2017年10月 1日 (日)

阪神(東京)●4-5 本当の一新はこれから

順位が確定し、1試合残しているものの、今年のジャイアンツは終了。終わってみれば結局は…という一年となった。あの試合をとれていれば、というのは多々あるが、今思う今年を象徴する試合は、広島との初戦。慎之助クルクルオールセーフからの、長野V字で智之降板。あれに集約されていたかと。解釈はそれぞれご自由に。

変えるべきところ、ダメ出しは後にとっておいて、まずはポジティブなところ。ここまで来たのはやはり新しい芽によるところが大きかった。畠はこの2試合悔しい結果となった。今日登板が正解か不正解かは今は分からない。ただ、この順位になったのはあなたの責任ではない。素晴らしい投球をしたからここまで来られた。これを糧に、足を止めずに進んで欲しい。ドリスを打てなかった宇佐見が今日1点差に迫るタイムリーを放った。やはり打撃は魅力的。守りの部分ではまだ小林と開きがあるのは間違いないが、打席を楽しみに出来る若い選手は久々だ。強打の捕手というアドバンテージは、10年前から近くで見て理解出来ていること。彼の今後に期待したい。

さて、この結果になったのだから、変えるところは必要ということ。
ベテラン頼みでダメだったのだから、もう、切り替えるしかないでしょう。どうしてもベテランを使いたいというのであれば、良いパフォーマンスを出せるように状態を見て起用すること。やるのは選手、という方針でダメだったのだからそこは首脳陣がしっかり見なければならないでしょう。
そして野手。三年間結果出てないのだから、練習するしかないでしょう。今までと同じでは成長しない。であれば、質を変えるか量を増やすか。現状維持は有り得ない。去年の3倍は練習するつもりで臨んでもらいたい。
現在の一軍投手陣、その中に内海組は何人いるか。正解は、0人。後輩を連れて行く伝統を守るのは大いに結構。でも、誰も貢献していないのだから、今年と同じではダメでしょう。引き連れる役は後輩に継いで、自分のパフォーマンス追求に専念する時ではないか。

この二年間は、一新も新化もしていない。でも、今求められているのはそこでしょう。特に野手は、今一軍にいるメンバーが八割入れ替わったとしても驚かない。むしろそれぐらい変えようとする意思があっても良いぐらい。明日から変わらなければならない。

では、最後に感情を。大田放出決めたのはインケ堤だが、そう意見した親会社の野球オンチ共も当然責任取れや。責任取れねえなら二度と口出しするな。

色々一新が必要と思う方はクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2017年9月30日 (土)

阪神(東京)●1-5 積み重ね

投手は頑張りました。初回の危険球退場はこちらよりも相手にとって大きな誤算になったのかなと感じたが、若い投手が良く繋いだ。スコットは、仕方ない。得点に結びつく長打を放った俊介に大山、これは競争させつつ起用してきた積み重ねなのでしょう。これはもうハッキリと、未だに相川や脇谷を使い続けてきて、岡本を再昇格後5打席も使わず下げたチームとの違いということ。

今日だけの戦犯というのなら、慎之助の名が真っ先に挙がるのだろうが、そこだけに囚われてはいけない。村田のアーチ直後の長野のサードゴロ。これを相手の守備に助けられたから仕方ない、で済ませてはこの貧打は変わらない。分からない人には分からなくて結構。…で終えても良かったけど、分かるようにネチネチと(タチ悪っ)。村田のアーチ直後に3-1。そこで長野はボール球に手を出してサードゴロ。100%の確率で出塁出来る四球より、26%程度でしかない単打を狙って失敗したということ。あれをしっかり選んでおけば岩貞の心理にも変化が現れたろう。しかしあの悪球打ちから好守が出たことで、相手に良い変化を与えてしまったのではないか。試合の流れを変える四球拒否だった、と言っても過言ではない。ジャイアンツが本当に変わらなければならないのは、ああいうところ。

