2017年7月23日 (日)

DeNA(横浜)●6-8x 思ったより野球したが結局は…

DeNA(横浜)●6-8x 思ったより野球したが結局は…
やけ台湾カキ氷

最後は敗れたものの、亀ちゃんとスコットのことを讃えたい。八回に砂田に代わったのにこのまま?と思っていたら同点3ラン。その裏、スコットが三連投。ツーアウト満塁のピンチを迎えるもゴメスを抑えてゼロで切り抜けた。終わりは負けだが、この二人の姿は忘れられない。スコットを見られて良かった、と言わないところがポイント。本当に頭が上がらない三日間だった。

この敗戦の中で、今の巨人を象徴しているシーンはいくつもあった。1点目の取り方はまさにそうでしょう。ノーアウト一塁三塁でフルカウントから長野が四球拒否ってクソボール打ちに行って併殺。直後にケーシーが打ってその回勝ち越したが、あそこで選んでノーアウト満塁に出来ないのがダメなところ。四球を取る意識が低いからああいうことになる。そんなんだからノーアーチ捕手が3-0から打ちに行ったりするんだ。どうせヘッドコーチはまたバッテリーが取られ過ぎというのだろうが、こういうのを放っておいた結果でしょう、あの攻撃が。防御率6点台の久保にQS献上してることも気付かないんだろうな。

六回の守り、どう相手に向かうかは違うやり方なら結果は違っていたかもしれない。ただ、そこを考えたらキリがないだろう。あの回で一番問題視すべきなのは、捕手相手に初球被弾したこと。あの二点がはっきり言って余計だった。ああいうのを見るとこのまま小林で良いのか?という気になる。三本柱のうち日本人二人が彼のリードを褒めているが、投げやすいというのであればそこは変えないで良い。柱以外の投手の時にゲームを作れないのであれば小林にこだわる必要はないのではないか。ホームラン打てない、ホームラン打たれるでは並の投手はきつい。彼を刺激するために若い捕手を使えないものだろうか。そこを厚くしておかないと小林に何かあった時にそれこそ慌てることになる。被弾数リーグワーストに近い現実を見てもレギュラー保証というのは甘いのではないかと感じる。やらなければ、そう思わせる選手を近くに置けないものだろうか。

山口(怒)はいなくなるだろうという中で再びチャンスが訪れた大竹、いつも通りの六回病で降板。若い人達がそれをチャンスと捉えられるかどうか。ローテは空いている。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年7月22日 (土)

DeNA(横浜)◯3-1 疑問はあれど問題は

DeNA(横浜)◯3-1 疑問はあれど問題は
マイルズ様、田口様、菅野様でビジター参戦一勝ずつ

九回表に皆さん一番驚かれたのではないかと。私もリリーフカーが出た時、ええっ?って声出ましたから。色々思いはあるでしょう。私の中ではアクシデントしかないかなと理解している。あそこでスコットの方がいいという声もあるけれど、今のクローザーはカミネロということでああいう選択になったのでしょう。今後はわからないが、とりあえずスコットがカバーしてくれたことに感謝。

この試合ではベンチの判断やカミネロの不安定さを問題視しそうなものだが、私の考えではそこじゃないよなと。三点とったらおしまい打線がすっごく気になっていた。山下のお粗末プレーとどっかのバカがゴミ袋飛ばしたことがこちらに幸いして村田の3ランが出たわけだが、それだけ。そんなに経験のない投手にQSやられるってのはどーなのよと。二日間で取った四球は一つ。それもチョーさんが突っ立ってるだけっていう貰い物だから、ゼロと言って良い。後ろの二人が二回投げてるんだからさぁ。智之頼みじゃなくたまには自分達で彼らを休ませるような展開にしてみろっての。

ここまでは宮崎の打球運と梶谷のど不調に助けられているが、明日は流れを止め続ける投手だから何とも。今のうちに言っとく。明日は3点じゃ勝てませんよ?

