2019年10月10日 (木)

CSファイナル 阪神(東京)◯5-2 役者揃い踏み

前日に、お客さんとの顔合わせに行くからと告げられ、観戦出来ず…orz

 

試合としてはほぼほぼ満足な滑り出しと言えるのではないか。初回に坂本の併殺打がありながらも、マル・オカの連弾。特に丸は直近の公式戦で当たりが止まっていたので、底は脱したと言えるのではないか。次の回には、山口のバント失敗がありながらも、亀ちゃんタイムリー、そして坂本が2点タイムリーで序盤に大量リードに成功。

 

山口は8回途中まで1失点ピッチング。上がってきた相手に飲まれず自分のピッチングが出来たということでしょう。このまま今年は山口イヤーとなってほしい。

 

デラが珍しく2四球で最後まで投げられず悔しい思いをしていたが、切り替えて次の試合に臨んで欲しい。デラがいて今の位置に居られるのだから。

 

初戦勝てたことで残り5試合中2つ取れば次に進める。優位な状況だが、早く決まったほうがいい。次も一戦必勝で。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2019年9月25日 (水)

阪神(甲子園)●0-5 有終の美のために

髙橋のレギュラーシーズン最終登板、悔しい結果となったが、夏場にローテに復帰してよく頑張ったのではないか。身体づくりはこれからというところだし。ボールの精度を落とさずに四球を減らし、投げるスタミナをつけることが今後の課題というのが見えたと思う。ポストシーズンが長くなるとオフは短くなるが、さらに投げられるよう鍛え上げて欲しい。その後一球で2点取られた投手?知らん。昨日チームメイトに決断した旨を伝えたレジェンドの後輩なのであまり今日は言わないけど…。


試合が盛り上がったのは9回表の藤川と慎之助の対決だったみたいね。見ていないので分からないけれど。選手として最後の甲子園になったのか。今日知ったことなので実感がわかないが…。慎之助のことは改めて書くとして、有終の美を飾るということで、日本一になることだけをチーム全員考えていることでしょう。

今こそさらに一丸に。

| | コメント (3)

2019年9月19日 (木)

中日(ナゴヤ)●1-2 1点打線

先発が3試合連続でQS達成してるのに3連敗。これはもう完全に野手の責任でしょう。コンディション不良から戻ってきた坂本が打ってるのに他の選手何してんの?

 

打てなかったこと、そして継投ミスが敗因となった。先頭の藤井の当たりもほぼ長打だけに澤村のボールが来てなかったということ。というか、何で大竹じゃないの?同じ選手にやられたという以前にまずそこを知りたい。

 

直接対決からわずか2勝しか出来ずにアドバンテージはほぼ無くなったと言える。残り試合そのまま相手が突っ走らないとは言えない。ただ、分かりやすくなったと思う。直接対決は残り3試合。現在11勝11敗。このカード勝ち越したほうが優勝と考えればいいでしょう。もちろん負け越して優勝ということもあるが、Aクラス2チーム相手に負け越しよりは勝って終わりたい。

 

7点差をひっくり返した相手は勢いに乗っているが、そこを抑えられるか。ただ、投手が抑えてもここ数試合勝てていないのだから援護はマスト。自分達でペナントに近づけるか。ハードな戦いはまだ続く。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2019年9月18日 (水)

中日(ナゴヤ)●1-3 新人投手の好投を無にするチーム

今日の髙橋を負け投手にする時点で野手の責任でしょう。今日は緊急ミーティングでもして締めなきゃダメ。岡本の左中間フェンス直撃単打なんて名指しで非難して良い。勝つために全力を尽くす選手がやるプレイじゃない。重信の牽制アウト、2点ビハインドの最終回にボール先行気味の岡田から四球で走者をためようという考えのない1番2番。髙橋のベストピッチを最悪の結果にしたことを猛省すべき。

 

そんな野手陣に怒り心頭なのかもしれないが、ベンチの継投だって怠慢でしょ。同点ツーアウト二塁、打者大島、というところで田口にスイッチしたが、大島の打率は左のほうが高い。この時点でデータを見ていないということ。そして次は投手の打席。左の代打は藤井と遠藤。そうであればわざわざ左にスイッチしないで大竹のまま歩かせて次の打者勝負で良いじゃないか。石橋を叩いて渡るように見せて実は最悪手を踏んだということ。明らかにベンチの責任。

