2018年6月15日 (金)

ロッテ(ZOZOマリン)○5-0 初勝利は完封

記憶通り、智之はマリン未勝利だった。そういやそうだったな、と思ったのはロッテ戦自体勝ってなかったということ。去年スイープした時はその前のカードで投げていたからなぁ。というわけで智之が投げる試合でもマリンかぁ、という不安は実はあった。そして結果は…無四球完封勝利!お見事。途中ノーアウト一塁三塁になったところでもクリーンアップを抑えて切り抜けたのだから凄いなと。本人が語っていたようにボールが多かったが、四球を与えなかったことで最後まで投げ切れたのでしょう。2012年以来の幕張勝利、まず一つとれてよかった。
攻撃は、陽くじが当たったというところでしょう。涌井から2ランを含む3打点。そしてチャンスで坂本がしっかり2点タイムリー。上位でしっかり点を取れた。
1軍登録枠を1人余らせているのが謎だが、ゲレーロがファームに落ちた。これを他の選手がチャンスと思いアピール出来るか。そしてヤングマンにとってもチャンスとなる。コンスタントに点を取れるようになりスターターがしっかりしてくれば面白くなる。
明日は相手のエース。ここを取って相手に重圧をかけたいところ。交流戦の勝ち越しで貯金が出来る。取りたい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年6月14日 (木)

ソフトバンク(ヤフオク)○6-4 素晴らしいプレーが続きプロ初勝利

本当に先輩方の助けで手に出来た勝利だと思います。でも鍬原は3試合目で勝てたんだから大したもんです。スカウトが「オレの見つけた凄いやつ」と言わんばかりに取った数年前のドラ1は去年プレゼント登板させても勝てないのだから。先に一歩目を踏み出せた、と。3度目の正直で初勝利おめでとう。喜びでいっぱいだったのかもしれないが、おかあさんではなく母と言いましょう。三振を取れるので力はあるということでしょう。これからが大切です。
途中まではあまり見られなかったが最初から最後まで見たかった試合だった。両チームのアーチは全てテラスではなくスタンドイン。技ありの慎之助、去年も石川からアーチを放った坂本、そして力強いスイングでレフトポール際に運んだ岡本、見事だった。岡本は5点目のタイムリー、坂本は6点目のタイムリーを放ち勝利に大きく貢献した。投手ではスコット、守りでは坂本が素晴らしかった。ギータを三振に仕留めたボールは158km/h出ていたのではないか。坂本は九回裏の最初のプレー。上林の当たりをギリギリ捕ってすぐに一塁へ投げてアウト。先頭が出る出ないでは大きく違う。ビッグプレーと言って良い。素晴らしいプレーを見られて満足だ。
皆さん気にされていると思うので触れましょう。7回に内野安打で1点と思いきやアウト判定されたところに関して。映像を見てあぁリクエストだね、と思ったら、出てなかったのでおかしいなと感じたのは自分も同じだった。一つ違和感を抱いたのはあのタイミングで間近で見ていた井端さんがあっさりしていたということ。両手を広げて「何故?」アピールしても不思議ではないタイミングだったのだが…。行かなかった原因はそこ。コーチがアピールしなければ監督は動かない。そういうスタンスなのでしょう。セーフになれば1点入った上にチャンスは続いて岡本を迎えるというところだったのでダメ元でも行っていいところだったように思うが…。
もう一つは8回の走塁死に関して。あそこで冒険したのは、まあ、重信をヒーローにしろって上から通達でもあったんじゃないの?と、もうテキトー。和田恋が下でパカパカ打ちまくってるから早く上げろや、と思っていたところで何故か前日から報知のtwitterで重信が上がる予定とか書かれてたからなあ。この時点で、ねえ?まあ、これはこの辺でいいや。
ここ最近采配に対する不満が高まっているのではないかと。ただ、すべてを改善するのは現実難しいでしょう。どうすればよいか。今日のようにリードして勝ちパターン投入すればよいという展開にするしかないでしょう。そのための最善策を取ってもらえれば良いのではないか。私が改善して欲しいと思うこと、それは、簡単です。今のスタメンをOPSの高い選手が多く回るように打順を組んでください、これだけです。規定打席到達していてかつOPS.900近い結果を残している選手を1~5番で使わないのはジャイアンツだけ。そこに気付いてもらえれば。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年6月13日 (水)