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年7月12日 (水)

ヤクルト(東京)◯8-3 ガールズナイトでスイープ

ヤクルト(東京)◯8-3 ガールズナイトでスイープ
今日一番ツボに入った一枚。近すぎる見学人。

五回表のピンチを宮國が抑えたことで流れがやってきたかな。同い年の山田哲人との対戦、一打席目にタイムリー打たれたが、ここを抑えた。チョーさんの先頭打者弾と村田の右中間ソロで2-1と勝っていたのでこの時点で宮國に勝ち投手の権利がついていた。あとは追加点を取るのみだった。

宮國に代打が送られてワンアウト後、チョーさんが選び、ケーシーが初球ヒットでつなぎ一塁二塁。坂本が初球を捕らえて左中間を破り一点追加。慎之助死球直後に村田の犠牲フライで追加点。ブキャナンに合っていなかった陽はストレートの四球という幸運。亀ちゃんのところでブキャナンは下がり、ギルメットが出てきた。初球のツーシームを見送り、2球目を捕らえた打球はセンター坂口の頭を超えて、走者一掃のタイムリーツーベースとなった。これでもう決まったようなもの。

高木が二点に絡んだが、森福と後を受けた健太朗とカミネロが抑えた。カミネロは中村のアウトがなければ危なかったが、三連投お疲れ様。スコットのことは気がかりだが…スイープを達成し、9連戦7勝2敗で終えた。このカードの最後が木曜日だったら…ま、良かった良かった。

昨日と一昨日はいつもの巨人。今日は少し違った。ガールズナイトでモチベーション高まったのかは分からないが、一見さんも喜べる内容だったでしょう。まさかブキャナンからあれだけ取れるとは。今日初日の宮國にはどんどんやってもらわないと。大竹や内海の出番を奪うぐらいの意気込みで。

ケーシー二番セカンド起用には驚かされた。セカンドもなかなか良く守れていた。この件に関してもっと早くやれば良かったと言う気はない。なかなか出来ないでしょう。ただ、あれぐらい出来るなら脇谷をセカンドで起用していた期間は無駄だった。それだけは言える。

亀ちゃんがスタメンでも打つようになった。慎吾や中井にとっては競争相手となるが、刺激になるでしょう。左の代打が手薄になりそうなのは不安だが、そこは他の選手に頑張ってもらいましょう。
◯◯「左の代打が欲しいな。脇(ピーッ!)」…いや、それなら立岡下げてタケか北で。

オールスターブレークに入る。交流戦ブレーク後、明らかに振りが鈍くなって点を取れずに智之に負けをつけてしまったことを忘れてはならない。同じ失敗はダメ。明けて一気に借金をなくすつもりで臨んで欲しい。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年7月11日 (火)

ヤクルト(東京)◯2-0 さすがの集中力

ヤクルト(東京)◯2-0 さすがの集中力
フイルムに海苔がはりつくのでフイルム越し

レジェンドシートの解説で来ていたマキさんが、上から読んでも下から読んでも流石のの菅野と言っていたが、ちゃんと大輔さんは突っ込んでた、と。これは試合前からいる人じゃないと分からない小ネタ。

そのマキさんの言葉どおりというか、さすがの投球だった。七回で降板したが、納得の交代でしょう。大した援護もなく、2ランを防ごうと慎重に攻めていたのだから、球数には表れない疲れもあったかと。被弾だけは避けたいところで全て抑えた。ココから三打席連続三振を奪えたのは智之の力。見事だった。

取れそうで取れなかったら嫌な流れになるものだが、期待出来ないところだったからショックもそうなかったか(猛毒)。二度のノーアウト満塁のチャンスで犠牲フライによる1得点のみ。二人連続ルーキーにぶつけられてるんだからバットで返さなきゃ。しかしボール球だけ振って三振とか、点とった直後に初球併殺とか…。脂の乗る時期の選手、しっかりしてもらわないと。

ロースコアの時はホームラン。フルカウントで四球でも良いというところで坂本がスタンドに運んだ。あの一点が大きかった。先週の平日三連戦二戦目も投打の軸で勝利となったが、今日も同じ二人で勝てた。安打数が相手より少ないながらも勝利。長打があったから勝てた。

柱二人までは順当。さて、三戦目だ。9連敗中のチームと、0勝7敗の投手が当たる。昨日と今日のスターターに比べると相手も楽に感じるだろう。ここを抑えてオールスターブレーク前最後の試合で勝てるか。スッキリと一休みするため、また、今後に繋げるために勝利を。というかそろそろ勝ちましょう。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年7月10日 (月)

ヤクルト(東京)◯3-2 ギリギリ

ヤクルト(東京)◯3-2 ギリギリ
あくまで推測だが、六回に点を取れなかったら今日は負けていたでしょう。七回からギルメットとルーキで繋がれたら、手も足も出なかったかな。そしてライアン小川に初セーブ献上、この打線なら十分あり得る。数多の試合を見てればそう思うもんです。

