2017年8月28日 (月)

雑記〜重い、ねえ…〜

選手会が、山口(怒)の処分について、処分が重すぎだと球団に抗議し再検討を求めたそうな。

以前決まってから書くと言った記憶があるので少し触れると、甘い処分だなという感想。自分の中では、自ら育成から這い上がってやり直す、ぐらいの気持ちで臨むことが反省になるだろうと思っていたが、どうやらその気は無いようで。球団にも甘いという声が寄せられた中で、選手会から重いという声が出たことに違和感を抱いたのは私だけでは無いだろう。ただ、処分が変わることは無いでしょう。仕事出来る場が与えられただけでも有難いことかと。この件の陰に隠れちゃってるけど、畠の前に28つけてたやつは、あ、堤(笑)コレクションのガブリエルだったから、その前のやつ。先発などで出場機会与えてるようだけど、支配下登録なんてしちゃうのかね。それこそ、応援出来ないけどなぁ。

さて明日からまた試合が始まる。他カードの予告先発を見ると、こりゃ他力はムリだなと…。何故か広島には勝てないマイルズだが、沢村賞取るなら、ここで打ち破りたいところ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年7月16日 (日)

雑記~再開するペナントレース

ジャイアンツ寮では焼き肉パーチーなるものが行われたようですが、カルビという文字に拒絶反応を示してしまう管理人です。色々ありつつもご無沙汰となってしまいました。やっぱりシーズンとそうでない時は本当に差が出るものです、はい。と言い訳からスタート。

○齋藤二軍監督一軍コーチへ
 これには驚かされた。二軍監督がシーズン途中で違う役割を担うことってあるんだなと。尾花さんがブルペンに行き、田畑さんは戦略室へ。そして二軍監督は内田さんとなった。この布陣の妥当性よりも、鹿取GMの行動力、そこが印象に残る人事だった。と同時に、大半の巨人ファンが代えて欲しいと思っているであろうところに手が付けられなかったのは、何やら強大な力を持っているのかなと邪推してみたり。セイロクさんの明るさをGMは期待しているようだが、モチベーターとしての役割も期待しているんじゃないかと。新GM初めての仕事、これが吉と出るか。前GMの初仕事、謙次放出よりはいいんじゃないかと。

○関係者・ファンの9割は同じこと思ったろうなというアーチ
 「シーズンで打てよ!」コバちゃんのアーチ見てぶっちゃけ皆さんそう思ったでしょ?笑 もう打った瞬間嘘だろ?って驚いたけれど、本当にすぐその言葉が出たもの。面白いよなあ、何故か相手ベンチにガッツポーズしてるし、一塁のうっちーはグータッチしてるし。でも一番記憶に残ったのは監督のリアクションでしょう。打った瞬間それとわかる弾道を見てまず頭を下げてガッカリと。ホームラン打ってがっかりリアクションの監督は初めて見た。思っていることはすごくよく理解出来るが笑 監督が頭はたくなんてのも珍しい。そういう意味では凄いなと。次の打席は併殺打。報知ではどちらが本物の小林か、って書かれていたが…決まってるやん笑

○ま、無いと思うけど…
 支配下登録の候補にあの投手が挙がっているとのこと。実際ファームでも結果出していないし、一軍で起用するレベルにないと思うから、無いだろうけれど。色々な考えがあると思うが、私は反対というスタンスを崩す気はないし、戻ったとしても応援を拒否する。