ソフトバンク(ヤフオク)●2-4 軽い

今日の敗因は攝津から2点どまりだったことでしょう。捕手に読まれて被弾した小林のリードもあるけれど、やっぱりもっと取らないと。リードした後で勝ちパターンをつぎこめばいい、という展開に持ち込めなかったことでしょう。
4点目を取られたのはベンチの責任と言っていいでしょう。ファウルチップを空振りという有り得ないジャッジで三塁まで進まれた不運はあった。ただ、その前に、表の攻撃で小林に代打送って下げているのに、何でピッチャーをそのままにしておくんだという話。よほどのアクシデントがない限りキャッチャー下げてスターターそのままなんて絶対にやっちゃ駄目。1点差で何とか、と思うなら何故そのままにしたのか。軽い采配だったと思わずにはいられない。
最終回のバントは何度も疑問視していたし覚悟はしていた。上手くなくてもまだやらそうとしているんだからこれからもそうするのでしょう。選手が打つことを期待するしかない。大城は惜しくもどん詰まり、宇佐見は粘りながらもライトライナー、紙一重だった。ただ、彼らの打撃には期待出来る。リードする試合を増やしていくしかない。
軽い、と書いたのはもう一つ。バカ騒ぎして謹慎となった二人の選手のこと。酒に酔って仲間うちでワイワイはしゃいで度が過ぎてああなったと。自分がどういう立場にいるか考えたら、軽率だよな、と。彼らはいずれも育成登録から支配下登録を手にした選手。本人の力が大きいのは当然だが、夢の手伝いをした人達がいることを忘れてはいないか。練習に付き合ったコーチだったり辛抱強く使った監督だったり、将来性を感じてキャンプまで自費で連れて行ってくれた先輩だったり。自分がどういう行動をすべきか考えないと。お世話になった方々を落胆させてはならない。これで変わらなかったら次は無い。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年6月12日 (火)

ソフトバンク(ヤフオク)○8-2 楽しみな内野に

二番三塁田中俊太、いよいよこの時が訪れた。坂本、尚輝、岡本と組む内野陣、これは今後より楽しみになってきたなと。三塁に入った俊太はマルチヒットと四球。二本目のヒットは試合を決定付ける2点タイムリースリーベース。守りでも八回に1点返された直後に、ギータの当たりを好捕。早速素晴らしい内容を見せてくれた。
今日のターニングポイントは二回表だったと言える。相手の二つのエラーからノーアウト満塁のチャンスが訪れた。ところが、陽が三振、尚輝が内野ゴロで点が入らないままツーアウトに。ここで小林がストレートを左中間に飛ばして走者一掃のタイムリーツーベースとなった。坂本のタイムリーでさらに1点入ったが、あのチャンスで1点も入らなければ流れを失うところだったろう。ヒーローは山口俊だったが、今日は小林のタイムリーが大きかった。
亀ちゃんがカウント3-0から2ランを叩き込んだ。これは交流戦後に書いても良かったが、規定打席に到達してOPS.907という素晴らしい結果。今年彼をレギュラーから外す理由はなくなった。今6番を打っているが、クリーンアップを任せるべき成績でしょう。30代後半になりこの成績に上げるのはなかなか出来ないこと。シーズン終えた時にどうなっているか。楽しみだ。
そして、ヒーローインタビューを受けた山口俊、文句なし。7回1失点だが、はっきり言って1点は審判のせい。甲斐の内野ゴロの間に点を取られたが、その前の素晴らしいボールをストライク判定されなかったことが原因。杉永球審に明日VTR見せてやれよ。どう見てもストライクだろ?と。という不運はあったがしっかりHQS達成。満足出来る投球だったのではないか。
明日は今村ノブ。ヤングマンが上がってくるのも時間の問題。残るためには好投あるのみ。チャンスを掴んで欲しい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年5月27日 (日)