 

そんなデータを見ないベンチだから何故かC.C.を彼が抑えているマジック対象チームでなく明日使うんだよな。もう一度ベンチ含めてチーム全体が引き締らなきゃ。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年9月11日 (水)

DeNA(横浜)●4-10 2桁被弾(2人目)

もう大丈夫だろうという声も聞かれるが、マジックがゼロになるまでは大丈夫ということはないと思っている。というか、あの捕手陣、そしてそれをコーチするのが万年最下位(略)という時点で安心感は無いわな。ソトに連弾の時点で二桁被弾達成です。桜井のボールはずっと高かったが、2本目は追い込んでからの被弾というところで選択の問題と言えるでしょう。そして7回は、捕手に打たれる→0-2とバッテリー優位のカウントから被弾とね。ところがこれで終わりではなく追い込んでからのソトに3本目を献上。坂本のタイトル獲得を味方が遠ざけるという皮肉。優勝しようがしまいがバッテリーコーチは更迭で。しかし何でそもそもコーチにしたんだろな。

 

先週桜井と組んでゼロで抑えたのに何故小林ではないのか、という点は大いに疑問だったが、理由は何となく分かった。前回桜井がDeNA戦で初回3ラン喰らった時の捕手が小林だったから、ということぐらいかな。小林なら結果が違ったかどうかなんて分からないが、上がってからインケツ気味の炭谷を使ったらああなったと。これは明日の捕手起用に迷うだろうな。

 

勝ち負けは仕方ないが、ソトに火をつけたというところが痛い。しかも無理に勝負しないで良いところで3本でしょう?それが一番痛いかな。

 

失点を少なくすればチャンスはある、それは今日も分かった。山ちゃんのツーベースから少し雰囲気が変わったように、差を詰められるのは相手にはプレッシャーとなる。明日は髙橋に行けるところまで行ってもらおう。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

DeNA(横浜)◯4-2 四番の仕事

紙一重の試合だったが、投手が中盤まで1点に抑えたことで勝利に繋がった。まずライアンが想定より取られずに済んだこと、そしてピンチで出た高木が火を消したこと、そこが大きかった。高木の2イニング目、筒香に四球を出したが、それで正解。過去に1シーズンで3本か4本喰らったぐらい相性最悪だから。それはさすがにわかってたかな。今永相手に2点はキツい。だからこそホセのソロによる1点で食い止める必要があった。

 

逆転弾はまさに1球の判定が明暗を分けたか。丸がフルカウントから見送ったボールは、丸自身がナイスボールと語るぐらいバッテリーにとっては素晴らしいコースに決まっていた。だが、それがボールとなった。良し、と思ったところでのまさかの判定、切り替えるには厳しいというぐらいのボールだったということか。リアルタイムで見ていないのでその直後に間を取ったのかは分からないが、岡本の初球に投じたチェンジアップがストライクゾーンに入った。このボールを岡本が捕らえて左中間上段に運んだ。丸に対するラストボールがストライク判定されていたらこの逆転弾は無かっただけに、大きな四球となった。

 

追加点はノーアウトランナー二塁から坂本が送って、丸のフライで手にした。普段なら文句を書いているのだろうが、ハイライトを見て感じたのはけん制悪送球してしまったエスコバーを慌てさせる面もあったのかなと。バントが生きたのは良かった。そして、岡本が1-2からストレートを捕らえ2打席連続アーチ。これぞ4番の仕事。30本も見えてきた。4番で始まったシーズン、マークの厳しくなる中こういう結果を残せるのは自信となるでしょう。口を締めろとかどうでも良いことに注文付けた人は今何を思うか。本人のスイングが出来るならそんなの関係ねえっての。

 

高木のあとは田口と大竹で繋ぎ、中川が8回を抑えた。最後のデラがソロアーチを浴びたが、2点差を守って初戦をモノにした。

 

 

