2024年5月16日 (木)

シーズン色々ある

うーん、智之体調不良か…。まあ誰しも一年通して投げるのは難しいけど残念なニュースだわな…。代役は赤星らしい。横川でもと思ったが、赤星にチャンスを与えられたと思えば。不運ばかりだったとはいえ3つ背負ってるわけだからそれを減らす機会にしなきゃね。

 

ファームはもうボロボロのボロ負け。和製グラスノーを目指す千晴は157km/h記録したらしいけど、コントロールを改善しないと継続して一軍で投げるのは難しいね。まあ時間をかけてやるしかないかな。実力で三軍降格していた山田龍聖も投げたけど炎上。井上温大も一軍ではああだから、下でこれではなかなかチャンスは無いかと。

 

ファームでは育成の野手が何人か出てきている。脚力が武器の舟越は二軍でチャンスを貰えてるし、相澤白虎と北村流音も上がってきた。北村は初ヒットを記録。怪我で離脱した三塚琉生がロマン枠だったが、同級の彼も光るものがある。中田歩夢がひと足先に支配下を掴んだが、彼らも可能性はある。ティマを含め浅野翔吾世代は楽しみな選手が多い。

 

明日からはMAZDAで広島戦。大瀬良との前回対戦は雨のため得点が消えたが、同じようにやれば点は取れる。そういえばあの試合だったか。満塁スクイズに目を疑ったのは…。

 

連勝を伸ばしていきたい。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2024年5月13日 (月)

呼び名はエリで

何も抹消される前に頑張らなくてもサイスニード…。まあ打てないチームが悪いんだが。昨日打たれた人たちの中では京本が抹消されるとのこと。先々経験積ませたほうがいいと思うが、首脳陣はまだへいないに期待しているということか。温大も落ちてないけどそのうちヌホとかノブと入れ替わってもおかしくない。落ちたくなけりゃ次出る時結果を残すことだな…使われる展開はゴメンだが。

 

ヘルナンデスの入団会見が行われた。エリと呼んでくれということなので、ここではエリにしましょう。人によってはすでにエリヘルとか呼んでるみたいだが。応援のコールもヘルナンデスは言いづらそうだからエリになるんじゃないかね。早くて交流戦のどこかでって感じかね。焦らせないでしょう。

 

嫌がらせのようにケイをずらして当ててきたDeNA.中川颯を阪神相手とか接待すぎるだろうよ。一軍入りメンバー、そして浜口が昨日ファームで投げたことから水曜は石田でしょう。左が続くということで、オコエと萩尾の出番か。何故か知らないけど落とされたオコエはここがチャンスよ。ケイの前回登板は徳山に交代した途端に炎上で負け投手。まあいずれにせよ、球数投げさせて6回に攻略が良いでしょう。これはお互い様だが、慣れない地方球場で苦戦するかもね。

 

2連戦を勝って週末に臨みたい。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月 9日 (木)

緑にも負けられない

明日の予告先発が発表された。カツオ登板によりヤフーレとまた当たることに。想定しておらず、また、想定していたスターターに比べても最も厄介な相手。ただ、投手があの球場でゼロに抑えるのは難しいので、野手の奮起が求められる。残り2試合だが、サイズニードと小澤になるのではないか。何となくライアンを回避しそうな気がする。とはいえ、ライアンを打っていた正捕手がいないので相手がどう来るか。。

 

他に目立ったニュースはなし。昨日の大城ショックでぶっ飛んだが、元祖クズの松竜が逮捕されたそうな(現在のクズ松竜は某球団)。まあどう生きるのか知らんけど、同郷の浅野翔吾には一切近づくなよ?思えば智之を外してクジで当たったのがこの容疑者だが、ベイスが取っていても賭博は無かったにせよ同じ道を辿った気はする。

 

古城コーチのご子息が花巻東の17番を着けているのを知り驚いた。1年から大谷翔平も背負ったこの番号を着けるなんて期待されてるんだろな。親父さんとは違い右打者のようで。2年後どこまで成長しているか楽しみだ。

 

