2017年6月 9日 (金)

日本ハム(札幌)○2-1 柱で止める

「オレの責任」は発動しなかったものの、このあたりで勝つんじゃないかという予想は大当たり。三本柱がそうそう悪い時期は続かない。マイルズがナイスピッチングで連敗を止めてくれた。この試合、四球は一つもない。四球拒否打線が選べないことなんていつものことだが、選べる日ハム打線相手に無四球は見事でしょう。近藤健介がいたらまた違ったかもしれないが。巨人と違って粘る打線相手に八回まで投げ切れた。二年前もこの時期から良くなってきた。球数の少ないパワーピッチが見られるようになれば、彼の試合は安心して見られる。去年勝ち試合に途中で帰ろうかなって思うぐらい打たせないから笑

チョーさんの長打から慎吾のタイムリー、そしてランナーを置いて坂本のタイムリーツーベース、という得点。やっぱり野手で止めるならこの二人なんだな、と。これまで坂本の続く選手が出たと思えばすぐに消えたりしたが、慎吾は継続出来るか。ナゴドで逆方向に運べる飛距離は嘘をつかない。過去最高の出場機会となっている今年はチャンス。掴んでもらいたい。

トンネルを抜けたその先はまたトンネル、とならないようここからが大切。それでも昨日までとは違う精神状態でいられることは間違いないだろう。そして三本柱の一人が投げる。まず久々のカード勝ち越し行きましょう。

チョーさんすすきの楽しみ?と思った方はクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年6月 8日 (木)

西武(メットライフ)●2-13 ゑ?

途中見てぼろぼろだなあとは思ったが…13点取られて2時間33分で終わったんかい!そこにビックリだわΣ(゚д゚lll)

三回で決まっちゃったんで打たなきゃとなったのかもしれないが、四球が最終回のチョーさんだけって時点でヤバいだろ、この四球拒否打線。セイバーで言う最強打者のところに坂本が入るのは納得出来るが、その前のトップバッターはフリースインガーなので落ちたところ次第。このチームでリードオフマンを務められるのは坂本だけというのもなぁ。山本ヤスの代わりに上がった超フリースインガーは六試合で長打無し。誰だ、上げろと書いた記者は。

池田はしゃあない。色んなところで使われてるし、まだ一年目。調整の難しさもあったでしょう。しかし江柄子は…。これ対右なのにイニング跨ぎ後放置されて被弾したノブを降格させた意味なかったんじゃあ…。

明日からチームは札幌へ。栗山さんの「オレの責任」が出ることを願うしか無いか。しかし目の前でタイシ(札幌でのコール)にゴーンヌされたらベンチとGMはどう感じるかな、なんて意地悪なことも思ったり。

そんな事態になった日には堤即解任で賛同する方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2017年6月 7日 (水)

西武(メットライフ)●0-3 非力打線で12連敗

野球はホームランなんだよな。それが相手にあってこちらになかったということ。3年前から貧打だと分かっていた。その時点で打撃コーチがクビになればまた違ったのかもしれないが、何故か野手総合コーチ-ヘッドコーチになって今も残っているという。ヘッドコーチ要請しなければ前監督とともに辞めるはずだったのに、頭下げたことで残ってしまった。そして現在に至ってワースト記録を更新したわけだ。まさに、インケ堤。ハナッから評価していなかった俺は正しかったが、ここまでボロボロにするとは予想外だった。

まさか岡本から一点も取れないとは思わなかったが、一つ失敗があるならば、スタメンDH亀ちゃんでしょう。スタメンではさっぱりだって何度見たのよ。村田が昨日途中交代となり出られない状態なのは分かった。では誰が良かったか、となると、長野か。併殺のリスクがあまりない一番で良かったのではないかと。ランナーいるところではああいうファンを敵に回しかねない撫で打撃併殺するのだから…(あの打撃ホント腹立つわ)。亀ちゃん後から使えば守備も出来るし。一番に入った岱鋼はフリースインガー。長打がある分ランナーいるところで打たせたい。誰が一番が良かったか?私の中では粘りの山本ヤス。しかし、それはしばらく出来ない。クルーズ昇格時に何故か落とされたから。一軍二軍の入れ替え担ってるなら使えない愛人落とせば良かったろうよ、インケ堤。

