2018年8月18日 (土)

中日(東京)◯10-0 3回で流れを変えた

中日(東京)◯10-0 3回で流れを変えた
先制弾、完封!

初回シゲが2-0から打ちに行かずに四球狙いならどうなってたかな。山井が荒れてたから。いや、どうせバントか…。ノーアウト一塁二塁から好守を見せたヤスのモメンタムに期待せず送らせて小林?というのが見えたから…。ヤスのバントヒット、あれは奇跡だけど、小林がねぇ。

ノーアウト満塁を活かせなかったが3回裏に流れは変わった。俊太のヒットからケーシー2ラン。岡本が選んで慎之助2ラン。その直後、チョーさんが東京ドーム100人目の看板直撃弾。山井を降板させた。パワーはあるのよ。ここでは何度も書いたけど昔飛ばない加藤ボールで今メジャーリーガーのチェンから今日ぐらいの特大弾打ってるのだから。

守備の乱れからさらに1点取れたことで、智之が明らかに変わった。重しが取れた、というかな。重圧がなくなったことでスイスイと。球数はかさんだが、9回を完封。3類を踏ませなかった。

岡本と陽にもアーチが飛び出し二桁得点。たまにはこういう試合も必要。今日は満足。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2018年8月17日 (金)

中日(東京)●1-6 考えてやってます?

数日前に好きにやりゃいいって書いたけど、これねぇ…腹立てるなってほうが無理でしょ。8回にそれが集約されていた。何度繰り返しても懲りない捕手下げてスターターそのまま。いつも組んでる宇佐見だからってそれはやっちゃダメでしょ(というかそもそも今日なんで小林?)。これで終われば、何度やっても懲りないなぁ、で終わるところだった。ところが、だ。

ワンアウト二塁三塁からアルモンテのゴロで1点取られてツーアウト三塁で平田。ここでベンチが田原にスイッチした。申告敬遠というルールがあるんだから平田歩かせて京田のところでC.C.下げて左出しゃいいじゃん、とそこで突っ込んでいた。ところがその後信じられない光景を目にした。平田勝負…。え?何で塁が空いているのにわざわざ一番打ってる選手と勝負すんの?この時点で、嘘だろ?という気分になっていた。そして結果は、案の定である。これは無いわ。無い、無い。1点だけにこだわるスモール好きなのに、1点取られたくないところで何故勝負するのか。あれを疑問に感じなかった人、いるのか?申し訳ない。勝負させた理由なんて想像出来ないし考えたくもない。有り得ないから。

今日はおそらくコメントが多く集まるでしょう。だって疑問しかないもの。土曜の試合後に書いたことは外れないでしょう…。この首脳陣は私たちの想像以上かもしれない。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2018年8月15日 (水)

ヤクルト(神宮)●5-6× 取れるときに取ること

ヤクルト(神宮)●5-6× 取れるときに取ること
浜スタ名物に対抗か。

4点ビハインドをひっくり返してからのサヨナラ。痛いといえば痛い。まぁ、でも、アダメスのせいにする人はいないでしょう。いたらその人に声を大にして伝えたい。マギーだよ、マ・ギ・ー!あれだけ若い選手が懸命にチャンスメイクしてるのに今日何したのよ。最終回の山本なんか最高の仕事したよ?先頭四球なんだから、それを活かすよう何とかしてもらわないと困ると言って良いところ。打てなかった自分の責任なのだからアダメスのフォローぐらいしてもらわないとね。

細かなところでの積み重ねが試合には響く。もはや山井しか打てないことが分かったホルマルを我慢する理由はもう無いでしょう。併殺取れないし、セカンドにトスすれば終わるところをわざわざ一塁に投げてセーフにしちゃうんだもの。それも経験なのかもしれないが、今我慢するところでは無いと思う。明日からは俊太で臨むべきでしょう。

