2017年6月18日 (日)

ロッテ(東京)◯7×-5 三度目の正直

ロッテ(東京)◯7×-5
精神的に追い込まれながらもよくぞ最後に…でもカミネロにはしっかりご馳走しなきゃね笑

慎之助が佐々木千隼からソロ二発放ち、チョーさんの二塁打から山本ヤスがタイムリー。これで3点。七回からスコットネロ太朗で逃げ切るかなと思っていたらスコットまさかの被弾で追いつかれた。

八回裏、山本ヤスが四球で出塁。代走重信の盗塁後に坂本進塁打。ワンアウト三塁からケーシーは歩かされた。何もなければ次は慎之助だったのだが、三打席目に厳しいところを攻められ避けた際に体を痛めて交代していた。亀井の打席でケーシーが走り併殺は無くなった。楽になれるかなと思ったが、何とファウルフライ。オーマイガッ!続く陽も凡退で勝ち越しに失敗した。

九回はお互い何事もなく、十回はカミネロが大ピンチをしのいだ。その裏、辻のパルプンテ打法が炸裂して先頭出塁。寺内送って坂本進塁打。ケーシーは歩かされ亀井。盗塁して二塁三塁。サヨナラのチャンスだったが、三振。この時点でかなり亀井の心は折れていたようだった。

十一回はピンチを辻の好捕でしのいで、裏はチャンスを作るも得点にならず。

十二回、森福が追い込んでからサントスに長打をくらい、進塁させてピンチ。八回にアーチを放った鈴木大地を歩かせて、最後の野手柿沼と勝負、というところで高木勇人にスイッチ。早々と追い込んだが、その後スクイズを決められ打者もセーフに。その後ツーアウトから角中を歩かせたところで尾花がマウンドへ。しかし続く大嶺翔太にストライクが入らず押し出し。続く中村にも2-0となったがなぜか打ち上げてくれて終わり。2点ビハインドで裏の攻撃を迎えることとなった。

ロッテも内と益田をそれぞれ跨がせて、残っていたのは大嶺祐太と左腕二人。出てきたのは前日に57球投げていた大嶺だった。裏の攻撃は一番からスタート。辻のところでストライクが入らず四球で出られた。寺内は進塁打となる内野ゴロでワンアウト二塁。続く坂本が初球の変化球を捕らえてスタンドへ、と思ったらフェン直。惜しかったが一点差に。ここでロッテは一塁が空いていたからかケーシーとの勝負を避けた。三度目の敬遠。そして亀井にとってはチャンスで三度目の打席。初球の大振りで球が見えていないか?と思ったが、三球目だった。完璧に捕らえた打球は打った瞬間それと分かるサヨナラアーチとなった。外野は大喜び。バックスクリーンの映像を見ると、亀井が監督に抱きついたまま離れていない。直ぐに泣いているんだなと理解出来た。その後の様子は、インタビューの通り。泣きながらも笑いを取ったり、めでたしめでたしの結末となった。

まず慎之助の具合が気になるところだが、先日思ったところは撤回しなければならないと感じさせられた。与し易いサイドハンド、そして狙い打ちというのもあったのだろうが、あの飛距離があるうちは大丈夫。勿論疲れは出やすくなっている。だからこそ、コンディションに気を使い、うまく休ませながら活躍させて欲しいなと。
亀ちゃんに触れる前に、山本ヤスと辻の貢献を嬉しく感じられた。山本が出てきたことで、辻をセンターラインとは違う位置に専念させられるのではないか。ファウルゾーンギリギリで内野フライをよく取った。バッティングはまだまだこれからだが、一つ一つ身につけていけば良い。山本は八回の四球。粘って10球目で四球を取ったのだから。チャンスを後続が活かせなかったが、素晴らしい打席を見られた。

亀ちゃんがツイていたのは、三度目のチャンスを周りが作ってくれたことかなと。それも最後の最後で。負けたまま終わったら亀井〜森福〜(怒)となっていたところ、取り返すチャンスがやってきてそこで喰らい付いてホームラン。もっとも、最初のチャンスで決めてれば助っ人二人の負担も和らいだが、まぁ、ご飯でもご馳走すれば大丈夫でしょ笑 金曜まで暗くならずに本当に良かった。

