« 四球数増へ | トップページ | 草薙に集うレジェンズ »

2023年11月10日 (金)

初の実戦とマスゴミ

楽しみにしていた初の実戦はこっそりAbemaで視聴。まずまずという感想。赤星から陸、菊田の連打でチャンスを作り、萩尾のセンター前ヒットで先制してその1点を守り切った。赤星の内容が悪かったわけではなく、インコースを使えていない印象だった。そこを使えれば彼なら抑えられる。萩尾タイムリー後に尚輝を三振に仕留めたが、あそこで手が出てしまうのは尚輝の今後の課題。

 

松井颯はそこそこ単打を浴びたが初回のマキゲき助けられた感じ。秋広と門脇に打たれたのはどうぞどうぞ、と。松井も堀田もまずまずの出来。最終回に直江がピンチを迎えたが立岡が好捕で終了。

 

さて、GG賞が発表されたわけだが、ふざけるな、と。選ばれなかったのは受け容れるとしよう。だが、捕手の2位が中村悠平、二塁手の2位が菊池涼介って、ボンクラ記者どもはデータというものを知らんのかね。先日掲載したSIS社のデータでは大城と尚輝が1位。DELTAでは尚輝が1位。そう、この2人が2位にも入らないって時点で、私達は野球見る目ありません、って証明しているようなものなの。また、おかしなのは何人かたまにいるが、三塁柴田とか外野佐野恵太とかに入れてるマヌケなんて資格剥奪すべきだろ。質が低過ぎる。

 

そしてデイリー新潮のマヌケ記者。去年調査をしただけで取らなかったら不人気扱い。バカだねえ。獲りたい選手いないのに手を出しても仕方ないじゃない。そして笑えるのが、「豊作とされる今オフのFA市場」マジで目か脳が腐ってるんじゃないかと。

 

マスコミは大事に、とは思うものの、著名人がマスゴミって言ったりするのはこういう輩が原因なんだろうな。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 四球数増へ | トップページ | 草薙に集うレジェンズ »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさんお疲れ様です。阿部ジャイアンツ初陣勝利しかも完封良かったんじゃないでしょうか。
赤星も秋広も門脇も良かったと思います。
マスゴミ問題はどうしょうもないですね。ゴールデングラブはホントに見る目がないというか見えてない、もしくは見てない可能性まである結果ですね。佐野に投票とか悪ふざけとしか思えません。FAも取りに行けば強奪というクセに…両面待ちの姿勢に腹が立ちますね。不人気球団と言うなら触れるな触るなって感じます。

投稿: ヨマ | 2023年11月10日 (金) 21時07分

ヨマさん
若き代表相手に良い結果となったと思います。それぞれに収穫があったので有難いですね。
今年の尚輝で選ばれないのなら、本当にGG賞って価値がないなと思います。佐野恵太に投票するようなのがいるなら、もう記者名も出したほうが良いように思います。
巨人で稼ごうとする記者の割には本当にレベルの低い記事でした。手を出したら出したで懲りずにとか書くのでしょうね。

投稿: Taka | 2023年11月10日 (金) 21時13分

Takaさん、お疲れ様です。今日の練習試合はGTVで観ていました。初めての対外試合、勝てて幸先良かったですね。
GG賞ですが、毎度のことながら選ぶ記者の好み、印象、忖度もありで、せめて無記名投票は止めてほしいですね。阪神のは優勝補正ですかね?
来年は、内野は固定の方針だとかで、堅い守りで期待しましょう!
まだ何も始まっていない時点で、憶測だらけの記事を出す3流マスゴミは無視して、応援します!

投稿: chocomama | 2023年11月10日 (金) 22時20分

chocomamaさん
オフィスのPCだとログイン履歴残りそうなのでAbemaにしました。やはり投手が安定すると負けないですね。
阪神の二遊間は優勝補正と見ていいでしょう。指標で上回る尚輝と長岡が弾かれるのは違うかなぁと感じました。ふざけた目をしている記者から仕事を奪いたいものです。
来年は本当に固い内野陣を見られそうです。ゴロを打たせるようにすればカチカチでしょうね。
本当に憶測だけなんですよね。あったま悪いなぁと思って記事を読んでました。まあ今FAで何としても欲しい選手はいないので外国人ガチャに期待します。