瑣末なことかもしれないが、疑問だったのは逆転直後の選手交代。クリーンアップの直後に小林・澤村という並び。小林を締めの捕手と考えているのであれば代打は出せない。残っていたのが宇佐見と大幾だけだったとはいえ、先に小林という配置はアリだったのだろうかという疑問。ここは意見の分かれるところ。わたしは柔軟に出来るよう小林の打順を後にすべきだったように思う。

投手にタイムリーを打たれたことなど反省点は多い。これを明日以降に活かして欲しい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年8月13日 (月)

広島(MAZDA)◯8-4 一年ぶりの白星

広島(MAZDA)◯8-4 一年ぶりの白星
ちょっとしか行ってない自分が味わって良いのかなという思いもあるけど、とりあえず止められて良かった!

93年組の活躍が光った試合となった。まず驚かされたのがシゲちゃんフィーバー(シゲちゃん違いってか(笑))。二塁打二塁打三塁打でしょう。ホームランなくてもOPS相当上がったんじゃないかな。先輩に優しい大城と違い滅多打ちにするとは。左には相変わらずアレだったものの、自信になった試合となったのではないか。ヤスは二打席粘りながらも結果を出せなかったが、三打席目で結果を残した。最近は苦い思い出しかないMAZDAで、結果を残せたことは明るい材料。そして、前回の悔しい登板のリベンジを果たしたノブ。敵地でHQS達成と素晴らしい結果を残した。今年は一つ何かを掴めたんだろうなと実感出来るマウンドだった。でもぶっちゃけ前回のMAZDAだって、それまで宇佐見と組ませてたのに、突然大城にしたりしなかったらわからなかったでしょう。同期のドラ1がピー!(放送禁止のため)で、同い年の大卒ドラ1がアレという中、階段を上がっている。好きすぎてたまらなかった宮國さんを上回れる可能性はある(ただ、今日の2被弾は捕手が…と思ってしまう…)。

振り返ると2本のアーチが大きかった。昨日に続いて陽がライトに運び、そしてケーシーは1点返された直後に2ラン。ベテランと若手がそれぞれ結果を残せたのは良かった。チームで勝てたということか。

苦手意識を払拭するには、今日活躍した次代を担う選手たちが、良いイメージを抱くことだろう。そのきっかけになればと思える試合だった。

一年ぶりの広島での勝利、ずっと我慢してきたファンが喜べる瞬間が訪れて良かったと思う。我慢した分、来年以降たくさん勝ってくれることを願いましょう。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年8月12日 (日)

広島(MAZDA)◻︎2-2 残り数ヶ月

広島(MAZDA)◻︎2-2 残り数ヶ月
先ずは引き分けに持ち込んだ選手を称えたい。9回ツーアウト、追い込まれてから陽の同点弾が飛び出すとは。こういうことがあるから野球は面白い。若い選手の輝きも見ることが出来たし、その点では満足している。ただ、それは選手の頑張りに対して。

今日の試合を終えて、この言葉をおそらく初めて使うかなと記憶している。似たようなニュアンスで使ったかもしれないが、今回は本気で。この二頭体制が、来年以降も続くことは有り得えない、と。12回の采配を見て、それが確信に変わった。現地にいた者として伝えると、あの連続スリーバント指示、ビジパフォでは怒号が飛んでいた。私は飛ばさなかったが、宇佐見のスリーバントは、ああ、やらすんだ、とポジティブではない感想を抱いていた。その後の中井スリーバント指示含めてファンが不満に感じる理由、それは良いでしょう。書かないでもだいたい思いは同じかと。

不満を抱くのと同時に、今年までなんだから好きにしたら良い、と思うようになった。どのみち優勝は厳しいのだから。今は若い選手が経験を積んでいる。それを継続してもらえれば。

一番ホルマルなんてオーダー組んだ時点で今日勝てなかった責任は首脳陣にあると思うけど、多くは望みません。一つ願いたいのは、何とかしてもらわないと困る、という言葉は止めましょう。それは理に適ったオーダー組んだり、ファンが納得するような采配をして初めて共感出来る言葉です。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2018年8月10日 (金)

