2016年10月10日 (月)

CS DeNA(東京)●3-4 モヤモヤだけを残して2016年終了

納得出来ないことは後に書くとして、まず頑張った人のことを書きましょう。二回から登板した大竹、彼のおかげで試合になった。上原のテーマに乗って出てきたのに上原のうの字も…あ、うは合ってるか。あの音楽に相応しくない投球をしてさっさと下がった四億のカバーどころか今年屈指の投球を見せてくれた。
村田はデッドボールを喰らってタンカで運ばれながらも戻ってきて、次の打席でアーチ。これは凄いこと。普通出来ないって。この選手の身体の強さは尋常じゃない。だからこそ継続して試合に出続けることが出来るのでしょう。このアーチは忘れられない。
スコットにはただただ感謝。MLBでやれる実力を持ちながらチーム愛を抱いているこの功労者を評価せず、怠慢外国人とパワーピッチャーに手も足も出ない外国人野手に高い給料払う契約結んだGM(笑)の頭の中ってどうなってるのだろう。と、話が逸れたが、ゆっくり肩を休めてください。また来年戦いましょう。

捕手に大きい当たり二回も飛ばされる打力無し捕手や何もしていないエア両翼など、文句を連ねたら長くなりそうなのであまり言わない。ただ、最終回の采配には落胆しかなかった。そんなにスモール好きか?と思ったが、ベンチは選手を信じていないのでしょう。小林以外のレギュラーとタケ、岡本、相川以外は全員スモールさせた方がマシ、と考えているからああなったとしか思えない。不満はあるがあれが今のチームの野球と言うなら仕方ない(客は減るだろうね)。でも、ああいう野球をするのであれば、橋本ではなくベンチに松本を入れるべき。利き腕と異なる打席に立つ打者にバントさせるより理に適っているでしょう。原さんの時でもスモール多いと感じていたのに、まさか悪化(あえてこう書く)するとは思わなかったわ。
ま、ああいう野球にならないためには、個々が実力を伸ばすしかないということか。来年も野手でレギュラー保証されてるのは坂本と村田(一塁の可能性も)ぐらいでしょう。巨人にとっての公式戦は終了したが、力を伸ばすのに終わりはない。危機感を抱いて明日からとにかくバットを振り込むことでしょう。

一年が終わった。明日からウダウダ文句垂れてるかもしれないし、面倒になって何もしないかもしれない。時間が出来たら書くこともあるかもしれませんが、あまり期待しないでください(笑)

一年間お疲れ様でした。

過剰スモール否定した私の気持ちを理解出来た方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (13)

2016年10月 9日 (日)

CS DeNA(東京)◯2-1 色々な思いを抱き三戦目へ

※バックスクリーン前につき写真は撮れず

三試合連続被弾していた三人に被弾しなかった田口は素晴らしい投球を出来たということでしょう。彼の成長があったから今ここで試合を出来ている。彼にとって大きな一年になったのではないか。またひとつ成長出来たかと。その姿を見られたことに満足している。

今日のヒーローは田口と決勝打のチョーさんだったが、坂本で勝ったと言って良いだろう。追い込まれながらも同点アーチを放ち、八回には長打でチャンスメーク。そして、宮﨑の抜けそうな当たりを素晴らしい動きでアウトにした守り。攻守において彼のチームとなった。このチームで日本シリーズに行っても、という思いはあるが、彼のプレーを多く見られるという点では喜ばしいこと。本当に魅せる選手になった。

少し矛盾した思いになるが、何が何でも日本シリーズへ行って欲しいかと問われたら、yesとは言えない。進むためにはスコット頼みになることは避けられそうもない。だが、無理をさせる必要があるのだろうか、と。神がかった投球をこの先見せたとして来年はどうなるのだと。彼を酷使してまで手にするなんちゃって日本一に価値はあるのか。彼の素晴らしい投球には頭が上がらない。と同時に、彼の負担を高めているチームメイトは何をやっているのだという思いを抱いている。

今のチームにとって高いハードルかもしれないが、スコットの負担が高まらないのであれば日本シリーズを見たい。今年はスコット、坂本、田口、智之頼みだった。だからこそ、他の選手が今ここで彼らの負担を和らげるべきではないか。このままで終わってはいけない。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2016年10月 8日 (土)

CS DeNA(東京)●3-5 WHY!?

