« ファーム日本選手権 ソフトバンク(サンマリン)●5-6 4点差から負けた戦犯 | トップページ | ドラ1は内緒 »

2023年10月 8日 (日)

明日からフェニックスリーグ

フェニックスリーグの参加選手が発表された。以下の選手が宮崎行きとのこと。

 

◾️投手
田中千晴
直江大輔
堀田賢慎
小沼健太
井上温大
笠島尚樹
川嵜陽仁
木下幹也
田村朋輝
吉村優聖歩
森本哲星
ルシアーノ
伊藤優輔
ラモス

 

◾️野手
山瀬慎之助
喜多隆介
亀田啓太
湯浅大
中山礼都
菊田拡和
増田陸
中田歩夢
岡本大翔
萩尾匡也
岡田悠希
浅野翔吾
鈴木大和
笹原操希

 

 

若手の中に1人混ざってる社会人卒3年目の伊藤はTJから2年経ってどの程度ボールが走るかでしょう。来年開幕からの支配下入りとなれば、任されるところは見えてくる。笠島が入っているのは育成一年延長ということかな。やっぱり進学しておけば…とならないよう何かを残すことが大切でしょう。堀田はかなり危機感を抱かないとダメ。来年予想される右の三本柱に続くことが出来なくなる。楽しみなのは田村。京本がいないのは気になったが、来年支配下登録候補はこの2人だと思っている。

 

野手は思ったより少なかったかなと。秋広、相澤、ティマは入ってくると思っていたから。しばらく二遊間は空かないと思っているので、中山礼都にこの時期から外野をやらせるのも選択肢に入れたほうが良いのではないかと感じている。丸佳浩の後継候補として育ててもらいたい。増田陸はセカンド中心の起用となるでしょう。そこに岡本大が入れるかという感じかな。彼は育成一年延長が決まりなのでしょう。大型セカンドとして化けるかどうか。

 

さっそく明日からスタートするようだ。阪神は村上が調整登板。これは良い機会。一軍のボールをしっかり見てきてほしい。

 

鷲田さんのプロ野球亭日常を読んだ。ほぼまぁ納得の内容。チャンスで得点出来なかったことで迷走が始まったと感じていたんだなと。最後のページに書いてあったよう、主力に対してあえてスモールさせることで献身を求めていた。が、いつしか誰にでもやらせるようになり、単にランナーを塁に進めたいだけの作戦になってしまった、と。もっと違うやり方でアプローチ出来れば良かったのかもしれないが、それを持ち合わせていなかったのだろう。

 

大城の犠打王は最初で最後となるであろう。阿部新監督にまず期待するのは、序盤やストレート四球後に犠打をさせないこと。相手を楽にする作戦を取らないようにしてもらいたい。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ファーム日本選手権 ソフトバンク(サンマリン)●5-6 4点差から負けた戦犯 | トップページ | ドラ1は内緒 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさんお疲れ様です。来季この中から何人戦力になるのか楽しみですね。しかも村上と対戦は貴重ですね。タイガースのローテ投手相手にどれだけ出来るか、相手は調整かも知れないですが自分の力を試して欲しい所ですね。
仰る通り来季は相手に楽させる野球ではなく1イニングで決める位の野球をして欲しいです。ジャイアンツはそれが出来るチームだと思うんで。

投稿: ヨマ | 2023年10月 8日 (日) 22時39分

ヨマさん
そうですね、千晴はもう計算してるので、投手は直江、井上、伊藤、田村、外国人が入ってきてくれればと思います。
野手は山瀬、陸、礼都、浅野翔吾でしょう。
全権が掲げていた役割野球というのも実は大切だと思います。左投手には右打者というデータガン無視の役割(笑)ではなく、上位はとにかく出塁すること、下位はとにかく球数を投げさせることですね。四球数を増やしてあとはホームラン待ち、それが戦い方だと思います。

投稿: Taka | 2023年10月 8日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファーム日本選手権 ソフトバンク(サンマリン)●5-6 4点差から負けた戦犯 | トップページ | ドラ1は内緒 »