« 今後のスタンス | トップページ | 外野・5番の行方 »

2024年2月16日 (金)

先発7人制に思うこと

オドーアがいつの間にか来日して不思議な髪型を披露して、報知では様々なことが書いてあった今日。クレドって何ぞやと思ったが、めっちゃ経営の言葉じゃん。大学で何を学んだんだ私は…。理念を皆に伝えるのはあることだろうが、こういう手法は初めてか。

 

今日気になった記事は、先発ローテ7人制について。これはメリットとデメリットがあり、どちらが良いか評価の分かれるところだと思う。どのように7人まわしていくのかもまだ分からないが…。まぁ、5人制にされるよりは遥かにマシなのは言うまでもない。

 

メリットは、スターターの負担軽減、柔軟な運用が可能というところか。智之のようなベテランを一回お休みということも出来て、戻った時には少し下降気味になった投手と代われば良い。デメリットは、これはどう回すか次第だが、先発登板数が減る可能性があること。あとは慣れない登板間隔により、調整の仕方に戸惑うことがあるかもしれない。

 

どちらが絶対に良いと言えないのが難しいところ。しかし、この方向性ならスターターには7回まで投げ切ることが求められる。勿論球数を見た上での判断になるが、7回105球ぐらいがノルマとなるか。今の投手は昔に比べ球速も出ているし負担も高いだろう。何がなんでも完投という考えは捨てていいかもしれない。勿論無理のない球数での完投なら大歓迎。

 

今年の充実している投手陣なら役目を果たしてくれるだろう。リリーフも1イニング投げ切らせる方針だし、去年のようなマシンガン継投や癇癪交代が無くなれば優勝に近づくだろう。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 今後のスタンス | トップページ | 外野・5番の行方 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

Takaさんお疲れ様です。こういう所にも新風が吹いてるんですね。持ち運びやすいようにサイズも考えられていてチーム方針を女子やU15まで共有するとは…改革が良い方向に行くと良いですね。

7人制は確かに良し悪しはありますね。特にタイトルを狙える投手達は複雑な思いもあるかも知れません。ただ阿部監督はある程度固定する投手を作って他で回して行くと思いたいです。
リリーフも789は基本的に固定したいようですし、
疲れが見えたらリリーフもローテーションする柔軟な考えがあるようなのでこれまた大丈夫だと思いたいです。
ホントに去年ベンチであの惨劇を知っている監督なのでマシンガンや癇癪交代はして欲しく無いですね。

投稿: ヨマ | 2024年2月16日 (金) 21時58分

ヨマさん
中大の先輩に影響を受けて行動に移したようです。経営者の考えを取り入れて改革がうまくいけばと思います。
先発登板数が減るとイニングや三振を稼げなくなりますからね。タイトル争いには響くと思います。しかし彼らの能力なら規定投球回は余裕かなとも思います。
今年の運用は監督か杉内投手チーフコーチがやるのかは不明ですが、去年のような行き当たりばったり思いつき継投は避けて欲しいものです。序盤から高梨の使い方とか無茶苦茶でしたから…。お世話になった2人の現役時代の番号である8と3を受け継いだわけですが、投手運用は反面教師としてもらいたいです。

投稿: Taka | 2024年2月16日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今後のスタンス | トップページ | 外野・5番の行方 »