野球を見ていて納得の出来ない判定や采配があると両手を広げるクセがある。もし今日外野でそんな人を見た人がいるなら、それは私かもしれません。どのシーンだったのか?それは試合をご覧になられていたなら大体想像つくでしょう。

何故?と思うような出来事が起きるときはあまり良い結果は出ない気がする。一回の裏の時点で気になってはいたが、それはまあ短期決戦で一点を取ることが大事と考えたのかなと。二打席目もスモールさせたのを見ると、そんなに併殺嫌ならそこで亀井を使わず立岡で良くない?とも思った。亀井を二番で使うのは何のためだったのかなと。ただ、それは、この後見た信じられない出来事に比べればまだ許容範囲。

ツーアウトランナー一塁。筒香相手に3-1。ここで一番何をしたらいけないか問われたら100人中100人は同じ回答をするのではないか。次の打者の宮崎も素晴らしい打者。しかし、どちらと勝負する方が被弾のリスクが高いかは明白。そこであわよくば振ってくれの変化球要求。筒香クラスなら多少崩されてもスタンドに運ぶ力はある。失投と片付けてはならない。そのリスクのある球を投げさせたことが問題。相手が上手いという問題ではない。

8回裏、先頭の慎之助がツーベースで出塁した。ここで相手がどう考えたか。何としても同点にしないと思ったか、ツーラン喰らわなきゃ良いと思ったか。投手が恐れているのは逆転だろう。しかし次の長野に犠打指示をしていた。何故?という気持ちしかなかった。ここで同点に追いついてもソロを喰らえばまたビハインド。さらに慎之助を欠いて長打で決められる選手を減らしている。中継ぎで踏み止まろうとしていたのか。長野は犠打出来ず三振。そのことより、何故その選択をしたのか、という気しかない。そんなにスモールやりたきゃノーアウト一塁二塁で村田の時にやりゃ良いじゃん。

初めてのCSで攻める相手に守りに入って負けたという最悪の結果。何かを変えるというのなら、スモール一切やめるべき。1試合3本打たれるのがデフォルトなのに逃げ切ろうなんて考えちゃダメ。あと下位打線は振らないで良い。3-1から自分の打力で何が出来るか考えなきゃ。

どちらが強いかじゃない。勝ったチームが上に進むそれが短期決戦。相手の力を認めた上で進めるのは運が良ければ、と考えるべきか。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2016年9月30日 (金)

広島(東京)●3-5 今年らしいホーム最終戦

広島(東京)●3-5 今年らしいホーム最終戦

久々のホーム最終戦敗戦。ま、今年らしいっしょ。相変わらず福井相手にツーランオンリー打線のことを今更言う気はない。今日気になったのはブラッドにおかわり喰らったことぐらい。一点を恐れて二点取られたという例だわな。被弾するぐらいなら四球で良いぐらいに行かないと。あそこで被弾というのは一番やってはいけないこと。次のルナで被弾するならそれはもう実力不足ということで。

最後のホームゲームでSUPER1-9出来なかったというのも今年らしい。最後の挨拶時に選手が客席を見てどう感じたか。消化試合だからと思ってはいけない。この現実を受け止めてこれから成長出来るかどうか。

あとはもうどれだけ空気を読まないか。一試合でも多く、ドームに駆けつけるファンにプレーを見せたいと思えるかどうか。今年はもういいやと思うファンもいれば、消化不良というファンもいる。あまり試合を見られていないというのもあるが、今年は楽しめた感があまりない。残り試合は限られている。その中で心に響かせる何かを見せて欲しい。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2016年9月29日 (木)

中日(東京)○3x-2 非効率な試合で二位決定

中日(東京)○3x-2 非効率な試合で二位決定

私が着いたのは九回裏。またオイシイとこ持ってっちゃおっかなぁ〜、なんて思ってたら長野がバント失敗後に併殺打…。十一回にもワンアウト二塁三塁とサヨナラのチャンスにショートゴロホームアウト…。その結果、レフドラのチャンテメドレーが何と4度も。打たないのみならず最後に沢山歌わせるなんてどんだけ中日ファンにサービスしてんだ。てのは冗談だが、ペッターもヘトヘトである意味最後は音無しでホッとしていたのかもしれない。