○後半戦
 どういうローテーションがベストなのだろう。広島は平日カードとなるが、そこに持ってくると週末のDeNA戦が薄くなる。極端な日程だが、DeNA戦は週末ばかり。でもどちらかに三本柱すべて投入というのはちょっとなという思いはある。まず山口俊の週末投入はない。左投手だが、内海は阪神とDeNA、となると週末か。となると田口が平日ローテへ。マイルズは明日確定だが、その次の週でどうなるか見えてくる。となると…
平日:山口俊-田口-畠(宮國、高木)
週末:菅野-内海(宮國、今村)-マイコラス
平日のカード頭も固まらないだろうなと思ったり。あれだけ阪神戦滅多打ち食らったのはどこかメカニズムがおかしくなっているからかもしれない。恐らく明後日投げるだろうが、そこではまだ分からないだろう。去年得意にしていた分、すいすい抑える可能性もあるから。平日に関しては阪神戦と広島戦でしっかり抑えて欲しい。神宮の時は誰が出てもこの時期花火大会なんだから打つのみ。
打線はそこそこ取るようにはなった。二番をどうするかぐらいでしょう。数年先を見据えて若い選手を抜擢するか、最終戦のような超攻撃オーダーにするか。ベテラン頼みなのが気になるところだが。あのオーダー組むならせめて控えは若い選手にする、というのもありだと思う。ここでは繰り返しになるが、早く若い捕手を帯同させときましょう。ビハインド時にベテラン捕手出す意味は無いのだから。

残り二か月半、ここから魅せることが出来るか。まずは初戦。ブレーク明け同じことの繰り返しにならないことを願って。さ、頑張りましょう。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年6月24日 (土)

誰が考えた?

人の不幸をグッズにしようと考えたバカは今すぐクビで。有り得ない。

【期間限定】GIANTS Here We Come バナータオル #2 陽 【雄叫び】

| | コメント (3)

2017年6月 5日 (月)

雑記~問題は監督だけ?~

♪声の限り力の限り 応援し続けるから
 気持ち一つに立ち向かえ ジャイアンツ球場へ

てなことを呟いたら本当に行っちゃった。これで愛人起用は無くなった。昨日の代打起用に関しては問題としたけれど、10連敗ともなるとどこももう監督の采配を問題視している。自分で昨日書いておいてなんだが、こんだけ監督監督って書かれてるのに何で編成とかは叩かれないの?という疑問も。むしろ問題視すべきなのはここなのではないかな。去年書いたこのGMの歴史は過去ログ をどうぞ。今これ書くならペゲーロ獲らずにカステヤーノス、って太字で見せるべきだな、マジで。今見返してもこりゃあ酷い。辞めるはずだったカルビを残した時点で責任は重いわ。そして最後に書いた奇跡は…最悪の事態になりませんように。。チームを暗黒化させないためにはこのGMが一刻も早く退くこと、それをファンの共通認識とすべきだろう。由伸じゃない、ここなんだ。

明日からは西武ドーム。まずは連敗を止めないと。智之に勿論期待しているが、この球場なら日大コンビにも期待。特にホームランに魔飛球(9回2死にフライで終わったと思ったら浅村と木村がぶつかりポロリで大逆転)とこの球場と相性の良い村田さんがいる。今度こそヒーローインタビュー受ける結果になってほしい。問題はバッテリー。慎之助が捕手の時はおかわり君をほぼ完ぺきに封じていたが、捕手が変わってからはてどうなるか。

GM解任を願ってクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年4月21日 (金)

謎過ぎる・・・

水曜の試合で長野コンディション不良で途中交代



二日後、岡本登録抹消



何が起きているんだ、何が…

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

首位攻防戦前の雑記

意外だったのが、昨日の敗因を「継投ミス」と言い切る人が結構いたこと。へえ、言い切れちゃうんだ、というのが正直な感想。何故あの判断を下したか、という点はあまり触れられていないのだが。監督を擁護するわけじゃないが、続投という判断に至ったのにも理由はあるのだろうなと。そこは残っている投手を見た上での判断なのでしょう。四年前のブルペンなら恐らく迷いはなく交代だっただろう。その時の後ろ三人は左右関係なく安心して見ていられる投手だったから。七回裏の左は一人だけ。そこにチョメは出しにくかったのではないか。

交代が要因と言えなくもないが、では、攻め方はどうだったか、という考えもある。現地だったので解説は聞けなかったが、終盤で一発を気をつけたいところシュートは一球で十分ではなかったか、という声もあった。ラジオでは、「甲子園で終盤右打者にレフトへ運ばれるのはかなり怒られるもの」と。アウトコースを攻めておけば一発は避けられるから、ということだろう。そこで仕留めるためにシュートを見せ球に使うのはあり、と。それが二球続いたことで反応出来た可能性もある。