報知の記事は明日登板の戸郷と、育成の田村について上がってた。自己最速159km/hを記録したそうな。賢慎が台湾で記録したよく言われる最速157km/hは多分偶々だと思うが、田村は再現性がありそうだ。今年投げなくてもウレーニャより支配下にする価値はあると思うのだが…。育成2位でよく獲れたわ。

 

去年の緑ユニシリーズは打たれまくって3タテした苦い記憶がある。去年1回も持たなかった智之、今年は頼みますよ。

 

 

よろしければクリックお願いします。

| | コメント (2)

2024年5月 2日 (木)

1ヶ月の振り返り

約1ヶ月を終えて13勝13敗。これをどう捉えるかだが、継投次第で少なくとも3つは取れた。それが勝ちに変わると16勝10敗。阪神戦で1つ取れていれば順位は違った。監督初年度なので仕方ない部分はあるだろうが、まだまだ改善の余地があるところ。

 

ここまでは投手の力で勝っていると言って良い。智之の復調、高橋礼の加入、そして勇陽・バルディ・大勢が抑えたことによるものだろう。勇陽が負け続けているが、配置転換をするならばバサマがそのまま入るだろう。勝ちパターン継投の力は落ちないと見ている。スターターは赤星に関して保留となっていたが、今日落とさなかったところを見ると次回もチャンスはあるか。3敗しているとはいえ、うち2敗はアンラッキーによるもの。一つ勝てばそのまま続く可能性もある。万一負けたとしても交流戦前までは横川がいる。交流戦が始まってから6人目が誰になるか。赤星と横川がハマればいいのだが。

 

どこかの情報で見たのだが、1試合の平均得点は2011年の加藤球導入の頃より落ちるとか。様々な要因はあるが、一番大きな誤算は坂本勇人の低調にあるのではないかと。現時点で出塁率は3割を切っている。一打を期待された場面でもあっさり凡退するなど期待どおりの結果が出ていない。そのため、相手投手は岡本和真だけをマークすればいいようになった。上位の出塁問題などもあるが、一番はそこでしょう。ではどうするか。このまま復活を待つのも手だが、下位に廻すという決断も必要なのかなと感じている。同様に出塁率は低いが、萩尾匡也のほうがOPSは上回っている。彼を5番に置いて欲しい。そして岡本の前には当然丸佳浩。初回に打席に入るようになってから段々と当たりが出てきた。もともと四球を取れる選手なので、岡本の前で出塁を期待したい。そして、やはり長打を求めるなら捕手は大城卓三だ。坂本とどちらを若い打順にするかというところ。彼の打撃を戻すことで得点を増やしてほしい。

 

明日から阪神との3連戦。これ以上離されないためにも勝ち越しはマスト。門別ー西勇ー才木が相手だが、このタイミングでオコエ瑠偉を下げたのは何故だろう。コンディション不良でもない限り下げる理由がないのだが、そういう情報はない。誰を上げるのだろう。もう1人の二軍落ちは当然。むしろもう上げないで結構。

 

安定しているスターター3人をぶつけるのだから勝ち切ってほしい。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2024年4月22日 (月)

今年の戦い方・自分を戻した打者

◯戦う形
今シーズンどうやって勝ちに行くかは見えてきたように思う。オーソドックスだが粘りを求められる戦い方になるかな。相手スターターに多く球数を投げさせ100球目あたりで捕まえる、と。実際MAZDA3連戦は森下にもかなり投げさせていたし、九里と大瀬良は降板時100球超えしていた(大瀬良の6回は無効のため記録は5回85球)。この攻撃姿勢は去年と大いに違うところだし、継続して欲しいところだ。それまで先発投手には最小失点を求められるが、今のところ実に優秀。成績を見れば、高橋礼≧智之>>戸郷>伊織、という順になるかな。戸郷と伊織が悪いわけではない。開幕前に柱として期待された2人の成績を上回る投手が出てきたということ。2週続けて同じ相手に当たることを不安に思ったが、高橋礼は見事に抑えた。柱が4本になればかなり安定した戦いを出来る。そしてリリーフに目を向けると、開幕から一軍にいる勇陽、バルディ、バサマが無失点継続中。阪神戦で失点したが、スターターから大勢に繋ぐまで彼らがいる。そして泉に高梨も無失点と安定しており3連投させることはまず無いだろうと。得点は少ないかもしれないが守り切れるチームになっているとは思う。