13安打で2点、16安打で3点…何という得点効率の悪い試合。。まさか12回裏まで見ることになろうとは思わなんだ。表に好送球見せた寺内がワンアウト満塁からファウルポップフライとかやって、あーあ、と思ったら小林が初球あっさり決めちゃったという。12回表を抑えた時点で順位は決まってたけれど、まあ、勝って良かった。

順位は確定した。タイトルの掛かっている坂本と、今日の爆上げで目標の三割に乗せた村田は休ませて良いでしょう。一塁で恐ろしい守備を見せる前キャプテンも疲れを取らせなきゃ。智之を二桁のためにわざわざ投げさせないでしょう。というわけで、坂本以外の野手はほぼ減俸でどうでしょう。

明日はレギュラーシーズンのホーム最終戦。何か光るものを見たいものだ。

| | コメント (3)

2016年9月27日 (火)

中日(東京)○5x-1 オイシイとこだけ

中日(東京)○5x-1 オイシイとこだけ
といっても、今日のヒーローのことではない。仕事ですぐに行けず、どうにか間に合って、私が外野席から見た打席は村田の最終打席のみ。そう、サヨナラアーチだけは見た。オイシイとこだけ見ちゃったという。飛んだ瞬間にサヨナラは確信したけれどまさかスタンドインとはね。

あまり球場にいられなかったけれど、ガラガラだったようで。実数発表後最低の数字。振替試合とは言え、単純に優勝かかっていないから、という風に受け止めていてはならない問題。これが現実です。ファンは見ている。こうならないためには、魅せる試合をするしかありません。目先のユニだけで客は来ません(というか沢山持ってるよなぁ)。

明日は智之の二桁勝利がかかっている。何が何でも勝ちましょう。

今日の独り言。
しっかし同じエラーでも扱いに大きな差があるよなぁ。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年9月22日 (木)

中日(東京)○4x-3 落胆と喜び

中日(東京)○4x-3 落胆と喜び
ギャレットで始まりギャレットで終わる

今日勝ったとしてヒーローはギャレットしかいないよな、と思って最後まで見たら、文句無しのヒーローとなって試合は終わった。慎之助や村田で決まったとしても、お立ち台拒否しろっていう気持ちになっていただろう。智之に勝ちがつかなかった中で、今日ヒーローになるべき選手が打ったのでそれは良かった。

八回の采配には決して満足していない。智之に白星をつけたいのであれば、一点を取りに行く犠打では同点止まりになり得るから。ノーアウト一塁、代走尚広、そして投手はサイドハンドの又吉。仕掛けやすいところであっさり初球バント。二位がかかっているからまず同点に。個人より巨人ということだろう。満足はしていないし、ガッカリした部分はある。

問題視すべきところを変えるか。初回27球投げたバルデスに、七回時点の智之より少ない球数でHQS達成されてるのはどういうこっちゃ。淡々と早打ち凡打を繰り返したということ。初回亀井が粘らなきゃもっと少ない球数になっていた、と。智之を勝たせる重圧とか言い訳しないで個人でも考えなきゃ。

さて、二桁勝利のチャンスは来週の最終登板のみとなった。中継ぎで何とか、ということはしないだろう。さあ、勝たせられるか。二桁到達させられなかったら坂本以外の野手は減俸を願い出るべし。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

ヤクルト(東京)●2-5 無駄に長い試合

内容が無い割に、試合時間は3時間48分。これが今日一番衝撃の事実だわ。

ギャレットのお粗末プレーが大きかったのだろうが、それだけではなかったよな、敗因は。

そもそも球数が多過ぎる。西田を歩かせた後、杉浦に3-0となって、追い込んだ後結局送られる。警戒してフルカウントにするぐらいならさっさと送らせればいいのに。

三点目もミスの直後とは言え、バッテリーが抜けてるのかなと感じさせられた。3-0から打たないと決めつけていたのではないか。

守りが本当にボロボロ。一点の場面、あの打球の時点で併殺は無理だろうなと理解していたが、辻の送球を慎之助は身体で止めに行けなかったのだろうか。その前に出た川端のヒットも他の一塁手なら…と思ったのは事実。右中間に飛ばした単打も良い時ならホームランだったろう。休ませることも必要ではないかと。