村田以外アーチの出ていない状況で、重信を残しておくことが果たしてチームにとって有益なのだろうか。私は即岡本と入れ替えるべきだと思う。勝利を求められるチームに今必要なのはホームラン。打てる可能性のある選手を使って欲しい。

明日は池田が登板。結果が凶となっただけで前回の代え時は誤っていなかったと思うが、先週とは状況が異なる。カミネロのいない今、引っ張らざるを得なくなるのではないか。今日の西武の継投を見たら、それは今の巨人には出来ないよなと。そんな状況でもクルーズ上げろと余計な提言した報知記者(キャップ?)は今何を思うか。そっからさらに連敗よ。

どこで止まるのか。その瞬間を待つ。


弾幕は「堤解任:がベストじゃね?と感じた方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2017年6月 6日 (火)

西武(メットライフ)●5-8 弱気

智之がリードを守れず降板した時点で今日はダメだったということ。掲示板に書かれてたけれど、ひたすら外、外、外の投球だったようで。数週前のモバGの報知コラムで桑田さんが苦言を呈していたが、智之のような投手はもっと自分のストレートを信じるべきではないかな。首も振ってたみたいだから小林のリードとも言い難い。しかし彼のボールなら6回125球というのはあまりにも多過ぎる。これはもう二人が弱気になっていた、ということではないだろか。

その流れを桜井が止められるわけがないので叩く気は無し。ただ、彼はそこにあるチャンスを逃してしまったとも言える。しっかり試合を作って繋げばヒーローになれた可能性はあったが、3人歩かせて降板ではそのイメージが付きまとう。まあ、小林のリード?という気もしなくはない。健太朗は仕方ない。あの状況でメヒアだもの。

小林の話になったので、あくまで私の考えだが、しばらく外すべき。ひたすらベンチばかり見て明らかに自信を失くしている。村田(カ)ではなく村田(笑)の指示かは分からないが、今の外、外リードでは投手が苦しくなる。ショウアップナイターで石井一久も指摘していたのなら、やっぱりそうだったのでしょう。代わりは当然實松。フリースインガー相手に初球不用意にストライク求めて被弾する捕手じゃ無理。明日に響く無駄な被弾だった。

ここまでの11連敗だが、3点以内に抑えたのはたった3試合。つまり投壊。大竹のぶち壊し投球から始まり、広島相手の小林崩壊リード、楽天戦炎上等々。そんな状況にもかかわらず、報知はクルーズ上げろと言い、インケ堤が実行に移し、これ。スコットを相手のストロングポイントで使うことが出来なくなった。今日の投球で桜井が自信を失ったら、カミネロが戻るまでは健太朗と誠次で何とかするしかない、と。

打線は阪神戦で9点取った次の試合から今日の試合までの最高得点は5。それなら投手で落としたと言えなくもないが、時には大量リードの試合も欲しいところ。この原因はもう明らか。長打がなく打球運頼みで、四球を選べないチームだから。今日も村田が選んだだけ。今日の安打数は巨人が3つ多いのだから、そういうこと。京セラの関西対決、両チームの安打数と得点数見ても分かるでしょう。四球の重要性をもっと認識すべきだ。今日の七回裏で良く分かったろう(猛毒)。

これで激動のオフを迎えることはほぼ確定。オフになる前にインケ堤、または、村田(カ)に何か動きがあったりして。チームは生まれ変わらなければならない時。スカウティング、評価基準、育成メソッドなどなど、改善すべきところは多々ある。目の前の戦いに加え、先を見据える必要がある。

堤 解 任 5 秒 前、と思う方はクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年6月 1日 (木)

楽天(Koboパーク宮城)●2-3 意外と分かってないのね

二度も底に突き落とすなんて酷いなあ。

もう則本キラー認定していいでしょうという村田が先制の2ラン。中継ぎで色々なシチュエーションで使われてとうとう先発に廻された池田が勝利投手の権利を手にして降板。ところが、六回から登板した田原が1-0からウィーラーに二遊間抜かれて、次のアマダーに初球同点被弾。これは継投がーと怒り気味の人もいたけれどそれは結果論。プロに入って初めての先発、次の回はウィーラー・アマダー、となるとさすがにあの交代は理解出来る。問題はたった三球で簡単に追いつかれた不用意なバッテリー。

