2019年8月18日 (日)

阪神(東京)◯6-3 スイープに一安心

Img_0101

スイープ成功。ただ、相手にかな〜り助けられたというのも事実。慎之助のフライを4人お見合いでポトリ。その後ワンアウト一塁三塁で増田というところ。明らかにストレートに合っていなかったのだが捕手坂本の選択はチェンジアップ。これが幸いした。レフトオーバーの2点タイムリースリーベース。その後前進守備で強いゴロ転がせば抜けそうなのに小林が非力ポップフライ(怒)でツーアウトとなったが山口が追い込まれてから巧打で3点目が手に入った。坂本のリードなのかガルシアの制球なのかは知らないが4回80球以上投じてヘロヘロになって交代した、と。

 

増田が四球後に二盗、三盗を立て続けに成功させた。前進守備でヒットゾーンは広がっていたはずだがこのチャンスに小林が非力ボテボテゴロ(哀)で結局点は入らず。そんな悪い流れもあって山口は1点差に追い上げられて降板したが、その裏にもラッキーはあった。ツーアウト二塁一塁で打席にはゲレーロ。追い込まれたが、原口が中腰になった瞬間に「マジか!」と。行けるかもと思ったらゲレーロが左中間を破り2点を返し再び突き放した。この配球には助かった。

 

ピンチはありながらも、大竹、田口でつなぎ、最後の1人を澤村が抑えてスイープ。最高の結果で終わった。

 

丸がど不調という中で3連勝出来たという点は良かった。かなり幸運に助けられたが。注文をつけるとしたら、小林でしょう。増田があんな良い形でお膳立てしてるのにね。彼の好判断を活かさないと。采配に文句はつけつつも、当たったところはある。晃弘をサードで起用したことだったり今日の増田起用だったり。本当に増田はかなり良い経験になったと思う。継投に関しても中川の具合は気になるところだが、デラを休ませることに成功した。スイープのために投げさせてもおかしくはなかったから、よくやり繰りしたなと。他チームだとそうはいかないかもしれないが…。

 

スイープ出来たことには満足。一日休んだらまた戦いが始まる。週末からは上位との対戦。全て勝ち越すつもりで臨んで欲しい。
ああっ!私としたことが、岡本さんのアーチに触れていなかった…。一言で、エグい!映像で見返しても今まで見たことがない打撃、それでいて飛距離は凄まじい。この岡本が発展途上ということとなると、これはとんでもない選手になるなと思わせるアーチだった。脂の乗っている時期にどうなっているか…。楽しみしかない。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2019年8月17日 (土)

阪神(東京)◯4-2 打たせればいいのに

Img_0041Img_0049

勝ったから無かったことにされそうだから言いましょう。

 

スモール(笑)のせいで負けていた可能性が高かったぞ、と。あの問題の場面を指摘することなら誰だって出来る。まず4回ワンアウト一塁で慎之助の時にエンドランかましてきたことに納得していない。慎之助の思うように打たせて2ラン待つところを、2-0からサインでボール球引っ掛けて進塁打止まり。西からはアーチを打てているのでこの日のスタメンは当然。だが、そういうことをさせるために起用したのではないでしょうと。思えばその時からスモールしたがりの気持ちが出ていたのか。

 

で、例の場面。前の回は高橋から坂本まで連打。丸で途切れたが、イニングが変わって岡本と慎之助が連打でチャンスを作っていた。5人にヒットが出始めていた。つまり攻め時。そして復帰後から数字を上げてOPS.872まで上げたゲレーロを迎えるところだった。何やら元木コーチと話していたが、ノーサインの確認だろうなと。そして打席へ。打席に入って仕草を見た瞬間に両手を広げた。「Why!?」という気持ち。ゲレーロにバント?亡命後初のバントは奇跡的に成功した。その後大城は四球で満塁に。ワンアウト満塁から若林が何にもならないファウルフライ。そして代打の慎吾は内野ゴロで終了。だからスモール(笑)やるなら後続を考えてやれっての。チャンスで打てなかった若林の問題じゃなく、誰がどう見ても1番打つ確率の高いゲレーロに何故バントさせるのか。ゲレーロにバントをやらせることがすごいなんて思ってはいけない。やられた側の本音は、あー助かる、これでしょう。