広島(MAZDA)●3-9 現実を受け止める

広島(MAZDA)●3-9 現実を受け止める
「結果論」と気にしない結果コレ。監督のこと気にするのはいいから責任取りましょう。

トリプルスコアと酷い結果となったこの試合。まず先発のC.C.に関して。マウンドで苛立ちも見せて悔しい結果となったけれど、気にしなくて良いでしょう。被弾以外の失点は単打が連なってのもの。今までの相手との違いを感じた、それで良いのではないか。あんまりスイスイ行き過ぎても面白くないでしょう。むしろこれぐらいの相手が当たり前と思って臨めば成長出来るのではないか。登板ずらして調子狂ったのなら心の中でベンチの責任と思えば良い。今日は今日で受け止めて次に進みましょう。

継投に関しては、最初は疑問だったけど仕方ないのかなと。前回鈴木に初球同点弾喰らった野上を何故?と思ったけれど、あそこが田原でも丸に絶対打たれるという対戦成績だし抑えられた保証はない。むしろ疑問だったのはチョーさんの交代。アクシデントでもなければ同じようなタイプの陽を代打に出すってのは考え難いこと。もしそうでないのなら、何で頭から使ってたんだっていう話になる。

ガッカリさせられたのは8回。ノーアウト満塁から無得点。特に慎之助がボール球2球振って三振というのは。しっかり見ていたら押し出しで点差縮まったのに、あれで今村に行けると思わせてしまった。慎之助に限った話でなく、どの選手も選球をもっとしっかりやらないと。高めの釣り球を振って終わるってここ4試合で何回見たことが。広島が室内でやってる中、あえて外で練習やりましたなんて何のアピールにもなりません。

あの8回で腹を立てて帰った方が何人もいた。ビジパフォなんて守ってないと見えないだろうけど、こういった現実をチームはしっかりと受け止めて臨んで欲しい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年8月 9日 (木)

阪神(東京)●2-3 唯一三連投した投手で負け

澤村になんとかしてもらいたかったのでしょう。初戦終わった後、相手に4人投げさせたことがのちに影響するかも、と書いたが、まさかこっちがリリーフ三連投させて、その投手で負けるとか。そして試合後のコメントは、想像以上に残念なものだった。どんなシチュエーションでも使う、そうですか。気を使って起用してもらえねるならまだ、選手のせいにしていいですけどね。コメントからは感じられず。

敗因は、一回の得点だけで満足した打線だろうな。山口は阪神戦ではあれで抑えたほう。初回だけがチャンスだったようだけど、もっと取らないと。ホルマルが指痛めて引っ込んだのもね。必死とかばう人もいるだろうけど、尚輝の離脱を知っていながら何故あの後2人も危険なプレーをする選手が出たのだろう。しかもレギュラー2人のいないセンターラインの選手。いなくなった時の影響を考えて欲しいところ。

投手コーチのコメントが入った。そうやって四月の神宮で無理させてさらに負け試合作ったの、もう忘れちゃったのだろうか。ベンチには負担を軽くしようという考えは無いのだろうか。

もう本当に先発完投しかないのかもしれない。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年8月 8日 (水)

阪神(東京)◯3-1 一閃と幸運

阪神(東京)◯3-1 一閃と幸運
岡本レフト、と見た時は、俺は疲れて幻覚でも見ているのか、と思ったが、今日はこのオーダーが当たった。慎之助の一振りで3点取りそのまま逃げ切り…ん?5月もそんな試合が、と思ったらそれは4-2だった。って思い出した、慎之助、内海、上原の試合だ。初回なので当然間に合わなかったが、一振りで決まる、これも野球。

投手は光夫がピンチに粘って無失点で6回を投げ切った。その後宮國と澤村が抑え、アダメスが最後に1点を失いリードを守って終了。よく頑張ったとも言えるが、ぶっちゃけ福留休養日で助かったでしょう。特に7回。若林のありえねえプレーでランナー残って三番まで廻っていたのだから、そこに居たら…。