森福が左に打たれて勝ち越され、則本には連続試合2桁奪三振記録更新を許した嫌な流れの試合。そんな試合でも最後に見せ場がやって来た。松井裕樹から村田がこの日三本目のヒットを放ち出塁。続く慎吾は送らせずに勝負。これは正しい。そして難しいボールに手を出さず四球という素晴らしい繋ぎを見せた。ノーアウト一塁二塁で八番の長野。私の中で送りバントという選択は無かった。偶然バントが成功したとしても、その後の代打相川には無理に勝負に行かず、一・二番で勝負となったのではないか。右の代打は中井と寺内のみ。そして偶然と書いたのは長野が成功させるとは思えなかったから。前の甲子園?あんなのはたまたまでしょう。なのであの場面は打たせるところ。そして結果は、一球目ファウル、二球目をバットに当てられず空振りで重信戻れずアウト、三球目空振り、と。これを見て感じたのは、あぁこの首脳陣って長野のこと意外と分かってないんだな、ということ。皆さんも長野がバント成功させる姿なんてイメージ出来なかったでしょう?それでやらせるんだもの。ただ、真ん中の球を空振りというのは私の予想の遥か斜め上を通り過ぎていた。ここはどっちも問題。とにかく送ればいい、という考えなら長野代えなきゃ。何年長野を見ているのか。

村田と池田の頑張りが生きずに七連敗。酷い点は多々ある。ランナー三塁のピンチを池田が抑えた直後、初球打ち上げる非力捕手とか。さらにその直後の一番二番が三球で終わってるんだぜ?相手のエラーがあったとはいえ。そもそも何であの一番二番が出られるのか私には分からない。まあ立岡はバントミス以外の打席は球数投げさせてるからまだいいか。しかし橋本仙台まで呼び寄せて登録してないのもイミフ。慎之助なぁ、六回の糞ボール二球振って三振には腹立ったわ。でも、西相手なら多分明日は出るでしょう。とりあえず最低限、愛人は使わないでね。スタメンで使いだしてから何連敗?

頑張っている人たちの働きを無駄にしてほしくない。そういう意味ではスコットが打者一人で降板できたことにホッとしている。働かない人たちの多い中で無理させるべきではない。負担が高まらないよう、納得出来る選手起用をお願いしたい。

愛人ショウはもうたくさん、と思う方はクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2017年5月31日 (水)

楽天(Koboパーク宮城)●0-6 未来のために

あの捕手をスタメン起用した時点で、もはや今の首脳陣に何かを変える力は無いし、これからも我々が納得するような動きは出来ないな、ということが分かった。去年使ったこと自体有り得ないのに、ここにきて使おうと思ったことが信じられない。今日の勝ち負けの話ではない。捕手で使おうと判断したこと自体が問題。また、ここでそういう判断をするのであれば、何故広島戦で小林を一度外すという発想に至らなかったのだろう。

試合は別にいいや、と思ったけれど、軽く。初回から早打ち凡退炸裂していたことに関しては、実は理解出来なくもない。その理由は、楽天は六回からどんどん中継ぎつぎ込むのでスターターから球数稼いだとしても五回でスパッと変わってしまうから。まして明日は則本。躊躇なく交代出来たでしょう。塩見から0点の時点でほぼ勝負あり。明日から山本ヤスと慎吾の一・二番でいいんじゃないでしょうか。

この惨状、私はもう答えは出たと思っている。GMの手腕を全く評価してなかったが、もう正解だったということで良いでしょう。由伸のリクエストがあったかどうかは知らないが、ユニフォームを脱ぐつもりだったカルビ漬けのおじさんに頭下げてヘッド要請した時点で失敗。去年プロと思えないプレーを見せる締まりのないチームになった時点でも気付けたはずなのにそのまま続投させて、今に至る、と。今日の中井のミスに関して「我々の指導力不足」と言っていたが、ファンはとっくにカルビおじさんが何も出来ないことに気付いてるよ。賭博問題で揺れていた頃、「寮長をやってもいい」とかつてユニフォームを着ていたチームを心配していた元ヘッドコーチがいた。オファーを出せば二つ返事で引き受けていたことだろう。にもかかわらず、頭を下げたのは我々が間違いなくいなくなると思っていたカルビおじさんに対してだった。そして結果は今。これだけでもGMとしては最低なのだが、ペゲーロ獲らずにカステヤーノスとか、クルーズと2年5億近くの契約結んで今二軍、などマイナスの伝説は多々ある。責任を取って辞めないものだろうか。GMに就いたところから崩れ始めてきたなと今振り返っても思う。