投稿: Taka | 2023年11月10日 (金) 23時43分

お疲れ様です。
松井、堀田、直江。来年勝負の年ですね。先発という拘りよりも1軍で投げるという拘りを持ってほしい。1軍で自分の居場所を掴んでほしいです。

GG賞の選考員は変わりそうもないので「記者が選ぶお気に入り選手ベストナイン」に改名したらどうでしょうか。ろくに試合も見てなさそうな貴社風情がプロとして影響力ある賞を評価するなんておこがましいにも程がある。一生懸命やっている選手に対して失礼です。

補強面では近藤も取り一気に右中継ぎの層が厚くなりました。3人ともどうなるかは分かりませんが、こういう動きをすることが大切です。ドラフト時に右中継ぎがいないのが気がかりでしたが納得しました。

ドラフトといえば選手を改めて動画や情報を見ましたがどんどんポジれてきました。
1位西舘は語るまでも無いので高掴み感があった2位以下で個人的な考察です。

2位森田・・・左右の打者にインコースをがんがん投げられてるのが好印象。変化球は精度はもう一つながらもキレがあり緩急も使える。186cm、ツーシーム、チェンジ、カーブあり、北陸出身となると内海との相性も高そうで二世になってほしい。他チームが下位で狙ってた様な情報もありますが、左の完成度では高や滝田より上なので年齢考慮しても3位では取れなかったかもしれないのでは。どちらかというと先発タイプそうなのでまずメンデス、横川、井上との比較、勝負に負ければ中継ぎ、勝てばローテも見えてきます。

3位佐々木・・・脚力はもちろん肩も強いとの事で守備力に一定の評価があり。ライトは問題なさそうですがセンターとしての守備力がどうか。打撃面での情報で70打席位ですが度会とほぼ同じ様な成績(330、1本)だったのはポジ要素。スペックも似てて長打力は度会のがありますが守備力は佐々木のが少し上では?と考えると3位というのは納得。
 
4位泉口・・・守備力に定評がありショートもしっかり守れそう。2.3塁も含めた守備固め要員からスタートが濃厚。まずはバックアップで中山がライバルになると思いますが彼が入ることで中山を二軍での打席にもっと立たせることが可能。
今年は中山が2軍で打撃調整したくとも湯浅も怪我がち、他の中堅ではショートは危ないのでバックアッパー役を担いましたがもう少し大きく育てるために打席数は必要です。Takaさん推薦の外野コンバートの可能性も探れますし。4位でどこかが狙ってたという情報も見ましたが高卒ショート取った阪神だった可能性も感じます。

5位又木・・・状況により3位も考えてたという話もあり、単に余ってた左を取ったのとは違うと安心。センター側の動画も見ましたが直球、変化球もキレがありリリーフ適正がありそう。中継ぎ一本で勝負になると思うのでまずはノブとの争いでビハインド、ロング、便利屋的なところから徐々に段階UPできれば。

即戦力ゆえロマンは薄いですが、今年同様来年全員が1軍デビューは充分ありえると思います。新人選手が翌年見られるのは楽しいですからね。

投稿: てっちゃん | 2023年11月11日 (土) 12時59分

てっちゃん
阿部監督は今の先発をリリーフに回すことはないと語っていましたが、一軍の話でしょうね。競争から違う働きどころでも活躍する場を見つければ先に生きると思います。西舘が入り火がついたのはその3人でしょう。自分が引っ張るつもりで臨んで欲しいですね。
佐野や柴田に票を入れるボンクラがいる以上、評価基準をもうDELTA社のデータ参考にしても良いと思います。見る目のない記者に依頼する必要もなくなりますし、しっかりとデータに基づく賞となり皆が納得出来そうな気がします。
スカウトから見て右の即戦力となりうるリリーバーはいないと見たのかもしれません。しかし編成はしっかりウィークポイントを把握しており、その結果3人取れたのだと思います。
森田の年齢、役割は完全に優貴と被りますが、左腕の枠に割って入れるとみたのでしょう。即ローテに入るという気持ちで臨んで欲しいです。
守備力があれば、佐々木が2位以下の中では出番がすぐに訪れそうな気がしています。そしてどれだけ走れるかですね。
泉口はバックアップ要員ですかね。湯浅との比較になりそうですが、守備力が高ければ入り込めそうです。その場合は礼都は打でアピールするのみとなります。
又木は岸さんが担当だけに期待します。左は高梨、大江、バルディ、今村と揃っており、ここに入れば厚くなります。
彼らに加え、刺激を与えられる選手の奮起にも期待しております。

投稿: Taka | 2023年11月11日 (土) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四球数増へ | トップページ | 草薙に集うレジェンズ »