2019年5月20日 (月)

中日(ナゴヤ)●4-5 惜敗

Img_8405

今のチーム状況見たらスイープしなきゃならない相手だけど、どういうオーダー組んだら点の取れる確率が高まるか気付いちゃった。山口の出来よりもそこが誤算だったかなと。溝脇が選球も長打もあるのかは1試合見ただけじゃ、知らない(一昨年プロ初アーチを打ったのは知ってるが)。そして2番に長打のある福田を置くことで効率良く点を取ろうというのは見えていた。福田に長打はなかったが、相手のオーダー組み替えは当たったかと。

 

敗因は様々だが、1番痛かったのはビシエドに2点タイムリー打たれる前の大島に対する死球だったのではないか。バッテリー優位のカウントからまさかの死球だった。打球運続きなら仕方ないと割り切れるが、四死球はもったいない。4点目取られたところの堂上に対する配球は気になったが、それよりは今日は山口が試合を作れなかった、ということでしょう。

 

同点、勝ち越しもあるかもしれない、そんな雰囲気を感じられたが最後は岡本が最悪の併殺打。これはまぁ糧としてもらうしかないでしょう。彼の前に坂本と丸がいる限り、こういう場面は何度も訪れる。その時にどれだけ稼げるか。今日は悔しんで、その後切り替えまたやるしかないでしょう。

 

大城の大きなアーチが出た直後にヤスを替えたのは、理解はしつつも、という考えを持つ方が多かったのではないかと。慎之助の使いどころがなかったからなのだろうが、あそこは1番を任せてるヤスでそのまま行って欲しい思いもあった。そのまま打たせて結果はどうなったか分からないが、変えないでほしかったと思えるぐらいの選手になった、ということでしょう。尚輝のいない間のセカンドはもうこれで決まったのではないか。

 

この週を2勝3敗で終えた。右のスターター2人で勝てていないためなかなか上がってこない。そこで勝てるようにしたいところ。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2019年5月18日 (土)

中日(ナゴヤ)◯5-1 合う捕手と組んだ結果

Img_8357

スタメン捕手を見て、これは行けるかな、と思って見ていたら、サックサクだった。ね?言った通りでしょう。力を発揮出来る女房役と組んだらC.C.はこうなるんだって。二回のピンチは本当は周平三球三振だったのを審判が余計なことしたため。それがなければ8回も投げていただろう。7回を投げて1四球。本当にコントロールが良く安心して見ていられた。

 

攻撃はゲレーロの2ランで先制。3回はヤスの先頭死球の後、坂本が選んだ。この形を作れたことで丸のタイムリーツーベース、岡本のタイムリー、亀井の併殺打による1点、計3点を追加出来た。その後チャンスがありつつ点を取れなかったが、今日のC.C.ならあれで十分。

 

相手の戦い方は大丈夫なのか、と感じるところがあった。C.C.の球数が少ない時にもかかわらず9番投手が初球凡退、5失点の投手をそのままにして捕手だけ交代。これはどうなのだろうと。ああいうことをしている状態の相手なら、勝たなければならないよなと。

 

カード勝ち越しは決めたが、一週間の成績はプラマイゼロ。明日勝ち越しを決めて一週間を終えて欲しい。

 

ヒーローインタビュー後にレフト方向に少し歩いて、手を振ってくれたC.C.に感謝。ナイスピッチングでした。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2019年5月12日 (日)

ヤクルト(東京)●1-4 まさかの負け越し

だからねぇ、リードオフの適任は一人、って言ってるじゃん。そういうことよ。四球奪取能力のある選手を中途半端な位置に据えて、打順の巡りのせいで2打席で代えちゃってねえ。そしてその結果、4回ワンアウトからとんでもないものを見た。8番捕手が初球フライ→交代して出た選手が初球フライチェンジ→5回裏1番打者が初球フライ…こういうことをやっちゃうのよ?高梨の球数は多く、より投げさせて5回に一気に、というところで、この何にも考えてない3人の打席で相手を助けることになってしまった。それぞれに自分の打順だったり打力だったり、考えてやってたらこういうことは起きないはずなんだけどなぁ。理に適った打順組まないからこういうことになる。


