

投稿: Taka | 2023年10月17日 (火) 00時15分

新しく整った陣容で、来シーズンは強い巨人軍の復活をしてほしいと切に願っています。

ただ、コーチ陣の編成に“迷い”があるように見受けられます。
打撃コーチが後日公表になるのは、ちょっとわかりません。人選が難航しているのでしょうか。
それから、依然「チーフコーチ」なる役職があるのが気になります。同じ部門(例えば投手)のコーチ間の役割分担は、ヘッドコーチなり監督が割りふればよいわけで、チーフにどんな意味なり役割があるのでしょうか。
また、個人的にはコーチの起用の仕方に少し疑問があります。
1軍投手コーチの2人は、現役時代は左腕の先発の軸でした。感覚の違う右投手やリリーフ投手を上手く指導・起用できるのか。
2軍の橋本コーチ、3軍の古城コーチは、現役時代は走塁や守備がメインでした。それが打撃コーチで大丈夫か。
2軍は今シーズン優勝しましたが、安藤ヘッドはプロ経験がありません。今後もヘッドコーチとして機能していけるのか(プロとアマは違うので、本人に無理がいかないか心配です)。

個人的に気になる点はありますが、阿部ジャイアンツの躍進を期待します。

投稿: 翁 | 2023年10月17日 (火) 16時01分

翁さん
決まっているけれどポストシーズンを戦っているから公表出来ないという感じでしょうか。となるとムラタさんとなってしまいますが…それはそれで新鮮味があまりなく。。
チーフとつけることでどちらが強い権限があるのか明白になりますが、それは捉え方次第なのかなと。同じ左腕が投手コーチというのは私も気になりました。そしてそれは打撃コーチも然り。ムラタさんだと左のコーチがいないわけですからね。
到は今年も打撃コーチだったので同じ役割をお願いするということでしょう。安藤ヘッドに関しては、桑田さんがうまくやっていくしかないように思います。
不安要素は確かにありますが、原・デーブ体制に比べれば明るい未来ではないかと思います。期待しております。

投稿: Taka | 2023年10月17日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 首脳陣は大事よな | トップページ | ネタ球団が変わる »