 

◯悪影響からの解放
BB/Kという指標がある。四球数を三振数で割った数値だ。選球眼を測る一つの指標だが、過去の数値を見ると、1に近い、または1を超えればはっきり言って優秀ということになる。今のトップは宮﨑敏郎の8!これは三振が1個だけだから異次元の数値となっている。ではそれに続くのは誰か。我らの丸神様。数値は何と2!宮﨑の数値が異様なだけでこの数値も飛び抜けている。MAZDAで申告敬遠などもあり四球を稼いだが、今のIsoDは.096。平年並みの数値に戻っているのだ。断言しましょう。原・デーブ体制の被害で去年は数値が落ちていただけで選球眼は衰えていない、と。悪影響から解放された丸神様のベスト起用位置は、やっぱり3番でしょう。若大将の前でリンクさせたい。

 

◯新球場が現実的に…
築地地区まちづくり事業の内容が発表された。そこに名を連ねていたのは、三井不動産・トヨタ不動産・読売グループ本社。そう、最後のところがポイント。計画を見ると専スタにはならないようだ。イメージ図を見ると右中間・左中間の膨らみはない。つまりドームランは変わらん、と。というかドームは確定なのね。立地的に水道橋のほうがアクセス良さそうだが、これはもう決まったら従うのみって感じかな。朝日東京本社の近くにホームスタジアムというのも不思議なものだが。

 

◯盲目的な信者
小林誠司の出番が増えたためか、正捕手叩きが見られるようになった。あの幻の犠飛について「さすが(リスの絵文字)!(城の絵文字)なら三振が内野フライ」「大城はどうでもいいところでしか打たないけどコバは肝心なところで打つ」もしかしたら見覚えあるかもしれないけど、ね?怖いでしょう?16本塁打叩き出してる選手に対してどうでもいいところでしか打たない、ときたもんだ。そういえば私がドームの広島戦で見たサヨナラタイムリーは何だったんだろう。あれも、どうでもいいところ、またはマグレなんですかね。過剰なdisりは自らが野球オンチと認めるようなことなのでやめましょう。ちなみに今年の小林はいいと思いますよ。去年はスタメン2試合炎上かつリリーフをよく燃やしていたけど今年はしっかり抑えてるわけだから。そう、是々非々です。

 

◯明日から9連戦
失礼ながらも、青いチームには負けられません。ここで稼げないようでは阪神と競うのは難しいかと。土曜と月曜の先発が不明。おそらく智之は木曜投げて一回飛ばしと思うがどうなるか。まず明日のひたちなか、相手投手は小笠原慎之介。ずば抜けた成績ではないものの今年無四球とのこと。まず一つ取ってやろうじゃないの。というわけで先ほど書いたように、丸神様の3番起用はマストね。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2024年4月15日 (月)

一巡終えた所感

ひととおりのチームと対戦して、9勝5敗という結果。カード負け越し2つありながらもほぼ2勝1敗に近い状態は良しとすべきでしょう。

 

一巡終えて感じたのは、先ず投手が抑えているということ。戸郷と伊織の防御率はそこまでながらも、カード3戦目の高橋礼と智之の存在が大きい。そしてリリーバーは皓太の状態が良くなかったものの、これから勝ちパターンとその控えを託される投手(船迫、高梨)はいまだ無失点。大勢は3年間で一番の状態。セットアップに勇陽とバルディがいるので勝つ確率は高まるのではないかと。采配に関しては、この時期にしてたくさん書いているが、バントスキーという点がネックかなと。バントは出塁の経緯や後続打者などを考えて出すべきだろう。昨日の6回先頭ストライクが入らない状態で簡単にアウトを与えては楽になる。また、大城バントと、一打サヨナラの局面で丸神様にバントさせたのは萎えた。同点までならオッケー、怖いのは逆転、という心理が働いても不思議ではないし、一発のある選手にバントを求めるのは基本的に反対。

 