 


スターターが3回降板というのは相手打線を見ても、ちょっと情けないかな。配球だかコントロールだか知らんけど、太田に対して外中心で四球誘発、山﨑に対して外角ボール→外角球をスリーベース。と思ったら、高井と川端にはインコースばかり攻めて痛打。コントロールなら仕方ない。配球なら、逆でしょ?というところ。軸のいないヤクルト打線相手に3回84球というのがおかしい。


 


ビハインドの焦りなのか、岡本はブリブリ振って流れを止めてしまっていた。1打席目は四球選んだけど、丸が選んで3回もチャンス作ってるのだからその流れに乗って残り2回のどちらかで仕留めないと。


 


レギュラー5人欠いているヤクルト相手に勝てなかったのは痛すぎる。相手スターターの利き腕によってリードオフや捕手を変える必要は無かったように思うのだが。もう固めるところでしょう。


 


5月の貯金は1.残り試合であと4つ重ねたい。


 


よろしければクリックお願いします。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

ヤクルト(東京)●1-3 軸を欠く相手に…

おや?と感じることがあった日は大抵よろしくない結果になるもの。この試合はそういう感じ。その疑問に感じる点は人それぞれと思うが、私はもうスタメンを確認した時点で既に出ていた。

 

何故小林?ここまでC.C.登板の時は大城がマスクを被っていた。そして、去年小林と組んだ時に良い結果が出ていないのは知っていた。それは過去の記事を見てもらえれば。大城にアクシデントがあったのなら分かるがそうではなさそうだった。なので、あえて変える理由が無いのだ。結果、村上の時に要求した釣り球が甘く入って被弾。直後の西浦に外角一辺倒のリードで四球誘発。満塁で太田の打席の時に内角を全く見せずに、追い込んでバッテリー優位のカウントから2点タイムリー、と。結果出てないの分かってるのに今更何で試したのだろう。小林四球拒否でチェンジ、次の回先頭のC.C.ヒットというのを見ると何やってんだろうな、と。

 

あとは終盤かな。8回3点ビハインドで小林に代打無し。その回は三者凡退で9回の表に誰を登板させるかと思って見ていたら、何と中川。勝ちに行くのか?だったら何故8回の先頭から仕掛けなかったのか。9回坂本のアーチが出た後、ワンアウトから岡本がヒットでチャンスメーク。重信が続けば面白いな、というところで代打・慎之助。ツーランにかけたのかもしれないが、そこは早かったように感じる。昔の重信なら分からなくもないが、速球にもアジャスト出来ている今なら打たせて欲しかったなという思いもあった。結果慎之助は凡退。このことに関してはそれぞれに考えがあると思う。だが、全く分からないのはその後。亀ちゃんが選んでランナー一塁二塁。次の打者は俊太。クラシックスタイルではないから大城使うのかな、と思って見ていたが、アナウンスされた名前に固まる。「田中にかわりまして、マルティネス」何故?昨日グラスラ打ててモメンタムがあり選ぶことも出来る俊太をそのまま打席に立たせるでもなく、長打のある大城でもなく、ホルマル?ストレート投げられて終わるぞ?そして結果は、フルカウントからストレートを当てられず三振。これは様々な意見なんて無いでしょう。全く分からない。というか、何を期待して使ったの?