 

そんなことがありながらも運だけはあった。左投手が出てきて、島本か岩崎だよな、と思っていた。ところがアナウンスを聞くと「能見」と。これには私も「へ?」となったのが正直なところ。そしていきなり亀ちゃんがレフトにヒット。打球処理状況を判断して2塁に進んだ。坂本は選んで一塁二塁。丸はノー感じだったが、能見相手なら勝負。そして四球を奪った。ノーアウト満塁。ここで岡本が犠牲フライを放ち追加点。さらに慎之助のタイムリーでもう1点追加して能見は降板。変わった守屋の初球をゲレーロが捕らえフェンス直撃のツーベースでもう1点。入っちゃえば「ほら見ろ、だからバントさせるべきじゃなかったんだ」と声を大にしていただろう。入らなくても言うけど。

 

高橋、澤村と繋いで8回は高木。簡単にワンアウトを取ったが、何故か北條に被弾。さらに次の福留に初球被弾。そういう誤算はあったが、鍵谷が後続をポテンヒット一本で抑えて8回を終えた。最後はデラがパーフェクトリリーフ。7回の追加点がなければ、スモール(笑)のせいで負けた、ということになりかねないゲームだった。

 

スモール(笑)の話はこの辺で、各選手について。髙橋は四球の多さに課題を残しつつも、三振を取れるのでピンチを凌げるのでしょう。相手コーチが語っていたが、プレートの位置を変えるなど工夫もしている。攻撃の兼ね合いで6回降板となったが、今日の出来ならHQSも狙えた。この時期に助かる。坂本は毎試合どこかしらで結果を残している。先制弾もそうだが、追加点のイニングの四球奪取、そして好守。今週は大竹の働きが目立っているが、週間MVPは坂本ではないか、とも思う。そしてゲレーロ。本当は打ちたかったろうに。決めたのも見事だがそのあと初球で長打を放つあたり、やはり状態が良いのでしょう。

 

勝ち越しを決めたが切り替えてまた一つ勝つのみでしょう。

 

ところで、先月MAZDAで2被弾して負けた試合があり、あの時はリーチの長い外国人選手に対し外角勝負した大城の問題と思っていたのだが、あのポール直撃弾は…。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

阪神(東京)◯2-1 ロースコアの時は一発

Img_9929Img_9981

前日移動のはずが当日移動を強いられて、タフな戦いだったが、よく勝てた。3回の3球チェンジには激怒しそうになったが笑

 

野手が打てないのはある程度想定内だったが、桜井と小林のバッテリーは球数をかなり費やし慎重になっていたのかなと。ピンチは結構あったものの、相手の5、6番がノー感じだったのと、マルテの併殺に助けられた。7回の途中で降板。中5日で120球以上投じながらも、まだまだ行けたと語っていたのは、投げるスタミナはあるということでしょう。7勝目を手にしたことでいよいよ見えてきた。

 

左相手に投げた高木の後を受けたのは大竹だった。ノーアウト1塁から出てきてマルテを歩かせてしまったが、ソラーテ内野ゴロで一塁ランナーをアウトにすると、大山にサードゴロを打たせて併殺打。1点覚悟の場面でよくゼロで抑えた。1日挟んで4連投。リリーフに転向すれば大竹の給料は上がると思っていたが、想像以上。勝ちパターンに入っているのだから。彼がつなぎ、そして最後は1点差のハードな場面をデラが締めて逃げ切りに成功。

 

ロースコアの時は一発、これを実践できたのが岡本だった。去年甲子園で高橋からバックスクリーンに飛ばしたのを現地で見ていたが、この時も今日の2ランもストレートだった。相手の自信のあるボールを仕留めたのだからこの時は岡本が上回ったということでしょう。完璧、というわけではなかったが、そこはベースとなる飛距離があるからということで。打率は下がっても打点とホームランは去年と同じペース。周りの声にとらわれすぎずに打点とホームランの数を伸ばしてもらいたい。

 