交流戦は散々な成績だが、ある程度上向きになってきているとは感じられる。戻ってきた健太朗と山口俊、そして殻を破ろうとしている山本と辻に期待したい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (12)

2017年6月17日 (土)

ロッテ(東京)◯8-0 今週3度目の零封

ロッテ(東京)◯8-0 今週3度目の零封
完封の時はやっぱりスコアボード載せたいよね

先制した三回の攻撃は、意図が感じられたもので好印象。ストレートの良い二木、外で勝負してくるのかなという印象を抱いていた。となると、無理に引っ張るのではなく、コースに応じた打撃が必要かなと。山本ヤスのヒットで始まったあの三回は、引っ張っての安打は一つもなかった。素人考えに思っていたことと、チームの方向性が一致すると吉と出るものなのかもしれない。欲を言えばさらに取りたかったところだが、まぁ、過程が久々に良かったので、十分でしょう。

過程といえば、六回の攻撃かな。ワンアウトからチョーさん、山本ヤス、坂本の三人が四球で出てケーシーのタイムリーで一点取れたところ。一番から三人連続で選べたなんて記憶にない。ボールがイマイチだったのかもしれないが、ああいう攻撃を常に出来たら強いよなと。後続がその時に追加点奪えなかったけれど、八回でしっかり取れたので。陽岱鋼はパワーあるなぁと。六番の方が合っているのではないか。

そして今日は田口。最後まで低めを攻められていた。七回終わった時点で最後まで投げるのはキツイかなと思っていたが、八回を少ない球数で終えることが出来たので最後まで行けた。あとは完封出来るか否か、というところだったが、見事に最後まで抑えた。先月のハマスタ以来今年二度目の完封勝利。素晴らしい。田口の存在は本当に大きい。杉内に内海、二人の左腕がどちらも出られないところで彼が出てきた。そして今や左の柱になった。次の世代が機能するのがこんなに早いとは。スカウトには不満タラタラだが、田口を取れたことは評価されるべき。

5試合中3試合零封に成功。ようやくチームの強みが出てきたかなと。このチームはピッチャーだから。明日は13連敗の始まりとなった投手が先発。ここでも水を差したら次はない、という気持ちで臨んで欲しい。プルペンは五回からしっかり準備すること。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年6月16日 (金)

ロッテ(東京)◯8-0 助っ人で勝ち

ロッテ(東京)◯8-0 助っ人で勝ち
8回零封、5打点1アーチと当然のお立ち台

着いた頃には4-0だったので落ち着いた観戦となった。マイルズにしては球数が多かったが、あのストレートを見れば、スイッチ入ったなと。愛する家族も来日したことで、より力を出せるのではないか。沢村賞、まだまだ行けるっしょ。

昨日打てなかったケーシーが今日はポイントゲッターとなれた。取るべき時に取れたから今日は勝てた。また四番に戻るでしょう。これからも期待。

八回の四点は、まあおまけでしょう。ドームで横手投げの投手はほぼ苦しんでるから。下位であれだけ良い当たりが出たのはそういうこと。得点圏さっぱりのチョーさんも打ったし。どうやら使うなら一番のほうが良さげな感じ。そして気づけば慎之助の打率はチョーさんより下に…。さすがに何かを感じずにはいられない。

先週までの三本柱、二人は勝った。さぁ、田口が続かなきゃ。

| | コメント (10)

2017年6月15日 (木)

ソフトバンク(東京)●3-7 監督の責任

何度も言いましょう。使った方が悪い。そもそもこの素人が三年も前から獲得に反対していた捕手で、過去二年もレジェンド炎上見せたことで考えが正しかったことが証明されたのに、まだ使うのだから本当に分からない。何で0-2から捨てゲームやるかね。あの弱肩にポロリキャッチングじゃ投手も攻められない。