バントスキー采配に不満はあるものの、チームの状態は良好と言って良い。これは結果だけではない。選手会長のサヨナラお立ち台で「明るくやれているので」というような言葉があったかと。つまり前任の時は以下略(まあ全権・デーブとその他の間に今思えば壁あったようにしか思えんよな)。今は二岡さんが笑顔を見せたり、元々えびす顔の小吉さんがいたり、光り輝く朝井さんもいたり首脳陣・スタッフ・選手の壁があまりないように思える。信頼しあってるから顔色を気にせず目の前の相手と戦えているのではないかと。

 

ひととおり終えて各チームに対する所感は以下のとおり。

 

 

阪神
近本と森下が攻撃のキーパーソン。日曜に3番に近本を入れたが、その場合は先頭打者を封じられるかがポイントとなる。2番はバントという布陣なので。勝ちパターンは2人なので点を取るなら6回7回になるかなと。

 

中日
無駄な四球を出さなければ大怪我はしないでしょう。しかし相手投手も良いので2点取って逃げ切りたいところ。攻略の難しそうな柳、メヒアとは多分交流戦明けまで当たらない。全権・デーブ体制の黒歴史「松葉6回56球」というマヌケ攻撃をしなきゃ大丈夫。

 

DeNA
東の存在は大きい。彼が勝つことで連敗しづらくなっている。ただ、守りのミスが出るため隙は大いにある。攻撃は思ったより機能しておらず、牧と宮﨑に一発がまだ出ていない。噂の筒香が入ることになりそうだが、対策は、恐れず攻めろ、と。NPBで軸になっていた頃でもパワーピッチされると脆さを見せていた。また、選球眼良いから四球出したら相手の思うツボとなる。

 

ヤクルト
2番に村上を入れてから連勝。ハマスタで村上爆弾も破裂。前回は抑えたがやはりここは強力。投手不足だが、いないと思われた勝ちパターン継投は固まるかもしれない。三塁とレフトの守りは穴。

 

広島
たくさんいた巨人専用機が堂林だけになり、一発の怖さがあまりなくなった。去年は四球拒否でも2位になったが、打球運だけでは厳しいと思われる。お手上げという投手はあまりおらず、森下の試合でどう点を取るか考えて欲しいところ。

 

 

皓太が膝を痛めていた、という言葉に関しては、とある方のXのポストで見た考えが一番しっくりきた。グリフィンの異変を見抜ける首脳陣が中川の違和感を知ってて起用することがあるのか?と。そして、不調の選手に対しては故障ということにして落とすこともある、と。本当のところは分からないが、無理して頑張れ、というようなことは無かったのではないかと。まぁそういうことかな。言えることは、良いボールを投げられるようになるまで焦らずに調整して欲しいということ。余裕があればヌホあたりも試して欲しいとは思う。

 

明日は雨が降るとか降らないとか。6回までにリードを奪って勝ちに繋げたい。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2024年4月10日 (水)

言われた側のキモチ

また阪神の例の声が騒ぎになっているようで。ノウミさんのメッセージを公式で発信しているが、個人的な予想では、治らないでしょう、と。メッセージじゃなく禁止にしたところで多分効かないかと。「言われたらどんな気持ちになりますか?」それを知ってて叫んでるような気がするしね。ちなみに、言われる側の巨人ファンとして私の思いは「あーまた何か言ってら」ってぐらいです。他の巨人ファンはどう思ってるのかは知らないけど。

 

考え方は人それぞれ。それは巨人ファンにおいても然り。実は私も全てのコールをしているわけではない。「突撃、突撃」ってのはあんまり好きではないから言わないし、「レフト(ライト)にぶち込め」ってのも相手を煽る感じがしてしまうので言わない。それでお叱りを受けるかもしれないが、それもポリシーだから。

 

つっても、一部のコールしないぐらいならまだマシじゃね?って思う。色々なお客さんもいるけど相容れないのもいるし。ここからはライトにいないとわからない話になるが、ヒット打った後のコールで「ポテトチップス〜」とか声出してるのはクッソ寒い。また、サイクロンの「吹き込め、吹き込め、炎の嵐」というところを「振り込め振り込め俺の口座に」ってのも全く面白くない。そしてこれは意見分かれそうだけど、指笛は本当に耳障り。それ声援じゃなくて指笛の俺かっけーっていう迷惑な自己満じゃね?とか思うのだが。幸い隣になることはあまりないが、なったらうるせえとか言いそう…。ベルーナドームになってから初めてビジター西武戦に行くが、うざかった記憶がある。近くじゃないことを願うか。