安打数は相手の半分ながらも結果はダブルスコア。これも野球ということでしょう。ハードな試合に勝ててホッとした。今日は何も考えず、しっかり休みましょう。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年8月11日 (日)

ヤクルト(東京)◯7-1 球は飛ぶ飛ぶ

Img_9749Img_9751

ゲレーロの状態の良さがそのまま勝利に繋がったという3連戦。ホームでヤクルトに負け越していたが、スイープしたことで今年はプラマイゼロで終わった。初戦のモメンタムなのかもしれないが、ゲレーロの復調と岡本の復調がリンクした結果、7点差も逆転出来たわけだから、2人が良い状態になったおかげかな。実際今日の3回の得点もツーアウトから止まらなかったことで最後にゲレーロが決められたわけだし。昨日の時点でOPS.822だったが、マルチアーチでまた上がったでしょう。広島戦の前にかなり温めてもらえたのは大きい。ゲレーロの機嫌を損ねかねない判定した山路はさっさと引(略)。あの判定以外でも酷かったなぁ。

 

髙橋はとても不思議な投手。途中小林が間をとって落ち着かせたことでピンチを抑えることが出来たわけだが、本当にボールの良し悪しがハッキリしてるなと。間をとった直後に雄平に追い込んでから球が高くなって、さらに次の村上にはフルカウントとして歩かせたらノーアウト満塁、というところで最高のコースに変化球決めて三振奪うし、その後2人三振に仕留めて終わってみればノーアウト一塁二塁から三者三振、と。キツイかな、と思ったところであんなに良いボール決まるんだもんなぁ。春に比べ球速が上がったのは分かった。QS成功で4勝目。このまま最後までローテを守れるか。

 

岡本の状態が上がってきた。そしてゲレーロも上がってきた。となると、あとはクリスのコンタクト率が上がるのを待つのみ。ところが、何故か途中で下げられていた。彼が上がってくれば相手投手は気が休まらなくなるのに。この謎交代を見て、隙あらばまだ使う気なんだな、と邪推してしまった。飛ばせる選手優先した方がいいってば。

 

7点差逆転、中川とデラは2試合お休み、坂丸岡全員アーチ。この3連戦、出来過ぎかな。明日からの三連戦は柱の2人が投げるのだから勝ち越しはマストでしょう。そして月末のホームでの戦いに繋げて欲しい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (10)

2019年8月10日 (土)

ヤクルト(東京)◯8-4 理想の形へ

Img_9633

相手の星が制球に苦しんでいたのもあり、序盤で大きくリードすることが出来た。先頭の亀ちゃんが惜しいレフトフライを放った次のボール、坂本が右中間最前列に先制弾。その後四球四球、進塁打のあとにゲレーロがタイムリーツーベースを放ち3-0に。7点差をひっくり返されて今日も3-0となり中村のリード面に問題ありと見たのか捕手だけ変えてきた。二回裏に小林のヒット、桜井犠打失敗、亀ちゃんファウルフライで2アウトとなった後がすばらしかった。坂本、丸の2人が四球を選び、岡本がセンター方向にフェンス直撃の2点タイムリーツーベースを放った。その後に押し出しもあって星は交代。その後は相手のエラー、亀ちゃんのアーチで追加点を得て、2ラン2本浴びながらも逃げ切ることが出来た。

 

岡本の状態が上がれば上がるほど、理想の攻撃を見られることとなる。二回に見られた四球ー四球ー長打、見たかったのはこういう攻撃。選球能力の高い坂本と丸の並びがあるからこそ出来ること。あとは決める人の岡本が仕留める確率を上げることで機能する。相手により重圧をかけられるから。今のチームに松井はいないけれど、松井がいた頃に感じられた攻撃の厚みは、やはり四球によりランナーを溜めることが出来たからなのだと思う。岡本がさらに打つボールを選べるようになれば、雰囲気はその時に近づけるのかもしれない。

 

中5日で出てきた桜井は、投手に四球直後2ランという論外被弾とバント失敗、この二つ以外は良かったと思う。この日、中川とデラが休養日としてベンチメンバーから外れていた。早い回で降りるわけには行かなかった。QSを求められるところで達成出来たのは良かった。田口の被弾に関しては、最初の振り逃げが問題。アウトにしていれば出なかった。捕手が反省するところでしょう。ちなみに廣岡、青木、どちらも1番被弾してるのはジャイアンツ。こりゃ蝕まれてるな。