三位になろうが四位になろうがこのチームは変わらなければならない。野手にヌルいオフは有り得ない。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年9月27日 (水)

中日(東京)◯2-1 nice guy

中日(東京)◯2-1 nice guy
9回はどう考えても交代。それでもマウンドにいたのは、彼の気持ちを汲んだと言うことなのでしょう。批判を受けたとしても、彼に任そうという考えだったのかと。その点に関しては結果が凶となることも考えられたが、カミネロが抑えて逃げ切れたことを良かったと思いたい。バントの得意でないマイルズにセーフティスクイズ、しかも2球続けてってのはどうかと思ったが…。

9回投げている姿を見て色々と考えていた。ヒーローインタビューでは嬉しい言葉もあったが、嬉しいと思うと同時に、重く受け止めている自分がいた。CSに行ければとも思うのだが、それ以上に、今日のこの時間を大事に感じていた。今後のことはもう少し先になるが、今日の姿を忘れずにいたい。

残りは3試合。中4日であれだけの投球を見せた助っ人、その姿に何かを感じて欲しい。ここでやらなければ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

ヤクルト(東京)◯3-0 10,000号

ヤクルト(東京)◯3-0 10,000号
打った瞬間にオールスターで監督が見せたようなリアクションしました(嘘

1-0のところから入場したので、10,000号には間に合いました。いやー、意外とあっさり出るものなのね。打った瞬間に確信しちゃうような当たりで。小林の時と違って、満面の笑みだったことは想像に難くない笑

今日は良い勝ち方だった。もう少し取れただろうという声もあるかもしれない。2点目と3点目は、偶然ではないホームランで取れたのだから。野球は長打が大切。ああいうのを来年からは増やさないと。

智之は、良くなかった。慎重だったのかコンディションの問題なのかボールが多かった。要所は締めたが今日は苦しかったのではないか。出来ればスコットを休ませて欲しいところだったが、あの回で下がったのは、そういうことだろう。今後の先発予想が変わる降板となった。ホームでもう一度エースの登板を見られるかもしれない。

残りは4試合。ただ、勝つだけ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年9月17日 (日)

DeNA(東京)◯6-1 メンタルのスポーツ

DeNA(東京)◯6-1 メンタルのスポーツ
実はビッキーもAB型です(嘘)

野球はメンタルのスポーツ、と語っていたのは敵将。それはすごくよく分かる。もし浜口が自分のボールを自信を持って投じていたら途中で降板していただろうか。初回の3四球はそういうこと。自信を持って腕を振られたら、今の打線なら勝手に打ち損じていたのではないか、と思うのは私だけだろうか。ともあれ、3つの四球は有り難かった。もぎ取ったというよりは、四球拒否打線でも選べた、というほうが合っている気がする。ワンアウト満塁のチャンスで、村田が右中間を破るツーベースを放ち先制した。その後、2回にエラーからケーシーのツーベースで追加点を得た。

ポイントとなったのは5回だった。ワンアウトから、高城の代打、戸柱を歩かせると、柴田にも選ばれて一塁二塁。ここでホームランのある選手を代打に出すかなと思いきや、まさかの石川内野手。ここで彼を選んだのは、併殺のない選手でチャンスを広げたい、ということなのだろう。それがこちらに幸いした。当たりの強いセカンドゴロでゲッツーに仕留め無失点で切り抜けた。
その裏、交代した加賀からワンアウト後に村田がヒットを放つと、チョーさんがツーベースを放ちチャンスに。愛人の代打、橋本は当然歩かせ。小林の打球は非力POPだったが前進守備の内野の後ろに落ちて1点追加。なおも満塁のチャンスで、何と畠がプロ入り初ヒットを放ち、これで加点。続く陽岱鋼も犠飛を決めて6-0となった。