勝てたとは言わん。ただ、僅差ならチャンスはあった。八回の岩嵜見れば分かるでしょう。重信を含め三人にツーベース食らってるのだから、跨いだあとの球に力は無かった。残りはサファテと嘉弥真しかいない状況、かつ森の危険球で警告試合になっていることから、サファテの八回投入は絶対に無かった。そう、あの捕手を使ったことで余計な失点を重ねたことが敗因。三点目なんか典型的。0-2から中村晃にスリーバントさせるわけがないのに低めに外そうとしてバッテリーエラーで進塁され、その後センター前に打たれてあっさり失点。こんな頭の悪い失点あるか?だから使っちゃダメなんだって。

ケーシーが打っていれば違う展開になっていたかもしれない。ただ、それは打った打たないの話。でも捕手で使ってはならない選手なんてことは何年も前から分かっているのだから、やはりそこは、使った方が悪いという結論になる。

一応触れとくか。二年前復帰して細山田にレフトオーバー喰らって三タテの流れ作るショボい投球した人いたけど、今日復帰した投手も、鶴岡に逆方向に被弾なんて信じられないことしてくれるよな、ホント。こちらの流れを止めるし。

…え?同じ投手??知らなかったなぁ(棒)

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年6月14日 (水)

ソフトバンク(東京)◯3-0 ノーノー継投と見たかった攻撃

ソフトバンク(東京)◯3-0 ノーノー継投と見たかった攻撃
ヒーロー二人並んだ瞬間とやはりスコアボードはね。

満足出来る試合だった。五回に見せた下位打線の粘りが生きた。疲れの見えていた山口俊が、山本ヤスの好守もあって六回を投げ切った。その裏、山本ヤスの四球から、坂本がファーストストライクを仕留めた。そう、ずっとこれを見たかったんだ。四球で雰囲気を作って一発で二点取る。そんないつも打てるわけはないし、ああいうロースコアの時ほど一発が左右する。その機運を高めるのは四球。打った坂本は当然見事。そして彼の前で選んだ山本を評価して欲しい。

七回の表を終えた時点で気付いたが、あえて表には出さなかった。心の中では、あと六人で継投ノーノーだ、と。まさかスコットに跨がせるとは思わなかったが、最高の投球だった。カミネロの時は、ぶっちゃけヒヤヒヤ。最初のヒットで追いつかれるんじゃないだろうな、なんて思ったがどうにかマッチから三振を奪い繋いでノーノー達成!昨日ほどの声援はなかったけれど、私の中ではそこが楽しみだったから声張り上げた。珍しいものを見られて良かった。

坂本の二打席連続アーチ、爽快だった。打った瞬間に相手が諦める弾道、やっぱりホームランは良い。全打点坂本が叩き出した。つまりチームは…ま、そういうこっちゃ笑

移籍後初登板の試合、お母さんの目の前で結果を出せて何より。我慢を重ねしんどかったんだろうなぁ。次泣く時は嬉し泣きで頼みます。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2017年6月13日 (火)

ソフトバンク(東京)◯5-1 声援を力に

ソフトバンク(東京)◯5-1 声援を力に
ストレートを信じて良いのです

七回裏から観戦。智之のヒットから3点追加出来たことが大きかった。八回は…まあ良いでしょう(笑)重信三盗しなくても良かったんちゃう?

まあ最後はヒヤヒヤでした。選球出来る中村晃から三振を奪えたことでホッと。最後の声援はライトで聞いてていつもより大きく感じた。その後押しがあったのか、柳田からストレートで三振を奪うカッコ良い終わり方。

山本ヤスは早速活躍。クルーズ上げの指示出したのが親会社の連中ということは分かった。上げの指示に従ったのは仕方ないにしても出来ることはあった。脇谷を落として山本ヤスを残す。これが正解。同情はするが、その選択を出来なかったところがインケツだったということで…。と、話が逸れたが、上位で流れを作って欲しい選手。慎吾が謙次と二岡のいいところを持つタイプなら、山本は井端と二岡のいいところを持つタイプに育って欲しい。

マイルズまたは智之で勝つ。ここまでは出来る。次が大事。山口俊の初登板。緊張するなと言っても無理でしょう。少しずつ一軍の感覚を思い出して欲しい。気負いすぎないこと。それが大事。

インケツGMの退任が決まった。鹿取さんが新たにGMとなったが、上がしゃしゃり出るようなら、誰がなっても同じ。それが変わらない限り、未来は明るくない。この球団(親会社)が変われるか。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2017年6月11日 (日)

日本ハム(札幌)●1-5 恩返し される選手が 悪いだと?