相手がエースで勝ちに来ている中で、4番の一打で勝てたのは大きい。あのアーチがチームにとっていかに大きかったかは、ハイファイブの終わりに見せた丸の喜びで分かるでしょう。苦手にしていた今永からの逆転弾、そして左投手から連弾。この大事な試合でそれを出せるとは。岡本がこれでゾーンに入れば優位に戦える。心強いアーチだった。

 

守りの安定、これも失点を少なく出来た要因。エラーの時はホームのファンにいいぞゴールされていたがその他の難しい打球を何度も捌いた坂本、そしてピンチに併殺を成功させた俊太、彼らでなければ結果は違っていたかもしれない。今永のバントを小林が三塁でアウトにしたことも大きかった。ノーアウト一塁二塁を切り抜けたことが逆転に繋がった。

 

 

一つ勝てたことで力みが取れる可能性があることを良しとしたい。一つ勝てば良いという声もあるが、残り試合は限られているので少しでも早く決めたいところ。その近道は一戦必勝。切り替えて2戦目も勝ってペナントに近づいて欲しい。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2019年9月 6日 (金)

ヤクルト(神宮)●2-5 やることなすこと裏目

・中4日で行くから今村下げとこ
→C.C.も降格でスターター不足へ
・銀ちゃん待ってたよ、智之と組ませよう
→智之の連勝ストップ、そして翌日途中から出て来てクソリードで逆転負け
・若林が守れればこんなことにならなかったんだ、降格
→増田の考えない打撃で敗戦につながる
・丸がイマイチ、2番にしよう
→チャンスでファウルフライ。坂本の前に石山のプレッシャーを軽くして結局残塁

 

ここまでやることなすこと裏目ってなかなか出来ないな…。ベンチがこれだけやらかしたら選手もいいパフォーマンスで臨めないよなと同情。ただ、使った方が悪いけど増田には文句しかないわ。ノー満でフライ、ワンアウト一塁ニ塁でゴロ打ってゲッツー。どう考えても逆だろ?ノー満の時は2-0から打ちに行ってアレ。これじゃ取れない流れになるよ。

 

ところで、8回に4球外しというバカ指示出したの誰?満塁にすることで押し出しのリスク作っただけだし、奥村相手にそんなの要るか?田口には同情。使われた場面も何で?というところだし、余計な制約かけられちゃね。その後の暴投投手には同情しない。あんなもんでしょ。

 

二位チームを見ても苦しんでいるため差は詰まっていないが、広げるチャンスに広げられていないのも事実。これがペナントの苦しさかもしれないが、頑張ってる選手が報われるようにしないと。髙橋は初回に無警戒リードで被弾したけど、その後よく抑えてたよ。チームが打てなかったことで敗戦投手となったが、昨日の桜井といい勝ちをつけてあげないと。

 

変に打順動かしていたけど、やるなら丸一番坂本二番。やらせるなら丸をチャンスメークに専念させるべき。そうでなければ普段の形のほうが良い。坂本が中心の打線なのだからより多く打たせるところのほうがいいでしょう。

 

田口が今日投げたことでハマスタ初戦の先発が分からなくなった。援護のない中で試合を作った桜井と髙橋の中4はキツイぞ?楽天にいた時にハマスタであっという間に援護吐き出した古川も、ない。ヤングマンは、もう無理。となるとねぇ…。田口しかいないと思うのだが、今日のあの起用を見ると、苦しいな。

 

まず明日連敗を止め嫌な流れを断ち切りましょう。、

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年9月 4日 (水)

中日(前橋)●4-8 動かさないでいいところで

智之に何やらアクシデントがあって、その後情報が入らないので心配だ。早くに降りるぐらいだから来週とは考えないほうが良いのかもしれない。大事に至らないと良いのだが。

 

その時点でハードな戦いになることは予想されたが、一つ知りたい。スタメン炭谷の理由を。小林と組んで三連勝中なのに何故わざわざ変える?全く理解出来ない。菅野が悪すぎたで片付けられるのかもしれないが、加藤に対する配球と大島に対する配球は全くわからない。二人とも追い込んだ後で打たれてるし。2回の4点はやり方によっては違っていた可能性もある。小林を持ち上げる気はないが、炭谷が1枚半上なんて全く思わない。そう感じさせるのは追加点取られたところ。非力捕手相手に外ばっかり求めて長打浴びて、直後に小笠原にタイムリーツーベース。打てない捕手にマルチヒット喰らったわけだが、先日ナゴドで鍵谷が危うくライトオーバーくらいそうになったの見てないのかね。インでいいのに。間違いなく敗因の一人。