 

明日でホームヤクルト戦は今年最後。ここまで5勝6敗。なので、勝つのみでしょう。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

ヤクルト(東京)◯10x-9 7点差を逆転

Img_9612Img_9614

入場前にこりゃきついなという点差。入場後は今日書くことをイメージしていたが、まさかこうなるとは。今日はもう、ココに他チームは打たれても4本なのに9本ってどういうことだ?万年最下位バッテリーコー(略)と書くつもりだったのに。まぁ、書いたけど笑

 

トリガというのはどこに転がってるかわからないもの。坂本の30号が契機と言えるのかもしれないけれど、5回かなぁ。増田のセンターライナーが後ろに逸れて結果これが2点に絡むことに。その後ゲレーロのアーチが出て4-8となった。次の回に岡本のアーチが出て、さらに次の回に増田と大城が惜しい当たりを放っていた。この辺りで相手も嫌な感じはしていたのかもしれない。

 

8回に宮國が1点取られたが、裏に初球ソローロ。これで3点差。その後慎吾が選んで坂本の飛球は惜しくも届かず。何故か二塁を回っていた慎吾がアウトになりそうだったが、リクエストは覆らずセーフとなった。これが大きかったか。丸がヒットで繋ぐと、岡本のところで相手は近藤にスイッチ。3球目の外角ストレートだった。捕らえた瞬間にそれとわかる同点ホームランが飛び出した。まさか追いつくとは。

 

9回、中川がピンチを迎えると、ライトから自然に拍手が起きた。他チームではボール先行時に見られるが、ジャイアンツでこういう拍手は記憶にない。恐らく、この試合に勝つんだ、という気持ちが強くなって起きたものだと思う。同点弾後の雰囲気はこれまでに感じないものだった。
裏に大城が追い込まれながらもヒットで出塁した。陽が代走に送られ代打は小林。この時点で作戦は一つだった。小林のバントはあまり良くなくギリギリのところ。ところが、陽が何故かスライディングの時にこけていた。オーマイガッ!この回は点を取れず嫌な流れだったが、次の回をデラが完璧に抑えて、裏は坂丸岡というもっとも期待出来る打順だった。
先頭の坂本が追い込まれながらも、ライトにフェンス直撃のツーベースという素晴らしい結果を残した。丸は申告敬遠で一塁二塁。岡本には当然打たせる指示。結果、粘って四球を奪いノーアウト満塁に。慎之助の一打に期待したが三振。続く増田のところで亀ちゃんが出てきた。マクガフ相手に粘りを見せて、8球目のスプリットを捕らえた打球はレフトフライ。坂本がホームにかえり7点差ゲームをひっくり返すことに成功した。

 

 

五月にもひっくり返した後に連敗しているだけに、これで行けるかも、とはまだ考えていないのが正直なところ。ただ、そんな中でも収穫なのは、岡本に2本出たことでしょう。同点3ランは本人も納得の一打だったと思う。キッカケになるのかもしれない。その後の打席は雰囲気を感じられた。そこは期待したい。

 

7点差をひっくり返したのは13年ぶりと聞いて1秒で、あぁあの神宮の試合だな、と思い出していたがその通りだった。我ながらこういう記憶力だけはすごいと思うわ笑 その年は連敗、また連敗という感じでハードなシーズンだったが、今年は違う、というところを見せるためにはまた明日からも勝ち続けないと。

 

今日はペナントの展開置いといてファンはとても喜べる試合だったのではないか。本当に勝てて良かった。

 

でも最後に喝。

 

慎吾、あれがアウトになったら来年その場にいられないかもしれないよ。どうにかギリギリ間に合ったことを幸運と思い、本当に走塁を改善しないとね。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年8月 4日 (日)

DeNA(横浜)●2-3 残り2ヶ月

安打数、四球数は相手を上回ったのだから、今日の敗因は野手でしょう。決めきれない、守りのミスが出る、紙一重だがこの試合ではその辺りが要因だったと。桜井は良く投げたと思う。内野の守りさえしっかりしていればQSは間違いなかった。初回を1点に抑えたのも成長なのでしょう。