 

勝ち取れダンスってどこで生まれたか分からないけれど、私は無理っす。


追記:津川は審判マジやめたほうがいいと思う。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2024年4月 8日 (月)

離脱者増&補強の噂

うーん、痛い。フォスター・グリフィンの故障班行きが発表された。痛めた箇所からそんなすぐには戻ってこないだろうな、と。スターター6人固まるかなというところでの離脱。彼の代役は井上温大か横川凱になるだろう。ヨアンダー・メンデスはバンテリンの投球を見たらまだまだ。居るメンバーでやるしかない。

 

グリフィンが故障ということで、交代自体は妥当だったということが証明された。しかしながら、それはかえって采配の拙さをより考えさせられることとなった。5回以降をリリーバーで行くのであれば援護は多い方がいい。となるとやはり大城卓三に対するバンハラ(バントハラスメント)は得点を少なくする愚策に思えてならない。そして5回に満塁から松井颯を投入したことはグリフィンの怪我があったとしても言い訳するのは難しい。

 

浅野翔吾が抹消され、丸神様は鹿児島に帯同せず居残りとなった。これは仲間から言われて気付いたが、丸神様のダメージが深いなら彼を抹消していたろうから、軽度のものではないかということ。そうなら浅野を落とす選択はないわけだからね。高梨と礼都が昇格する。しばらくロングリリーフを待機させることは無いと思う。明日のオーダーだが、尚輝、門脇、坂本、岡本、大城、萩尾、佐々木、重信(松原)となるのではないか。分かっているかはかなり不安だが、このオーダーで大城卓三にバンハラしたら得点確率は低くなる。明日の鹿児島はどうなるか分からないが、ただでさえヤクルト戦は打ち合いになるのだから、スモール(笑)という得点を最小限に止める策は裏目となりかねない。

 

そして今日話題に登ったのは225.コメントにも書いたが、仮に巨人の選手になったとしても、DeNAで4番張ってた頃の成績を期待するのは難しいのではないかと。海外帰りですぐ結果を残せたのは井口資仁、西岡剛、城島健司ぐらいしか思いつかない。福留孝介、岩村明憲はかなり苦しんだし、中島裕之(当時)も年俸通りの成績を残せたとは言い難かった。なので私は過度な期待をしない。守りはもともと上手くは無いが、選球眼さえ健在ならば、という気持ちかな。オーダーの組み方次第だが、彼が入ることで門脇誠、レジェンドの一・二番を組むことも可能になる。

 

明日からまた戦いが始まる。その経過を見守りたい。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2024年4月 1日 (月)

開幕カードを終えて

開幕カードを終えて2勝1敗。確かにスイープ行けた可能性は高かったが、結果はしゃあないでしょう。複数人のスターターが防御率0.00を記録しているのは12球団で巨人だけ。しかも3人ともだからね。捉えようによってはこれでスイープ取れなかったのは、とも言えなくもないが、ベースとなるスターターがこの結果を残せていることを喜びたいところです。

 

開幕カードを振り返ると、阪神は近本・森下がキーマン。リリーフはそれほど絶望のリレーという感じはしない。実際ゲラ相手に出塁はしていたので。桐敷にプラスして誰が出てきたら厄介だが。
広島は早くも外国人野手2人が離脱。しかし3戦目は勝利している。ここは小園海斗が好調のため、彼を乗せないことが肝心。
DeNAは連勝しながらも3戦目にベイス★ボールが発動。確かに強力打線だが、併殺に取れる確率も高いので、攻め方次第かと。モロに裏ローテで阪神にぶつかるので息を吹き返すきっかけを与えなければ良いが。
ヤクルトは「ポレにもわからないよ」(違)状態の怪我人続出。チュニドラ相手に負けずに済んだものの、かなり危うい状態。
そのチュニドラは、バンテリンドームでは強い可能性もあるが、開幕カードを2敗1分けで終えたのを見ると状態は良くない。監督の采配に隙がありまくりだから、そこを突くことだろう。