ツーアウトから坂本がヒットで出て慎之助が選んだ。村田のタイムリーで1点差、そして前の打席で長打放っている亀ちゃんのセンター前ヒットで何と慎之助が二塁から還ってきた。その後山中を下げたため、本当にギリギリのところだった。

そして、そういう意味ではこれもギリギリだったとも言えるか。近藤のところでツーアウトからチョーさんがギリギリスタンドインさせて勝ち越しに成功した。田口は八回を山田の特大2ラン以外抑えて勝ち投手の権利を得て後に託した。

前の打席、ココがセカンドゴロで全力疾走していたのを見て、これはいつも以上に警戒しなきゃならないなと感じた。この打席、鋭い打球が右中間に飛びツーベースとなったが、一発じゃなく助かった。進塁打でツーアウト三塁となりあと一人。大松を追い込んだ。飛ばされた打球は勢いなくチョーさんのもとへ。ギリギリで踏みとどまり勝つことが出来た。

ギリギリのところで勝ててホッとしている。田口の失点は勿体無かったが、それでも集中力を切らさず八回まで抑えてた。点差があれば最後まで投げられたが、今日はあれで十分。しかし左右でNPB屈指の好投手いるのにこの順位はやはり違和感。

数日前の報知で、打てるようになったきっかけがあるようなことをチョーさんが言ってたが、本当に変わった。もしシーズン後にチョーさんが「ボクはこれで打てるようになりました」と健康食品やらブレスレットやら宣伝したら間違いなく売れるんじゃないかと思うぐらい。これだけ上がるなんて誰が予想出来たか。打率はBABIPの揺り戻しで多少は上がったろうが、長打が増えていることが大きな違い。これは運ではないので。インタビューもテンプレコメントではなくなっていよいよノッてきたか。

いやー勝って良かった。勝たなきゃ二次会でビバに合わせて踊るピカチュウさんを見られなかったもの。いやーあれは動画撮りたかった。中のひ、もとい、電気ネズミさんナイスパフォーマンスでした。

明日も早く終わるのかなと思った方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年7月 2日 (日)

DeNA(東京)●1-9 0-6

古巣云々関係なく、相手の力が上回ったということでしょう。倉本の打球、レフトが愛人じゃなかったらという思いもなくはないが、石川にも捕らえられてマルチ許してたってことは、力がなかった、と。

柱の投手が毎回良いとは限らないのでああいうこともある、という今日の試合。ただ、ああいうこともある、ではなく、実力通りの結果になったのがタイトルの数字。私よりクレバーな読者さんなら余裕であれだなと気付いたでしょうが、そう、三連戦のホームラン数。これじゃ打球運がよほど良くない限り勝てっこないよなと。実際二試合はそれで負けているわけだから。試合後のコメントでコンパクトヘッドが試合内容を申し訳ないと語っていたようだが、この事実を把握しているのだろうか。一試合の内容より、こんな非力打線にして申し訳ないと感じてもらいたい。そして誰が止めても今の立場から離れること。それぐらい出来るでしょ、本当に申し訳ないと思うならね。

冒頭に触れた守備、シフト指示が悪かったのかもしれないとのこと。特定の人には、やっぱり甘いのだろうなぁ。今日後ろにいた若いちゃんねえの話し声が聞こえたが
「何で中井にこだわるんだろう」
「由伸が中井のこと好きなんだよ」
ファンは見てるぞ、と少し事実を書いてみた。まぁ、今日は猛打賞だったので調子で使ったということで。火曜からは、分からん。

もっとも不可解なことは、何故相川を使い続けるのだろうと。途中で大差つけられることがあり、小林を下げるのも分かる。だが、そこで生まれる出場機会を何故先の短いベテランに与えるのか。これでは今後チームに何もならない。不安なのはこの3タテを受けて、小林の代わりに頭から使ったりしないよなということ。無いと思うが、そんな事態になったら私はその試合を観に行かない。こんな未来のない起用があってはならない。

もう一つ残念に思ったのはこの現状。
2013ドラ1…打率1割台の非力捕手
2014ドラ2…決まり手は押し出し
2015ドラ1…セットポジションでは通用しない敗戦処理
2015ドラ2…代走専門の非力野手
一年目の選手は省いたが、彼らは大卒または社会人出の上位指名選手。見る目がないのか方法が悪いのか、これでは失敗と言わざるを得ない。ドラフトも育成も結果が出ていないということ。スカウトの評価基準および練習方法を見直さない限り、差は埋まらない。

火曜日からは九連戦。間違いなく厳しい戦いだが、意地を見せられるか。プロの姿を見せてもらいたい。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