GMとヘッドコーチ、この二人が変わらない限り未来は無い。


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年5月30日 (火)

楽天(Koboパーク宮城)●5-13 2被弾とエラーに沈む

大して見られなかったが、智之が喰らった二被弾、それで決まったと言えるでしょう。二本目は味方のエラーによって失点した三回の影響とも言えるが、ノーアーチの藤田に被弾は無いわな。二回の二点を含めた追い込んでからのヒットの多さは運だけとも思えないのだが、これも相手の粘りが効いたということでしょう。シリーズで当たらない限り今年の楽天相手には投げられないので、やり返すためにまた次回の登板から勝ち続けましょう。

慎之助の起用、もう少しうまくやりくりできなかったものだろうか。休ませるチャンスはあったのだが、今やっても遅いという状況まで来ているように思える。七回も良い状態であれば1点で終わらなかったかもしれない。村田がこの日二安打したのを見ると、やはり使う試合を増やすべきだったのかなと。広島は新井にエルドレッド、阪神は福留を休ませている。一年は長い。休ませる試合を設けても良いのではないか。

戸根の続投は当然。いきなり四球、フェンスまで届く単打、死球、そして被弾。このピッチングを不快に思わなかったファンっているのだろうか。代えなかった事に関しては、投手を使うのが勿体ないし、これが一軍最後の投球になり得るのだから存分にね。明日落とすのは当たり前。何なら立岡も一緒で良い。九回の三振なんてルールが分かっていないとしか考えられない逃げるボール球空振りだった。ああいう何も考えていないプレーを容認してはならない。

楽天球団が誕生して13年か。80年以上続いている球団のスカウトより優秀そうなのが何ともね。巨人は可能性のある野手を取ってこなかったためか、主軸が湿るとホームランの出ない試合が続く続く。戦える布陣にするには何年もかかるぞ、これ…。

明日は88年生まれ左腕同士の対戦。キャッチャーは広陵の後輩がそのまま務めるでしょう。他の試合は知らない。あの打力で無理に固定する必要はないのだから。明日はうまい具合に荒れて相手が攻めあぐねることを願うか。まずは連敗を止めること。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年5月25日 (木)

阪神(甲子園)●1-6 再び上がれるかは本人次第

05/03 6回1/3 1失点 ただしスコットに跨がせる
05/10 5回2/3 6失点 9-2から追い上げられる
05/17 5回4失点 被安打10で降板
05/25 3回6失点 キャンベルに被弾含むマルチ長打を許す

ちなみに先月最後に投げたMAZDAは5回 0/3 4失点 …うん、これはローテに残してはいけない投手だ笑 速いストレートのある智之と光夫の後なら楽に映ったかもしれないが、抑える力が無いのでしょう。去年3イニング持たなかった楽天相手に投げさせないことは想定内だったろうが、今後戻れる保証はどこにもない。降板したものの光夫の状態は上がっていたし、山口俊に高木勇人が戻ればもう空きは無いから。状態が上がらなければ中継ぎでの起用も検討されるでしょう。

三連戦の総得点数は総失点数以下だったが、ビジターで勝ち越し。幸運というべきか。明日からの戦いが大切。コツコツ勝ち越しではなく、ここは三つ取りたい、やられっぱなしじゃないところを見せて交流戦を迎えたいところ。スターターが七回まで投げられれば何とかなる。まずは明日、一戦必勝で。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