どちらが要因とは私には断定できないが、今の時点で言えるのは、大竹は早くも四被弾でワーストということ。この時期でいうのはまだ早いが、WHIPは同じでマイルズと防御率が二点近く違うのはそういうことかと。去年までならこのまま一年投げられるだろうが、今年は下で準備している投手の出来も良い。つまり、安泰ではないということ。投げ抜くためにはここを変えたいところ。

この段階でももう一つ気になるデータ。擁護の声が全く聞かれなくなった六番ライトのボール球見極め率は…50.00%とのこと。。つまりボール球の半分に手を出している、と。ここから上がるのは当たり前として、こんな時期があること自体異様。ケーシーがNPBで二番目に優秀な88.52%を残しているのとは対照的。まあ、選球眼ある人の後ろにフリースインガー入れるのは理に適っているが…あまりにも当たらないとね。

明日からは広島戦。相手は開幕戦負けてからその後負けなし。そろそろ止めないと、というか後退してもらわないと。ホームなのだし、勝つのみ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

開幕前夜

また長い戦いが始まる。本業は大きく環境が変わりそうで今年どうなっているのか全く想像もつかない。今より近いところに勤めるというのは考え難い。かなり離れてしまうかもしれない。が、ちょっと離れても通うんだろうなあと思う自分もいる。去年は近年の観戦数に比べ少なくなったが、今年はどれだけ行けるか。

と、私のことはどうでも良いので今年のジャイアンツに関して。オープン戦最下位で大丈夫?という声もあり。スターターが厚くなって優位、という声もあり。私の予想は…リーグ優勝はするでしょう。ただし、来年以降は厳しい戦いになることも十分考えられる、と。その根拠は…まさかゲ〇ダイの記事と被るとは思わなかったが、考えていたことが書かれていた。今年はマイルズの年になるのではないかと。二年契約最終年となる二十代最後の年、メジャーにアピールするには一番の時期だろう。脂の乗っている今、ここで素晴らしい結果を残せば評価も上がる。本人のモチベーションは高いと見ている。沢村賞を手にしてMLBへ、という展開になるのではないかと。そして今年6年目を迎えるスコットもMLBで投げる姿を見せたいという思いから復帰することも十分考えられる。彼の能力ならばいつでも復帰は出来るだろうから、日本でプレーをする姿を有り難いと思いつつ、いつ戻ってもおかしくないという気持ちを抱いている。この二人が抜けた時の穴は簡単に埋められないだろう。

優勝を信じるとして、主軸を除いた選手達がどれだけ成長出来るか。来年以降も大丈夫、と思えるような成長を見たい。今年だけでなく来年以降も期待を抱かせるチームになってもらいたい。

チームとともに、実りの秋を信じて進みたい。

オレが巨人。と思う方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

さて応援するチームのあれこれ

しかし沢村栄治さんの故郷でとんでもないもの見せてくれたなぁ、と。投手が頑張って抑えて、野手が足を引っ張る、これが今の巨人野球、という現実を突きつけようとは。
外国人のボークなんてのはどうしてもギャップが生じるから何処かで出るのは納得。むしろレギュラーシーズンが始まる前に味わえて良かったのではないかと。そう、今日はバント処理のポロリよ。そして相変わらずの貧打。聞くところによると今日の智之はMLBスターと渡り合える出来だったとのこと。これだけの素晴らしい投手が、去年二桁勝てなかった、この事実が有り得ないだろう、と。本当にクソ打線野手は何をやっているのか。打てないならせめて守りはしっかりとお願いしたいもの。しかしそういう意味では、オープン戦ドンケツってのは納得か。智之と坂本のチームだから。

一応ニュースにも出てたからとりあえず触れましょう。高木狂…もとい、高木京介と育成で再契約を結びそうだということ。ドームはもちろんG球の敷居も跨いで欲しくないのだが、球団の方針なのか何なのか。自ら打ち明けたかかどうかで処分違ったみたいだけれど、ブルペンでガッツポーズしていたような投手、違いはない。
一軍に上がったら、なんて心配はしないでおこう。今支配下の投手が、彼より質の低いボールを投げるとも思えないし、それはあってはならないことだから。
また、今回の決定は高木本人にとって良い話だとは限らない。数多の冷たい視線を浴びてこれから進む、どんな過酷か想像もつかない。だがそれは自分の蒔いた種だから。

戻ったとしても長くはない。そう思う。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

負ける方が難しい試合

安打数は1つ上、四球は倍。長打は相手3のジャイアンツは0.確かに長打は無かったけれど、これ、負ける方が難しい試合だぞ?