 

打線はイケイケになりすぎていたのではないかと。ヤスまでボール球に手を出して初球凡退。慌てないで良かったのに石川を助けてしまっていた。粘って選んで、ということがチームで出来ていなかった。

 

相手の今の状況を見ると、スイープするタイミングだったが落としてしまったのは残念。勝ち越しはマスト。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年5月11日 (土)

ヤクルト(東京)◯19-7 ものすごい試合を見た

Img_8306

今日はチケット取りつつもお休みの予定が大人の事情でここから。

 

一言。すごい試合を見てしまった…。0-5の時点でさすがに今日は難しいだろうと思っていたらまさかこういうことになろうとは。年に一回あるかないかという試合に立ち会えた。

 

ターニングポイントは4回の代打慎之助からの結果。ピーゴロで最悪の併殺、と思っていたら小川がまさかの悪送球。3点差で終わるところが1点差になったのだからこんなに大きなことはない。もう一つ効いたのは坂本のタイムリー。重信が打ち上げてそりゃねぇよ、と思った後での同点打、あれはかなりダメージを与えたでしょう。

 

五回に岡本のアーチで勝ち越した直後に亀ちゃんも続けてスタンドに運んだ。その後ランナーをためて満塁となったところで坂本が走者一掃のタイムリーツーベース。これで10-5となった。

 

6回から登板した田口が二本被弾して3点差になったが、その裏にビッグイニングが訪れた。ワンアウト満塁から丸が選んで押し出しで追加点を手にすると、打球運が続いて岡本タイムリー、慎吾2点タイムリー、ヤスヒットで満塁となった。ここで前の打席で併殺打に倒れた俊太。相手は左投手だったが、バックスクリーン右へグランドスラム。ここまで来るともう祭り状態。

 

さらに慎吾のタイムリーで19点目を手にしてそのまま逃げ切った。0-5からの逆転劇、大満足の結果となった。

 

まずはテイラーに関して。負けたらボロクソに書こうと思ったけれど、とりあえず捕手代えて様子見じゃないかと。これは炭谷の能力ではなく、投手の相性もあるから。今年は炭谷以外と組んでいないので違う捕手と組ませるという選択があって良いと思う。ノーコンが変わる可能性もあるかもしれないし。ただし、代えてもダメなら一軍にはいられないでしょう。ストライク取れないんじゃ話にならない。

 

よく19点も取ったなという打線。オーダーに注文をつけるなら、リードオフはヤスでしょう。重信のIsoDが伸びれば話は別だが、今のところは重信はどちらかというと決める選手の打撃だと思う。1番にはチャンスを作る選手が良いでしょう。そうなるとヤスしかいない。実際今日もしっかり選べているのだから、

 

坂本が王さんの記録を抜いた瞬間を見られたのは嬉しかったが、走者一掃のタイムリーを見られたのも嬉しかったかな。背走キャッチも素晴らしかった。攻守において中心になっている。この選手がいるのだから、やはり勝たなければならないでしょう。

 

岡本の久々のアーチも気持ち良かった。インタビューでは自虐で笑いを取っていたが、ここからでしょう。2番3番にいるレジェンドクラスの打者がたくさんチャンスを作ってくれる。それを美味しいと感じて去年と同じぐらいの打点を稼いで欲しい。

 

そうそう見られる試合ではない。今日感じたことは、現地にいられて本当に良かったなぁと。東京ドーム最高。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年5月 2日 (木)

中日(東京)◯9-3 ホームランの力

Img_8233Img_8238

試合を見ながらその日に書くブログについて考えるわけだが、言い訳無用でテイラーバッサリと4回表時点で思っていたらまさかこうなるとはねぇ。

 

炭谷の一発、これが本当に試合の流れを変えたと思う。去年ノーアーチの選手が打った瞬間それと分かる完璧なアーチ。下位を抑えて上位勝負、と考えていた中日バッテリーには大きなダメージとなったのではないか。その次に代打で出てきた中島が、俺が俺がとならずに四球を選んだところも大きかった。坂本、丸が倒れ、クリスは四球。軸の2人が結果を出せなかった嫌な感じはあったが岡本に託された。その初球、打球は大きく上がってしまいダメかと思われた。ところが、屋根に当たりフェアゾーンに落ちて同点タイムリーとなった。また流れが戻ってきたところで、陽が初球を叩き、完璧なアーチ。打たれた瞬間にロメロがグラブを叩きつける看板直撃の大きな3ランとなった。

 

