« 久々のG球 | トップページ | 守りのスペシャリスト »

2023年11月 6日 (月)

早くも決まったトレード

采配が起因で負けた数=勝てた数というのは当てはまらないわけで、そんなことも分からないのかと。で、カウントした数は以前の記事通り。そのうち何試合かをモノに出来れば貯金数も違ったということ。異を唱えるならその時に言やぁいいのに。ま、いっか。

 

アダム・ウォーカーのトレード先は後出しになるが予想通り。理由は、ソフトバンクの外国人選手が機能していないのに大金だけ飛んで行き、次は失敗出来ない、ということでしょう。そこでNPBで実績のあるウォーカーがベストだろうと。ガルビスやアなんちゃらで損した分を取り戻すにはそれしかなかった。しかしガルビスってMLB20アーチ記録した年でもOPS.700届いてないんだな…。

 

ウォーカーにとって、打撃に専念出来る良いトレードのように思う。パワーは間違いない。あとはコンタクト率をどれだけ高められるか。仲の良いポランコとタイトル争いをしてもらいたい。

 

巨人に加入するのは高橋礼と泉圭輔。高橋礼は先日のファーム選手権を見ると大丈夫か?という気しかしない。しかもアンダースローの鬼門東京ドームがホーム。与座だけは例外だったが。久保コーチと再会することでかつての輝きを取り戻せるか。泉が巨人ファンというのは知っていたので、彼が来てくれるのは嬉しい。彼は去年、ZOZOマリンで悔しい思いをした。山口に対する一球で優勝がこぼれ落ちた時のショックは私たちの想像以上だったことだろう。彼はそれを乗り越えなければならない。さらに環境が変わり憧れのチームに来たことでモチベーションを上げてもらえれば。ちなみに先日のファーム選手権では彼が勝ち投手となった。フェニックスで千晴にスターターをやらせているが、転向ということになれば一つ枠が空く。そこに泉がハマることになるかもしれない。

 

FA候補は今の補強ポイントと一致しない。欲しいのは右のパワーピッチャーかつリリーバー。そこはトレードかFAの人的補償か、現ドラということとなるか。現ドラ候補は前日にお知らせします。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 久々のG球 | トップページ | 守りのスペシャリスト »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさんお疲れ様です。大変ですね。ちゃんと計算の元出した結論に難癖つけられるのも。そしてそんなヤツをスルーせず相手するのも。
ウォーカーのトレード先がSBというのも少し驚きました。しかも2対1で高橋礼はともかく泉を出すとは…現役ドラフトの駒としても充分な選手だと思うんで。巨人ファンの泉には存分に力を発揮して欲しいですね。高橋礼も日シリでジャイアンツをヤキモキさせた頃に戻ってくれれば厚みがましますね。

投稿: ヨマ | 2023年11月 6日 (月) 22時07分

ヨマさん
シーズン一行振り返りをやって算出された結果ですからねぇ。コメント返信は全然大変ではないです。2012日シリ5戦目後は40件近いコメントに対処しましたが(^^;
ガルビスのギャラが大して高くなければ他チームの選手狙いにはならなかったと思います。海外スカウトを信頼していないのかもしれません。
2人ともまだ終わるには早い投手、特にG党泉には期待しております。

投稿: Taka | 2023年11月 6日 (月) 22時55分

お疲れ様です。
早速動きがありましたね。以前から熱望してたウォーカーのパの投手とのトレードがこのタイミングであるとは。
欲を言えばもう少し計算ができる投手が良かったですが、泉と高橋は今年はともかく実績や年齢で考えると悪くないと思います。バンク産は化ける可能性があるし2人とも久保コーチと関わり合いがあるのは大きいですね。特に泉は上手投げという事で久保矯正が効くと思い、補強ポイントの右のパワーピッチャーですからね。

報知プロ野球チャンネルによると慎之助は「センターは日本人」と言ってたとか。そうなるとブリも今年までの可能性は高いですね。今は外国人は投手だけでいいと思います。

FAでリリーバーとして可能性があるのが右では無いですが1人。在籍球団の条件面が微妙な額で、もしかしたらという感じですが彼が戻れば戦力UPは間違い無し。クローザー固定の条件だと大勢がいるので交渉は難しくなるかもしれませんが。
阪神のリリーフ防御率を見ると大勢、中川が揃ってもまだまだ差が大きいのでとことん補強してほしいです。

投稿: てっちゃん | 2023年11月 7日 (火) 14時23分

てっちゃん
思った以上に早く決まりましたね。ソフバン投手陣見ましたが計算出来る中継ぎとなると、マタキチ、オーツ麦、松本ぐらいとなりますが、甲斐野、藤井含めてその辺りは出せないのだろうなと。津森は幕張の悲劇のイメージが…それを言うと泉もそうなりますが。顔枠で板東きゅんでも、なんて言ったらバチが当たりますかね。
泉の今年マックスは151km/hですが、中継ぎならもう少し欲しいところです。久保コーチにかかってると言えるかもしれません。
外国人の自由契約が発表されておりませんが、その構想を聞く限りブリンソンはリリースでしょうね。育成ではなく支配下の右投手が欲しいところです。
戻れば、という言葉で誰だか分かりました。本人はなんか匂わせコメントしてますが、残留の前フリのような気がしてます。戻れば大きいですが人的補償がネックでしょうか。
トレードや現ドラでもそこに絞ることは出来ます。運良くそういう選手に巡り合うことを願うのみです。

投稿: Taka | 2023年11月 7日 (火) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々のG球 | トップページ | 守りのスペシャリスト »