阪神(甲子園)●1-9 自分たちを見つめ直す試合

初回の坂本の走塁死、あれがこの試合では大きく響いた。二番の尚輝がノー感じ、という状態で何とかしようと思ったのかもしれないが、焦ることは全くなかった。痛すぎるミスとなっただけに猛省して欲しいところ。1点「だけ」入ったところで、野上なんだから。野上?全部失投。長打と四球で必然の失点。
と、まず坂本に対する苦言から始まったが、今日は今年ワーストというぐらい全体で酷かった。一部の野手を除いたダボハゼさん達にに言いたいのは「ストライクとボールってなんで分かれているかわかってます?」ということですかね。あれだけ高めのボール球に手を出す頭空っぽ攻撃してりゃ才木君も楽に投げられたことでしょう。腕振っておけば多少ボールでも勝手に打ち損じてくれるのだから。しかしなあ、初戦エースを見殺しにした割に彼らは自分たちの打撃に自信持ってるんですかね。お粗末な凡退繰り返して、試合終わって四球ゼロ。ホントどういう指示出されたのか、どういう考えで打席に入っていたのか知りたいわ。エースを援護できなかったことで三連敗。これも自分たちの責任。改めて自分たちの打力を見つめ直すところでしょう。
甲子園のスイープがなかったことになったわけだが、切り替えりゃいいってもんじゃなく、チームを締めるとしたら今なんじゃないですかね。マスコミ相手に「情けない」「恥ずかしい」とか「やってもらわないと困る」ではチームに響かないのは過去の結果が証明しているでしょう。併殺取り損ねたプレーなど見ても緩みしか感じられない。そういった問題を野放しにしてはならない。
明後日から交流戦が始まる。ゲレーロね、正直下げて欲しい。最初に当たるハム相手に結果を残しているが今は兆しを感じられない。散々ボール球に手を出して凡退するシーンは見たけれど、今日の四球拒否や怠慢守備を見るとたまにたまたまアーチが出たとしてもあまりプラスにはならない。得意のヤフオクまでに調整してもらうぐらいしてもいいのかなと。代わりのレフトは三戦連発中の慎吾で。陽も相変わらずダボハゼってるし、多少外野だらけになっても、4点ビハインドで何故か最初に代打で出てきてストレートについていけない愛人下げときゃいいでしょ。そして、ヤングマンを上げるのなら、今でしょう。先発の話が出たので触れるが、鍬原登板試合が確定した風に書かれているが、それだけ?という思いしかない。前回早々に試合をぶっ壊した光夫は何もなし、田口も「やってもらわないと困る」ので何もなし。パ・リーグの打者が戸惑うのか交流戦は良い結果を残している内海をどこかで、というのも聞かない。本当に鍬原だけか、という不安はある。
中日がMAZDAで勝ち越して、セ・リーグは本当にわからない。ただ、差が出始め得るのがこの交流戦。カード頭の先発だけを頼りにするのではなく、勝ち越すならチームで臨む必要がある。いつも以上に勝ちにこだわっていいところかもしれない。ピンチでもありチャンスでもある。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2018年5月26日 (土)

阪神(甲子園)●4-5× そろそろいいでしょ

田口く〜ん、ファーム行っとこか。今のまま週に一回投げたところでまた繰り返すでしょう。同点に追いつかれた回はほぼソローロ(怒)のせいだけど、問題はそこじゃないのよ。4点目を取られた過程も悪い(ピッチャーに打たれて死球で塁を埋めて犠飛(風なきゃグラスラ))し、ぶっちゃけロサリオが1日1出番マストの人に代えられるような状態でなければもっとやられていた可能性はあったのだから。とりあえずライトへのツーベースで一塁から帰れるぐらいになりそうだったら戻ろうか。それまでは、他の人が何とかするでしょ。…首脳陣が落とす気全く無さそうだけど。

9回のアレに関しては、賛成でも反対でもなく、まだ分からなくもない、というところ。ドリスのフィールディングなら何か起こるかも、と考えたのかもしれないし。ハマスタの岡本バント、立岡スリーバント併殺、先週の先頭四球直後のバント…これを見ると、ね?

澤村は当然責められないでしょう。チームは彼に背負わせ過ぎないようにすることが大事。ただなぁ、ボールは荒れていたかもしれないけど、中谷に半速球ですか。レギュラー捕手がそれを求めた根拠を知りたいところではある。

大城の打球を見るとやはり多く打席に立たせて欲しくなる。明日も彼で良いのではないか。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年5月25日 (金)

阪神(甲子園)●0-1 これ智之のせい?