阪神(甲子園)○3-1 復活の時が訪れたか

終盤の書き方を考えていたら寝落ち…

五回裏がターニングポイントだったのかもしれない。福留の三塁打で迎えたピンチ。中谷を浅いライトフライに仕留めてまずワンアウト。ところが、続く鳥谷の顔にボールが当たり、鳥谷は負傷交代。光夫は危険球で退場。警告試合となった。急きょ田原がマウンドへ。1点取れればと踏んだ阪神が動き、北條のところで伊藤隼太を起用。ここのところ調子のよい選手を出されたが、ピーゴロでホーム封殺に成功した。金本は椅子を蹴飛ばし激怒。梅野も抑えて田原がピンチを脱した。このチャンスに阪神が点を取れなかったことで流れはこちらに来たか。
六回の途中から森福が七回終わりまでしっかり抑えて八回へ。

森福から始まり、能見がまだ投げていたので代打は相川。ここで阪神は能見を下げて桑原にスイッチ。甘い球を仕留められず追い込まれたが、外角のスライダーにちょこんと合わせてヒットとなった。代走に重信。チョーさんのバントは最初失敗したがどうにか成功。立岡のところでベンチが動いた。ここで亀ちゃんを使ってきた。なるほど、甲子園で一時勝ち越しとなる2点タイムリーを桑原から打った亀ちゃんなら納得。そして期待に応えた。ライトい落ちるヒットを放ち重信が二塁から生還。先制に成功した。交代した三人で一点取ることに成功した。

スコットが八回裏を抑えて九回表に。相手は藤川にスイッチ。慎吾がボテボテの内野安打で出て、中井が送って小林。最低限進塁打が欲しいところでヒットを放ち一塁三塁。交代した脇谷は一塁ゴロでランナーがかわり二塁三塁。チョーさんが甘いストライクを仕留められず追い込まれたが、その後だった。打球は右中間に飛びタイムリースリーベースとなった。守備範囲の広いセンターなら分からなかったかもしれない。だが、確実に言えるのは、先月のチョーさんには見られなかった打球だということ。そう、底は脱したと言えるのではないか。

裏はカミネロ。だが、内容はとても安心できたものじゃなかった。先頭の高山はフルカウントからボールになるカットボールをゴロしてくれたのが幸い。上本に被弾して2点差。糸井の打球は角度ではやられたと思ったが、打球が飛ばずフライ。そう、たまたま。そこでようやく落ち着いたが、危なかった。スコットは安心して見ていられるけれど、最後は不安…。

三連戦の勝ち越しに成功した。やはり波のあるペナント。GWの甲子園と比べれば良く分かるでしょう。同じ月で今こういう状態だもの。ジャイアンツに目を移しても、坂本・慎之助の前にランナーが出ない、と嘆いていたら、チョーさんが調子を上げて上位は良くなった。だがほぼ同時に坂本・慎之助の状態が落ちる、と。まだまだ波はある。光夫も残念な結果になったが、その前までは今年一番の内容だった。移籍初勝利を挙げた森福も先月とは違う。田原が戻り、陽と山口俊も準備中。連敗を避け、チームの状態が良い時にいかに勝ち続けられるか。上位に行くにはそこでしょう。

今の流れなら三つ取ることも不可能ではない。そろそろこちらのラーメンおじさんに頑張ってもらわなきゃ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年5月23日 (火)

阪神(甲子園)○1-0 魂込めたストレート

ほぼ見られなかったけれど、今日はもう七回の投球。バント二塁封殺を狙ったボールが逸れて一塁二塁のピンチ。ここで高山・上本を仕留め、最後は糸井からストレートで空振り三振を奪いピンチを切り抜けた。中盤にもピンチはあったが、やっぱりこの回かな。小林のタイムリーによる援護があった裏で点を取られたくなかったところ、自らのミスで招いたピンチを自らの右腕で抑えた。ギアが入った時のストレート、多くない方が展開としては良いのだが、その姿を見るたびに痺れるだろう。…と褒めたものの、ハイライト見たら結構甘い球あったなぁ^^;相手の三番四番の状態に助けられたか。

最終回は冷や冷やだったがここは北條の3-0からスリーバント失敗が大きかったか。糸原のツーベース性のあたりをシフトしいていたのか亀ちゃんがいいところに守っていてシングルで止めたのもそう。ファインプレーと言って良い。

明日は左を挟むことで目先を変えられる。って相手も一緒か。左腕対決とラーメン対決…どちらかで勝って。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

より以前の記事一覧