相手は6回にエスコバーを出してきたが、不思議に思った。それなら前の回だったのではないかと。パワーピッチャーなら勝手に打ち損じるのに、浜口の後に出さなかったのはそこまで勝つ気がなかったのかな、とも感じる継投だった。

畠は途中球速落ちたなと思ったが、石川内野手を併殺に仕留めたあたりから戻った。さすがに序盤のように150km/hのストレートは投げられなかったが、7回無失点。ピンチで筒香を内野ゴロ、ホセを三振に仕留めたのは見事。

8回のスコットは完璧、カミネロは1点奪われるも、最後は161km/hのストレートで三振を奪った。速球に苦しむ筒香があっさり合わせてきたから、見やすいのだろうなと。まぁ、クローザーは同点に追いつかれなきゃいいんです。DeNAとの最終戦は白星となった。

決して満点の出来では無かったが、点を取られなかったのだから、1つ壁を超えたのかなとも感じた。5回にランナーを出した時は、球速もコントロールも悪くなり先日のようになりかねないな、と思っていたが、そこをしっかり抑えて7回まで投げられたわけだから。課題も見つかったのは良かった。ホームランのない選手に四球は無駄。歩かせるぐらいなら打たれたほうがマシ。そこを改善出来ればもっと良くなる。今の時点で可能性を感じられるから、オフの過ごし方を誤ってほしくないところ。一時期だけ良かった選手は何人もいたから、そうならないように調整してほしい。

明日はナゴド。田口が先発なら、飯おごれと言っている先輩は、打って当然でしょう。でも本当に打ってるんだよな、先週といい。ナゴドでは先日スリーランも打てたし良いイメージを持っているはず。期待しよう。相手投手は笠原。笠原しょう…この彼自身に罪はないが、ここまで名前が被ってる時点でK.O.対象。ボールをあいつの顔と思って強打すべし。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

DeNA(東京)●0-1 全力で足を引っ張る野手陣

「勝ち方を知っている」知っていても劣化していてはどうにもならない。それを証明した試合とも言えるか。

マイルズは8月末の広島戦から、1勝2敗になった。なお、その間の失点は、2,0,0,1。4連勝してもおかしくない投球で、負け越し。これ自体あり得ない。ラミちゃんが田中出してくれてチャンスあったけど、あれエスコバーだったら音無しで終わってたでしょう。パワーピッチャー出されたらお手上げ打線なのだから。ちょっと速い球投げられたら打てない。それが現実。

先週智之が2位を目指すと語っていたが、無理でしょう。いくら投手が頑張っても野手がクソの役にも立たないのだから。マイルズと畠の順番を入れ替えたのは、畠の疲労を考慮してとも書かれていたが、本当のところは違うだろう。中4日でドームの中日戦に投げさせるためにそうした、と。そう、このチームは柱に頼るしかないのだ。彼らのおかげで進めるかもしれない。ただ、野手がそれに甘えてるというところに腹が立つ。マイルズがここ4試合の投球で借金ってあり得ねえだろ。1勝もヤクルトのセンターラインに助けられたに過ぎないから、野手は何もしていないということ。

田口の時に援護してるからご馳走してもらおうとかほざいてたダボハゼ、何言ってんだか。何を思ったらあのクソボールを振ろうと出来るのか。マイルズの時に迷惑ばかりかけてるという事実を忘れてはいけない。亀井が相手の守備の隙をついて作ったチャンスを無にした何も考えてない打撃。今日はそれ。

この先の順位は分からないが、今日のメンバーが来年のスタメンに同じように並んでいたら未来はない。有能な三本柱がいながら辛うじて貯金というチームなのだから、野手に問題があることは明白。坂本はWBCで休みなしということもあり、考慮する必要はあるが、彼とケーシーとダブルシンゴ以外の野手は全員減俸で当然。

甲子園は投手の頑張りで負けずに済んだのに、それを台無しにしかねない今日の零封。これからも打てないのなら出ないで良い。打てないのに次のステージに進むとか、甘え過ぎ。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2017年9月10日 (日)