DeNA(東京)●4-6 開く差

最終回のバッテリーが悪いで良いでしょう。2点リードで出てきて長打、死球、被弾じゃ話になりません。無駄死球もダメだし桑原におかわり食らって終了、というね。4打点の村田をお立ち台に上げさせないとは。全打点叩き出したのにグラスラで逆転されてポツン…これどっかで見たことあるぞ?と過去のあのシーンは置いといて…。

あと言えることは、野手の質が違うことかな。相手は乙坂と桑原が食らいついたけれど、こちらの辻と立岡は何が出来たのか。ま、今日に限らず、先週手も足も出なかった中日の二投手がズムスタで揃って炎上…そういうこっちゃ。力がないことを自覚する必要がある。そしてこの差は開く一方となっていることを忘れてはいけない。

今日慎吾がバント併殺やらかしたのを見て、あ、こりゃ下がるなと。札幌の試合見て、これまでやってないんだなと認識出来たのに、まだやらせたということは、そういうこと。バントぐらい出来て当たり前と思っているから。その上であのシーンを見たら、次どうなるかは考えられる。そしてこのタイミングでお気に入りがヒット打ったこともまたその可能性を強めたなと。ただ、慎吾に関しては体重落としていたというので、どこかでコンディション戻す機会が必要じゃないかなと感じていた。体重落とせばそれだけボールにパワーが伝わらなくなるから先ずは戻すところから。コンディション回復を願いたい。でもあのサインに関しては仮に成功したあとどうしていたか気になるところ。もしワンアウト二塁になって小林に代打を出せていたか。そこかな。そのままだったらあまり意味のない作戦になるから。気になるのは今後慎吾をどう育てたいかというところ。スモールさせたいならさせれば良いけれど、持ち味を消す練習をやらせてはならない。

明日は山口俊。古巣相手にメンタルがどうなるか気になるところ。意識しないほうが難しいのではないか。でもいつかは通る道。明日勝って乗り越えてもらいたい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年6月25日 (日)

中日(東京)◯4x-3 怒りのち喜び

中日(東京)◯4×-3 怒りのち喜び
コールには常に深く一礼。そんなところがまた好感持てるんだよなぁ。

最後の最後で勝てたわけですが、八裏は激怒してました笑 もちろんバント失敗した辻に対してではなく。ワンアウトランナー一塁、投手岩瀬という場面。その二つ前に代打で山本を使っているので、彼をセカンドで使える状況。となると、無理に辻をそのまま使わなくても良いところ。犠打でランナーを進めたいのなら寺内を使える。左対左で勝負させたくないのなら、中井を使える。どうするか見ていたが、右を使わないから辻には打たせるものだと思っていた。ところがだ。犠打二球失敗した後、特に変えることもなくスリーバント指示で失敗してアウト。どうしても送らせたいのなら、右投げ左打ちにやらせずに右投げ右打ちの選手にやらせれば良いでしょう。利き手と逆の腕でコントロールしなければならないわけだから、利き腕じゃない打席の選手にあの指示は理に適ってないし、控えにいた二人をそこで使わないのならどこで使うの?ということにもなる。追い込まれて強行に転じたならまだ納得できたがそのまま。その程度の期待しかない選手を二番で使うか?ということにもなる。

そういうことがあると落としがちなものだが、今日はどうにか最終回で逆転出来た。決めた慎吾は良いきっかけになればと思う。この喜びをまた味わいたい、そう思えればさらに磨きをかけられるのではないか。お立ち台は慎吾が上がったが、今日は岱鋼かな。昨日は守りで敗因となったが、今日はバットで貢献した。特大弾に同点タイムリー。まだまだコンディションは上がっていないのかなと感じたが、やはり力はある。第1号もバックスクリーンの少し横だし、今日はレフトへ特大弾。そう、飛距離は嘘をつかない。フリースインガーだし、上位よりは今ぐらいの打順が良いのではないかと。とにかく振ってもらいたい。

やはり気になるのは四球に対する考え。今日の橋本と村田の打席を見てそれを感じた。代打で出た橋本は3-0と四球を狙いやすいカウントになったにもかかわらず、フルカウントから粘りもせずセカンドゴロ。村田は決めなければという思いが強かったのかもしれないが、先発の柳が初めて四球を出した直後の打席。2-0から無理に打つボールではなかった。甘い球だけを待って四球狙いでも良かったところであまりにももったいない併殺打だった。もしチームとして四球に対する評価が高いなら違う結果になっていたのかなと感じる。この貧打を変えるには意識から変えなければならないのではないか。