ルーキからチャンス作った直後の坂本三球三振。あそこで取りたかったが、彼で駄目なら仕方ない。二球目をスルーさせた相手のリードとも言えるか。八回の小林…3-1から彼に求められることが分かっていない。ランナー貯めたいところでポッコーンとファウルフライ…。長野さんの行き先は打球に聞いてくれ打法にもうんざり。甘いど真ん中の変化球引っ張ろうとして何でセカンド飛ぶんだよ…。

試合同様長くなっちゃった。最後に、スコット鉄太朗、スコットオンリーになっちゃったよ。来年が不安。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年9月11日 (日)

広島(東京)○8-0 戦いは始まっている

広島(東京)○8-0 戦いは始まっている
バントをもっと練習しましょう

相手は遅い時間まで美酒に酔っていたのだから、今日はもう当然の結果。この七回無失点は参考にならないと見て良いでしょう。そんな試合でも高木の戦いは始まっている。ポストシーズン?いや、そんな短期のことではない。来年ローテを守るにはさらなる成長が必要となる。被弾を減らすことはもちろんのこと、今日のように自分を助けるためのバントを大事にしなくては星はついてこない。二年目にぶつかった壁、この経験をどう活かすか。

チョーさんの打席内容はシーズン通して今が一番良いのではないか。遅いよ、と言いたい気持ちはかなりあるが…ボールを見る姿勢が出てきたのは変化かなと。一番センターを守るには四球を増やすことでしょう。

順位はほぼ決まり。気になるのは坂本のタイトル。守るのではなく、.350を狙って欲しい。遊撃手では数少ないOPS1超えも。それを達成したら…四億かな。そう思えるぐらいすごい記録。

重信と片岡が下がり、大田と長谷川が昇格した。ここから育てるのかなというところで重信を落として、シーズン決まった翌日に大田を上げる…何だろうこのタイミングは。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

広島(東京)●4-6 微差は大差

かつてファームのコーチを務めた森脇さんの著書のタイトルそのままだが、それを実感する試合だった。実際チーム力に大きな差があるのは間違いない。その上で細かいところまで気を配れなかったら差は開くのみ、ということ。辻東倫の起用、交代させなかったことについては多くの方が疑問に感じたのではないか。ただ、私が強く疑問に感じたのはそこではなかった。七回裏、ノーアウト一塁から小林誠司にそのまま打たせたことに違和感があった。相手は優勝がかかった試合。点差を縮めて重圧をかけるべきところではなかったのか。小林のバットに期待というのは一打席目の内容を見たらとてもとても。対戦成績は互角なのでもしかしたら、という思いはあったが、これを見ると厳しいかなという印象は拭えない。意味のあるアウトを、と徹底させた広島との差は大きい。

優勝した広島に関して。今年を表したゲームだったのかと。IsoDが別人のように向上した田中広輔がチャンスを作り、神ってるという言葉のきっかけとなった鈴木誠也はマルチ本塁打。そして、黒田博樹が見せた打席での粘りは、石井琢朗コーチが徹底させた意味のあるアウト。これをやり通したからこその強さなのでしょう。もう少し重圧をかけたかったところだが、それに至らなかったところがそのまま差となった。見習うべき点は多いと感じた今日だった。対照的にボール球に手を出して意味のない凡退しているようじゃ配球でも投手の信頼は得られませんよ。マイルズがプッツン気味だったのはまぁそんなところでしょう。

敗因検証や今後のチームに関しては時間のあるときにゆっくりと。とりあえず優勝を逃したということで、今シーズンお疲れ様でした。大して試合も見られていないながらも、変わらず見ていただけたことに感謝いたします。出来ればハラハラしたかったですが、来年の楽しみにしましょう。これからもお付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