ヤクルト(東京)◯6-1 勝って当然

ヤクルト(東京)◯6-1 勝って当然
先週中4日で二回先発で最多でも2失点に止めたマイルズに白星をつけることが出来なかったのだから、今日は勝って当然。ただ、2点はもぎ取ったわけではなく貰った点数だったので、借りを返したとはじぇんじぇん言えない。代わった投手から点を取ったのはもう継投に誤りか、相手の能力にすぎない。というわけで、打線はマイルズに感謝するように。本来3勝でもおかしくなかったところを今日だけしか勝ちがつかなかったのだから。2点目の場面、一部のおっさんがリベロったらリベロとか歌ってたけど、ホントああはなりたくない。エラーした選手にいいぞいいぞコールしてるチームのファンやアホアホコールしてる東京ドームだけ陰湿なファンと同じことしてちゃダメだわ。

勝ちは勝ち。そこは置いといて、振り返るとまだまだ選手起用には不満はあり。例えば7回裏、マイルズの代打に愛人を送ったわけだが、その後宇佐見の出番はなかった。こういうところよ。どちらに打席を与えたほうが先に生きるか、どちらの打席をファンは見たいか、いずれも答えは見えていると思うのだが。そしてもう一つ。相手のスターター成瀬が降板した後、慎吾を下げていた。2点目を取った場面、しょうもないサードゴロを打ったライトの選手、彼は下がらなかった。そういうことよ。そう、誤解をされているので念のため。好き嫌いでは書いておりません。チームの勝利を考えた上で最善と思われることがなされなかった時に不満を言っているだけですので。好き嫌いというのは…以下自主規制

今週は3勝2敗。宇佐見のアーチがなければ、下位相手に負け越していたわけだ。野手にはしっかりしてもらわないと。宇佐見、岡本、石川同時起用で負けてもいいっすよ。先に繋がるし。
火曜からは上位と直接対決。四人は決まった。あと1人は今村か、甲子園で退場した光夫か、はたまた、六回病の人か。今日のファーム先発が高木でなければ間違いなく彼だったと思うが、これで予想が難しくなった。だが、この5試合、勝ち越したい。

最後に、トレーナーが起こした施術ミスに関して。正解は何だろう。診てもらうべきではなかった?人の選別は誤ってなかったが不幸なミスだった?そこは分からない。ただ、言えることは、1人の選手に対して1年間を無にさせてしまったということ。これが数年になるかどうかは今の段階では分からない。どうすべきだったかを論じられる知識もあるわけではない。誰もが抱く願いになるが、二度と起こしてはならない。今言えることはそれだけ。そして沢村投手の回復を願ってやまない。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年9月 9日 (土)

ヤクルト(東京)●0-4 温度差

エース「一つでも上の順位に行けるよう頑張ります」

チーム…5試合で3度の完封負け

戻そうとした流れをぶち壊してさらにマイナスにしようとする力。打つ打たない打つ打たないを繰り返してるので明日は打つとなれば勝てるかもしれないね。ま、褒めないけど。マイルズに迷惑かけてるのだから明日は勝って当たり前。それにしても、五回までに三本ツーベース出て、どいつもこいつも進塁させることすら出来ないって、これじゃあ流れは相手に渡るわ。

昨日書いた作戦も悪かないでしょ?今の打線そのままより全然希望持てるんじゃないかな。コメントの返信に、岡本を一塁で使うと思ってたと書いたのは、そういうこと。ベテラン使って負けってなったらそれこそ何も残らないシーズンになる。でもここまで通してるのだから最後まで変えないのでしょう。せめてレフトを20代の選手にしてもらえませんかね。それぐらいのチャレンジ、出来るでしょ。