 

采配とオーダーに関する疑問は2つほど。一番打者を代えた根拠はなんだったのだろう。昨日守りを見ていると少し亀ちゃんに疲れが出ているのかなと感じるシーンがあった。出塁第一の一番打者にするタイミングというのは果たして適切だったのだろうかと。そして、二回ノーアウト一塁二塁から出た若林に対するスモール指示。後続はヤスと岸田。これ送ったとして、ヤスが何も出来なかったらほぼ終了コースでしょう。今永からホームラン打っている若林に犠打というのも何故?と思うし、守備に目を瞑って使ってるのは打撃に期待してるからじゃないのかな、とも思う。

 

今日は2度のチャンスに三振に倒れた岡本がクローズアップされるのでしょう。自分が打っていれば勝てたというのは理解しているだろうから、ここから先結果を残すしかない。

 

ファームのオーダーを見て、何じゃこりゃ?と倒れそうになった。四番一塁中島の時点ではぁ?となったが、今日はフル出場している上に途中から三塁も守っている。守れるクリスが何故かDH起用で。守れない選手に今更このように守らせるということは、そういうことなのでしょう。

 

つい半月前にはマジックか?と言われていながらもこのような状況となった。こういうことになるのだからこの先の2ヶ月なんて分かりゃしない。シンプルに考えれば、Aクラスにいるチームの中で、この後一番勝てたチームが優勝ということとなる。この後積み重ねられるように応援していくだけでしょう。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2019年8月 3日 (土)

DeNA(横浜)●5-6 のびのび野球はどこへ

今村が3ラン被弾して次の回の守備時、ブルペンから誰も出ていないのに交代のアナウンスだけあり、何かと思いきや小林だけ交代。確かに小林の構え通りにボールは来ていたのだが、この交代は被弾を小林のせいって言っているようなものでしょう。ソラーテに被弾した時といい、この扱いはなぁ、と疑問。小林のままでさらに失点しなかった保証はないが、中井の特大弾は今村そのままで捕手だけ岸田にしたことでしょう。本当に流れを変えたいのであれば投手も下げるべき。同点後に与えた決勝点は岸田のパスボール。それは使った側の責任ということで。初打席はボールになるチェンジアップブリブリ振って三振と攻守においてほろ苦のデビューとなった。やるべきことは盛りだくさん。

 

5点差はよく追いついたと言えるでしょう。同点直後の丸の打席は、最低でも前のチームで徹底して求められていた意味のあるアウトが欲しかった。チームの軸である選手だからこそ求められる部分だし、彼が打てば攻撃の軸揃い踏みということで流れを寄せられる可能性もある。ノーアウト2塁から浅いフライだったため、勝ち越しに繋げられなかった。

 

坂本、丸、岡本のうち2人が点を稼いで投手が試合を作れば星はついてくるでしょう。今日は投手が試合を作れなかったということ。

 

ただ、継投に関しては未だに安心出来ない。8回中川、9回デラと固定していく方針ならまだ分かるがそうではなさそうだ。前に話してたストロングポイントで使う柔軟な起用というのであれば、中川を5-4と打ち込まれている宮﨑が先頭の時に当てるのはなぁと思う。これはそういうデータを見ていない、というだけな気もするが。これからどうやりくりしていくのだろう。セ・リーグでクローザーが決まってないチームは巨人ぐらい。何故かファームでライアンがスターターになってたり、8月でこの状況というのもしんどい気がするが…。

 

明日は桜井と今永。同じ年にドラフト1位でプロ入りした2人。実績はかなり開いてしまったが、ここで結果を残せるか。1つ階段を上るキッカケにしてほしい。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2019年8月 1日 (木)

広島(東京)●2-8 6回1得点の時点で

6回1得点の時点で負けだったということなのでしょう。C.C.がいつもと違う捕手と組んで6回1失点は意外だったが、広島に勝ったことのない投手だけに点を取って勝つしかなかったのだからそこは野手の責任ということで(でも6回の亀ちゃん三振前に高めに来たカットボールは外れてたろ、佐々木)。