6回に追加点のチャンス。坂本が内野安打、と思いきやセカンドホースアウトの判定。審判の名前を見た瞬間にこりゃセーフだとホッとしていたらまさかのアウト判定。クリスのタイムリーで追加点は取れたものの、あの判定で坂本の連続試合出塁記録が途絶えてしまうのか、と残念な気持ちになりかけていた。

 

ところが、チャンスはやってきた。増田がライトフェンス直撃のスリーベースで場内を盛り上げると、続く坂本が初球をバックスクリーン左に叩き込んだ。表の守備ですごいよなあと感心していたが、やっぱりすごいや。

 

安打数が同じながらも、長打の差で勝利することが出来た。やはりホームランは流れを変える力がある。ロメロから3本アーチが出るなんて考えもしなかった。長打で返せる力があるのだから投手が試合を作れば勝ち試合も増えてくる。投手に四球出してる場合じゃねえぞ、と。

 

今日の勝利投手に関しては複雑な気持ち。正直チームを離れる前よりも打たれそうもないボールを投げているように感じた。ボールは良い、だが、けれど、という言葉が必ず付いてまわる。これは自分だけではないと思う。

 

ホームで連続勝ち越しを決め、このままMAZDAでも勝ち越したい。広島を苦にしていたC.C.というのは心配だが、ここを克服すればさらに勝てる可能性がある。今年は違う、というところを見てみたい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年5月 1日 (水)

中日(東京)◯5-1 元号は変わっても…

Img_8187Img_8193

昭和の終わりに生まれたチームの中心野手と、平成のはじめに生まれたチームの中心投手が、期待通りの活躍をして令和初の試合を勝ち取れた。

 

初回の4点は打球運に恵まれたのと、重盗で手にすることが出来た。2回表にワンアウトから、坂本が山井の初球・カーブを捕らえてスタンドに運んだ。これが令和初アーチ。

 

智之はスイスイ抑えていた。相手の早打ちに負けずに球数を途中まで少なく出来ていた。終わってみれば1失点完投勝利。

 

この2人がお立ち台に上がったのだが、共通して聞かれたのが「悔しい」ということ。坂本は8回のチャンスに追加点を取れなかったこと、智之は完封出来なかったことを悔やんでいた。意識の高さを感じるとともに、そんな彼らだから今の位置にいるのだろうなと思えた。元号が変わっても、彼らが軸ということに変わりはない。これからも彼らのプレーを長く見ていたい。

 

勝敗に関しては相手にとって想定内の結果。明日勝って勝ち越せるかどうかでしょう。連敗を止められたし、ここから勝ち続けてほしい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年4月30日 (火)

中日(東京)●1-3 2つのミスと1つの何故

初回の打球判断、これが大きく響いたように感じた。慎吾の放ったフェンス直撃の打球はそのままレフトのグラブに吸い込まれ、判断できなかった岡本が戻ったことでアウトとなってしまった。あれで戻らなければワンアウト満塁で陽となっていたので、併殺しない限り二回チャンスがあった。今日の大野はあの時今一つでその後立ち直ってしまった。初回のチャンスで叩けなかったことが痛かった

 

走塁ではもう一つ。2点ビハインドの8回に丸が阿部のエラーで出塁した。ロドリゲスからクリスが放った打球はフェンス際で失速でアウトかな、と見ていたが、丸が何故か飛び出していた。平田がうまく騙した、とのことだが、あと二回チャンスがあっただけに痛すぎる併殺となってしまった。

 

先発の髙橋、3点取られたが出来はむしろ良い方だったように感じる。ただ、四球を出したタイミングが悪かった。福田の直前に2人出してしまったこと。そこだと思う。あの場面だけ突如乱れていた。これも糧とするしかないでしょう。昨日出てきた経験を積んでいるのに歩かせた2人とは事情が異なる。

 