七回は同じ先頭四球。でも何故かリードしている方が逆転されて、村中に勝ちがついちゃうというおかしなゲーム。まあ、相手関係なく四球出したぐっさんが良くない。右に打たれたならそれは使った方が悪いと割り切れば良い。だが、無条件に走者を出す四球は言い訳出来ない。
立岡の二番構想、サンプルが少ない今の時点でも併殺多いようでは考えものかな…。七回も追加点の欲しいところだったからなあ。理想は一塁三塁を作ってくれることだけれど、ボールが飛ばないようではそれもまた難しい。

ポジティブ材料は、これはもう単純に宮國と中井。飛車角抜きとはいえ、活躍した年でも相性の良くなかったヤクルト相手にパーフェクトな内容。この結果ならローテ入りも考えられるが、ハマスタは…出来れば回避で。スターターになって、一つ勝ってまずは良い報告をして、そこから飛躍のシーズンにしたいところでしょう。中井は…明日開幕してほしいって思ってるんじゃないかというぐらい大当たり。背番号が変わり、崖っぷちというところで所帯を持ち、ここから這い上がれるか。岡本にはまた一人競争相手が増えたな、と。

勝ちパターンの後ろは二人体制、なかなか長打の出ない打線。今年も先発には頑張ってもらわないと。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

色々見られた試合

昨日に比べれば書くべきネタはまああった試合。良い面悪い面それぞれ。

先発の光夫は記録上6回4失点。ただし6回裏の3失点はレフトとセンターの有り得ないクソ守備のせいなのでノーカウントとしてあげるべき。ただし、この日問題とすべきポイントはその前の回だったのではないか。相手の仕掛けが失敗した後のツーアウト二塁。二番熊代はバットを一度も振ることなく四球。意味が分からない。何故わざわざホームランバッターに廻るよう自ら首を絞めるのか。長打のない相手なのだから打球運による1点は仕方ないと割り切ってストライクで攻めるところでしょう。たまたま浅村が打ち損じてくれたがそんなのは結果論。貯金を増やすにはこういうことをしてはいけない。

さて、すこし触れた守備について。陽のコンデイション関係なく、長野センターは無理と判断すべきでしょう。陽が上がれないのなら、センターは守備指標の高い橋本が良い。岡本はまだ転向して間もないので時間が必要ということ。エラーは反省しつつもとりあえず今日は二本ヒットが出たので精神的には少し楽になったか。あとは二塁。立岡をレギュラーにしようと使ってはいるものの、今日の山川のショートゴロで併殺取れないようでは。首脳陣も頭の痛いところでしょう。

昇格して二安打二四球と結果を残した中井。去年同じ時期の打撃と比べたら雲泥の差ではないか。去年は何で一軍にいるの?という状態だったから。これで立岡や岡本の目の色がさらに変わってくれれば、と刺激を与える効果を期待出来る打撃だった。久々に好印象。

今日は一軍、二軍、甲子園とぐるぐる回して見ていたが、寺内さんがゆっくりダイヤモンド一周していることにびっくりした。マジか?と思ってしばらく見ていたら、満塁ホームラン、と。失礼ながらも大笑いしてしまうと同時に、オフシーズン話題となった杉浦大丈夫かよ、と心配になった。

WBCの相手は米国。八番スタントンかよ…怖すぎ。甲子園は履正社の竹田君が八回裏よく粘ったなと(しかし九回174球て…)。日大三の桜井君、金成君の三・四番コンビはまた夏の楽しみに、ということで。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