三連戦は負け越し。今日勝てたのもぶっちゃけ田島と藤井にかなり助けられた感は否めない。しかし田島…初戦に森繁さんが続投させてたらどうなっていたのだろう、というぐらい東京ドームは鬼門。去年から5試合中4試合でサヨナラという…。あの継投が三連戦の結果に影響したか。いや、やっぱ智之を勝たせることができなかった打線だな、うん。勝ったけど、もちろん練習です笑

そろそろコバヤシィの9番起用、本気で考えましょう。4本柱は彼より打席で期待出来る。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年6月24日 (土)

中日(東京)●2-8 柱は良くやっている

投手は良くやっている、と書いてたが、それは訂正しよう。柱の投手は良くやってる、と。調子が今ひとつなマイルズ、今日ゼロのまま行くのは厳しかっただろうけれど、二点は陽が悪いから彼の責任ではない。後を受けたポンコツバッテリーがホームラン打ったことない選手に初球被弾というあり得ないことしてくれたから防御率上がっちゃったけど、本当によく投げた。三本柱の能力の高さ、これが良く分かることを一つ言うからね。彼ら三人は投手にとってボーナスステージとなるどっかのクソ打線と戦えないというハンデを抱えた上であの成績。そして一点取られても良いという思いで投げられていない。これは本当に大変なこと。ほら、良く分かったでしょう。改めて三人には感謝したい。

ケーシーのアーチの時、グータッチ求められてシブシブ手を出してすみませんでした。けど、喜べないよね。小笠原に最後まで投げさせようとしてバテバテになった時に打てたというだけ。打てない野手陣。彼らは本当に日曜の試合を終えてから何やってたんだろうね。本当に一部の投手のおかげで何とか戦えていること、自覚したほうがいいよ?ホント振りの鈍いこと鈍いこと。右に狙ってるんでなくて、鈍いから振り遅れて右に飛んでいるだけ。どんな練習したらあんなに貧打になるんだろな。まあそもそも、当時の打撃コーチが首切られるべきなのに、何故か立場が徐々に上がるという矛盾だよね。貧打チームにしたくせにバッテリーの失敗をネチネチ叩く。どーせ今日もそんなコメントなんだろ、アレは。

このチームに多くは望めない。明日は2-0で勝てばいいなぐらいに考えたほうが良いか。先発が頑張ってるんだから一つぐらい勝てるよな。勝てなかったら休みなしで良い。打てないんだから練習。当然でしょ。

試合にはほぼ影響はなかったが、一つだけ。相川を一軍に置くメリットを納得出来るように説明して欲しい。打てるならまだしも打てないわけだから。僅かな機会でも彼より若い選手に与えたほうがメリットはあると思うのだが。はっきり言って、今の使い方ってチームにこの先何もならないっすよ?

インケツが獲得した選手が揃って…という日になったが、補強ポイント自体は全て誤っていたわけではなかった。やはり最大の失敗は、前にコメントいただいたよう、辞めるはずだったコーチにヘッド要請したこと。そして今に至る。仮に由伸が、どうしても、と言ったとしても、そこは絶対変えること。フロントにはそれを求めたい。チームをこのままにしたくないのなら。

報知はわざとカルビコメント載せてるの?って思う方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年6月23日 (金)

中日(東京)●0-1 悔しくもないか

明日がナイターで良かった。今から川崎に行ってみっちり練習出来るじゃないか。え?こんなこと書かなくても当たり前じゃないのかな。悔しいのならね。今日はバルデスが良かったから仕方ないでは、広島との差は埋まるはずもなく開く一方。広島じゃなくても神宮見てみ。あなたたちに返せる力はありますか?先制されたら降伏ですか?13連敗したけれど、ピッチャー頼みというのがよく分かるチーム。あの時の連敗に比べたら悔しくない、とか思ってないだろうな。ピッチャーで持っているチームとそれぞれ自覚すべき。

チョーさん二塁打から、犠打させないでくれと思ったら、これ。坂本ダメだとしたら後ろがバルデスにノー感じのケーシーと陽だったけど、歩かせるよね〜。知ってたけどまあいいよ、うん。セイバー通りの確率にかけたんだもんね。相手はアウトカウントが違えどランナー二塁から単打で一点なんだけど、気にしないでいましょうか。

平田とビシエド不在、藤井どインケツだった日に勝てない方が難しい。これに悔しがらない人は明日から来ないで良い。

打たないイライラをクリックしてぶつけましょう
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

より以前の記事一覧