 

今シーズンというより将来に向けての収穫はあった。高校時代を過ごした地で山ちゃんがプロ初ヒット。紙一重の打球ながらも、やはりスイングは速く感じられた。しかしこの選手を育成で獲得出来たのって、本当に奇跡としか思えない。どれだけの成績を今後残せるか、楽しみな選手が現れた。どこかの夕刊紙には、菊池を取るとかなんとか書いてたが、しばらくFAは要らんぞ?このチームのプロテクトセンスじゃあ山ちゃんを外しかねないから。そしてもう一つの収穫は宮國。相手バッテリーに連続長打喰らってるようじゃ、もういいでしょ。今年脚しか引っ張ってないけど、要る?将来に向けて切り替えるところでしょう。

 

残り試合多く勝ったチームが上に立つということ。ここからでしょう。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年9月 3日 (火)

中日(新潟)●3-4 やるべきことを

「注意しているとは思えない」大城の構えたところに投げたのですがそれは…。そして、スコアラーもバッテリー担当も対策が足らないようにも思うのですが。福田にリーグで一番打たれてるのはもちろん巨人。もうもちろんって書いちゃうあたりがいかに出来てないかって言えるよな。投手が下がったからとはいえ、序盤の捕手交代ってそんなにあることなのかね。まぁ、万年最下位(略)じゃあこういうことにもなるってやつか。そして何故か責められないところ。ここ最近出ているプロとして恥ずかしい被弾だって、担当に責任がないとは言えないでしょう?

 

今村ノブを落とした翌日にC.C.の降格ってのは、何やってんのかなぁって気持ち。C.C.が降格のためどのみち実現しなかったが、中6日でDeNA、中5日で阪神と得意相手に当たるところで、中4日もあり得るなんてコメントに違和感しかなかった。そして特別悪いわけでもなかった今村の降格。中6日想定で動いていればそうならなかったろうに、そのことで日曜の先発を再検討しなければならず自分を苦しめるとは。

 

7回の走塁死は有り得ない。3点差あってまだノーアウトというところで何故リスクを冒すのか。終盤に入るのでアウトカウントを増やさないことを最優先とすべきところなのに。あれで流れを切ったと言って良い。

 

やるべきことをやらない時は負けるもの。終盤追い上げても追いつけなかったのはそういうことでしょう。選手だけではなくベンチも同様。残り試合は限られているのだから勝つしかない。

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2019年8月22日 (木)

中日(ナゴヤ)●4-7 見ないでもいいラストピッチ

今日何故ヤングマンだったかと聞かれたらこういうでしょう。「俺が聞きたいわ。」と。まぁ、先月屈辱を味わったまま帰すより彼に良い仕事をさせて帰ってもらおうと思ったんじゃないのかね。使った側の責任ということでベンチも納得してるでしょう。先月の時点で戦力外確定と書いたけど、それはもう変わらないよね。

 

ああいう投手だから誰がリードしても大差ないだろうけど、ビシエドに対する配球には疑問だな。ストレートあってのカーブなんだから、多く投げてりゃそりゃ合わされるって。被弾した時にフォーシームは一球も投げてないでしょう。後ろは復帰後ノー感じの周平だったから無理に行くことはなかった。これはバッテリーコーチの指示の問題でもあり大城の問題でもあるかな。

 

福のところで2点取ってればまだ分からなかったけれど、そういつも打てるわけじゃないししゃあない。6安打で4点も取れたのは十分でしょ。ルーキーに白星与えたのは別にいいけど、ゲレーロに当てるとはな。あんにゃろう。

 

上位陣とゲーム差は変わらず。試合数だけ減った結果となった。そうなると他チームの1敗は重くなってくるでしょう。ドームで上位と6試合戦う。流れを渡さずに終えて欲しい。

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

より以前の記事一覧