日本ハム(札幌)●1-5 恩返し される選手が 悪いだと?
これがサッカーの時はドームに入る、と。

接戦なら村田透に勝ちはつかず、いつものように五回で崩れたところだったが、巨人打線には重い4点になったということか。ツーアウトから大田に長打浴びてからの被弾。ショートもレフトも取れないスリーベースで失点。そして交代した左投手が左打者に打たれて失点。この時点で0-4だった。しかし村田が勝てなかったのは悪いけど納得しちゃう。チョーさんとクルーズに連続長打。その後辻がボール球に手を出してライナー。クルーズが飛び出すボーンヘッドで併殺。その後死球にヒットなのだから、この有り得ない併殺が無かったら分からなかったのではないか。
打線はその後何も出来ず連敗。大田とのトレードで来た光夫が大田に右中間スタンドに運ばれて、ほぼいいところなく試合終了。

監督さん曰く、同じ打者にやられすぎ、とのこと。つまりこれは選手が悪いということか。札ドで二試合連続アーチ出来る飛距離を持つ選手を使わなかった自身のことはどうお考えなんでしょう。見せつけられてもやっぱり能力の無い選手って思うのかなぁ。彼より買ってた脇谷さんはここでアーチ打てるのかな?使わなかったのも責任、これは認めましょう。放出はフロントの責任として。意見が分かれたそうな。決めた堤は勿論クビとして、放出派ももう球団出よっか。

投手起用は分からなくなって来た。山口俊スターターは間違いないが、光夫と池田ってこれからどこで使うのだろう。そう思わせる時点で投手運用のグダグダさが分かる。尾花さんもそろそろかな?

明後日からホーム。動くのは交流戦後か、それとも…。大田がアピったので権力爺さんの怒り爆発したりして。。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2017年6月10日 (土)

日本ハム(札幌)●2-3 インケツ

日本ハム(札幌)●2-3 インケツ
メンドーサのプロデュースメニュー食ったからゼロに抑えられたわけではない…はず

インケツGMの集大成という試合だったかな。放出した選手に被弾、チャンス広げられてヒーローになられ、中継ぎが不安なのにカミネロ下げてスターターとスコットの負担を増やした、と。カミネロ残しておけば8回頭から間違いなくスコットだった。そして、札幌ドームで初めて負け試合を見た。思えばこのインケツが来てから初めての札幌。ほら、書いたことがよく分かるでしょう。本人のためとか言って振れる選手放出して貧打に苦しんでるんだからアホくさ。本気で辞めてほしい。

継投の問題は、まぁ、前述の通り。気になったのは序盤の采配。陽岱鋼が先頭四球で出塁した後に、二番に入った慎吾に犠打指示。その打席は二回ファウルにした後、見逃し三振。その後ケーシーが併殺となった。これで慎吾が責められるようなら未来はない。ああいう野球したいなら、二番に彼を置くべきではないし、二番に彼を置くならあの指示は無い。彼に何を求めているのだろう。先頭四球後の犠打指示はただでさえ疑問なのに、理解に苦しむスモール指示だった。

最後に…あの釣り球要求、、全く意味が分からん。。嫌な予感しかせんかったわ。コバヤシィ!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (11)

2017年6月 4日 (日)