試合に戻すと、今日の出来ならどこかで畠は捕らえられるかなと思っていた。無失点というのは難しかったと思う。でも、何で山﨑歩かせた時点でベンチから誰もマウンドに行かなかった?バレンティン歩かせてもそのまま。そこは不満。畠は四球四球ドカンだから言い訳が許されないけれど、これも経験ということで。健太朗を跨がせたことにも疑問。こういう使い方してるから疲労が蓄積されて炎上したのでは?と問いたくなる起用だった。

守備負担のあるセンターラインならともかく、他の4人の内容が村田以外酷過ぎる。負担の少ないポジションなんだから打たないと。明日は左右の関係でレフトのみ代えるのでしょう。残り2人のどちらかも同様に出来るか。

順位だけの戦いではない。残りの試合どう戦うかで来年以降にも影響し得る。動けるか。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年9月 8日 (金)

ヤクルト(東京)◯4-1 柱

ヤクルト(東京)◯4-1 柱
エラーがなければ完封でしょう

淡々と、と言うのは彼にのみ許されることかなと感じられる安定の投球だった。3点取れば決まりだろうという試合、言うこと無し。前回苦しみを乗り越えてそして今日も無失点。9月このままゼロで行っても驚かないだろう。出来る投手だから。まぁ、本人は勝てばいいと言うことで、割り切るところは割り切ってうまく最後まで投げるんじゃないかな。

しかし打線がひどい。このまま無得点で終わろうものなら、一番ケーシー二番宇佐見で行け、と書こうとしていた。おかしなオーダーでしょう。でも振れる選手を多く立たせないとしゃあない。陽岱鋼と村田がよろしくない。こんなんで明日の小川は大丈夫なんかと。被弾癖に期待するしかない、今の打線では。今日はケーシーと橋本が決めたけど、ぶっちゃけ運。相手のセンターラインとバレンティンに助けられて、貰ったようなもの。相手の隙を突く大西さんは見事。でもあれで生還されちゃうのがモチベーションの上がらないチームなのかなと。

前日相手はホカホカになってたから、今日智之で良かった。相手の流れを止める。これぞエースでしょう。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年9月 3日 (日)

DeNA(横浜)●0-1 乗れないチーム

DeNA(横浜)●0-1 乗れないチーム
来年までしばしのお別れ

今日の浜口は、今週対戦したスターターの中では一番難敵だったので、考えられる結果ではあった。そこそこに荒れていて最後に良いボールを投げられるんだよな。左で140km/h後半のクロスファイアとかなかなか打てるものではない。仕方ないといえば仕方ない。しかし、この6連戦2勝してもおかしくなかったマイルズに1勝どころか1敗もさせたのは事実。素晴らしい投球を見せた彼を勝たせられなかった点はチーム全体で反省しなければならないでしょう。今日逆転勝ちしていたら、決めた人ではなく、私はマイルズを讃えていただろう。

坂本がどん底なところと、陽の下降線が同時に訪れた結果とも言える。最後の場面も重信が二塁まで進んでいて前進守備だったのだからゴロで良かった。それが出来なかったところが今の彼の状態なのでしょう。恐らく代えることはないし打順もそのまま。彼が引っ張った分、今度は周りがやらなくちゃ。

左相手でも亀ちゃんを使ったのは彼の打撃を買ってと思っていたが、そうではなかったようだ。打撃を買ってるのであれば、8回表にバントさせないでしょう。守りを考えて使った、ということなのかな。どうしてもバントさせたいのであれば、利き腕の打席に立っている選手に代えてでも、だったのではないか。失敗した後小林に打たせたこと…これは、分からない。バント失敗し続けて怖がったのかもしれない。まあ、そこよりは、前述の亀ちゃん起用の根拠と指示かな。釈然としないところではある。

今の打線を見れば上位相手に勝ち越しを続けたことで良しとしなければならないのかもしれない。満足は当然しないが、これが今のチームということで。次はマイルズを勝たせて当たり前。言い訳は許されず、必勝でしょう。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