途中で知ったのだが、ローテ変更で明日山口ど、ってことで、今日落とせないなと。投げてみないと分からないから。そういう意味では、取れてよかった。

最近ホルマルのところにボールが飛ぶと…怖い怖い、と口にする私が居ます。もしドームでそんな声が聞こえたら、、多分俺笑

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年8月 7日 (火)

阪神(東京)●4-7 何故かを考えましょう

ドームのG党を敵にまわしそうな、あの叫んでたインタビュアー、ほんと強いメンタルだわ。

と、ちょっと逸れたけど、まぁ、配球が考えられなかった、で良いんじゃないでしょうか。これは一年目とか関係なく、試合を見続けていればロサリオのストロングポイントとウィークポイントなんて分かりそうなもんだけどな。けど、バッテリーコーチは責めるような聞き方をしないこと。しっかり本人の意図を聞かなきゃ。公のコメントでまた叩くかどうかは知らんけど、原因分析にはまずヒアリング。その上で話し合って反省すれば良いでしょう。

その被弾が無かったとしても、内海はやられてたんじゃないかな。先週の6点差130球完封の影響は気になったが、5回はもう限界というところだったのでしょう。あれだけ糸井と福留に好きなようにやられていては、取られるのも時間の問題だったと。

序盤の球数でHQSも見えていた岩貞降ろしてリリーフ4人使わせたこと。良かったのはそれぐらいかな。ただ、それは明日以降も先発に試合を作らせなくて初めて意味を持つもの。明日以降の打線に期待しましょう。

ノウミサンのところで点を取りたかったけれど、右のホルマルだとちょっときつかったか。ドームに合流した若林とどちらかで右が良かったら使い分け出来るけど、どちらも左打席の方が打てそうなんだよな…。

クリーンアップ以外にはやられていない。他の選手に火をつけず、明日は試合を作って欲しい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

中日(東京)●2-9 何事も経験

髙田のデビュー戦、結果だけ見たら勿論良いとは言えない。長打は一本だったとは言え、一軍で通用するためにはコントロールやクイックなど改善しなければならない点は多々あるでしょう。ただ、これで自分の力を認識出来て、これからやるぞ、と思えたのではないかと。そう考えれば前進です。

責められるところは、初回で一番二番が出塁したのに、クリーンアップが進塁もさせられず終わったところでしょう。そこと、あとは相変わらずただ投げているだけの中川ぐらい。他の選手の失敗は、これからというところなので温かく見守ろう。ホルマルの危なっかしい守備とか、重信の横取り守備とか、アダメスのフィールディングとか、七番打者の第一打席クソボールブリブリ三球三振とか、ライトのお手玉とか…って、最後の二つはそんな甘いこと言ってられっか。さらに言うなら、何でこの何もしてないおっさん選手が最後までフル出場やねん。わざわざ尚輝のところで愛人使ってヘイト溜めるより、そこで使えば良いじゃん。てか本当に尚輝下げた時、ポール際とオレンジにいたファンは何で?って反応だったよ。でも試合への集中度が変わるならライト中井でも良いか。セーフっぽくてもリクエストする執念は見せてくれるみたいだし。

今日は試合前にショックな報せが飛び込んで来た。チームの三本柱の1人、スコットが登録抹消となった。膝ということで予想外の連投があったことに起因するかは断言し難いところだが、これでシーズン当初に勝ちパターンと想定していた2人がいなくなった。これは同時に、チームの柱が智之だけになったとも言える。一つ願うことは、焦って無理しないで欲しいということ。無理をするとしても、今ではない。

しかし報知の質問、何じゃあれ?中川投手に、ってわざわざ問う意味が分からない。そんなん聞いても当たり前のことしか返ってこないの知ってて聞いてるだろ。昨日出塁率3割未満の陽を一番にした理由とかに突っ込むことをファンは望んでいると思いますよ^ ^

これからより厳しくなる。今後ファイヤーフォーメーションにするなら打ち勝つしかなくなる。投手は大変だ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

より以前の記事一覧