オリックス(東京)●1-3 愛人使って10連敗

これまでは、おや?と感じることがあってもどこかで納得させていたけれど、今日の采配は擁護出来ないわ。

1-3で2点ビハインドの8回裏、先発の山岡から先頭の長野が強い打球のヒットを放ち出塁した。相手の抑えからはそうそうチャンスは作れないだろう。次の回は上位に回る。ベンチには慎之助と亀井が残っている。そんなに球数は多くないながらもここまで投げてきた山岡相手の方が可能性はある。そうなれば二人続けて使って良い場面だった。ところがだ。出てきたのは愛人だった。この時思った人は多かったのではないか。慎之助と亀井を使わずに負けるのでは、と。実際に結果はその通りになった。使われた愛人は三球三振で何も出来ず終了。

初回の1点「だけ」を取りに行く采配もナンセンスと思っていたが、そんなのが吹き飛びそうになるぐらい納得出来ない起用だ。慎之助と亀井の打席をなくすことになってまでも愛人優先して使いたいのか。去年も頑なに使い続け失敗したでしょう。我々は最善を尽くして勝ちに行くチームを見たいのであって、監督のお気に入りを見にスタジアムに足を運んでいるわけではない。思い入れのある選手だというのは、もういいよと言いたくなるほど良くわかった。でも、そこに情を持ち込んではいけない。

攻撃の貢献度が低い外国人を大甘待遇で迎えてポンコツ化させる無能GMのもとという恵まれた環境ではないだろうが、出来ることはある。本当はやって欲しいこともあるが恐らくそれは本人のポリシーに反することだろうから言わない。でも愛人優先は、ダメだよ。これもポリシーなんだろうけれど、ダメなものはダメ。勝つためにね。

愛人の川崎行き、堤の解任を願ってクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2017年6月 3日 (土)

オリックス(東京)●4-5 根深そうな問題

試合そのもの自体は打球運の差で負けたと納得はしている。相手は岡田の3ラン、こちらは村田のグラスラ。相手のプラス二点はコースヒットでのチャンスメークから産まれたもので、まぁ、こういう時もあるのかなと。気になることがあったとすれば安達に対するバッテリーの弱気と、高校時代のライバル・山岡との対戦を楽しみにしていたであろう田口のモチベーションか。何故か急に頭を丸めてたけれど…考え過ぎか。

ベンチは一つやってはいけないことをやらかした。先発投手そのままで捕手だけ交代。あれは絶対に駄目。バッテリーで練っていたゲームプランも狂うし、捕手を代えるのであれば、投手も下げるべき。続投させたいならもちろん捕手はそのまま。1失点で済んだが、もっと取られてもおかしくない交代だった。

勝てなかったことがもちろん最も大きなフラストレーションなのだが、五番と六番の中身の無い打撃を見るとストレスにしかならない。昨日書いたことの意味が良く分かったでしょう。また、他の選手は懲罰で落とされるのに、この六番センターはバント空振りしても「空振りした方が悪い」というコメントのみでお咎めなし。この差は何?

その件に関しては監督の横の置物が「二軍に落とされたことがないから」と良く分からないコメントしてたが案外契約なのかもしれない。去年帳尻打率しか残してないのにおかしな年俸アップしてるぐらいだから、無いとは言い切れないところ。しかもGM(笑)はダボハゼ五番に二年約五億使う無能だから。と、GMの話が出たので、今朝「おや?」と思ったスポニチの記事について。金曜の一軍二軍の入れ替えについて、GMが回答が載っていた。それを見て「はぁ?」という気にしかならなかった。何でお前が答えてんの?というか何でマスコミもこいつに聞いてんの?と。ドラフトの時も何しゃしゃり出てんの?と思ったがこれは私の想像以上にフロントが現場に介入しているのかもしれない。この無能GMをどうにか退けられないものか。

と、フロントメインに書いたが、一つだけベンチに苦言。小林の交代、あれはない。守れないなら使う意味がない、ということかもしれないが、任せたのは貴方達でしょう。捕手だけ代えた、ということで小林だけの責任、と言っているようなもの。ああいう代え方するなら、最初から使わなければ良い。というか、使った側の責任、とは考えないのだろうか。しっかりフォローしないとボロボロになる。それだけは忘れないでほしい。

堤解任を願ってクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

より以前の記事一覧