 

明日は山﨑伊織と小笠原慎之介の投げ合い。元赤味噌さんからの情報だと、伊織がチュニドラ被弾したのは投手の勝野のみとのこと。これまで伊織は一番順調にきている。変な力が入らなければ大丈夫だろう。前の監督と違い左右病はないから明日も当然正捕手様。昨日二番手捕手の出番があるかと思いきや無かった。つうことは、大城5試合、その他1試合ということとなるか。まあ、前から書いているようにスガコバでいいんでない?それを見たいと思う人もいるだろうし、たまには正捕手様を休ませないと。

 

上位2人はもう少しこのままでいくでしょう。簡単に変えたら開幕は何だったんだ?ということにもなるし。門脇は打率こそ低いが、3試合で2四球というのは良いペースだと思う。あとはジョージに良い当たりが出ればという感じ。私的に一番気になるのが丸神様の扱い。シーズン前、3番は彼しかいないだろうと思ったが、3試合7番での登場。開幕2試合は梶谷が抜擢され、3試合目は才木との相性でチョーさんが3番だったが、バンテリンではどうなるか。選球眼、長打力、この両面を見ても彼以外に適任はいないように思えるが…。

 

何回か書いたと思うが、勝ちを計算に入れているチーム相手が一番難しい、と。落とせないという気持ちになるわけで。落合中日時代はベイスだったが、令和になりそれはチュニドラになった、と。敵地で勝ち越し自体難しいかもしれないが、ここは3つ取りたい。阪神もDeNAの裏ローテ相手だから。木曜までは入れ替えはないだろう。残り2日間で当落線上と思う選手はアピールしてほしい。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2024年3月29日 (金)

最後の夜

さあいよいよ開幕まで1日を切った。そんな前日に遅くまで起きていたのは、2つの映像を見ていたから。

 

22時からG+で放送された高梨雄平を追いかけた特集番組を見た。プライベートは結婚したことぐらいしか知らなかったが、奥様が映り、さらには地元の初詣と練習を弟さんとしている映像もあった。去年1年で過去キャリアと同じぐらい被弾したこと、同じ移籍組として近しい存在だった鍵谷陽平が最終戦当日に戦力外を伝えられたのを知ってショックを受けたことなどあってか、フォームの改造に取り組んだ、と。よりボールに力を求めトレーニングを進めてパワーはついた。しかしながら、コントロールが乱れいいボールの再現率が低くなったという問題が起きた。すぐに気付いたのが久保コーチ。変えたフォームに対するアドバイスを送るなどしてそこからまた日々修正となった。そして、最終的には、元のサイドに戻って、そこで勝負しようという決断に至った、と。開幕一軍はならなかったが、出てくるのは時間の問題だと思っている。前全権のリリーフ崩壊起用の犠牲者だと思っているが、無理のない起用をしていけば力を発揮出来るだろう。優勝の瞬間には一軍にいてもらいたい。

 

そしてもう一つ、DAZNとGIANTS TVで同時公開された「指導者達が語る未来」一軍コーチから松坂世代の3人+内海・亀井の同学年コンビ、そして何故か村田修一さんという6人が集って語っていた。「阿部さんを胴上げしたい」慎之助監督だからテツも謙次も帰ってきたと言えるだろう。2人とも実際その願いを口にしていたので。亀ちゃんが口にした「ジャイアンツの団結力はヤバい」今年はさらに強まるのではないか。雰囲気は去年とは比べ物にならないだろう。そして杉内コーチは、智之の取り組みを賞賛していた。彼がやるから他の投手もやる、と。最後の日本一の味を知る首脳陣、パレードを味わって欲しいという願いを叶えてもらいたい。

 

最後の方に少しだけ監督のインタビューが流れた。「難しいことはしない」この言葉に安心した。そう、当たり前のことをやればいいのだ。そこは俺が俺がという全権采配を間近で見たので反面教師として奇策はしてこないだろう。

 

と書いてたら日が変わった。球場に行く夕方までゆっくり、と言いたいところだが、カージナルスの開幕投手がマイルズ・マイコラス、そして対戦相手はドジャースと聞き、これは見なければ、と。起きれるかな。。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