序盤から送りバント指示で結局何も出来なかったり、三番が空っぽ打撃繰り返すどころか守りでも足を引っ張ったり、どうでもいいところだけ単打の飛ぶキャッチャーだったり。これは本当に一人のせいにされたらかなわないなと。
相手の倍ヒットを放ってこれだから。結果的に3三振だったけれどまだ智之8番のほうが期待持てるし、空っぽ打撃のゲレーロの三番はしんどい。OPS.900超えの岡本に数多く打席立たせた方が機能的。どう点を取るか考えるならそこじゃないかと。
勝たせられなかったことを色々な人が考えるべきじゃないんですかね。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年5月23日 (水)

広島(ひたちなか)●3-9 悪い見本

だ~から言ってんじゃんよ。被弾と四球はいくら守備が良くても防げねえって。先頭被弾、四球、フライ、四球、被弾…。何このクソな内容。雨なんて言い訳にならないよ。雨が降る中最後までゼロで抑えた投手の姿も見ているしね。投げても6回が精いっぱい、月に一度序盤に炎上する投手、若い投手がいるなら彼らを優先させたいところ。前の球団が放出したのは納得だね。それにインケツが引っかかった、と。
勿論投手だけのせいにするつもりはない。田中広輔に2発喰らったわけだが、球団別成績を見ると昨日時点でOPS1近かった。これは勿論一番やられている数字。今日の2本のアーチで間違いなくOPS1超えしているでしょう。この数字を見ても、何の対策も出来ていないってことだよね、捕手とバッテリーコーチは。そしてチーム被弾数はワースト。狭い東京ドームがホームだから、というのが理由になると思ったら大間違い。狭くかつ風のあるハマスタをホームにするDeNAと被弾数20本差、この時点で打たれ過ぎと言えるでしょう。捕手の問題?バッテリーコーチの問題?「結果論。気にしてない」?それぞれに責任を感じなければならないでしょう。
雨で問題が後回しになるよりは良く分かるきっかけとなったのかもしれない。といっても、あれだけ広島にやられていることを気にしていないってコメントする首脳陣じゃな…。
二週続けて二連戦で貯金の変動なし。これは勿体ない。一日休んで甲子園へ。最近甲子園ではいいイメージで戦えているが、ゲレーロの空っぽ打撃が気になる。雨の中でご機嫌斜めだっただけならまだいいのだが…。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

広島(宇都宮)○8-0 ファン大満足の試合

驚異のスタミナを持つ男、山口俊が最後まで投げ切った。途中に一死満塁のピンチはあったが、そこを切り抜けると、相手に一点も許さず、133球完封勝利。「ちゃんとした」投球、天晴です。
NPBトップクラスの守備力を誇る尚輝、魅せたのは八回表だった。田中広輔が放った一二塁間を抜けるかという打球に追いつき素早く送球してアウトに。一連の流れが美し過ぎた。今のジャイアンツは尚輝と坂本で素晴らしい二遊間を組めている。彼らの守備を見慣れた時に、他の選手が形成する二遊間に満足出来るのか、なんてことも思った。過去のジャイアンツを見てもトップクラスの守備力を誇るのではないか。
待ちに待った長距離砲、岡本が自身曰く今年一番の当たりをファンに魅せた。相手のボールは全て高めに来ていて、甘い球を一発で仕留めればいい状態だった。そこで打った瞬間それと分かるアーチ。弾道にきっとファンは酔いしれたのではないか。
彼らのようなスペシャリストが持ち味を魅せた試合。これはもう現地ファンは勿論のこと、テレビで見ていたファンも大満足でしょう。
その少し南ではホカホカだと思ってたはずの…いや、今日はやめておこう。素晴らしいプレーにただ満足。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年5月16日 (水)

ヤクルト(鹿児島)○12-4 ずるずる行かないこと

昨日のハフに比べたら攻略はイージーだったのかもしれない。相手のエラーからさらに点を取って今日は決まった。先発野手全員安打だったが、あまり書くことも無かったり^^;

スコアボードに三人の吉川の名が、これは珍しい。そこかい、というネタから入ったが、光夫はどうにか今年初のQS成功。もうちょっと投げて欲しいのはベンチも思っていることだろうが、出来ることをとにかくやる。それで良いのではないか。少しでもQSが増えれば白星の付く可能性も高まるというもの。先週の出来なら内海が残ってもおかしくなかったところで、一軍にとどまった。これを次にも活かせれば一年通して投げられるかもしれない。

昨日の敗戦が痛かったが、そこでずるずる行かないこと、それを出来たのが今日の試合か。上と下の差はそんなにない。これは交流戦を終えた頃にガラリと変わっている可能性もある。ずるずる負け続けないことが今後大切となる。

一日休んで金曜からホーム。交流戦まで残り8試合、ここで勝っておきたい。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