« 先発7人制に思うこと | トップページ | 初の対外試合 »

2024年2月17日 (土)

外野・5番の行方

監督就任当初、5番には何でもこなせる人を置きたい、と語っていた慎之助。最近のインタビューでは5番の最有力候補に丸神様を挙げていた。そして今日高橋礼からアーチ。慎之助からアドバイスを受けてそこに取り組んでいる最中とのこと。今朝の報知では、打撃のデータでチップフライが多くなっていたことで変えようとなったようだ。練習後のインタビューでそんなに簡単なことではないと語っていたよう、今作り上げているところだろう。

 

5番に丸が入ると秋広はどうなるのという問題もある。丸をライトにすることで解決、となるかもしれないが、ルーギーことオドーアもいる。少し打撃練習を見たが、形をしっかり持っているように感じた。そして力任せではない自分のスイング。ボール球をいかに我慢出来るかがキーだと思う。全員打った時にどうなるかだなぁ。ルーギー内野の可能性も否定出来ない。嬉しい悩みとなるのだろうが。

 

去年ウォーカーの応援歌にボウカーの応援歌が使われたことは過去の応援歌を流用しなかった応援団の大きな変化だったが、何と亀井専用コールが尚輝に使われることになった。13年間やっててそのコールに慣れている私は戸惑うかもしれない。間違ってかめーい、と言うかも。この流れだと復活が望まれてる矢野謙次応援歌、あるか。チャンテにして、やーのけーんじ、のところを、ジャーイアーンツにするのもありか。タイプ的には陸がハマるんだけど既に個人応援歌あるからなぁ。

 

小園・森木・風間がドラ1となった世代で、この3人はまだ出てこない。野手は広島の田村が出てきそうだが。この世代にいるのが京本眞。彼が評価の高かった投手たちを追い抜くというサクセスストーリーの実現はなるか。チームでは代木大和が真っ先に一軍デビューしたが、評価の逆転する年になるかもしれない。

 

明日練習試合を行うサムスンは何と日本ハム相手に7死球。それでもなお内角を求めるおかしなチームのようだ。2つぶつけられたあたりで何かしらのアクションが必要そうだ。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 先発7人制に思うこと | トップページ | 初の対外試合 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさんお疲れ様です。この間、野手で1番の被害者は大城とコメントしましたが、2番目は丸神様なのではないでしょうか?ブリンソンというプロとしてあり得ないミスや怠慢を繰り返した助っ人との併用で調子を崩し、調子が悪くとも選べる丸神様にミノサン大嫌い元全権さんの采配で完全に負のスパイラルに落ちたように思います。
しかし阿部監督はミノサンOKというスタンスなので丸神様は本領発揮出来るんじゃないでしょうか。ライトもまだ慣れてないオドーアより丸神様のが安心して見れる感はありますね。
オドーアはチュウさんもメジャーリーガーのマン振りでなくTakaさんに近い事を言ってました。そしてコレもTakaさんと同じで足を高く上げるので低目の見極めと変化球に釣られない事が出来れば数字は残せると…。そうなると尚輝次第では本職のセカンドもあるかも知れないですね。

矢野謙次の応援歌の復活は大歓迎ですね。確かに増田陸はイメージに合ってますね。次となると右打者で外野で熱男継承の浅野はどうですかね?

ジャイアンツは結構世代最高を塗り変える事をしてるんですよね。京本もそうなって欲しいですし、なると思いたいです。

この時期にそんなチームとの練習試合はカンベンですね。主力はまだでしょうが、期待の若手達が
そんな形でケガで離脱とか見たく無いですね。

投稿: ヨマ | 2024年2月17日 (土) 21時45分

ヨマさん
丸神様のIsoDが著しく低下したのは間違いなく原・デーブ体制によるものでしょうね。打者の特性を理解せず、四球を評価しないチームで持ち味を殺された気がします。去年競争と言いつつも慎之助は丸の力を理解していると思います。四球奪取力を活かすなら上位での起用が望ましいですが、そこは今後の上位出塁率を見たとなるでしょうね。
ルーギーの練習を見ると、本当に低打率だったの?という感じました。屋外での打席を見たいですね。実際の飛距離や音はどのぐらいのものなのか。二塁も三塁も経験があるので、内野手を休ませるときに任されるかもしれません。
浅野翔吾の応援歌として使われる可能性はありますね。岡本さんも2年目で作られましたし、彼の応援歌が出来るのは濃厚として、発表を待ちたいです。
堀田賢慎がドラ1となった4年後に西舘勇陽が指名され、今は西舘に対する評価が上回っています。昔に遡れば、かなり多くの選手がいた83年組は真田、野間口、福田と3人の1位がいましたが、一番結果を残したのは育成の山口鉄也でした。なので本人次第なのでしょうね。夢を掴んで欲しいです。
明日は無事に終わること、それだけを願っております。

投稿: Taka | 2024年2月17日 (土) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先発7人制に思うこと | トップページ | 初の対外試合 »