二つのミスが出たことで敗戦には納得しているが、どうしても納得出来ないことがある。7回裏2点ビハインド、ワンアウト二塁のところで、何故炭谷に代打を送らなかったのか。終盤で2点ビハインド、仕掛けるべきではなかったのか。今日最後の最後でゲレーロが出てきたが、そこじゃない。今のゲレーロは確かに状態は良くないが、炭谷とゲレーロのどちらが怖いかは誰が見ても答えは一つでしょう。7回にゲレーロ・中島を使って9回に左打者を送り続けるなら分かる。昨日どっしり構えていいところで動いていたが、動くなら今日だった。

 

連敗はすぐに止めたい。エースで取りたいところだが、不安要素は平田の一塁ゴロをセーフ判定しやがった塁審が明日の球審ということ。もちろん冗談だが、本当にあそこまではっきり分かる誤審、ペナルティは無いのだろうか。

 

よろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2019年4月29日 (月)

DeNA(東京)●3-5 普通にやらなかった理由

あの五回の交代というのは、不安の見える中継ぎ陣に僅差で経験を積ませるためにああした、ということなんだろうな。それしか考えられない。あのリリーフ陣で逃げ切れる、なんておめでたい考えがあるとも思えないからだ(猛毒)。勝つためにはどう考えても山口続投で出来るだけ計算出来ないリリーフを使わないようにすること、それが最善策だった。今後のリリーフを考えてというならば、そういう理由なんだな、と思うが、純粋に今日勝ちたい、というのであれば敗因は交代の失敗。五回にランナーを出してコントロールを乱して、何と陽岱鋼も歩かせた上茶谷はいっぱいいっぱい。ノーアウト満塁で選球に長けたヤス、というところで何で?って思ったもの。慎之助もあの場面は考えてなかったのではないかな。監督の中では4点取りたかったのかもしれないが…。勝つためなら勝負どころはあそこではなかったと思う。初回のスモール失敗といい何故どっしり出来なかったのか。

 

そして予想を裏切らないどころか不調の選手に四球をプレゼントしちゃう論外ヘロ球右腕2人。使った側の責任ということで。石川に被弾したのも代えなかったから。よく打たれてるもの。裏返せば、打たれるのは彼だけ、と。文句タラタラになりそうなので一つだけ。今日の試合とは比べ物にならない苦しい展開を何度も救ってきたセットアップの登場曲を継承したのか知らんけど、全然合ってないわ。むしろ変えて欲しいのが正直な気持ち。

 

普通にやってたら勝てた試合。この試合で今後どう変わるかは分からない。言えるのは、山口俊と陽岱鋼の頑張りが報われなかったことが残念でならない、ということ。

よろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2019年4月28日 (日)

DeNA(東京)◯7-2 勇気付ける援護

Img_8124

7回2安打無失点、とこの素晴らしい結果を見ると、そうだっけ?と思ってしまったのは私だけではないはずです笑 4四球というのが原因でしょうが、本人の立ち位置、そして今シーズンスターターとしての一軍初登板というところで、結果を求めて力んでということは考えられたのかなと。援護によってようやく自分のピッチングが出来た、ということでしょう。

 

初回のクリスの2ランももちろん大きかったが、試合を占う上で分岐点となったのは大城のタイムリーだったように思う。ワンアウト一塁からゲレーロが術中にハマって高めを窮屈そうにフライ(その後点差開いてから代打出されたのは、そういうことでしょう)。ここで取れないと流れを悪くする、というところで女房役の大城で3点目を奪い、それがノブを勇気付けたのでしょう。その直後のイニングを10球で終えたことも大きかった。あそこでリードが縮まれば、5回の裏に出てくる投手も違ったのではないか。この回だけで3本の長打で3点入ったのだから、相手には巡り合わせが悪かった、と。

 

申告敬遠で陽に少し火をつけてもらい、森福はやっぱり対左でと伝わったこともまた収穫。筒香に打撃をさせなかったのだからやはり左は打ちにくいのでしょう。その2人前でセーフティバントなんてこともあり。…謎。

 

明日は山口俊。相手の声に動じずに投げましょう。しかしこの状況でもブーイングは大きいんだな…。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

より以前の記事一覧