 

7回の大量失点は正直アンラッキーなところもあった。田中の犠打がフライになったところをC.C.が小林に任せておけばアウトになっていた。そこからさらにバントヒットなどもあって一気にいかれたわけだが、バントヒットもサードがクリスならアウトだったかなと。そこは肩の違い。

 

あまり問題視されていないところを突くと、捕手に打たれ過ぎということ。時間のある方はAS明けの試合結果を振り返ってみましょう。最初のカードを除いて捕手に毎カード痛打くらってるから(最初のカードも打点はないが最後の試合中村に4-4の時点で捕手の負け)。MAZDAで3タテくらった初戦を思い出してみるとさらに分かる。代打で出てきた坂倉に対して長打だけ避ければいいところでフェン直喰らってその後生還されてるから。そして8回に會澤に被弾、と。そして今日は坂倉に3ラン。他で打ってるか?って話。古川1回降板の試合だってピンチを凌ぐかというところで中村にツーベース。先日大勝した試合でもひっそりと梅ちゃんに打点献上している。こう並べてみると、やはり打たれ過ぎでしょう。

 

監督の1,000勝翌日に色々な記事が出ていた。その中でチュウさん(捕手としての実績は素晴らしいのであえてこう書く)が、コーチ時代は打たれると監督に怒鳴られたとコメントしていた。そして今この状況はまさにバッテリーコーチの責任と言えるわけだが、不思議とコメントが全く出てこない(怒鳴るのは出るわけないが)。今のバッテリーコーチは自分が呼んだから遠慮しているのか。でも、ここ読んでる人なら分かると思うけど、現役時代を見てそもそも呼ぶか?って話。ジワリジワリとその影響は出ているように思えてならない。去年、慎之助を兼任コーチにすべき、と書いたが今でもそう思う。捕手は捕球技術に長打、そして経験がキーとなるポジションでしょう。

 

今日の試合を終えて、オーダーは固まったのかなと感じている。守備の上手さ、飛距離を見てもサードはクリスしかいない。岡本もコロコロ動かさず固定させて良い。最終回の守備を見るとサードは無いでしょう。固める時期に来たと見ている。

 

山口の抹消、炭谷の交代など厳しい状況ではあるが、全員でやっていくしかない。先ずはこの苦しい状況で18番がチームをいい方向に導けるか。まず明日勝ちましょう。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

広島(東京)●2-3 同点狙いの結果

まあ、ここを長く見ている読者さんなら、「岡本にバント?ざけんじゃねえよ」と私が書くと思った人も多いのではないかと。気持ち的には半々、いや、ほほ否定ですが、冒頭に書いたようにまでは怒っていない、というのが正直なところ(球場では「策はいらねえんだよ」って口に出してたけどね)。

 

何故犠打を否定するのか。まず、チームで2番目にホームランを打っている岡本の2ランの可能性を放棄する行為だからということ。次に、仮に同点になったとして、昨日山口相手に猛攻を見せた広島相手に抑えられるリリーフなのか?ということ。スコット、ぐっさん、健太朗が居る状況ならまだ分からなくもない。でも、そうではないのだから。

 

結果的にはこの犠打指示が試合を決した。ワンアウト3塁となったことが相手にフランスアを前倒しで使わせるトリガとなった。さすがにそれは読めなかったが、終わってみればそういうこと。ゲレーロのライナー併殺は仕方ないでしょう。フランスアの出ないうちに叩く、となると、岡本に打たせるしかなかったということになる。相手にしてみれば出番を早めたことは賭けだったかもしれないがこれが大当たりとなったということ。追い詰めようとしたバントが結果的にはうっちゃられた、と。

 

先発の高橋が早いイニングで降板しながらも1点差となったのは善戦と言えるのかもしれないが、勝ちたかった。ただ、優勝を争うチームとはこの先も当たる。8月末にホームで6試合戦うのがちょうどその2チーム。その時に差を広げられるようにしたいところ。

 

明日はもう点を取るのみ。カード勝ち越しでハマスタに行きましょう。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

より以前の記事一覧